ヴェロネーゼ

        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.55 オススメ美術館『アルテ・ピナコテーク』

2016/ 08/ 24
                 
ミュンヘン滞在の最終日は美術館へ♪

ミュンヘン078アルテピナコテーク


1180年から700年以上バイエルン地方を治めたヴィッテルス・バッハ家が
集めた名画が並ぶ美術館『 アルテ・ピナコテーク』です。

ミュンヘン079アルテピナコテーク


14〜18世紀のヨーロッパ絵画が展示され、世界6大美術館のひとつだということ。
バイエルン王国第2代国王・ルートヴィヒ1世によって、1836年に開館しました。
ルートヴィヒ1世は女たらしだけど芸術や文化への理解が深く、文化興隆に大きく
貢献。オクトーバーフェスト始まりの主役でもあります。

ミュンヘン080アルテピナコテーク入場券日曜日だったので1ユーロで入館♪

入場料は7ユーロ。日曜日は1ユーロ。
展示室は、ドイツ絵画、イタリア絵画、スペイン絵画、フランドル絵画、
オランダ絵画、フランス絵画に分かれ、時代別に展示されています。

ミュンヘン081ルーベンスルーベンスの部屋

この美術館、ルーベンスのコレクションでは世界最高なのだとか(゜o゜;

ミュンヘン082ルーベンス最後の審判

『最後の審判』ピーテル・パウル・ルーベンス(1617年フランドル絵画)
ルーベンスの宗教画中、最高傑作のひとつと讃えられる作品で、高さが6mもあり、
迫力満点!この絵を基準にして天井の高さを決めたらしいです。

ミュンヘン083ダヴィンチ聖母子

『聖母子』レオナルド・ダ・ヴィンチ(1473年イタリア絵画)
ダヴィンチ21歳の作品。窓の向こうの景色も丁寧に描かれています。
聖母マリアが手に持っているのはカーネーション。

ミュンヘン084ラファエロカニジアーニの聖家族

『カニジアーニの聖家族』ラファエロ・サンティ(1507年イタリア絵画)
マリアとイエス(聖母子)、聖ヨセフ(イエスのパパ)、聖ヨハネ、
とその母エリザベス(マリアの従姉妹)。聖母を描かせたらラファエロが一番♪
イエスキリストは可愛くないんだけど…、マリア様、とても美しいです。

ミュンヘン085ラファエロテンピ家の聖母

『テンピの聖母』ラファエロ・サンティ(1507年イタリア絵画)
この作品は、ラファエロを敬愛していたルートヴィヒ1世が20年以上かけて
手に入れたというもの。

ミュンヘン086ボッティチェリピエタ

『ピエタ』サンドロ・ボッティチェリ(1490年頃イタリア絵画)

ミュンヘン087ヴェロネーゼ聖母子と

『聖母子と寄進者』パオロ・ヴェロネーゼ(イタリア絵画)

ミュンヘン088フィリッポリッピ受胎告知

『受胎告知』フィリッポ・リッピ(1440年代イタリア絵画)

ミュンヘン089ブリューゲル怠け者の天国

『怠け者の天国』ピーテル・ブリューゲル(1566年フランドル絵画)

ミュンヘン090ムリーリョ-パイを食べる〜

『パイを食べる少年たち』バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1670年スペイン絵画)
ムリーリョが描く子供は、とっても可愛い♥

ティツィアーノ、ティントレット、ジョット、レンブラント、ファンダイク等々、
私でも知ってる画家の作品がいっぱいで、おすすめの美術館です。

どうやら私はイタリア絵画が好きみたいで、ドイツの美術館だというのに、
ドイツ絵画にはあまり興味が無く素通りしてしまい……、
ドイツを代表する名画家デューラーの作品も観たかどうか覚えて無くて、
写真すら撮ってなかったのだけど、それ、必見だったみたいです。また行かないと!

ミュンヘン091アルテピナコテーク

芝生の緑が美しい前庭は広大で、朝降った雨が作った水たまりが光っています。

通りを挟んだ北側には19〜20世紀の絵画が並ぶ『ノイエ・ピナコテーク』があり、
モネ、マネ、ルノアール、ドガ等のフランス印象派から、クリムト、ホドラー他の
ユーゲントシュティール(アールヌーボ)までの作品が並んでいるということ。

さらに、東側には現代アート美術館『モダン・ピナコテーク』もあり、
マティス、ピカソ、ウォーホールなどの絵画だけでなく、マッキントッシュや
ポルシェ他の優れた工業デザインや家具、建築、グラフィックと、
20世紀から現代までの美術作品が集まる美術館で、こちらも面白そう♪
3つの美術館に入場できるお得な1日券があるみたいです。
それは次回ミュンヘンを訪ねる時にとっておいて……、
ビアホールへ向かいましょ♪ドイツだからねぇ〜ヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.56



☆ヴェロネーゼ他ベネチア派絵画なら → 地中海クルーズ親子旅行Vol.30
☆ラファエロといばヴァチカン美術館 → 南イタリア親子旅行Vol.77




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.30 ベネチア派絵画を堪能『アカデミア美術館』

2013/ 06/ 29
                 
ベネチアの三大画家といわれるティツィアーノ、ティントレット、
ヴェロネーゼを始め、14〜18世紀のベネチア派の作品が集る美術館。

ベネチア106アカデミア美術館

もともとは、1750年に創立された美術学校だったということです。
画家ティエポロが校長だった時期があったとか、彫刻家カノーヴァが
生徒だったとかいう美術学校から、美術館になったのが1807年。

日曜日だからかな?よくわからないけど、無料で見学できました。

ベネチア107ティントレット『奴隷を救うサンマルコ』

『奴隷を救うサンマルコ』 ティントレット
ベネチアの守護聖人聖マルコの奇跡を描いた連作のひとつ。
ティツィアーノにも衝撃を与えたという独創的な構図が素晴らしい。…らしい。


ベネチア108ヴェロネーゼ『レヴィ家の饗宴』

『レヴィ家の饗宴』パオロ・ヴェロネーゼ
『最後の晩餐』を主題に作成したものの、描かれている人々のだらしない姿や
豪華な衣装が、宗教画として不謹慎だということで宗教裁判にかけられ、
書き直すよう判決が下ったという作品。
絵を書き直さないで、タイトルを変えちゃったんですって〜。オモシロイ人!


ベネチア109ベッリーニ『玉座の聖母子と六聖人』

『玉座の聖母子と六聖人』
  〈サン・ジョゼッペ聖堂のための祭壇画〉ジョバンニ・ベッリーニ
”聖母子の画家”と呼ばれるほど、多くの聖母子像を描いたベッリーニの
祭壇画です。

ベネチア110ベッリーニ『玉座の聖母子と〜』

絵画について語れるような知識はないけど、「綺麗な絵だな〜」と思いました。
描かれている一人一人が美しく、裸体でもボッコボコの筋肉じゃないところが
好きです。

何よりも驚いたことは、”ベッリーニ”は一人じゃなかった!という事実。
パパ(ヤーコポ)とお兄ちゃん(ジェンティーレ)も有名な画家だったということを、
ここで知りました。 お恥ずかしながら……。

                                つづく
                                VOL.31





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ