FC2ブログ

Recent Article

        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.30 クルーズ〜カサブランカ入港・モロッコ料理満喫

2020/ 01/ 13
                 
スペイン中東376カサブランカIMILCHIL

ラバトヴィル駅までの帰り道にモロッコ料理店を探したのですが、レストランは夕食時間までお休み。あきらめて電車に乗り、カサブランカに戻りました。

スペイン中東377カサブランカトラム

スペイン中東378カサブランカ街並み

カサポート駅から300mほど内陸部に向かうとカサブランカの繁華街。メディナ(旧市街)を素通りしてレストランを目指します。カサブランカはモロッコ最大の都市で首都ラバトよりも賑やか。トラムも走っているし、東南アジアの国々よりも近代的で小綺麗に感じました。

スペイン中東379カサブランカ街並み

カサブランカ一番の繁華街・プリンスムーレイアブダラー通りは歩行者天国になっていて、路上にシートを敷いて洋服や雑貨を売っていたり、

スペイン中東380カサブランカ街並み

リヤカーの荷台で食物を作って売っていたりと、異国情緒たっぷり。

スペイン中東381カサブランカIMILCHIL

さて、私たちが目指したのは『IMILCHIL(イミルシル)』というお店です。地球の歩き方で紹介されていたレストランだから期待しないで入店したところ…、あら素敵♥

スペイン中東382カサブランカIMILCHIL

いかにもモロッコらしい雰囲気で壁はゼリージュ(ポルトガルではアズレージョ)で装飾されています。

スペイン中東383カサブランカIMILCHIL

メニューはアラビア語とフランス語のみ。単語を頼りになんとか伝統料理を注文してみました。

スペイン中東384カサブランカIMILCHIL

『タジン』140ディルハム(約1800円)

スペイン中東385カサブランカIMILCHIL

『クスクス』140ディルハム(約1800円)

スペイン中東386カサブランカIMILCHIL

『ハリラ』40ディルハム(約500円)
体に優しいひよこ豆のスープ。隣にあるのはホブスという名の平たくて丸いパンで、汁気の多い料理に浸したり、サンドウィッチにしたりして食べます。

スペイン中東387カサブランカIMILCHIL

思いっきり観光客料金だけど、お料理の味は良かったし、何より雰囲気が最高♪

そしてタクシーに乗って港に向かいました。ところが!順風満帆のモロッコ観光で終わるはずだったところが、港の入口でタクシーから降ろされるという事態に…。モロッコの公用語はアラビア語とフランス語なので運転手が何を言ってるのかわからないのだけど、ゲートと監視員の詰め所のような場所があって、ここからは入れないと言ってるようなので渋々降りるハメになりました。1km位で8.5ディルハム(110円)、安い!と感動している場合ではないですよ。また40分程歩くことになってしまったのです。

あれはなんだったのか?ワイロが必要なのか?それともタクシー会社によって違うとか?後で調べても明確な答えはないし、モロッコ旅行経験がある友達も居ないので未解決。船を降りたときに居たタクシーは、貿易手続きで港湾内に入ることができた人達で白タクだったのかも知れません。ま、モロッコの情報は少ないので、いつか私が潜入調査してきますね。今回は下見ということで、快適なクルーズ船に帰りましょう。

スペイン中東388カサブランカIMILCHIL

ヘンな歌を歌ったり、どーでもいい話をしながらトボトボ歩いていくと、船が見えてきました。

スペイン中東389カサブランカ港夜景

25時、カサブランカ港出港。

                            つづく

*1ディルハム(1dh) = 約13円(ドバイではディラハムだったので少々混乱)




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.29 クルーズ〜カサブランカ入港・世界遺産の街ラバト

2020/ 01/ 07
                 
スペイン中東357ラバト駅前

ラバトヴィル駅を出ると、きっちり整備された道路にヤシの木の街路樹、そして青空。とてもアフリカにある街とは思えない風景です。
ところで、モロッコ王国の首都はカサブランカだと思っていた人は居ませんか?(えっ、私だけ?)ここラバトが首都なのです。

スペイン中東358ラバト街並

駅周辺は新市街。20世紀前半にモロッコを統治していたフランスによって築かれた計画都市になっていて、白い中層建築物が続く美しい街並みの中を近代的なトラム(路面電車)が走っています。

スペイン中東359ラバトセントピータース教会

スペイン中東360ラバト街並ブーゲンビリア

イスラム風のキリスト教会があったり、洒落たカフェやレストランがあったり、ブーゲンビリアが咲いてたり…、ここはどこ?

スペイン中東361ラバト世界遺産

歩き始めて30分程、目的地が見えてきました。

スペイン中東362ラバト世界遺産

世界遺産『ムハンマド5世の霊廟』と『ハッサンの塔』。

スペイン中東363ラバト世界遺産

入口は騎兵が守っています。

スペイン中東364ラバトムハンマド5世霊廟

スペイン中東365ラバトムハンマド5世霊廟

ムハンマド5世とは、フランスからの独立(1956年)に献身した英雄で、モロッコ王国の初代国王。その息子であり二代目国王・ハッサン2世は、1962年に霊廟の建設を始め、1971年に完成しました。

スペイン中東366ラバトムハンマド5世霊廟

スペイン中東367ラバトムハンマド5世霊廟

白い壁と緑の屋根のシンプルな外観だけど、壁やアーチに精緻な彫刻を施した美しいイスラム建築になっています。

スペイン中東368ラバトムハンマド5世霊廟

スペイン中東369ラバトムハンマド5世霊廟

中へ入ってみましょう。入場料は無料です。アラベスク模様のタイルや透かし彫りで壁一面が覆われた回廊になっていて、眼下に大理石の石棺を安置。

スペイン中東370ラバトムハンマド5世霊廟

ステンドグラスがはめ込まれた黄金に輝く天井は圧巻です。

スペイン中東371ラバトハッサンの塔

そして霊廟の向かいにあるムーア様式のミナレットが『ハッサンの塔』。

スペイン中東372ラバトハッサンの塔

12世紀に世界最大のモスクを目指して着工されたものの当時のスルタンが崩御したため建設中止になり、未完成のまま残りました。高さ88mになる予定だったミナレットは44m、造りかけのモスクは大理石の列柱だけ。

スペイン中東373ラバトハッサンの塔

所々に趣向を凝らした噴水が置かれていて、完成したらさぞかし壮大なモスクになっていたことでしょうね。もったいない…。

スペイン中東374ラバトハッサンの塔

壁はハトのマンションになってました。

スペイン中東375ラバトハッサンの塔

旧市街(メディナ)も歩いてみたいけど、また今度。カサブランカに戻ります。
ラバトの新市街と旧市街は、『近代の首都と歴史都市の側面を併せ持つ都市』として2012年に世界遺産登録されています。

                            つづく





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.28 クルーズ〜カサブランカ入港・列車でラバトへ

2019/ 12/ 28
                 
スペイン中東346ラバト駅

7時、カサブランカ港に入港しました。カディス(スペイン)とカサブランカ(モロッコ)の時差は1時間。船の中で時計を1時間戻し、日本との時差は8時間です。
マラケシュ観光やカサブランカ&ラバト観光などのオプショナルツアーは7時台に出発。早朝すぎて参加する気にならないし、出港時間は日にちが変わって1時のため停泊時間がたっぷりあるので自力でラバトまで行く予定です。

スペイン中東347コスタルームサービス

まずはルームサービスで朝食♪メニューの中から好きな料理を選んでドアに掛けておけば、指定時間にお部屋まで運んでくれます。エッグベネディクト、美味し〜。
この船は5ユーロかかったけど、朝食のみ無料だったり、いつでも無料の船もあります。

スペイン中東348カサブランカ港

そしてバルコニーに出てみると…、あらら、コンテナがビッシリヽ(´o`;

スペイン中東349カサブランカ港

なんでこんな場所に停泊してしまったの?ここはコンテナ船が停まる場所でしょ。クルーズ船はここじゃないでしょー?シャトルバスも見当たらず、皆様ひたすら歩いてます。いやー、出口まで遠そう。

スペイン中東350カサブランカ港コスタメディタラニア

と思いながらものんびり準備をして、10時半に出発。クレーンに囲まれたクルーズ船の姿、シュールな光景です。
船を降りて少し歩くと「5ユーロ、5ユーロ」と言いながら寄ってくるタクシーの客引き達。どこへ行くのかも聞かないで、5ユーロ?どこまでが5ユーロ?どうせ車に乗った途端「近くの観光地まで行かないか?」とか、駅に着いたら「1人5ユーロだから2人で10ユーロ」だとか言い出すに決まってるので、断りました。
…しかし、歩いても歩いても駅に辿り着けないヽ(´o`;
駅の案内っぽい看板があっても、歩く、歩く。「5ユーロでも10ユーロでもタクシーに乗ればよかった…」と、後悔しながら歩きました。

スペイン中東351カサブランカ

港を出ると、予想とは違って小綺麗な街並み。

スペイン中東352カサブランカ駅

40分ほど歩いて、ようやくカサブランカポート駅に到着しました。

スペイン中東354カサブランカ駅

スペイン中東355カサブランカ電車

ラバト行きの列車は30分に1本出ていて、1等席で片道69ディラハム(約900円)なので迷わず1等席を選択。

スペイン中東353カサブランカ駅

駅構内はスターバックスコーヒーも入っていて近代的。SIMを売るお店があったので1G30ディラハム(約400円)のものを購入しました。

スペイン中東356ラバト駅

そして約1時間、ラバトヴィル駅に到着。
ショボいホームだけど、ラバトはモロッコの首都です。これでいいのか?

                            つづく





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.27 クルーズ〜カディス入港・カテドラル観光

2019/ 12/ 22
                 
スペイン中東332カディスカテドラル

中央市場から300m程歩くと『カディス大聖堂(カテドラル)』があります。バロック様式を基本にロココ、ネオクラシック様式も取り込んだ大理石の建物は1838年に完成。完成まで100年以上かかっているため、建築様式が混ざった個性的な外観になりました。

スペイン中東333カディスカテドラル

スペイン中東334カディスカテドラル

スペイン中東335カディスカテドラル

聖堂内は天井が高く広々としていて、立派な祭壇とちょっと変わった装飾が印象的。

スペイン中東336カディスカテドラル

スペイン中東337カディスカテドラル

主祭壇を囲むように礼拝堂がいくつかあり、彫刻や絵画で飾られています。

スペイン中東338カディスカテドラル聖歌隊席

また、聖歌隊席の精緻な木製彫刻とパイプオルガンは必見。

スペイン中東339カディスカテドラルクリプト

スペイン中東340カディスカテドラルクリプト

クリプト(地下礼拝堂)もあり、カディス出身の作曲家マヌエル・デ・ファリャと劇作家ホセ・マリア・ペマンが埋葬されているということです。

スペイン中東341カディスカテドラル

正面は大きな広場になっていて、パラソルを張ってオープンテラスにしたカフェやバルが並んでいます。

スペイン中東342カディスカテドラル

そしてクルーズ船ヘの帰り道。
何となく港の方へ向かって細い路地を歩き、港に戻って来ました。

スペイン中東343カディスコスタ

船の姿が見えると安心(*´∇`)

スペイン中東344カディス港

18時、カサブランカ(モロッコ)に向かって出港しました。ここは大航海時代にコロンブスが新大陸を目指して航海に出たという港。4回の航海中2回出航したということです。

                            つづく

スペイン中東345カディスコスタ


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.26 クルーズ〜カディス入港・散策

2019/ 12/ 15
                 
スペイン中東317カディス入港

前日19時にマラガを出港したコスタメディタラニアは地中海を西に向かい、夜中にジブラルタル海峡を通って、大西洋へ。朝8時、夜明け前のカディス港に入港しました。
カディスという街は、マラガ同様紀元前1000年頃にフェニキア人に造られたヨーロッパ最古の街のひとつ。ローマ帝国、西ゴート王国、イスラム教徒に支配された後、レコンキスタによってキリスト教国の統治下に置かれ、スペイン王国の一部になったという歴史深い街です。

スペイン中東318カディス

船のオプショナルツアーではセビリア観光が一番人気らしいけど、片道2時間かかるのでパス。フェリーターミナルを出ると広い道路になっていて、街を巡る観光バスの乗り場もありますが、大した見どころはなさそうなので旧市街をブラブラすることにしました。

スペイン中東319カディス噴水ハト

スペイン中東320カディス憲法記念碑

さぁ散策を始めましょう。旧市街の中心地に向かって少し歩くと公園があり、その先に現れたのが『1812年憲法記念碑』。スペイン最初の成文憲法が採択された時の記念碑です。ちなみに、ヨーロッパで憲法を学んできた伊藤博文他が起草したという大日本帝国憲法が公布されたのは1889年。西洋に遅れながらも、日本はアジア初の近代的国家になりました。

スペイン中東321カディス地図

さて、地球の歩き方で説明されているのは、カテドラルと博物館とサンフェリペネリ礼拝堂だけ。なのにカテドラル以外は月曜日のためお休みです。(^◇^;)

スペイン中東322カディスサンアントニオ広場

スペイン中東323カディスサンアントニオ教会

15分ほど歩いていくと、大きな広場と立派な教会に出くわしました。ガイドブックの地図には『サンアントニオ広場』の横に教会マークだけだし…。

スペイン中東324カディスサンアントニオ教会

『サンアントニオ教会』です。ポルトガル生まれの教会博士・聖アントニオを祀った教会で、子供を抱いた姿が目印。聖アントニオは多くの奇跡を起こしたといわれ、様々な街で祀られているので、パドヴァ、アルベロベッロ、リスボン、マカオの教会を訪ねているし、大きな教会の中にある礼拝堂でも見かける人気者です。

スペイン中東325カディスサンアントニオ教会

内部は一部修復中。

スペイン中東326カディスサンアントニオ教会

スペイン中東327カディスサンアントニオ教会

大きな教会ではないけれど、礼拝堂がいくつかあり、小さなステンドグラスや宗教画が飾られています。

スペイン中東328カディスサンアントニオ教会

気になったのは、主祭壇に並ぶ小さな人形。多分意味があるのでしょう。この教会、情報が全くないのです。

スペイン中東329カディスサンフェリペネリ礼拝堂

さらに路地を300mほど歩いて『サンフェリペネリ礼拝堂』を見つけたけど、休館中。ここで1812年憲法を公布したということです。祭壇画がムリーリョの『無原罪のお宿り』だと書いてあったので、これは観たかった。

スペイン中東330カディス中央市場

さらに300m歩くと『中央市場』があり、

スペイン中東331カディスカフェ

周辺にカフェやバルが並んでいたので、休憩。

                                     つづく
                                     VOL.27





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆聖アントニオ教会(マカオ) → マカオ親子旅行Vol.8
☆聖アントニオ聖堂(パドヴァ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆サンタントニオ教会(アルベロベッロ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆聖アントニオ教会(リスボン) → ポルトガル親子旅行Vol.18





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.25 『コスタ・メディタラニア』レストラン

2019/ 12/ 05
                 
スペイン中東304コスタメディタラニアレストラン


コスタ・メディタラニアには無料レストランが2件あり、コース料理のメインダイニング『Degli Argentieri』とビュッフェレストラン『Perla del Lago』。他に有料レストラン2件と10件のバーがあり、ルームサービスも使えるので飲食で困ることはありません。

スペイン中東305コスタメディタラニアレストラン

メインダイニングの夕食は2回に分かれていて18:15からと20:45から。まだ日没前で出港前だけど、指定された18時15分に『Degli Argentieri』へ行きました。座席は決まっていますが、時間帯と座席の変更をオファーする事は可能です。

スペイン中東306コスタメディタラニアレストラン

2〜3階の2フロアからなる広々としたレストランで、中央部分が吹き抜けになり、らせん階段で繋がっています。吹き抜け部分の壁には古代からの地中海文明を伝える遺跡の絵画。メディタラニア(地中海)の歴史をテーマにした船だということを実感できます。

スペイン中東307コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東308コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東309コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東310コスタメディタラニアレストラン

コース料理はメニューの中から選択。アンティパスト(前菜)、プリモピアット(1つ目のメイン料理・主にパスタ類)、セコンドピアット(2つ目のメイン料理・主に魚or肉料理)、サラダ、チーズ、デザートと、それぞれ3〜4種類の中から選びます。前菜2種とか全部とか選ぶことも可能。

スペイン中東311コスタメディタラニアレストランナポリの名物菓子baba

コース料理を好きなだけ食べられるけれど、最後のデザートが届くまでに1時間以上かかるので、夕食では6泊のうち2回だけ利用しました。時間的に出港時間とかぶることが多いため、感動的な出港シーンや夕暮れ風景の写真を取れないことが不満です。だからといって2回目の夕食時間を選ぶと終わるのが22時過ぎになってしまうので、どっちもどっち(^◇^;)食べたい時間に利用できるビュッフェレストランを利用する人が多いのは、時間のしばりがないからでしょうね。

スペイン中東312コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東313コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東314コスタメディタラニアレストラン

また、このレストランは、朝食と昼食時にもオープンします。
朝食は豊富な種類のパンとハムや野菜、フルーツが並ぶビュッフェだけでなく、注文料理(卵料理、パンケーキ他)もいただけます。昼食はコース料理になっているので終日航海日には優雅な昼食タイムを楽しむことができますよ。

スペイン中東315コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東316コスタメディタラニアレストラン

そしてビュッフェレストラン『Perla del Lago』は、プールがある9階。フルーツと野菜の補給に利用しました。
朝食を食べない事が多いし、寄港地での食事を優先しているし、有料ピザレストラン(夕食のみ)を気に入ってしまった結果、ビュッフェレストランを殆ど利用しなかったという…。なので写真が少ないのです。

                                     つづく
                                     VOL.26




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.24 『コスタ・メディタラニア』バルコニールーム

2019/ 11/ 28
                 
スペイン中東294コスタメディタラニア客室

バルコニーはまだ掃除中だったけど、すぐにお部屋へ入れました。

スペイン中東295コスタメディタラニア客室

こちらはバルコニールーム。クルーズ船の客室は大概同じような造りで、見慣れたレイアウトですが…。ジュニアスイートはソファーがある部分がもっと広くベッドとの間にちょっとした区切りがあってリビングエリアになり、スイートルームは色々なレイアウトがあります。

スペイン中東296コスタメディタラニア客室

スペイン中東297コスタメディタラニア客室

そしてベッドの向こうはバルコニー。私が知る限りでは、コスタクルーズ以外の船のバルコニーで喫煙はできません。10年以上前はタバコに関してもっと寛容だったのだけど、最近はとても厳しくなっていて屋外なのにバルコニーでも喫煙が許されないのです。ホテル同様バレたら罰金!コソコソ吸っても隣室ゲストに「バルコニーがなんかタバコ臭い〜」とチクられたりするらしいし…。

スペイン中東298コスタメディタラニア客室

客室の広さはバルコニー込みで23㎡なので、概ね18㎡くらい(約11畳)です。ホテルの狭めの部屋と同じ位なのに広く感じるのは、バルコニーがあるからでしょう。突き当たりに見えるのが入口で、廊下から扉を開けると右手にバスルーム、左手にクローゼットが備わっています。ソファーの向かいにあるのはライティングディスクと鏡台を兼ね備えたような鏡がある机。イスも装備されているので、お仕事用にもお化粧用にも使えます。

スペイン中東299コスタメディタラニア客室

テレビの下にはセーフティボックスがあり、その下はミニバーエリアで、コップやアイスボックス、有料の水が用意されていて、その下が冷蔵庫。コーヒー&紅茶セットの有無は覚えていないけど、湯沸かしケトルがないのはとても不便で、1日に何度も「ホットウォータープリーズ」とルームサービスを頼んだことが記憶に残っています。コーヒーやお茶類はたっぷり持ち込んでいるし、足らなければビュッフェレストランに様々なティーバックが揃っているので、お湯さえあればいつでも好きなホットドリンクが飲めるのに、標準装備なし。

スペイン中東300コスタメディタラニア客室

そしてバスルームは、これもまた同じようなレイアウトでコンパクトに纏まっています。あ、バスルームが小さいからベッドルームが広く感じるのかも…。バスタブはジュニアスイート以上のみの設備です。

スペイン中東301コスタメディタラニア客室

アメニティは石鹸とシャンプー&ボディソープの液体がシャワールームに備わっているだけ。上質な物ではないので、シャンプーやトリートメント、洗顔フォームなどは、持参した方が良いです。

スペイン中東302コスタメディタラニア客室

客室のお掃除は1日2回。夕食から戻ってくるとキレイになっていて、翌日の案内や招待状などが置かれています。チップはまとめて請求されるので、いちいち渡さなくて良し。でもね、夜中にルームサービスをお願いしたりするとあげたくなるので、ドル紙幣は持っていた方が良いです。(イタリア船なのにコスタの船内通貨はアメリカドル)

スペイン中東303コスタメディタラニア客室

この時コスタクルーズは3回目。翌年日本で2回も利用することになるとは予想してなかったけど、日本発着の船には湯沸かしケトルが設備されています。ルームサービスで届くお湯はぬるくて、堂々と持ち込んだコーヒーやお茶、コッソリ持ち込んだ焼酎のお湯割りをいつものように美味しく飲むことができなかったのが不満でした。私には沸騰したお湯が必要なのよ〜。
 
                                     つづく
                                     VOL.25




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ