聖アントニオ

        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.8 世界遺産『聖アントニオ教会』

2016/ 11/ 25
                 
さて、最初のマカオ観光は世界遺産巡りです。
大した物がなくていつもがっかりするクセに、ついつい行ってみたくなる
マカオの世界遺産へ向かいました。

マカオ6046聖アントニオ教会

まずは『聖アントニオ教会』へ。
16世紀にイエズス会修道士が最初の拠点を置いた、マカオで最も古い教会です。
小さな礼拝堂の跡地に石造りの教会が建てられたのは1638年、以来何度か
火災に遭い、現在のネオ・クラシック様式の建物は1930年に完成。
聖アントニオはポルトガル人で、アッシジの聖フランチェスコに共感して
フランシスコ会に入会し、イタリアや南フランスを巡り布教活動を行いました。
彼の説教はとても人気があり、触れただけで病気が治った人も居たということ。

マカオ6047聖アントニオ聖アントニオ

子供を抱いた姿で描かれることが多いので、わかりやすいです。

マカオ6048聖アントニオ教会

内部は開放的で質素なつくり。アジアの教会らしく重厚感はありません。

マカオ6049聖アントニオ教会

むしろ白い壁に差し込む光が柔らかくて優しい雰囲気。
聖アントニオの象徴・ユリの花が、いたる所に生けてあります。

マカオ6050聖アントニオ教会聖アントニオ

結婚を司る聖人でもあるので、結婚式が数多く行われているということです。

余談ですが、映画や小説で「聖アントニオ様〜!」という意味不明なフレーズに
触れたことはありませんか?聖アントニオは、なくし物や行方不明者を見つけて
くれる聖人とも言われているので、敬虔な信者は聖アントニオに頼るらしいです。
とにかく捜し物がなかなか見つからない時は、「聖アントニオ様」と3回唱えて
みましょう。信者じゃないと効き目がないかも知れないけど……。

聖アントニオを祀った教会は、リスボン(ポルトガル)、パドヴァ(イタリア)、
アルベロベッロ(イタリア)と、母と妹と一緒に観光しているのですが、話しても
伝わらないので昔のブログを見せたら、ようやく思い出してもらえました。
「Pちゃん、よく憶えてるわね〜」と言われるけど、その度に
「よく忘れられるわね〜」と、私は思っていますが……(・・;)

マカオ6051カモンイス広場Photobyチャイ語なび

そして教会の向かい側にあるのが、マカオ世界遺産の一つ『カモンイス広場』。
「ここに地果て、海始まる」の一節で有名なポルトガル詩人の
ルイス・カモンイスの名前から付けられているということですが……、

マカオ6052カモンイス公園

あまりにもただの広場だったので、こっちの『カモンイス公園』を世界遺産
だと思ってしまいましたヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.9


☆聖アントニオ聖堂(パドヴァ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆サンタントニオ教会(アルベロベッロ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆聖アントニオ教会(リスボン) → ポルトガル親子旅行Vol.18
☆「ここに地果て、海始まる」の話 → ポルトガル親子旅行Vol.33
☆カモンイスのハナシ → ポルトガル親子旅行Vol.15



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



☆☆☆世界遺産『マカオ歴史市街地区』☆☆☆

ギア要塞 聖ポール天主堂跡 聖ドミニコ教会 民政總署
媽閣廟 港務局 鄭家屋敷 聖ローレンス教会 聖ヨゼフ修道院及び聖堂
ドン・ペドロ5世劇場 ロバート・ホー・トン図書館 聖オーガスティン教会 
三街会館 仁慈堂 大堂 盧家屋敷 ナーチャ廟 旧城壁 モンテの砦 
聖アントニオ教会 カーザ庭園 プロテスタント墓地
セナド広場 リラウ広場 聖オーガスティン広場 バラ広場 大堂広場 
聖ドミニコ広場 イエズス会紀念広場 カモンイス広場



スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.39 世界遺産『エヴォラ歴史地区』

2016/ 01/ 25
                 
ジラルド広場は世界遺産『エヴォラ歴史地区』の中心地。
城壁に囲まれた旧市街の真ん中で、観光案内所もあり、ホテルやカフェが
集まっています。

ポルトガル228エヴォラジラルド広場

右端に見えるのはリスボン生まれの教会博士・聖アントニオを祀った
『サン・アントニオ教会』。観光したいけど、他にも行きたい所があるので
無理かな?

アウグストゥスと3時間後に戻ってくる約束をして『10月5日通り』を
歩きました。

ポルトガル229エヴォラ

ジラルド広場からエヴォラ大聖堂へ通じる、メインストリートです。

ポルトガル230エヴォラ

白い家並みが続く道の両側には土産物屋が並び、陶器や山羊のチーズなど、
アレンテージョ地方の名産品がズラリ♪

ポルトガル231エヴォラ

中でもコルク製品のお店が多く、バッグや鍋敷き、絵葉書、帽子、傘…、
なんとエプロンまで(゜ロ゜)コルクで作られています。

ポルトガル232エヴォラ

エヴォラの東約30kmに『レドンド』という町があり、陶器とワインの生産地
として知られているということ。
ひまわりが咲く時期は特に美しい場所みたい。行ってみたいな〜。

ポルトガル233エヴォラ

白壁に黄色のアクセントのちょっぴりスペインを思わせる街並みは、
リスボンから東に約130km、スペイン国境まで約50kmという位置が
影響しているのか?スペインの田舎町と言ってもいいくらい。

ポルトガル234エヴォラ

メインストリートと言っても200mほどしかないので、お土産屋さんを
のぞきながら歩いても、あっという間に終点です。

ポルトガル235エヴォラ

エヴォラ大聖堂にぶつかり、観光しようと思っていたのにお昼休み。
後で訪ねることにして、古代ローマ時代の遺跡へ向かいましょ♪

                              つづく
                              VOL.40





☆聖アントニオについて → 地中海クルーズ親子旅行Vol.87
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>


世界遺産〈エヴォラ歴史地区〉
◇エヴォラ大聖堂(カテドラル)
◇サン・フランシスコ教会
◇マヌエル王宮
◇エヴォラ大学
◇ローマ神殿(ディアナ神殿)
◇カダヴァル公爵邸
◇ロイオス教会
◇ヴァスコ・ダ・ガマ邸宅



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.18 『リスボン大聖堂』

2015/ 08/ 27
                 
ポルトガル059リスボン大聖堂

市電28番がこの先どこへ辿り着くのか、よくわからないので引き返し、
『リスボン大聖堂(カテドラル)』で下車しました。

ポルトガル060リスボン大聖堂

8世紀以降イスラム教徒(ムーア人)に支配されていたリスボンですが、
1147年、アルフォンソ・エンリケス(初代ポルトガル王アルフォンソ1世)が
率いる軍が奪還。同年、もともとモスクがあった場所に建て始めたという、
リスボン市内で最も古い教会です。

ポルトガル061大聖堂バラ窓

華やかなバラ窓をかかげるロマネスク様式だけれど、重々しい雰囲気を
感じるのは、要塞としても使われていたから。
ステンドグラスからの優しい光が薄暗い聖堂内を明るくしています。

ポルトガル062リスボン大聖堂

ゴシック様式の回廊が増築されたのは13世紀後半。
14世紀から16世紀に幾度か地震に遭い、その後の1755年の大地震で
大部分が損壊し、大がかりな修復をして現在の姿になったということです。

ポルトガル063リスボン大聖堂

主祭壇には、左右にパイプオルガンが置かれ、荘厳な雰囲気。

ポルトガル064リスボン大聖堂

ポルトガル065リスボン大聖堂

側廊にあるステンドグラスは、聖ヴィセンテと聖アントニオを描いたもので、
どちらもリスボンの守護聖人です。
聖アントニオといえば、昨年パドヴァ(イタリア)でお勉強したあの人♥

ポルトガル066聖アントニオ教会

リスボン大聖堂の足元に『聖アントニオ教会』があります。

見学したいけど…、お母様は疲れてるし、おまけに雨が降ってきて、
ホテルに帰りたそうだったので、急いで路面電車に乗ることに。
最初に乗ったエストレーラ駅を通り過ぎて終点まで行ったものの、
タクシーは見当たらなく、雨がザンザン降り続けているので、
同じ駅に来た市電25番に乗って、違うルートを走りました。

やがて小降りになったのでバイシャ地区で降り、タクシーに乗って…、
しばらくすると……!運転手が大声で歌い始めちゃった( ・∀・)

「ファド?」
「そうだよ。ファドは聴きに行ったかい?」
「昨日着いたばかりだから、まだ」
「じゃあ今晩聴きにおいでよ!」

彼の名はカルロス。夜はアルファマ地区のファド・レストランで歌っている
というのです。明日の夜はファド鑑賞に決定♪

                              つづく
                              VOL.19





☆パドヴァの聖アントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆アルベロベッロの聖アントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


















                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.89 パドヴァ『サント広場』

2015/ 04/ 07
                 
パドヴァ17聖アントニオ聖堂

聖アントニオ聖堂の前にある広場は『サント広場』。
ここには聖堂だけでなく、『サンジョルジョ礼拝堂』と
『サンタントニオ信者会』もあります。

パドヴァ18礼拝堂と信者会

そして二つの礼拝堂の間にある『サンタントニオ信者会』には、
”聖アントニオが起こした奇跡”を ティツィアーノやティエポロといった
ヴェネチア派画家たちが描いた絵画が飾られているということ。

うーん、鑑賞したいけど、今回は見送りましょう。
この街も日帰り観光で満足できる場所ではないみたい。
ミラノやベネチアから簡単に訪ねられる位置にあるので、また来ます。

パドヴァ19サント広場

ということで、サント広場を見渡せるカフェで一休み。
ストリートミュージシャンが弾くチェロの音色をBGMに、
エスプレッソをいただきました。

パドヴァ20お菓子

そしてカフェで売られているお菓子『Dolce del Santo』も聖アントニオ♪
とても慕われている聖人なんですね。
パイ生地の中にスポンジケーキとアンズジャムが入っている焼き菓子で、
大・中・小と揃っているので、お土産にも良さそう。

パドヴァ21カフェ

さっき歩いてきた道を戻り、『パドヴァの植物園』へ向かいましょ。

                               つづく
                               VOL.90





☆ティツィアーノの絵画 → 地中海クルーズ親子旅Vol.79





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.88 パドヴァ『聖アントニオ聖堂』

2015/ 04/ 04
                 
パドヴァ13聖アントニオ聖堂

さーて、聖堂内に入ってみましょう♪

パドヴァ14絵ハガキ

撮影禁止ということなので、絵ハガキしか紹介できないのは残念ですが…。
主祭壇です。
壁は全て装飾され、中央にはドナテッロによるブロンズ像が置かれていて、
中でも真ん中に立つキリスト磔刑像は圧巻♪

実際には聖アントニオの象徴とされるユリの花が豪華に生けてあったので、
さらに華やかな祭壇になっていました。

パドヴァ15アントニオ聖遺物礼拝堂

こちらは主祭壇の裏にある『聖遺物礼拝堂』。
とても大きな聖堂で、内部の礼拝堂も5つあるのです。
ここには聖アントニオの舌と顎が納められているということですが……、
私の家族はだ〜れも見に行きません。
「舌なんか見たくないよね〜」と、ヽ(´o`; ってゆーか、
「なんで舌だけ残ってるの?気持ち悪い…」と思ってしまったので…。

そして後で絵ハガキを買って、
「こんなに立派な彫刻が並んでいるのなら見ておけばよかったね〜」と、
「気持ち悪いと思って申し訳ありません」と、反省しました。アーメン。

パドヴァ16聖アントニオ聖堂

さて、もうひとつの見どころ『聖アントニオ礼拝堂』です。
あ、盗撮しました。またまたゴメンナサイ。

祭壇横の大理石彫刻は、聖人の生涯を描いたもので、サンソヴィーノ他、
9人の彫刻家による作品だということです。

訪れる人々は敬虔な信者が多いみたいで、私たちには居心地が悪く、
見どころだけ眺める急ぎ足観光。
私が一番行きたかったのは『パドヴァの植物園』なのだから…。



                               つづく
                               VOL.89



☆サンソビーノが登場する話 → 地中海クルーズ親子旅Vol.20
              → 地中海クルーズ親子旅Vol.32







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.87 パドヴァ『聖アントニオ聖堂』

2015/ 03/ 23
                 
まっ、まぁそんなワケで…、ホテルと飛行機の予約にムキになるクセに、
予備知識を持とうとしない私にとって、トラブルとは言えないけど…、
次に訪ねる予定だった『聖アントニオ聖堂』に到着しました♪
通称『サンタントニオ聖堂』です。

パドヴァ008聖アントニオ聖堂

パドヴァの守護聖人・聖アントニオが亡くなった翌年1232年に着工し、
16世紀に完成。

パドヴァ009聖アントニオ聖堂

ファサード(ロマネスク様式)のアーチはゴシック様式、
屋根にはビザンチン様式のクーポラ(円蓋)と、ミナレットのような鐘塔
(イスラム建築)が聳えるという、様々な建築様式を融合させた、
壮大な教会です。

そこで気になるのが”聖アントニオ”って誰なの?ってことですが、
彼はリスボン(ポルトガル)生まれの教会博士。
多くの奇跡を起こしたと言われています。

教会博士というのは、グレゴリウス1世、ヒエロニムス他、
カトリック教会の聖人の中で特に学識に優れ、偉大な業績を残した人に
送られる称号だということで、かなりの有名人♪

そういえば私、聖アントニオを祀っている教会に結構行ってるな〜。
アルベロベッロの教会もサンタントニオ教会だったし、
リスボンにはもちろんあったし、マカオにもありますね。

パドヴァ010露店

パドヴァ011ロウソク


聖堂前の広場には露店が出ていて、ロウソクやロザリオなど教会内で使う物や
お土産が売られています。

パドヴァ012聖アントニオ聖堂

そしてこちらは『ガッタメラータ将軍騎馬像』。
ベネチア共和国の傭兵隊長として活躍していた人ということです。
ルネッサンス初期のイタリア人彫刻家・ドナテッロの作品で、
主にフィレンツェに残る名作と比べても、傑作なのだとか。

                               つづく
                               VOL.88



☆アルベロベッロのサンタントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8
☆グレゴリウス1世の話 → 南イタリア親子旅行Vol.87
☆ヒエロニムスの話   → 南イタリア親子旅行Vol.73


リスボン:サントアントニオ教会
                    リスボンのサントアントニオ教会





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.49 アルベロベッロ『サンタントニオ教会』

2013/ 08/ 15
                 
石畳のゆるい坂道を上りきった所に教会があります。
そしてもちろん…、アルベロベッロの教会なのだからもちろん!

クルーズ064サンタントニオ教会

トゥルッリ!!……ふふっ。
世界でひとつだけのトゥルッリでできた教会『サンタントニオ教会』です。

クルーズ065サンタントニオ教会

内部はこぢんまりとしていて、アルベロベッロっぽさが漂った可愛らしい雰囲気。
祭壇には、磔刑のキリスト像を中心に、聖人達が並んだ絵画が飾られています。
向かって右端に描かれている2人は、アルベロベッロの守護聖人、
聖コズマと聖ダミアーノだということ。

クルーズ066サンタントニオ教会

そして祭壇に向かって左側には、子供を抱いた聖アントニオの彫像があります。
ツアーはこの後レストランへ行き、ワインと軽食を振る舞われる予定でしたが、
私たちはパス。匂いが不味そうだったので……、ゴメンナサイ。

露店で豆を買ったり、お土産を見たり、のんびりとバスまで歩いていきました。
途中、人だかりができていたのでのぞき込むと……、

クルーズ067アルベロベッロ露店

CDを売る露店の前で、おばちゃんたちが踊ってました。
陽気だな〜。見ているだけで、楽しい気分になれます♪

                               つづく
                               VOL.50




☆パドヴァのサンタントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ