映画舞台

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.77 世界遺産『ドブロブニク旧市街』

2015/ 01/ 03
                 
映画『紅の豚』だけではなく、『魔女の宅急便』の舞台とも噂されている風景を
眺めながらケーブルカーを下りました。

クルーズ219ドブロブニク

ストックホルム(スウェーデン)、リスボン(ポルトガル)、タリン(エストニア)
などなど、『魔女の宅急便』の舞台といわれている街はたくさんあるけれど……、
舞台は特定せず、第二次世界大戦を経験しなかったヨーロッパをイメージして
各都市の特徴を合わせたということなので、ドブロブニクも舞台のひとつ
なのでしょうね。

クルーズ220ドブロブニク

長い階段を下って、旧市街へ戻ります。
階段途中の路地にはレストランや教会があり、店舗の上は住居になっているみたい。

クルーズ221ドブロブニク

再びプラッツァ通りに出て右に曲がり『ピレ門』を目指しました。

クルーズ222ドブロブニク

通り沿いにはP字型のショーウインドウが並んでいて、色彩の乏しい街並みなのに
可愛らしい雰囲気。

クルーズ223ドブロブニク

色々とヨーロッパの街を歩いてきたけれど、こんな型のショーウインドウは
初めて見た気がします。

クルーズ224フランシスコ会修道院

先へ進むと、右手にあるのが『フランシスコ会修道院』。
母はもうクタクタなので、中に入るのを断念しました。
修道院内にはヨーロッパで3番目に古い薬局『マラ・ブラーチャ薬局』
(1317年創業)があり、現在も営業を続けているそう。
ちなみに世界最古の薬局は1221年創業『サンタ・マリア・ノベッラ薬局』
(フィレンツェ/イタリア)。銀座に支店がありますね。2番目は1241年創業
『レーヴェン・アポテーケ』(トリアー/ドイツ)だということです。

クルーズ225オノフリオ大噴水

その向かい側には『オノフリオの大噴水』(1438年完成)
16の顔の彫刻がついていて、口から水がでてきます。
さらに先に行くと『ピレ門』なのですが……、

クルーズ226撮影中

何か撮影してますよ〜。映画かな?

                              つづく
                              VOL.78







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
















スポンサーサイト