ウィン

        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.25 必見!!ウィンマカオの噴水ショー

2017/ 07/ 22
                 
マカオ6182噴水ショー

ウィンマカオでタクシーを降りると、蒸し暑さの中に何かが始まる感じ。
湖の周りに観光客がわらわらと集まってきて、リスボアホテルもライトアップ
し始めました。

マカオ6183ウインエントランス

エントランス前の人工湖で行われる噴水ショー『パフォーマンスレイク』は、
15分に1回上演しています。

マカオ6184噴水ショー

音楽に合わせて水が踊る美しいショーが約3分間繰り広げられ、無料なので誰でも
観賞可能。光と炎を使ったきらびやかな演出は想像以上に魅せられて、ついつい
12分後の次のショーを待ってしまうほど魅力的です。



ベラッジオ(ラスベガス)の噴水ショーはもっと大規模で壮大だけど、
こちらマカオの噴水ショーは、コンパクトながらも色鮮やかで身近な感じ。

マカオ6186噴水ショー

レイクビュールームとはいえ、お部屋からだと眺めると言うよりのぞき込む感じ
になるので、やはり目の前で観る方が迫力満点です。
音楽も聞こえるので気分が盛り上がりますね。

マカオ6185噴水ショー

周りの建物もライトアップされるので、夜に観賞することをオススメします。

ドバイにはもっとスゴいのがあるらしいですよ(*^O^*)

                              つづく
                              VOL.26


☆レイクビュールーム → マカオ親子旅行Vol.15
☆ベラッジオの噴水ショー → ラスベガス親子旅行Vol.97




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.19 広東料理店『紅8粥麺』inウィンマカオ

2017/ 06/ 15
                 
マカオ6135ウィン紅8粥麺

ウィン・マカオでの夕食は『紅8粥麺 (レッド8)』。
カジュアルな広東料理店で、カジノ内にあるため24時間営業です。

マカオ6136ウィン紅8粥麺

『永利軒』(ウィンレイ/広東料理)、『泓』(ミズミ/日本料理)、
『京花軒』(ゴールデンフラワー/中国宮廷料理)と、3軒ものレストランが
ミュシュランの星を持つというホテルだけど、私達の親子旅行に☆は不要。

本格的フレンチとか本格的中国料理は、 お母様のお口に合いません。
以前香港訪問時、妹と共に「さすが本場だねぇ〜」と美味しく食べていたのに、
母は「南国酒家の方が美味しいわね」と、あまり喜ばなかったのです。
それでも同年代の老人よりは色々と食べられる方で、ピザやハンバーガー、
ホットドックなど洋風のものもOK♪何より大概のお店のメニューにある
フライドポテト(ヨーロッパではフレンチフライ)が大好物なので、
ヨーロッパやアメリカで3週間程過ごすこともできました。

たとえメニューになくても作ってくれるレストランも多く、クルーズ船でも
お願いしたら作ってくれたのです。でも中華料理にフライドポテトはないし…。

マカオ6137ウィン紅8粥麺
                    紅8極品炒飯140パタカ(約1800円)

前置きが長くなりましたが、そんな母が気に入ったので3泊中2回利用したお店です。
チャーハンがとても美味しく、3人で分け合っても充分な量。

マカオ6138ウィン紅8粥麺
                    清炒素菜80パタカ(約1000円)

炒め物も薄味で上品な味です。

マカオ6139ウィン紅8粥麺

点心は40〜70パタカ(500〜900円)とお手頃なので、カジノの休憩で
ちょっと一杯飲みたい時に便利ですね。

マカオ6140ウィン紅8粥麺

安くはないけど、ウィンホテルの中にあることを考えれば、カジュアルな方だし。

マカオ6141ウィン紅8粥麺マカオビール55パタカ(約700円)

あ、でも、でも、ドリンクはホテル価格なので、飲み過ぎないように(*´∀`*)

                              つづく
                              VOL.20



☆クルーズ船で特注料理 → 地中海クルーズ親子旅行Vol.57



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.16 『ウィン・マカオ』アンコールタワー

2017/ 04/ 16
                 
ウィンタワーに隣接して建つのが、全室スイートルームのアンコールタワー。
カジノで繋がっているので、外に出なくても行き来できるのが魅力です。

マカオ6081アンコール

一番の特徴はクラゲ観賞をしながらチェックインできるという、癒やしの
レセプション♪フロントデスクの後ろが巨大な水槽になっていて、
キラキラ光るミズクラゲがふわふわ泳いでいるのです。

マカオ6082アンコール

エントランスを入ると目の前に何とも幻想的な水槽が目に飛び込んで、
それに釣られて歩いて行くとチェックインする場所になっているという
楽しい演出がおみごとヽ(^0^)ノ

マカオ6083アンコール

ロビーに水槽のあるホテルは知っていても、クラゲが泳いでるというのは
なかなか聞いたこともないし……、クラゲのヒラヒラした動きを観賞すると
癒やし脳波が出るらしいので、近くを通ったら立ち寄る価値ありです。

マカオ6084アンコール

全室スイートルームというだけあって、ウィンタワーよりさらにゴージャスで、
カジノもVIPテーブル37台、高級スロット33台と、VIP向けしかないという…。

マカオ6085アンコール

宿泊料金は『グランドラパ』のスイートルームの倍以上!?
「オールスイートと言っているけどどー考えてもジュニアスイートじゃん?」
という『ベネチアン』とも違い、本当の全室スイートルームです。

マカオ6086 アンコール外観

多分宿泊する日は訪れないと思うけど、お部屋を見学してみたいな〜。

                              つづく
                              VOL.17



☆グランドラパマカオ → マカオ親子旅行Vol.5
☆ベネチアンマカオ  → 香港・マカオ夫婦旅Vol.38
ウィンマカオ(Wynn Macau)



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.15 『ウィン・マカオ』ウィンタワー客室

2017/ 04/ 09
                 
マカオ6071ウィン客室

こちらはデラックスレイクビュールーム♪
57㎡のゆとりある客室は廊下まで広々としています。

マカオ6072ウィン客室

「白、クリーム、ベージュと、柔らかな色を使ったファブリックがノーブルな
雰囲気を漂わせ、優雅な滞在を約束してくれそう…」と言いたいところですが、
真ん中にで〜んとエキストラベッドを置かれちゃうと、なんだかな〜(・・;)

マカオ6074ウィン客室

まぁ、でも、とても素敵なお部屋です。二人で使用するなら……。

マカオ6073ウィン客室

あ、デラックスと言っても、57㎡と言っても、標準サイズのお部屋ですから。

マカオ6075ウィン客室

早速エキストラベッドを移動して、こんな感じになりました。スッキリ♪

マカオ6076ウィン噴水

「レイクビュールーム」ということは、窓の下は噴水ショーが繰り広げられる
人工湖。母は窓際のベッドを選び、特等席だと喜んでいます。

マカオ6077ウィン客室

カップ類は2組ずつしか用意されてなく、冷蔵庫は中身を動かすと課金される
タイプなので持ち込んだビールを冷やせなくて不便。スーパーで5パタカ程で
買えるものを50パタカで飲みたくないので、エレベーター横にある製氷機から
氷をもらってきて冷やしたけど、高級ホテルに泊まってるクセにカッコ悪いし…。

マカオ6078ウィン客室

バスルームもゆったりしていて、バスタブからシャワールームまで移動するのに
苦労するほどです。

マカオ6079ウィン客室

トイレにドアがあったり、ダブルシンクだったりと、
充実設備で、さらにテレビも設置してあるという親切さ。

マカオ6080ウィン客室

アメニティのパッケージが残念なのは置いといて、見るからに質の良さそうな
タオルやバスローブからも高級感が溢れています。

このホテル、とても人気が高く、値段も高く1泊38,000円!(2名1室30,000円程)
予約が取りにくいけど「一度泊まってみたい」と思っていたホテルで、
さぞかし快適かと思っていたけど…、や、確かに快適なホテルだったけど、
私はここより安くて広くてバルコニー付きの『グランド・ラパ・マカオ』の方が
好きだわぁ〜(*´∀`*)

                              つづく
                              VOL.16


☆グランドラパマカオ → マカオ親子旅行Vol.5
ウィンマカオ(Wynn Macau)



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2009年香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.45 タイパ島からマカオ半島の世界遺産観光へ♪

2010/ 09/ 16
                 
タイパ島コタイ地区からマカオ半島へ、話題を移しましょう♪
2005年、22の建造物と8ヶ所の広場が「マカオ歴史市街区」として
世界遺産に登録されたということなので、世界遺産観光へ出かけます。

「どこに行こうか?」
ガイドブックを見ながら相談したのですが、香港のガイドブックに
おまけのようについてるマカオの頁では、情報量が足りない!
とりあえず、マカオで一番高い場所に建つという『ギア要塞』に決めました。
でもね~、世界遺産だというのに『ギア要塞』までの行き方も書いてないし、
「セナド広場から徒歩20分」と書いてあるけど、
地図で見る限りセナド広場から2㎞以上ありますよっ?!
特別なワープ方法があるのかしら?
とりあえず、ベネチアンからタクシーに乗って出発しました。

Mac40MGM.jpgMGMグランド

『MGMマカオ』、『ウィン』を眺めながらドライブ気分♪
『ウィン』なんて、ラスベガスのものと区別出来ない程そっくりです!

Mac41MGM.jpgウィン

そしてタクシーが停まったのは山の中腹あたり。
観光客の姿が無いんですけど…。
「ホントにここが世界遺産?」
というような淋し~い場所で降ろされました。
確かに高台だけど、観光客は居ないし、表示も無い!!
手入れしているとは思えない樹木に囲まれながら突き進んで行くと、
ケーブルカーの到着地点に辿り着きました。

Mac42ギア要塞

タクシーなら、ケーブルカー乗り場で下ろすのではないかと思いますが…。
やっと、スタート地点に到着です。

                             つづく
                             Vol.46




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。


                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.97 『ベラッジオ』噴水ショーとウィン氏

2010/ 06/ 08
                 
ベラッジオの噴水ショーは、目の前で観ると迫力満点ですが、
パリスのエッフェルタワーレストランからの眺めは、とても優雅な雰囲気。

LAS174ベラッジオショー

昼間は30分ごと、夜は15分ごとに行われているので、待つことなく始まりました。

LAS175ベラッジオショー

LAS176ベラッジオショー

LAS177ベラッジオショー

この音楽と水の噴水ショーは、全部で20以上のバリエーションがあるということ。
何度観ても楽しめます♪
やっぱり『ベラッジオ』噴水ビューの部屋に泊まってみたいな~。
10年前からの憧れホテルです。
今度ラスベガスへ来るときは、シルク・ド・ソレイユのショー『O』を観たいので、
このホテルは有力候補だけど、『ウィン』も捨てがたい……。
ってゆーか、今更ながら、スティーブ・ウィン氏の発想力と実行力、
そして思い切りの良さに驚いています。

ストリップ沿いに無料ショーを創造してしまったウィンさんは、
『ベラッジオ』を『MGM』に売却して、理想のホテル『ウィン』を建築。
隣にはさらにゴージャスなホテル『アンコール』を建てた!と、驚いていたところ、
ラスベガスへ来て知った事は、『ミラージュ』と『TI』も売却していたという…。

構図としては、スティーブ・ウィンが構想を練って、建築。 →
成功しちゃうと、ウィンちゃんは飽きて、新しい構想に着手。 →
資金調達のため、MGMに売却。 → MGMが地道に運営。
って、感じでしょうか?

この旅の後、訪れたマカオの『ウィン』では、無料の噴水ショーをやってます。
『ウィン』なんだか、『ベラッジオ』なんだか?って話ですけど……。
そして面白い事に『MGM』もあり、マカオでも、いつか『ウィン』を『MGM』に
売却して、更なる発展を遂げるのでしょうか?
ラスベガスもマカオも、ホテル事情が楽しみです♪
もちろん、マカオでは『ベネチアン』に宿泊しましたよっ!!

                                つづく
                                VOL.98


☆ホテル『ウィン』について → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆ウィン氏『ベラッジオ』売却だけじゃない! → ラスベガス親子旅行VOL.50
☆そして『ベネチアン・マカオ』に宿泊♪   → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.58 ラスベガス最高級ホテル『アンコール』

2010/ 01/ 29
                 
LAS066Encore.jpg

そして、ファッションショーの正面は、到着日に訪れた『ウィン』♪
その隣にはウィンの姉妹ホテル2009年にオープンしたばかりの『アンコール』が
建っています。どう見ても同じホテルに見えますけどね。

LAS067Encore.jpg

すべての客室はスイートタイプ♪ウィンと一緒です。
”ウィンよりさらにリゾートであることに重点をおいた”ということですが、
まだガイドブックには載ってないので、ホームページで客室を見ました。
鏡を上手に使っていて、開放感抜群。窓が広いような気がしますが、多分鏡の魔法です。

ベッドルームとリビングが、数段の階段で区切られているベネチアンやパラッツォの
レイアウトと違い、バリアフリー。
私はウィン&アンコールよりもベネチアン&パラッツォのレイアウトの方が好きだな。

ラスベガス-アンコール客室RESORT SUITE

バスタブも”最高級ホテル”と言うワリには、ウィンより小さい様子。
ベッドの寝心地とか、部屋の使いやすさなどは、実際に体験してみないと何とも
言えませんが、評判は良いみたいです。

施設は、カジノを始め、5つのレストラン、2つのプール、ナイトクラブ、スパが揃い、
高級ブランド店が並ぶショッピングモール”ウィン・エスプラネード”で
お隣のホテル『ウィン』と繋がっています。
スパとプールの利用は、宿泊者限定だとか。
夫婦や恋人で行くのに、良さそうです♪

一度は泊まってみたいホテルが、また増えてしまった!!


                              つづく
                              VOL.59


☆1日目に訪れた『ウィン』のハナシを読む → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆『パラッツォ』の客室のハナシ → ラスベガス親子旅行VOL.39
☆『アンコール』の公式サイト → http://www.encorelasvegas.com
☆連泊プランあり!『アンコール』を予約する(アップルワールド)
   → http://appleworld.com/hotelinfo/hotel/04033620

☆『アンコール』詳細&予約(HIS)
   → http://e.his-j.com/shop/hotel/s_detail/LAS00137
☆宿泊ホテルを探す → 海外ホテル手配会社一覧






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.56 ミスティアと無料ショーが目玉の『TI』

2010/ 01/ 22
                 
ラスベガス3日目の始まりは、パラッツォの斜向かいにあるショッピング・モール
『ファッションショー』へ♪1日目に学んだように、パラッツォ2階の
ショッピングアーケードを抜けて、ウィンへ繋がる歩道橋へ行きます。
そして、さらに歩道橋が!ウィンからファッションショーへと繋がっていますよ。

LAS060Fashion.jpg

ファッションショーから見たパラッツォ&ベネチアンは、一つのホテルのようです。
デザインが統一されているので、巨大ホテルに見えますね。
合計7000室以上ですから、当然ですけど…。

LAS061ベネチアン『パラッツォ』

パラッツォの前に建つのが『TI』(旧トレジャーアイランド)。
つまり、『ファッションショー』の並び、ということです。

ベネチアン、パラッツォ、ウィン、アンコール、トランプと、最高級クラスのホテルが
次々と登場してしまったこのエリアで、
トレジャーアイランド = 海賊ショー = 家族向き
と、連想させてしまっていたものを、高級イメージにするために模索しているみたい
ですが、外観はほとんど変わってません。無料ショーも”海賊ショー”ではなく、
ギリシャ神話からの”妖精ショー”に替えたらしいです。
外壁を塗り替えたということですが、海賊ショーのイメージが強すぎて……。

LAS062TI.jpg『TI』

が、船のレイアウトは変わってない様子。滞在中に無料ショーを見る機会はなかったので、
何とも言えませんけど。ガイコツの岩がそのまんま。

LAS063TI2.jpg海賊船の右奥は『トランプ』

尚、このホテルで上演しているシルク・ド・ソレイユのショー『ミスティア』は、
継続中です。カナダのサーカス団シルク・ド・ソレイユのラスベガス進出第一弾の
ショーが、この『ミスティア』。私がラスベガスで初めて観劇したショーです!
今や7演目もあるシルク・ド・ソレイユのショーですが、最近のシルクは舞台装置が
凄かったり、有名アーティストとコラボレーションしたりと、”サーカス”的な部分が
減ってきてるのでは……と思いますが、その原点を観てみるのも、良いのでは?
舞台が最新じゃない分、人間のパフォーマンスが楽しめますよ!

                                 つづく
                                 VOL.57

☆1日目に知ったウィンへの通路 → ラスベガス親子旅行VOL.42
☆やっぱり、出発前にショーチケット購入 → ショーチケットを探す♪
☆『ミスティア』等ショーチケットを購入する
       → http://tour.his-usa.com/city/las/list.php?tgt=176
『TI』を予約する(HIS)
『TI』を予約する(アップルワールド)




      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村



オプショナルツアー手配会社一覧





                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.44 ウィンのバフェ『ザ・バフェ』

2009/ 12/ 19
                 
ようやく辿り着いたLeReveのボックスオフィスは長蛇の列。

LAS25LeReve.jpg

1時間後に始まる今夜のチケットをピックアップしようとしてるのですね。
並ぶつもりはありません。先にバフェへ行きましょう♪
またまたウロチョロしながら『ザ・バフェ』に到着。

LAS26ウィンバフェ

”豪華さ”が売りのようです。が、お値段も豪華です。税込み$37.78-!!
確かにインテリアも高級感が漂ってます。南国の高級リゾートという雰囲気。
しかし所詮”バフェ”で、どんなに美味しい、どんなにスゴイものが並んでいる
というのでしょうか?
以前、ベラッジオがオープンした時は”バフェ”にカニとエビが並んでいる!
ということが魅力で、ものすごい行列ができていて、私も並びましたけど…。
周りの欧米人が山盛りでカニを取ってきて食べているのを見て、私たちも頑張りました
が、「カニは、そんなに食べられるものじゃない」ということを知りました。

バフェが安いラスベガスにしては高額でしたけど、それでも$20-位だったと思います。
当時は、朝食で$10-以下、夕食で$20-以下が相場だったので、ものすごい値上がりです!!
その分味が良いのなら、わかりますけど、どうでしょう?

LAS27ウィンバフェ2

待つこともなく、入れました。
カニがありますよー。もちろん、食べ放題です。
高級バフェ定番のカニの脚、シュリンプカクテル、切り分けてくれるローストビーフは
ありました。あとは、サラダとか魚とかピザとか中華とかお寿司とか…。ん?
特に「美味しかった~!!」と言えるモノがない。
デザートとアイスクリームの種類が多かったような気がします。

とにかく、私たちの結論は
「25ドル分位しか食べてない。特に珍しいモノも特に美味しいモノもなく、
40ドル近くのお金を払うなら、レストランで食べた方がいいじゃない?」
というのが、全員一致の意見です。

LAS28LeReve4.jpg


そして、食事後にボックスオフィスへ行ったら、ガラッガラ!
ショーチケットのピックアップは開演前が非常に込むので、時間に余裕がある方はお早めに!

                                 つづく
                                 Vol.45



☆『LeReve』を予約した時のハナシを読む? → ラスベガス親子旅行VOL.31
☆『LeReve』公式サイト → 
        http://www.wynnlasvegas.com/#entertainment/leReve/
☆ラスベガスのホテルを探す → ラスベガスのホテルを格安予約【ホテルクラブ】

☆『ウィン』の公式サイト → http://www.wynnlasvegas.com/
☆HISでウィンの予約をする(女性におすすめホテル特集掲載商品) → 
        http://e.his-j.com/shop/hotel/s_detail/LAS00032




      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村










                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.43 ベガスのオアシス『ウィン』

2009/ 12/ 18
                 
歩道橋を渡って『ウィン』(Wynn)に到着。

LAS21ウィン

煌びやかな並木道を通ったり、カジノスペースを通ったりしながら『LeReve』の
ボックスオフィスを探します。ウロチョロ、ウロチョロ、探します。
こういう時は、私が隊長のように前をスタスタ歩き、母と妹が手をつないで
キョロキョロしながら私の後をついてくるという隊形です。
大体の地図は頭の中に入れてきたつもりですけど、やはり迷いますね。
日本のデパートのように館内の案内図をエントランスに置いておけばいいのに…と
思いますが、わざと迷わせようとしているようです。

さて、このホテルのオーナーはスティーブ・ウィン氏。
『ミラージュ』、『TI』、『ベラッジオ』を建設し、ストリップ沿いでの
無料ショーを発案した、ラスベガスの帝王と言われている人物です。
「ラスベガスの顔ともいうべきベラッジオを売却し、デザート・インの跡地に
空前の巨大リゾートを建築中」と、浅田次郎の本で知って、どんなものが
出来上がるのかと楽しみにしていました。
「このホテルをめぐるのは”大自然そのものの山脈”」と、ウィン氏が語っていたとか。

LAS22ィン滝

敷地内には人工の山・湖・滝が配され、18ホールのゴルフ場まであるという、
オアシスのような空間です。

LAS23ウィン-プールゴルフ

なのに、館内はキラキラ輝くゴージャスな雰囲気。
徹底した高級志向ということで、ショッピングモール”エスプラネード”には、
シャネル、クリスチャンディオール、ルイ・ヴィトン、カルティエといった
高級ブランド店が並んでいます。

LAS24WynnShop.jpg

レストランも多彩で、一流スターシェフを揃えているということ。
プールやスパはもちろん、セレブ遭遇率の高いクラブ『トゥリスト』、
そして『LeReve』を上演しているウィンシアターと、セレブ感たっぷりです!!!

無料ショーもありますが、ガイドブックに載っていた写真が気持ち悪くて、見る気に
なれません。販促担当の方、もう少し違う写真を流した方が良いと思いますが…。

                               つづく
                              VOL.44



☆『LeReve』を予約した時のハナシを読む? → ラスベガス親子旅行VOL.31
☆『LeReve』公式サイト → 
        http://www.wynnlasvegas.com/#entertainment/leReve/
☆HISでウィンの予約をする(女性におすすめホテル特集掲載商品) → 
        http://e.his-j.com/shop/hotel/s_detail/LAS00032
☆『ウィン』公式サイト  → http://www.wynnlasvegas.com/
☆『ウィン・マカオ』 → マカオ親子旅行Vol.14 





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





世界中のカジノ体験記です