FC2ブログ

Recent Article

        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.18 手軽に森林浴♪『ボタニカルガーデン』

2018/ 11/ 10
                 
KLブルネイ185ボタニカルガーデン本人は隠れてるつもり

クアラルンプールの中心部に緑あふれる広大な公園があります。

KLブルネイ186ボタニカルガーデン

名称は『ペルダナ・ボタニカル・ガーデン』(旧名レイク・ガーデン)。
2つの湖を含む91.6ヘクタールもの敷地は、東京ドームの19.5倍ほど。
新宿御苑(58ha)、代々木公園(54ha)、上野公園(53ha)と、東京中心部にも大きな公園はあるけれど、比べものにならない程広いのです。



KLブルネイ187ボタニカルガーデン

ここはただの自然公園ではなく、オーキッドガーデン、ハイビスカスガーデン、バードパーク、バタフライパーク、鹿パーク、プラネタリウム、イスラム美術博物館、国立博物館、警察博物館、と、見どころがたっぷり。湖ではボートにも乗れます。内容的には美術館や動物園、不忍池がある上野公園に似てますね。

KLブルネイ188国立モスク国立モスク

入口近くには『国立モスク』もあり、満喫するには1日では足りません。気持ち良い公園なので、目標を決めて何度か訪ねることをオススメします。
ということで、今回は『オーキッドガーデン』を目指すことに。

クアラルンプール駅から徒歩2分程で国立モスクに着くけれど、ここからが遠いのです。以前『バードパーク』を訪ねた時に、登り坂を30分以上歩きました。しかもサンダルで(;゚ロ゚)歩いて行くならお散歩感覚ではダメですよ。

KLブルネイ189ボタニカルガーデン

そんな経験がある私は、どうせ駅に着いてからタクシーに乗るのならホテルから乗っちゃえ〜と、ラクな道を選びました。タクシーで20分、25RM(約700円)でオーキッドガーデンに到着。入場料は土日祝祭日が1RM、平日は無料です。

KLブルネイ190ボタニカルガーデン

マレーシアはオーキッド(蘭)の種類が世界で一番多いということ。ここでは800種類の蘭が栽培されているらしいです。しかし時期が悪かったみたいで、わんさか咲いてません。無料だから文句は言えないけど、ショボい…。

KLブルネイ191ボタニカルガーデン

高台にあるので、高層ビルやクアラルンプールタワーとツインタワーが見えます。

KLブルネイ192ボタニカルガーデン

胡蝶蘭はダイナミックというより雑に扱われてますが…。
深い緑とお花に囲まれた空間はとても気持ち良いので、時間があったら行ってみて下さい。

                               つづく



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅






   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.17 『マカンキッチン』と『グランドママズ』

2018/ 10/ 30
                 
KLブルネイ169マカンキッチン

朝はご飯を食べるより睡眠優先の主人をたたき起こして『Makan Kitchen(マカンキッチン)』の朝食ビュッフェへ行ってみました。

KLブルネイ170マカンキッチン

KLブルネイ171マカンキッチン

マカンとはマレーシア語で御飯、食事の意味。
お料理が80種類も並ぶという多彩な味が楽しめるビュッフェレストランで、マレー、インド、中国、西洋料理と料理毎にエリアが分かれて並んでいます。

KLブルネイ172マカンキッチン

広々とした店内には3ヶ所のオープンキッチンがあり、卵料理やパンケーキ、ロティチャナイなど実演中。

KLブルネイ173マカンキッチン

ヌードルコーナーでは、好みの麺と野菜や練り物などの具を好きなだけ器に入れて、3種類のスープから選んでオーダーします。これ、楽しいの♪

KLブルネイ174マカンキッチンテタレ

KLブルネイ175マカンキッチンテタレ

そして面白いのが、テタレ(TehTarik)ステーションです。テタレというのは紅茶にコンデスミルクを加えた甘〜いミルクティーで、マレーシア人の大好物。2つのカップを使って交互に注ぎ空気を含ませることによって泡立てます。Teh(紅茶)をTarik(引っ張る)ようにして作るのでティータリック、略して『テタレ』(*゚∀゚*)想像するだけで甘すぎて飲めませんが…。

KLブルネイ176マカンキッチン

夕食ビュッフェはさらに豪華。インテリアも凝っていて、面白いです。

KLブルネイ177インターマーク外観

KLブルネイ178インターマーク

さて、ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプールが入る『ザ・インターマーク』は、ビジネスオフィスの他、90軒以上の店舗が集まる複合施設。カフェやレストラン、スーパーもあってとても便利です。

KLブルネイ179グランドママス

その中で気に入って2回利用したレストランが『Grand mama’s(グランドママズ)』。
〜〜ホテル到着時、一週間ぶりでビールが飲める♪と喜んでクラブラウンジへ行ったらカクテルタイムが終わっていたので、階下のスーパーで買ってきてゴクゴクしてダラダラして時は過ぎ〜〜
ということで、お部屋でのんびりし過ぎた私たちが空腹を感じて動き出したのはホテルのレストランが終わっている時間でした。

KLブルネイ180グランドママズ

KLブルネイ181グランドママズ

それではと、ルームサービスを最後の手段にしてショッピングモール内を彷徨い、たまたま見つけたのがこのお店。店内に進んでいくとこちらもラストオーダー直後でしたが、テイクアウトならOKと言ってくれたので、部屋で食べました。この時の平たい米粉麺の焼きそば『CharKuehTeou(チャークイテオ)』があまりにも美味しかったので、改めて開店中に行ったのです。

KLブルネイ182グランドママズ

『 KONG FOO YIN YONG』RM17(約500円)。卵スープがかかったあんかけ麺。

KLブルネイ183グランドママズメニュー

KLブルネイ184グランドママズ実物

『 SANG HAR CRYSTAL NOODLES SOUP』RM33。ロブスター、どこ?

まぁ、まぁ、まぁ、メニューの写真と出てきたものは違いすぎだけど、とにかく食べたモノ全部が美味しかったのでメニューは見なかったことに…。ナシゴレンやラクサなどもあり、手軽な価格で美味しいマレーシア料理を味わえるおすすめレストランです。ブキッビンタンにあるショッピングモール・パビリオンとクアラルンプール空港にも出店しているらしいので、ピンクの背景にバイクに乗った若々しいお婆さんの看板を見つけたら、是非行ってみて下さい。本当に美味しいから(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.18


☆パビリオン → マレーシアいろいろVol.6
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.16 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』クラブラウンジ

2018/ 10/ 26
                 
KLブルネイ160ダブルツリーラウンジ

ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプールのエグゼクティブラウンジは、最上階34階にあります。

KLブルネイ161ダブルツリーラウンジ

ここはLRT駅や高速道路が走る街を見下ろしながら寛げる憩いの場所。

KLブルネイ162ダブルツリーラウンジ

その上クアラルンプール名物『ペトロナス・ツインタワー』を生で(ガラス越しではなくて)眺められるテラスがあるのです。

KLブルネイ163ダブルツリーラウンジ

喫煙スペースになっているためタバコを吸わない人は気付かないかも…。
喫煙所があるクラブラウンジは少ないので貴重な存在です。クアラルンプールのホテルでは、2011年に宿泊したグランド・ミレニアムのクラブルーム以来だし。

   ☆グランド・ミレニアム → グランド・ミレニアム・クアラルンプール


KLブルネイ164ダブルツリーラウンジ

さて、エグゼクティブラウンジのオープン時間は6:00〜22:00。常時ソフトドリンクやコーヒー&紅茶とちょっとしたお菓子などを楽しめます。
朝食(コンチネンタルブレックファースト)は6:00〜10:30。チェックイン時に渡された案内には「アメリカンブレックファースト(火を通した温かい食べ物)を食べたければ11階の『マカンキッチン』へご招待♪」と書いてありました。

KLブルネイ165ダブルツリーラウンジ

アフタヌーンティーはないけれど、子供の利用も可能。優雅な雰囲気が損なわれるとかで子供禁止なんていうラウンジもあるので、子連れで利用したいなら要チェックですよ。

KLブルネイ166ダブルツリーラウンジ

KLブルネイ167ダブルツリーラウンジ

そしてイブニングカクテルは17:30〜19:30。サンドイッチやチーズなど軽食が並び、お酒も飲み放題なので、夕食に利用しているような人も居るほどヽ(´o`;
マレーシアはお酒が高いからなのか、かなり混んでいます。ブルネイのラディソンホテルではガラガラだったのに、無料のお酒があると人が集まるという…。

KLブルネイ168ダブルツリーラウンジ

無料WIFIはもちろん、パソコンやプリンターなども備わったビジネススペースもあります。チェックイン&チェックアウトも可能。

32㎡の普通のお部屋に1泊すると約10,000円(朝食なし)、ラウンジが使えるエグゼクティブルームなら約14,000円と、4,000円プラスで朝食とラウンジ利用が付いてくるのでお得です。ちなみにマカンキッチンの朝食は一人64リンギ(約1,800円)。かなり充実した内容で評判も良いみたい。続けてご案内しますね♪

                                     つづく
                                     VOL.17


☆もくじはコチラ →  2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.15 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』スイートルーム

2018/ 10/ 21
                 
KLブルネイ150ダブルツリー

『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』エグゼクティブ・スイートで〜す♪

KLブルネイ151ダブルツリー

扉を開けるとリビングルーム…、あれ?昨年と同じお部屋ですよ。
「去年はウェルカムフルーツやお菓子があったのに…」とモンクを言いながら写真を撮ってたら「同じなんだから必要ないだろ?」と言われ、途中でやめました。

KLブルネイ152ダブルツリー

KLブルネイ153ダブルツリー

リビングエリアには壁に埋め込まれたテレビとソファー、ダイニングテーブルにも兼用できるライティングデスクと水場があり、ポットとティーセットが揃っています。ティーバッグはスリランカの紅茶ブランド・ディルマ。

KLブルネイ154ダブルツリー

白い壁とベージュのカーペットの明るい客室は、白木と茶色のソファーをアクセントにしていてイイ感じ。

KLブルネイ155ダブルツリー

洗面台を無駄に広くしないでスーツケース置き場を設置したり、ベッドルームへの扉を引き戸にしたりと、スッキリとしたデザインです。

KLブルネイ156ダブルツリー

バスタブ付きのバスルームにはレイシャワーも完備。バスタブとシャワールームが分かれているより同スペースにある方が、ずっと使い易いです。

KLブルネイ157ダブルツリー

KLブルネイ158ダブルツリー

そしてアメニティは米国のフレグランスブランド『クラブツリー&イヴリン』。バーベナとラベンダーの爽やかな香りがバスルームに広がります❀シャンプー類の他、歯ブラシとシャワーキャップはあるけれど、ヒゲ剃りや綿棒など他に必要な物があればハウスキーピングに電話して下さいというメッセージカードが置かれていました。これで半分以上消費が減るでしょう。ってゆーか、アメニティどころかバスローブやバスタオルも持って帰ってしまう旅行者も居るらしいので、これで良いのだと思います。

KLブルネイ159ダブルツリー

さてこの5つ星ホテルのスイートルーム(62㎡)、お値段なんと17,000円!?
ヒルトン会員20%OFFのキャンペーンを見つけた主人が予約したのですが、香港だと4万円以上するようなお部屋です。マレーシアだからできる贅沢滞在、おすすめします。

                                     つづく
                                     VOL.16



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール

   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.14 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』inクアラルンプール

2018/ 10/ 18
                 
クアラルンプール国際空港に到着。
いつものようにタクシーチケットを購入してホテルへ向かいました。

KLブルネイ140ダブルツリー外観

   ☆クアラルンプールのタクシーチケット → マレーシアいろいろVol.2

空港にはコンビニがあってお酒や軽食などを調達できますが、目指すホテル『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』は『ザ・インターマーク』という大きな商業ビルの中にあり、大型スーパーや飲食店も入っているのでお買い物の必要なし。

実は昨年5月にも宿泊していて、居心地が良かったので今回も選びました。

KLブルネイ141ダブルツリーロビー

KLブルネイ142ダブルツリーロビー

ゴールデントライアングルと呼ばれるクアラルンプールの中心地に建ち、LRT(高架鉄道)アンパンパーク駅まで徒歩5分、ペトロナスツインタワーまで徒歩15分と、立地も便利。私たちが足繁く通うブキッビンタン駅へ行くには一度乗り換えが必要だけど、1時間歩けば行けるし、KLセントラル駅まで15分程なので、観光の拠点として充分満足できるホテルです。

KLブルネイ143ダブルツリー

KLブルネイ144ダブルツリー

施設は、伝統的なマレーシア料理をはじめインド、中国、プラナカンなど多彩なアジア料理が楽しめるレストラン『マカン・キッチン』等、5軒のレストラン&バーがあり、

KLブルネイ145ダブルツリープール

フィットネスセンターはサウナ付きで24時間利用可能、 海水プール(屋外)にはプールバーもあり、快適。

KLブルネイ146ダブルツリー

とっておきの秘密は、エグゼクティブルーム宿泊客だけが利用できるラウンジにツインタワーを望むテラスがあって喫煙できることです。

KLブルネイ147ダブルツリー

さて、名物のオリジナルクッキーを頂いてチェックインしたのは20時近く。久々にビールを飲めると思っていたらエグゼクティブラウンジのカクテルタイムは19時半まで(・・;)

KLブルネイ148ダブルツリー

荷ほどきもホドホドに階下のスーパーへ買いに行きました。
タイガービール320mlの缶ビール6本セットで32.92RM(約900円@150円)。え?安い!
日本より物価が安いマレーシアでもお酒の価格は日本並みと認識しているので何度も見直したし、レシートも見たけど間違ってませんよ。

   ☆マレーシアのお酒の話 → マレーシアいろいろVol.5


KLブルネイ149ダブルツリー

ちなみに1,5Lの水は1.99RM(約55円)。フルーツや野菜、チーズなどもあったので、庶民も利用しているスーパーマーケットなのかな?穴場かも〜。

                                     つづく
                                     VOL.15


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.13 厳しいけど平和な国でコーランを知る

2018/ 09/ 20
                 
KLブルネイ127ブルネイ花

ホテルの近くで面白いお花を見つけました。
花と葉がネムノキやモンキーポッドに似ているこの花の名前を知りたいと、1時間以上調べてみたけど何だかわからず、お手上げ。こんなことをしているから写真の整理が進まずブログの更新が遅れてしまうのだけど、私はそれが楽しいのです。

KLブルネイ128ブルネイ街並み

さて、1泊でも充分観光できるブルネイに5泊6日も滞在した後は、クアラルンプール(マレーシア)へ。チェックアウトしてタクシーで空港へ向かおうとしたら、前日に手配しておいたのに予約が入ってないと…。ノートに記したのを見ていたのに、なぜ?ガタガタ言っても仕方ないので、もう一度手配してもらいました。
市内に46台しかないという事前情報だったのですぐに来ないだろうとは思ったけど、ボーターに尋ねたら30台だという返事。30分以上待って出発しました。

KLブルネイ129ブルネイ空港

タクシー料金は30BND(約2,400円)、15分くらいだったかな?近いです。バンダル・スリ・ブガワン空港は、早朝でもないのにガラーンとしていて、本当に飛行機が飛ぶのだろうか?と不安になる程。

KLブルネイ130ブルネイ空港

KLブルネイ131ブルネイ空港

出国審査後の制限区域にも誰も居ません。

KLブルネイ132ブルネイ空港

KLブルネイ133ブルネイ空港

免税店はショボいし、土産物屋は何軒かあるけど、ありきたりのものばかり。ブルネイらしいものといったらテングザルなのか、どこにでもぬいぐるみがあり、ついつい買いそうになりましたが…。

KLブルネイ134空港ラウンジ

KLブルネイ135空港ラウンジ

それでも、こんなに利用者が少ない空港でも、プライオリティカードを使えるラウンジがありますよ〜ヽ(´▽`)/

KLブルネイ136空港ラウンジ

KLブルネイ137空港ラウンジ

ここも貸切状態で、いったい人々はどこに居るのか不思議。まさか乗客は私たちだけなんて事はないと思うけど。そしてムスリム達は搭乗時間になったら姿を現しました。どこに潜んでいたのか……もしかしてお祈り??

KLブルネイ138マレーシア航空機内食

2時間20分のフライトなのに食事が出ます。マレーシア航空の機内食、見た目は悪いけどなかなか美味しかった。

KLブルネイ139オブジェ

イスラム教国というと「なんだか怖い」と思う人が多いみたいだけど、それは誤解です。治安が良くて平和だし、緑が溢れていて気持ち良いし、国民は優しくて、暮らしやすそう。コーランによると、天国には人を酔わせて狂わせることがない特別なお酒が流れる川があるということなので、天国に行くことさえできれば毎日飲み放題♪だからこの世に生きている間は、天国へ行けるように教えを守り、お酒を飲まないで1日5回お祈りをしているのです。そんな敬虔なムスリムが暮らすブルネイ・ダルサラームは、異文化体験をできる貴重な国。是非一度訪ねてみて下さい。

                                     つづく
                                     VOL.14



☆プレミアムラウンジとは? → マレーシアいろいろVol.19
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』

2018/ 09/ 08
                 
KLブルネイ115オールドモスク

ブルネイのランドマークといえば『オールドモスク』。

KLブルネイ116オールドモスク

ロイヤル・レガリア博物館から歩いて10分ちょっと、宿泊先のラディソンホテルから徒歩15分程の場所に堂々と立っています。ホテルからもその丸い頭が見えていたので歩いて行けそうだと思っていたけど、こんな近くにあるとは…。

KLブルネイ117オールドモスク

正式名称は『スルタン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク』。前国王(ハッサナル・ボルキア国王のお父様)の名前を冠したモスクで、イタリア人の建築家によって1958年に完成しました。ニューモスクを観光した時、ラマダン中のモスクはイスラム教徒以外立ち入り禁止だと知ったので、ここでは最初からあきらめモード。イタリアの大理石、ベルギーのカーペット、イギリスのステンドグラスとシャンデリア等々、世界中の一流品で揃えたという内装を見ることが出来なくて残念です。

KLブルネイ118オールドモスク

KLブルネイ119オールドモスク

モスクを囲むように造られたラグーンは優雅さを演出。16世紀の王家御座船のレプリカが浮かんでいます。

KLブルネイ120オールドモスク

ニューモスクの壁はアラビア模様が装飾されていたけど、こちらは真っ白。ライトアップされた姿はとても幻想的らしいです。(夜は出歩かなかったので写真なし)

KLブルネイ121オールドモスク

KLブルネイ122オールドモスク

そして、東隣の広大な敷地は式典などが行われるセレモニー広場。手入れの行き届いた芝生とオブジェが飾られただけの贅沢な空間になっています。

KLブルネイ123ブルネイ市場

バンダルスリブガワンは首都といっても小さな街。ダウンタウン観光は半日もあれば充分です。オールドモスクから500m南には水上集落行きのボート乗り場、その間にショッピングセンター『ヤヤサンSHHBコンプレックス』があり、東側の川沿いの道を北に行けばオープンマーケット(青空市場)。

KLブルネイ124ブルネイ市場猿

市場の裏は森になっていて、屋根の上にはお猿さん♪

KLブルネイ125ブルネイ中国寺院

KLブルネイ126ブルネイ中国寺院

斜向かいには派手な色合いの中国寺院がありました。真っ白なモスクとは対照的な祈りの場で、宗教が変わるとこんなに違う建物になるのだと実感できて面白いです。

以上でブルネイの首都・バンダルスリブガワンの主要な観光地をほぼ制覇。モスクの中に入れなかったし、水上集落は遠くから眺めただけだけど、ニューモスクとエンパイアホテルの見学を含めても1〜2泊で充分でしょう。なのに5泊してのんびーり過ごしていましたが(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.13


☆ニューモスク  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.6
☆水上集落、他  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.7
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ