聖母マリア

        
category - 2012年9月ポルトガル

ポルトガル親子旅行Vol.32 奇跡の町『ファティマ』

2015/ 12/ 31
                 
続いてバターリャから東へ約20km、 途中でツアーお決まりの土産物屋に
寄りながら、 最後の観光地『ファティマ』へ向かいました。

ポルトガル181ファティマ

聖母マリアグッズを並べたショーウインドウが多く、ただならぬ聖地っぽい
気配を感じながら辿り着いたけど、『ファティマ大聖堂』は、遙か彼方。

ポルトガル182ファティマ

大きな広場の向こうにあり、母が歩いて行くのは無理そうです。
なんでもこの広場、約30万人を収容できる広さだとか……。

ポルトガル183ファティマ

それでも少し近づいてみると、広場の中には左に見える建物に続く道があり、

ポルトガル184ファティマ

そしてその道を膝立ちで進んでいる人々が……!
膝で歩くことは神に対する愛を示す手段だと、何かで知っていたけれど、
目の前で見るのは初めてです。

ポルトガル185ファティマ

ところで、なぜファティマが奇跡の町なのか?というと……、

〜それは第一次世界大戦中、1917年5月13日。
 ポルトガルのファティマという村で羊の番をしていた3人の子供の前に
 聖母マリアが出現し「世界の平和を祈りなさい」というメッセージを
 伝え、その日を含めた6ヶ月毎月13日にここへ来て平和を祈ることを
 約束して空に消えたということ。
 この噂はたちまち広がり、毎月13日に集まって来る人数が増え、
 最後の6ヶ月目には7万人もの人々が集まったところで……、
 巨大な光が現れて急降下するという不思議な現象が起こりました。
 その奇跡を目撃したのは7万人!
 聖母マリアは第一次世界大戦の収束と第二次世界大戦勃発を預言し、
 地獄の実在を教え、「この地に礼拝堂を建てよ」と告げて去ったという。
 新聞でも報道された驚くべき奇跡だった。〜という出来事があったから。

その後、バチカンはこの奇跡を認め、カトリックの聖地になったのです。

ポルトガル186ファティマ

ということで、”道”が目指す場所は大聖堂ではなく『出現の礼拝堂』。

ポルトガル187ファティマ

最初に出現したとされる場所にマリア像が置かれています。

ポルトガル188ファティマ

高さ65mの塔を持つ『ファティマ大聖堂』は、ネオクラシック様式。
青空に映えるその気高い姿は、聖母マリアを思わせるようですね。

                              つづく
                              VOL.33




☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル

ポルトガル親子旅行Vol.30 ポルトガル屈指のリゾート地『ナザレ』

2015/ 12/ 21
                 
次の観光地はアルコバサから西に10km、海岸沿いにある『ナザレ』という町。

4世紀(ガイドブックには8世紀と書いてあったけど…)、
パレスチナのナザレ(イエス・キリストの故郷)から来た聖職者が
聖母マリア像を持ち込んだ事にちなんで町の名前がついたといわれています。

ポルトガル162ナザレ

バスが着いたのは、長〜い砂浜に沿って広がるブライア地区。
古代フェニキア人によって拓かれたという漁村で、
大西洋に面したコスタ・デ・プラタ(銀海岸)と呼ばれる砂浜が続く海岸は、
夏には観光客で溢れかえるポルトガル屈指のリゾート地です。

ポルトガル163ナザレ

振り返ると険しい崖があり、崖の上はシティオ地区で見どころが多いということ。
このまま進むとケーブルカーがあって、簡単に頂上まで行けるらしいけど、
まだ2ヶ所訪ねるので、無理はしません。

ポルトガル164ナザレ

さてここでは自由行動です。
昼食付きプランは+16ユーロだったので、昼食場所は自分達で選ぶ方を選択。

ポルトガル165ナザレ

ツアーに付いてる昼食で美味しかった経験が殆どないし、3人で48ユーロは、
ワインを飲んでも充分な予算♪

ポルトガル166ナザレ

そしてお土産を眺めたりしながら、レストラン探し〜〜ヽ(^0^)ノ

ポルトガル167ナザレ

同じようなメニューが並んでいるので、どこに入っても同じかもと思いながら、
ナザレ名物『イワシの塩焼き』や『タコのマリネ』など、日本でも食べている
食材を使ったポルトガル料理と白ワインで、昼食終了。
違いは全ての調理にオリーブオイルを使っていることだけのような……。

ポルトガル168ナザレ

食後は町歩き。カフェや土産物屋だけでなく、屋台もあるから楽しい♪

ポルトガル169ナザレ

ナッツやドライフルーツを量り売りしている屋台でおやつをいっぱい買って、
お母様は大満足でした。
売り子のおばあさんが着ているのは、ちょっと有名なナザレの民族衣装。

ポルトガル170ナザレ

未亡人は黒一色だけど、既婚者は7枚重ねのスカートを履いて生活していて、
漁に出た夫が帰ってくる1週間前から1日1枚ずつ脱いでいくのだとか…。
イヤイヤ、色っぽい話ではなくて、最後の1枚になった時に無事に漁から
帰ってくることを願ってという事だからねヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.31




☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ