FC2ブログ

教会

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.93 パドヴァ『スクロヴェーニ礼拝堂』

2015/ 05/ 02
                 
パドヴァ スクロヴェーニ礼拝堂

パドヴァ38スクロヴェーニ礼拝堂

古代ローマ時代のアレーナ(円形劇場)遺跡が残る公園の一角にあるため、
博物館から礼拝堂までの間にもそれなりに歴史がありそうなものがゴロゴロ。

パドヴァ39スクロヴェーニ礼拝堂

すぐにロマネスク・ゴシック様式のシンプルな建物が見えてきました。
これは1305年、エンリコ・スクロヴェーニが奉納したもので、
高利貸しだった父親の贖罪のために建てられたのだとか。お父さんは、
ダンテの『神曲』にも登場するという、悪名高いお金持ちだったみたいです。

カトリック教会の教えでは
「富んでいる者が天国に入るのはむずかしいものである。
 富んでいる者が神の国に入るよりラクダが針の穴を通る方がもっとやさしい」
と説いていたので、お金を持っている人はせっせと寄進していたのです。

パドヴァ40スクロヴェーニ礼拝堂予備室

自由に出入りすることが出来ず、ちょっとめんどくさい礼拝堂で、
入館は一度に25人限定。 内部の温度・湿度調節に徹底しているので、
直接礼拝堂に入るのではなく、予備室で15分間のガイドビデオを見せられます。
さらに、予備室からスクロヴェーニ礼拝堂内部までは扉を二重にして、
入口が閉まらないと出口が開かないようになっているのです。
そんな風にもったいぶられて…、いいえ!厳かに、ジョットの絵画とご対面♪

ジョット最後の審判
                  ジョットの『最後の審判』(看板より)

一瞬でジョットの青の世界に圧倒されます☆彡
ラピスラズリから作られる青の顔料が金より高かったといわれるこの時代に、
こんなに青を使った絵を描けるのは、パトロン(エンリコ・スクロヴェーニ)の
財力がハンパじゃなかったということ……。息子も天国には行けないね(・・;)

天井一面が青く、金の星が散りばめられています。
主祭壇の反対側(入口)に『最後の審判』が描かれ、壁面にぎっしりと並んだ
フレスコ画のテーマは『マリアの生涯』、『キリストの生涯』、
そして向かい合わせに描かれた美徳と悪徳の絵画『七美徳像・七悪徳像』。
ハゲてる所はあるけど、同じ青を出せなくてそのままになっているのだと
ガイドが言ってました。

パドヴァ42ジョット絵葉書
                『ユダの裏切り、イエスの逮捕』(絵葉書)

撮影禁止のため、写真を披露できないのが残念…。

パドヴァ43ジョット

で、なぜに私が興奮したのかといいますと……、
『最後の審判』といえば、システィーナ礼拝堂(ヴァチカン共和国)にある
ミケランジェロの作品を思い浮かべてしまいますね?
しかしその200年以上前に、ジョットがこんな作品を残していた!
ということを知らなかったからなのです。

最後の審判(システィーナ礼拝堂
                    ミケランジェロの『最後の審判』

西洋美術史上最も重要な作品だと何かで読んでいたのに、
その絵を見るまで全く興味がなかったけれど、今はオススメしたい観光地♪
ベネチアやミラノに滞在したら、この礼拝堂を訪ねてみて下さい。
私みたいに当たって砕けないで、予約もしてね♪

                               つづく
                               VOL.94


☆現地発着ツアー(325ユーロ) → 認定ガイドの解説で楽しむ芸術都市・パドヴァ1日観光<終日/日本語対応/昼食/ヴェネツィア発>
☆システィーナ礼拝堂のハナシ → 南イタリア親子旅行vol.81





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

















スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.89 パドヴァ『サント広場』

2015/ 04/ 07
                 
パドヴァ17聖アントニオ聖堂

聖アントニオ聖堂の前にある広場は『サント広場』。
ここには聖堂だけでなく、『サンジョルジョ礼拝堂』と
『サンタントニオ信者会』もあります。

パドヴァ18礼拝堂と信者会

そして二つの礼拝堂の間にある『サンタントニオ信者会』には、
”聖アントニオが起こした奇跡”を ティツィアーノやティエポロといった
ヴェネチア派画家たちが描いた絵画が飾られているということ。

うーん、鑑賞したいけど、今回は見送りましょう。
この街も日帰り観光で満足できる場所ではないみたい。
ミラノやベネチアから簡単に訪ねられる位置にあるので、また来ます。

パドヴァ19サント広場

ということで、サント広場を見渡せるカフェで一休み。
ストリートミュージシャンが弾くチェロの音色をBGMに、
エスプレッソをいただきました。

パドヴァ20お菓子

そしてカフェで売られているお菓子『Dolce del Santo』も聖アントニオ♪
とても慕われている聖人なんですね。
パイ生地の中にスポンジケーキとアンズジャムが入っている焼き菓子で、
大・中・小と揃っているので、お土産にも良さそう。

パドヴァ21カフェ

さっき歩いてきた道を戻り、『パドヴァの植物園』へ向かいましょ。

                               つづく
                               VOL.90





☆ティツィアーノの絵画 → 地中海クルーズ親子旅Vol.79





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.88 パドヴァ『聖アントニオ聖堂』

2015/ 04/ 04
                 
パドヴァ13聖アントニオ聖堂

さーて、聖堂内に入ってみましょう♪

パドヴァ14絵ハガキ

撮影禁止ということなので、絵ハガキしか紹介できないのは残念ですが…。
主祭壇です。
壁は全て装飾され、中央にはドナテッロによるブロンズ像が置かれていて、
中でも真ん中に立つキリスト磔刑像は圧巻♪

実際には聖アントニオの象徴とされるユリの花が豪華に生けてあったので、
さらに華やかな祭壇になっていました。

パドヴァ15アントニオ聖遺物礼拝堂

こちらは主祭壇の裏にある『聖遺物礼拝堂』。
とても大きな聖堂で、内部の礼拝堂も5つあるのです。
ここには聖アントニオの舌と顎が納められているということですが……、
私の家族はだ〜れも見に行きません。
「舌なんか見たくないよね〜」と、ヽ(´o`; ってゆーか、
「なんで舌だけ残ってるの?気持ち悪い…」と思ってしまったので…。

そして後で絵ハガキを買って、
「こんなに立派な彫刻が並んでいるのなら見ておけばよかったね〜」と、
「気持ち悪いと思って申し訳ありません」と、反省しました。アーメン。

パドヴァ16聖アントニオ聖堂

さて、もうひとつの見どころ『聖アントニオ礼拝堂』です。
あ、盗撮しました。またまたゴメンナサイ。

祭壇横の大理石彫刻は、聖人の生涯を描いたもので、サンソヴィーノ他、
9人の彫刻家による作品だということです。

訪れる人々は敬虔な信者が多いみたいで、私たちには居心地が悪く、
見どころだけ眺める急ぎ足観光。
私が一番行きたかったのは『パドヴァの植物園』なのだから…。



                               つづく
                               VOL.89



☆サンソビーノが登場する話 → 地中海クルーズ親子旅Vol.20
              → 地中海クルーズ親子旅Vol.32







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.87 パドヴァ『聖アントニオ聖堂』

2015/ 03/ 23
                 
まっ、まぁそんなワケで…、ホテルと飛行機の予約にムキになるクセに、
予備知識を持とうとしない私にとって、トラブルとは言えないけど…、
次に訪ねる予定だった『聖アントニオ聖堂』に到着しました♪
通称『サンタントニオ聖堂』です。

パドヴァ008聖アントニオ聖堂

パドヴァの守護聖人・聖アントニオが亡くなった翌年1232年に着工し、
16世紀に完成。

パドヴァ009聖アントニオ聖堂

ファサード(ロマネスク様式)のアーチはゴシック様式、
屋根にはビザンチン様式のクーポラ(円蓋)と、ミナレットのような鐘塔
(イスラム建築)が聳えるという、様々な建築様式を融合させた、
壮大な教会です。

そこで気になるのが”聖アントニオ”って誰なの?ってことですが、
彼はリスボン(ポルトガル)生まれの教会博士。
多くの奇跡を起こしたと言われています。

教会博士というのは、グレゴリウス1世、ヒエロニムス他、
カトリック教会の聖人の中で特に学識に優れ、偉大な業績を残した人に
送られる称号だということで、かなりの有名人♪

そういえば私、聖アントニオを祀っている教会に結構行ってるな〜。
アルベロベッロの教会もサンタントニオ教会だったし、
リスボンにはもちろんあったし、マカオにもありますね。

パドヴァ010露店

パドヴァ011ロウソク


聖堂前の広場には露店が出ていて、ロウソクやロザリオなど教会内で使う物や
お土産が売られています。

パドヴァ012聖アントニオ聖堂

そしてこちらは『ガッタメラータ将軍騎馬像』。
ベネチア共和国の傭兵隊長として活躍していた人ということです。
ルネッサンス初期のイタリア人彫刻家・ドナテッロの作品で、
主にフィレンツェに残る名作と比べても、傑作なのだとか。

                               つづく
                               VOL.88



☆アルベロベッロのサンタントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8
☆グレゴリウス1世の話 → 南イタリア親子旅行Vol.87
☆ヒエロニムスの話   → 南イタリア親子旅行Vol.73


リスボン:サントアントニオ教会
                    リスボンのサントアントニオ教会





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.86 パドヴァ到着ヽ(^0^)ノ

2015/ 03/ 03
                 
パドヴァ01駅前

パドヴァ駅に到着!
想像していたより近代的な駅前の風景に驚きながらも、
タクシー乗り場があったので、すかさず乗っちゃいます。

パドヴァ02駅前

「Orto Botanico Per favore♪」(植物園に行ってね♪)
イタリア語のペルファボーレは、”Please”と同じような意味らしく、
英語と同じように使えて便利です。

パドヴァ03植物園

最初の目的地にした世界遺産『パドヴァの植物園』まで約2.5㎞。
10分弱で到着しました。
が……、休憩時間みたいです。休園じゃなくて良かった〜。

パドヴァ04植物園

で、ん?何だか改装予定みたい。
2015年に開催が決まった『ミラノ万博』に向けて、より素晴らしい
観光地にしようとしてるのかな?

パドヴァ05街並

ということで、タクシーで通った何にもなくてつまらない道を歩いて戻り、
近くの教会へ向かうことにしました。
「世界遺産のクセに四分の一頁しか紹介してないガイドブックにも
書いてあるのに、どーして開園時間をチェックしなかったんだろう…」と、
後悔しながら。

パドヴァ06風景

だけどねっ!途中で素敵な風景に出逢ってしまいましたよ〜。
やっぱり歩かないとダメね。タクシーじゃ見えないモノがいっぱいある。
目的地に着くだけが旅じゃないということを理解するために、
この道を歩く運命だったんだと思うことにしておきましょう。
このあと同じ道を往復しないとならないのだけど…。

パドヴァ07聖アントニオ教会

そして歩くこと約300m、『聖アントニオ聖堂』が見えてきました。
立派です。
                               つづく
                               VOL.87





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ