FC2ブログ

Recent Article

        
category - 2018年トルコ+中欧

トルコ+中欧夫婦旅Vol.1 4ヶ国5都市を巡る♪トルコと中央ヨーロッパ

2020/ 05/ 30
                 
トルコ_中欧001カッパドキアの気球

2018年のヨーロッパ旅行は、トルコ、ハンガリー、スロバキア、ウィーンを巡る16泊19日。前年同様カタール航空の激安セールを待っていたら8月になってしまったので、ANAマイレージを使ってスターアライアンスの無料航空券を手配しました。

往路:羽田(中国国際航空)→北京(トルコ航空)→イスタンブール
復路:ウィーン(オーストリア航空)→上海(全日本空輸・ANA)→羽田

トルコ_中欧002トルコ航空

ビジネスクラスでの直行便はすでに満席。何日か前まではウィーン→羽田の便が残ってたのに、グズグズしていたら埋まってしまって、直行便で行ける国なのにわざわざ経由して行くことになりました。こんな面倒くさいフライトでも「4種類の航空会社のビジネスクラスに乗れる♪」と、主人は喜んでいましたが…。マイルを使って安くヨーロッパに行けるのは嬉しいけど、直行便で行ける国へは直行したいものです。

ま、2人で19万マイル、空港税など10万円ほどの支払いでヨーロッパへの往復航空券を手に入れられたのでよかった、よかった。たとえ乗り継ぎ便でもマイレージで1ヶ月後のビジネスクラス航空券が取れるとは思っていませんでした。出入国がどこでも良ければ何とかなるのね〜。

トルコ_中欧003カッパドキア洞窟ホテル

ということで、今回も航空券に合わせて旅程を組むことに。
イスタンブール(トルコ)に着くのは早朝なので、そのまま乗り継いでカッパドキアへ行くことにして、憧れの洞窟ホテルに泊まります。で、せっかくだから2つの洞窟ホテルをハシゴして、イスタンブールへ。

トルコ_中欧004イスタンブール旧市街

何かと物騒なイスタンブールでは、まず新市街の高級ホテルで様子を見てから旧市街のホテルへ移動してササッと観光し、飛行機でブダペスト(ハンガリー)まで行きます。

トルコ_中欧005ドナウ川クルーズ

その後ブダペストからどうにかして(電車かバスかフェリーで)ブラチスラヴァ(スロバキア)へ行き、フェリーでウィーン(オーストリア)へ向かうことに決まりました。

トルコ_中欧006ヒルトンイスタンブールボスポラス

予約したホテルは7軒、その内バルコニー付きが6軒、スイートルームが4軒、アパートメントが1軒と、ホテルに泊まるだけでも楽しみ♪バルコニー付きのスイートルームもあります。贅沢な旅行に感じるかも知れないけど、平均すれば1泊20,000円。しかも航空券はマイレージを利用しているので、ビジネスクラスでも1人5万円の税金等だけです。

トルコ_中欧007ブラチスラバ

地中海クルーズでトルコに寄港したことはあるけれど、トルコ滞在は初めて。そして16年振りの中央ヨーロッパ周遊ではハンガリー、ウィーンに加え、前回通り過ぎてしまったスロバキアへ初入国というお楽しみ付き。
それでは、4ヶ国5都市の旅行記を始めま〜す。


                            つづく




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅 もくじ

2020/ 05/ 27
                 
VOL.01 初めてがいっぱい♪5ヶ国11都市を巡った3週間
VOL.02 感動のラウンジ体験!ザ・エミレーツ・ラウンジ
VOL.03 機内にBARがある!?エミレーツ航空がスゴい
VOL.04 ドバイ5つ星ホテル☆+600円でアップグレード♪
VOL.05 『ジョッドパレスホテル』メイドルーム付客室
VOL.06 『ジョッドパレスホテル・ドバイ』施設
VOL.07 レストラン『Handi』と『sakura』
VOL.08 世界一だらけ!未来都市・ドバイ
VOL.09 再びエミレーツ航空♪ドバイからマドリッドへ
VOL.10 列車で移動♪美食の街・サンセバスティアンへ
VOL.11 眺望抜群『トリップ・サンセバスティアン・オルリー』
VOL.12 バルホッピング♪ピンチョス&タパス三昧
VOL.13 サンセバスティアンの休日
VOL.14 バスで移動♪バスク最大都市・ビルバオへ
VOL.15 ロケーション最高『セルコテル・コリセオ』
VOL.16 ビルバオぐるり散策・前編
VOL.17 ビルバオぐるり散策・後編
VOL.18 飛行機で移動♪陽光溢れるマラガへ
VOL.19 『ユーロスターズ・マラガ』テラス付が快適♪
VOL.20 マラガ〜コスタデルソルの休日
VOL.21 アルカサバと旧市街inマラガ
VOL.22 クルーズ船、途中乗船でモロッコへ
VOL.23 『コスタ・メディタラニア』施設
VOL.24 『コスタ・メディタラニア』バルコニールーム
VOL.25 『コスタ・メディタラニア』レストラン
VOL.26 クルーズ〜カディス入港・旧市街散策
VOL.27 クルーズ〜カディス入港・カテドラル観光
VOL.28 クルーズ〜カサブランカ入港・列車でラバトへ
VOL.29 クルーズ〜カサブランカ入港・世界遺産の街ラバト
VOL.30 クルーズ〜カサブランカ入港・モロッコ料理満喫
VOL.31 クルーズ〜終日航海・ジブラルタル海峡を走る
VOL.32 クルーズ〜バレンシア入港・黒パエリアを探して
VOL.33 クルーズ〜バルセロナ下船そしてアテネへ
VOL.34 『アマリアホテル』観光基地に好条件♪
VOL.35 楽しさがぎゅっと詰まった旧市街・プラカ
VOL.36 世界遺産『アテネのアクロポリス』
VOL.37 大好きな街アテネから未知の街カイロへ
VOL.38 はじめてのエジプト入国
VOL.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト
VOL.40 眺望◎ナイル川を望む『コンラッドカイロ』
VOL.41 お馬に乗ってピラミッド観光♪
VOL.42 ラクダ体験とバクシーシ
VOL.43 そして帰国。エティハド航空でアブダビへ
VOL.44 ファーストクラスラウンジ&スパinアブダビ
VOL.45 ついにファーストクラス搭乗♪


スペイン中東567




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.45 ついにファーストクラス搭乗♪

2020/ 05/ 22
                 
スペイン中東551エティハド航空ファーストクラス

いよいよ人生初のファーストクラス体験です。
「ファーストクラスに一度でいいから乗ってみたい」と憧れ、生活費と仕事経費の殆どをクレジットカード払いに変えてマイルを貯めてきたけれど…。JALとANAマイルには3年の有効期限があるため、ファーストクラス迄なかなか辿り着けずにビジネスクラスで使用してきました。そんな半端なマイラー生活を続けている中、エジプトポンドの急落に目を付けた主人が、激安航空券を発見!カイロ発アブダビ経由成田着のファーストクラス航空券を138,000円という破格で手に入れたのです。頑張ってマイルを貯めるより安い航空券を探す方が早かったということで…(・・;)

スペイン中東552エティハド航空ファーストクラス

さてさて、私の席2Aはどこかしら〜?

スペイン中東553エティハド航空ファーストクラス

イスの幅が広いですね。マッサージ機能付!

スペイン中東554エティハド航空ファーストクラス

向かい側の足置き場は普通に座ると足が届かないほど遠くにあります。下に荷物を置けるようになっていて、手荷物のボストンバックも余裕で収納。

スペイン中東555エティハド航空ファーストクラス

座席を完全にリクライニングすれば、全長203mのフルフラットベッドになり、空を飛んでることなんて忘れてしまいます。

スペイン中東556エティハド航空ファーストクラス

肘掛けの部分を開けるとジュースとお水。モニターは23インチ、ヘッドフォンはノイズキャンセリング機能付きです。

スペイン中東557エティハド航空ファーストクラス

そしてアメニティはハンガリーのスキンケアブランド・オモロヴィッツア。クリスチャンラクロワのポーチに入っていて、男性用は平たくなり、IPADなどタブレット収納もできるように作られている優れもの。

スペイン中東558エティハド航空ファーストクラス

デーツ付きのウェルカムドリンク後、少しして食前酒。とりあえずシャンパンをいただきました。おつまみは、オリーブ、ナッツ、トマトとアンティチョークをオリーブオイルで和えたようなサラダ。おつまみも豪華です。

スペイン中東559エティハド航空ファーストクラス

美しく盛り付けられた前菜は、クルマエビ、ココナッツ、ラディッシュ、マンダリン。ほうれん草とレンズ豆のスープも美味しかったです。前菜後、お口直しのシャーベットが出てきてメイン料理へ。

スペイン中東560エティハド航空ファーストクラス

私が選んだメインは鶏胸肉。アランチーニ(ライスコロッケ)、ズッキーニ、ブラックオリーブ、トマトと共にバターソースが付いてきたけど、ピラミッド型の容器に入った塩・コショーでいただきました。

スペイン中東561エティハド航空ファーストクラス

こちらは主人のメイン料理。仔羊の稀少な部分を使った仔羊ロインのステーキで、ポテト、ニンジン、オレンジ、シャロットが添えられています。チキンビリヤニ、銀ダラの味噌風味、リコッタチーズ入りのトルテリーニと、メイン料理は5種類。いくつでも注文できます。

スペイン中東562エティハド航空ファーストクラス

また、いつでも好きな時に注文できるお料理も豊富。

スペイン中東563エティハド航空ファーストクラス

飛行機の上でどんな天ぷらが出てくるのか興味があったので、メインと共にアラカルト料理も注文してみました。天ぷらというより、フリッタに見えるけど…。不味くはないけど、天ぷらは日本で食べる方が良いですね。

スペイン中東564エティハド航空ファーストクラス

デザートも本格的で美しい。薦められるがままに赤ワインと白ワインも飲み、自然と眠たくなって…、着心地の良いパジャマに着替えておやすみなさいzzz。

スペイン中東565エティハド航空ファーストクラス

スペイン中東566エティハド航空ファーストクラス

朝食は食べたい時間を告げておけば、やさしく起こしてくれますo(^-^)

フライト時間は10時間。22時10分に出発して24時頃夕食、5時間寝て、到着2時間前に朝食と、退屈する間もなく日本に着いてしまいました。

さてファーストクラス体験の感想は?
「快適だけどビジネスクラスで充分。半分は寝てるんだから、個室じゃなくていいかな〜」という感じ。頑張って貯めたマイルの使い道は、ファーストクラスよりビジネスクラスに多く乗る方が良いと思いました。

                            おしまい




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.44 ファーストクラスラウンジ&スパinアブダビ

2020/ 05/ 14
                 
スペイン中東541エティハド航空ラウンジ

アブダビでの乗り継ぎ時間は約3時間。お土産を少しだけ見て、早速ファーストクラスラウンジへ向かいました。

スペイン中東542エティハド航空ラウンジ

天井のキラキラ光るオブジェと胡蝶蘭が咲く華やかなエントランスホールには、数種類のデーツとアラビックコーヒー。その先にもエレガントな空間が広がっていそうです。

スペイン中東543エティハド航空ラウンジ

スペイン中東544エティハド航空ラウンジ

ごはんは飛行機で食べたばかりなので、奥にある優雅なソファー席でコーヒーを飲みながら過ごしました。

スペイン中東545エティハド航空ラウンジ

それでも…、WIFI無料だからといって、ポケモン取ってる場合じゃないし、メールやLINEチェックもほどほどにして、ラウンジの探検を開始。

スペイン中東546エティハド航空ラウンジ

食事はビュッフェではなく、メニューから注文できる本格的なレストランになっています。

スペイン中東547エティハド航空ラウンジ

ビュッフェスタイルになっているのはデザートだけ。

スペイン中東548エティハド航空ラウンジ

こちらはキッズルーム。楽しそうですね。
他にも、足を伸ばして斜めになれるリラックスルームやフィットネスジム、シャワールームがあり、美容室ではシャンプー&ヘアカット(20ドル)、ひげ剃り(15ドル)などを受けられます。また、ラウンジ名からわかるようにシックスセンシズスパが入っていて、15分の無料マッサージを受けられるということ。有料で延長もできるそうです。

スペイン中東549エティハド航空ラウンジ

そして立派な喫煙所。葉巻を吸えるシガーラウンジも別の場所にあります。

このラウンジは24時間営業していて、料金を支払えば誰でも利用できるそうで、時間の長さによって150ドル(2時間)〜450ドル(8時間)。8時間ならホテルに泊まった方がよろしいかと思いますが…。

スペイン中東550アブダビ空港

さぁ、最後のフライトです。
斬新なデザインの待合室は、ハチの巣と呼ばれるインスタ映えスポット。アラブ首長国連邦(UAE)には、地球が何者かに征服され始めているのではないかと思われる疑わしい要素があちこちに散らばっています。

                                     つづく
                                     VOL.45




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.43 そして帰国。エティハド航空でアブダビへ

2020/ 05/ 10
                 
スペイン中東532エティハド航空

日本を離れて3週間近く、とうとう帰国日になりました。5つ星ホテルから乗っても料金交渉をしなければならないタクシーでカイロ国際空港へ。

スペイン中東533カイロ街並み

最初、空港に着いた時からイヤな雰囲気だったので、カイロ内の移動はタクシーだけでホテルから一歩も出てません。ということで街歩きはしなかったけど、実はホテル周辺が世界遺産『カイロ歴史地区』。この地区には1000以上のミナレット(尖塔)があり、中世の頃から「千の塔の都」と呼ばれていて、車窓からでも多くのミナレットを眺めることができます。

スペイン中東534エティハド航空ラウンジ

直行便ではないので、カイロ空港からまずはアブダビへ。今回の旅行は、下落したエジプトポンドでエティハド航空のファーストクラスチケットを格安購入したところから始まったので、ようやく最初の目的に辿り着いた感じです。と言ってもアブダビまではビジネスクラス。エティハド航空のビジネスクラスラウンジは、広々としていて喫煙ルームも設備。しかし、今まで体験してきた中東系航空会社ラウンジの中で比べると、ショボく、アルコールもないので見学だけにしました。

スペイン中東535エティハド航空ビジネス

そして初めてのエティハド航空搭乗。日本へのファーストクラスチケットだけどもアブダビ行きにビジネスクラス以上の席がないので、これが最高座席です。

スペイン中東536エティハド航空ビジネス

サービスは素晴らしく、中東系ならでは。シャンパンも用意されています。

スペイン中東537エティハド航空ビジネス

4時間足らずのフライトでも昼食が出て、パンは温められているし、食器もお洒落だし、と、とにかく食事のクオリティが高いところが嬉しいです。

スペイン中東538エティハド航空ビジネス

メイン料理は『HerbChickenBreast』。ハーブで焼いたチキンと副菜にペペロナータとローストポテトが添えられ、朝から何も食べずにいたので特に美味しく感じました。

スペイン中東539エティハド航空ビジネス

こちらはパスタ好き主人のメイン料理で『PappardellePasta』。パッパデッレというきしめんの倍ほど広いパスタを、バジルとトマトソースで調理したシンプルなお料理ですが、これがとても美味しい!

スペイン中東540エティハド航空ビジネス

デザートのチョコレートチーズケーキも優れものでした。

フライト時間3時間45分。18時55分、アブダビ空港に到着しました。
カイロとの時差は+2時間。えーっと、日本時間は+5時間です。

                                     つづく
                                     VOL.44





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.42 ラクダ体験とバクシーシ

2020/ 05/ 06
                 
スペイン中東523ギザピラミッドラクダ

さらにピラミッドに近付いて『ラクダに乗って写真撮影』の場所に着きました。

伏せているラクダの背中にまたがると、ど緊張。立ち上がれば2m以上の高さになるというので、転げ落ちないようにビクビクです。

スペイン中東524ラクダに乗る

後脚を立てて斜めになって「>*0*<ギャー!」、前脚を立てたらひょいっと高くなって「>*0*<ヒィ〜」。騒いでしまったけど、無事に立ち上がってはいポーズ♪

そして、ガイドから離れたところへ連れて行かれ「バクシーシ」と言うラクダ使い。ツアーに組み込まれているのでお金を貰ってるくせに、さらなる施しを要求してきます。最後にチップをあげるつもりだったけど、請求されるとなんだかイヤ〜な気分。しかもラクダに乗ったままでこちらが自由に身動きできない状態でというのも気にくわない。ラクダ体験はとても面白かったのに残念です。

バクシーシとは喜捨のこと。元々は『裕福な者は貧しい者に施しなさい』というイスラム教の美しい教えです。イスラム教徒以外にその教えを強要したり、請求するものじゃないと思いますが…。面倒なのでエジプトポンドを差し出すと「ドル」と言われました。Thank youじゃなくてDollar。あーやだ。でもドルは持ってないのよね。

スペイン中東525ギザスフィンクス

さて、再び馬に乗っての帰り道。

スペイン中東526ギザスフィンクス

砂漠から道路に移り街に向かって進んで行くと、スフィンクスが見えてきましたよ〜。

スペイン中東527ギザスフィンクス

メンカウラー王のピラミッドへの参道入口にでーんっと横たわる姿は門番のよう。

スペイン中東528ギザスフィンクス

ちょうど夕暮れ時だったので、ピラミッドとスフィンクスと夕陽の美しい風景を眺めることができました。

スペイン中東529ギザ街並み

と、ここで終われば楽しい想い出として残ったのに…。馬に乗ったまま路地に連れ込まれて、ガイドがバクシーシを請求してくるという、再びイヤ〜な時間が待っていました。
「ツアーの代金は払ってるからオーナーから貰いなさい」と言っても、家族が居るとかお金が少ないとかブツブツ言って店に戻ってくれない。ツアーが終わったらチップを渡そうと思っていたのに、馬に乗ったままどこだかわからない場所に拉致されたのです。ま、ホテルからの運転手が待機しているので、怖ろしい結果にはならないと思ったけど、こんな時間がイヤ。

ちなみに「いくら欲しいの?」と聞いたら「100ドル」と、ずうずうしい。「店に戻って話そう」と言うと「じゃあ50ドル」と、いきなり半額になりました。
しかし私たちはドルを持ってないし、そもそも250ポンドしか所持金がなかったので「250ポンドならあげる」と言ったのだけど納得しない。でも本当に現金を持ってないので押し問答しかできません。グダグダと30分位…、ようやくガイドが折れてお店に戻れました。彼らはオーナーからガイド料をもらってないのかしら?

スペイン中東530ギザ街並み

乗馬で辿った砂漠の風景は素晴らしく、ピラミッドを見上げたりラクダに乗ったりと、初体験だらけで面白かったのでエジプトの全てを否定したくないけれど、施されることを当然だと教育されているのだから仕方ないのだけど、バクシーシが肌に合わないので二度と足を踏み入れたくない国になりました。
                                     つづく
                                     VOL.43


スペイン中東523ギザピラミッドラクダ



*1エジプトポンド=6.5円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.41 お馬に乗ってピラミッド観光♪

2020/ 05/ 02
                 
スペイン中東510カイロピラミッド

往復60ドルでチャーターしたタクシーで世界遺産『ギザの三大ピラミッド』観光へ。現地の相場から考えたらバカ高い料金だけど、ホテル発着なら安心です。

スペイン中東511カイロ街並み

車窓からは立派なモスクや教会が見えますが、道路の縁石やフェンスが壊れていたり、ボロボロの車が走っていたり、ゴミが落ちていたりで歩きたくない感じ。

スペイン中東512カイロ街並み

車道には荷車を引いたロバも歩いています。

スペイン中東513ギザ街並み

カイロからギザまではナイル川を挟んで南へ約20km、車で30分。という話だったけど、ところどころ渋滞していて1時間程かかりました。

スペイン中東514ギザ街並み

砂漠に近いため商店はどこも煤けた外観で、空気が土っぽい。

スペイン中東515ギザ

スペイン中東516ギザツアー会社

なのにツアー会社の店内はとても煌びやかです。

スペイン中東517ギザ

ここから馬に乗って砂漠へ行き、ピラミッドを眺めながら進み途中で撮影タイム。さらにラクダに乗って写真を撮るツアーが1人100ドルということなので、2人分の料金200ドルをクレジットカードで支払って、初めての乗馬体験に出発です。

スペイン中東518ギザ

パカパカと小走りする馬に乗って進む道路は、馬とロバ、ラクダ、車、人間が利用する道。

スペイン中東519ギザピラミッド

少し進むと間もなく砂漠になり、すぐにピラミッドが見えてきました。見渡す限り茶色の世界は、映画を観ているような、映画の中にひょっこり飛び出したような、不思議な感じ。

スペイン中東520ギザピラミッド

振り向けば砂漠の向こうにギザの街が見え、ピラミッドが想像以上に市街地の近くにあって驚きました。

スペイン中東521ギザピラミッド

そして、カメラの枠に三大ピラミッドが入るベストスポットでの撮影タイム。
三大ピラミッドの造営は紀元前2500年頃とされています。約4500年前のエジプト第4王朝期に建設されたピラミッドで、左からメンカウラー王、カフラー王、クフ王の墳墓。

スペイン中東522ギザピラミッド

メンカウラー王の手前に並ぶ小さなピラミッドは王妃の墓です。古代エジプト王国では王族のみ一夫多妻制だったということなので、奥様は1人じゃなかったのです(*゚∀゚*)

ところで…、超有名な三大ピラミッドですが、中でもエジプト最大のクフ王ピラミッドと中国の始皇帝陵と並ぶ世界三大墳墓のひとつが日本にあるのはご存知ですか?
それは大阪にある日本最大の古墳・仁徳天皇陵古墳で、2019年に世界遺産になりました。いやー、エジプトに行ってる場合じゃないってヽ(´o`;

                                     つづく
                                     VOL.42




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅






   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ