FC2ブログ

寄港地

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.13 新宮入港〜神武天皇が発見!?『那智の滝』

2019/ 05/ 01
                 
コスタクルーズ128那智滝世界遺産・那智滝

新宮港は熊野詣への海の玄関口。本宮大社・速玉大社・那智大社の熊野三山を巡礼する時間も体力もないので、母が行きたいという『那智滝』がある『熊野那智大社』を選びました。

コスタクルーズ129新宮港

クルーズ7日目、最後の寄港地は晴れ☀今クルーズ初の快晴です。

コスタクルーズ130新宮港

出迎えのお姉さん達が着ている平安風の衣装は、身分が高い女性が外出時に着用していた『壺装束』。室内でも顔をさらさない平安時代の女性は、市女笠に薄い布を垂らして熊野詣を行ったそうです。

コスタクルーズ131新宮港

タクシーは1時間4,000円でチャーターできるというので、値切らずに乗ることに。船を降りると仮設の観光案内所が並んでいます。大規模な工事をしているので、やがて立派なターミナルビルが建つのでしょう。

コスタクルーズ132那智滝飛瀧神社

港を出て約20分、深い森の中に那智滝が見えてきました。周囲の緑は、世界遺産『那智原始林』。照葉樹林がモコモコと茂る豊かな自然は、眺めているだけで森林浴気分になります。

コスタクルーズ133那智滝飛瀧神社

さらに2〜3分走り、那智滝に到着。え?滝だけじゃなくて神社もあるの??何も調べずに訪ねてしまったため後から知ることが多いです。

コスタクルーズ134那智滝飛瀧神社

恐る恐るうっそうとした杉並木を進んで行くと、長い階段が…。高齢者と一緒なのに行き当たりばったりの私は「どうする?無理かな?」と母に聞いたら『行くわよ」との返事で、途中で引き返すことも想定しながら歩き出しましたが、半分過ぎた頃から辛くなり、両脇で持ち上げてなんとかゴールヽ(´▽`)/133段あるそうです。
後で調べたら車椅子用のスロープがあり、300円で利用できるということ。おまけに車椅子の貸出もしているということを知って、調べておけばよかったと後悔しました。

コスタクルーズ135那智滝飛瀧神社

ようやく平地に着くと、行く手に大きな滝。
那智滝は、華厳の滝と袋田の滝に並ぶ日本三大瀑布のひとつで、落差133mの長さは一段滝として落差日本一を誇ります。

コスタクルーズ136那智滝飛瀧神社

とっ、突然ですが、ここで古事記のお話しを少し。

〜むかしむかし、天照大神の血を引く神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)は、日向国(鹿児島と宮崎の一部)にある高千穂の宮(霧島山近くにあった伝説上の皇居)で天下を治めていました。しかし「豊かで平和な国造りをするには、この地は辺鄙すぎる」と、日向国から東へ向かい、苦難を乗り越えて大和国(奈良)を征服。橿原に都を開いて、紀元前660年2月11日(新暦)に初代天皇・神武天皇として即位しました〜
という日本建国の神話があります(神武東征)。

宇佐国(大分)→筑紫国(福岡)→安芸国(広島)→吉備国(岡山)→難波国(大阪)と進み、河内国(大阪)で行く手を阻まれたため、海から迂回して紀伊国(和歌山)にある那智の浜に上陸。熊野を越え、大和国に入ったということなのですが…、

なんと、そんな戦いの旅の途中、那智の浜に上陸した時に輝く山が見えたので、探り当てたところ発見したのが、こちらの那智滝だというのです。そしてこの滝を大己貴命(おおなむじのみこと/大国主神)が現れた御神体として祀ったのが、飛瀧神社(ひろうじんじゃ)なのだとか。

まとめると、那智滝は神武東征の途中に神武天皇一行が熊野で見つけた滝とされていて、それを目の前で拝めるのが飛瀧神社ということで、『那智滝』が世界遺産で『飛瀧神社』は世界遺産ではありません。

コスタクルーズ137那智滝飛瀧神社

さて、滝を真正面から拝観するなら参入料300円。御神体が滝なので、神社といっても本殿も拝殿もなく、滝に向かって拝みます。

コスタクルーズ138那智滝飛瀧神社

滝の飛沫に触れると延命長寿の霊験があるといわれ、さらには『延命長寿のお瀧水』というありがたい水が龍の口から出ているので、盃(持ち帰るなら100円)を使っていただきます。

コスタクルーズ139那智滝飛瀧神社

間違えて滝に向かってる龍の口の水を飲んでしまったけど(^◇^;)母は「そんなに長生きしなくていいのにねー」と言いながら両方の水を飲みました。これで100歳まで生きられそうです。

                                     つづく
                                     VOL.14



☆那智滝 → 旅アルバム「世界遺産」51
☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト