FC2ブログ

エミレーツ航空

        
category - 2017年9月スペイン+東欧《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.9 再びエミレーツ航空♪ドバイからマドリッドへ

2019/ 08/ 03
                 
スペイン中東089エミレーツビジネスクラス

そろそろスペインへ行きましょう。
ホテルからタクシーでドバイ国際空港へ。国際旅客数が5年連続で一位だそうです。

スペイン中東090ドバイ空港

ターミナル3はエミレーツ航空専用。タクシーの降車場はエコノミークラスとビジネスクラスに分かれているのかな?どちらかと運転手に聞かれました。到着後、50dhと聞いていた料金が80dh請求されて、言い争って50dhに戻るという無駄な時間を過ごし…。こんなに煌びやかな都市でも、5つ星ホテルから乗っても、ぼったくりタクシーは存在するのです(´・ω・`)

スペイン中東091エミレーツラウンジ

そして入国審査後、一目散にビジネスクラスラウンジへ。窓際が吹き抜けになっている開放的なラウンジは、1,500人収納できるという広さ。透かし彫りの衝立と木目の家具、アイボリーのソファー、イタリア産大理石の床からハイソな雰囲気があふれています。

スペイン中東092エミレーツラウンジ

世界の時間を報せる掛け時計はすべてロレックス製、4種のモエ・エ・シャンドンを飲み比べることができるシャンパンラウンジと、今まで利用してきた中で一番豪華…ん〜違うな…カタール航空の方が凄かったような…まぁとにかくトップクラスの豪華さです。

スペイン中東093エミレーツラウンジ

パーティションで仕切られた仮眠スペースや子供のプレイルームも用意されていて、

スペイン中東094エミレーツラウンジ

スモーキングエリアまであるところが親切。空港での喫煙者は、隅の方にある煙たい個室に追いやられ、ましてや喫煙所が存在しない空港もあるというのに、ここではフカフカのソファーでシャンパンを飲みながら一服できるという…ありがたい限りです。

スペイン中東095エミレーツラウンジ

スペイン中東096エミレーツラウンジ

さて、お料理はAsian、MiddleEastern&Western、Mediterraneanとカウンター毎に分かれていて、多彩。フムス(ひよこ豆のペースト)他アラブ料理やカレー、焼きそばなど、世界各国のお料理を味わえます。

スペイン中東097エミレーツラウンジ

スペイン中東098エミレーツラウンジ

スイーツもキレイに並べられ、デーツは王室御用達Bateelのもの。このラウンジは、エミレーツ搭乗客なら誰でも4時間130ドルで利用できるということです。

スペイン中東099エミレーツ航空

飛行機はドバイへ来たときと同じエアバスA380。内装も同じなので省略(^◇^;)

    ☆機内の様子 → スペイン+中東夫婦旅Vol.3

スペイン中東100エミレーツ機内食

スペイン中東101エミレーツ機内食

機内食はランチメニューで、メインはPrawnMachbousというアラブの米料理を選びました。あまり見栄えが良くないけど、スパイシーで美味しい♪

スペイン中東102エミレーツ機内食

デザートはチョコレートチーズケーキ。

スペイン中東103マドリッド空港

そして飛行時間7時間50分、マドリッド(スペイン)に到着しました。ドバイとの時差は−2時間、日本は−7時間。ドバイでたっぷり休憩したので、日本からヨーロッパへのフライトはツラくなかったです。

今回は、成田→ドバイ→マドリッドと、ビジネスクラスに乗ってJAL65,000マイルを使用。往復なら120,000マイル(旅行時は100,000マイルだったのに…)必要なので、次は往復で予約できるように本気でJALマイルを貯めようと決心しました。

                                     つづく
                                     VOL.10




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+東欧《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.3 機内にBARがある!?エミレーツ航空がスゴい

2019/ 06/ 22
                 
スペイン中東017エミレーツラウンジ

いざ機内へ。
はじめてのエミレーツ航空体験です。ヨーロッパへの直行便がないのでドバイで乗り継がなければならないけれど、ストップオーバー(経由地で滞在すること)が可能だということ。なのでドバイに2泊してからマドリッドへ向かいます。

スペイン中東018エミレーツ

飛行機は、先日生産中止を発表したエアバスA380。世界最大、総2階建ての旅客機です。

スペイン中東019エミレーツ

あ〜、この雰囲気好きだわぁ。所々木目調で、高級車に乗っているようです。ちなみにトイレも木目調(^◇^;)座席の脇には水、ペリエ、ペプシ、7UP、ジュース、コップ…、ミニバーですね。常温なので水以外は手を付けなかったけど、機内サービスもあるので3本位で良いと思います。上段の袋には靴下とアイマスクが入っているのにスリッパがないといころは残念。

スペイン中東020エミレーツ

フルフラットシートを互い違いにしたスタッガードシートになっていて、窓際の席は孤独な感じだったので、隣り合わせに座れる中央の席を選びました。

スペイン中東021エミレーツ

席に着くとすぐにウェルカムドリンク。もちろん、シャンパンをいただきます。
ボディローション、乳液、香水、鏡、歯ブラシ、ブラシ、ティッシュといったアメニティが入ったポーチはブルガリのもの。香水などの液体系もブルガリです。

スペイン中東022エミレーツブルガリ

男性用もブルガリのポーチで、乳液と鏡の代わりにヒゲ剃りとシェービングフォーム、アフターシェービングローションが入っています。

スペイン中東023エミレーツラウンジ

そして一番驚いたのは、飛行機の中にバーカウンター付きのラウンジがあるということ。ソファーまで用意されていて、飛行機に乗っているのに窮屈を感じない、ありがたい設備です。カウンターにはオードブルとスナックが置かれ、手酌用?のワインとシャンパンが冷えてます(*゚∀゚*)〜

さて夕食です。22時に出発して、真夜中に夕食。空港ラウンジでも食べてるのに、いただきます。私は和食、主人は洋食を選択しました。

スペイン中東024エミレーツ夕食懐石弁当

スペイン中東025エミレーツ夕食フレンチオニオンスープ

スペイン中東026エミレーツ夕食牛バラ肉の煮込み

スペイン中東027エミレーツ夕食デザート2人分

朝食は私だけ(^◇^;)

スペイン中東028エミレーツ朝食

カタール航空やマレーシア航空と同様、機内食はすべてハラール料理。お酒やみりんを使わずにこれだけの懐石料理を作ってしまうところがスゴいです。しかも、洋食より和食の方が美味しいのだから脱帽。

10時間40分のフライトは全く苦痛がなく、むしろもう少し乗っていたいくらいでした。中東系航空会社のビジネスクラスは一度乗ったら病みつきになること間違いなし。お試しください♪

                                     つづく
                                     VOL.4


*ハラール(ハラル)とは、イスラム法で食べることが許された食材や料理のこと。豚肉を扱わないのはもちろん、ラード(豚脂)やみりん(アルコール)が入った調味料も使いません。



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+東欧《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.2 感動のラウンジ体験!ザ・エミレーツ・ラウンジ

2019/ 06/ 15
                 
スペイン中東007エミレーツラウンジ

さてさて、ここは成田空港第2ターミナルです。出国審査を終えて免税店でタバコを購入してから、目指すのはエミレーツ航空のラウンジ。2015年にできたばかりで、中東の航空会社が成田にラウンジを設けるのは初めてだとか。

スペイン中東008エミレーツラウンジ

事前に調べなかったため何の期待もせずに、ANAラウンジを利用するような感覚で入っていったのですが、ちょっと他とは違います。

スペイン中東009エミレーツラウンジ

アースカラーの内装に水のオブジェ…、そこはかとなく漂うラグジュアリーな空気。

スペイン中東010エミレーツラウンジ

エミレーツ航空はアライアンスに属していないため、エミレーツ・スカイワーズの会員になるかビジネスクラス以上の航空券を持っていないと入れないラウンジなのです。しかも1日1便しか就航していないのに自社ラウンジを設置しているという、この上なく贅沢な空間。最近のANAラウンジはヤケに賑わっていて、特別な空間のはずなのに落ち着けない時があるのだけど、こちらは利用者が限られているので静まり返っています。

スペイン中東011エミレーツラウンジ

ビュッフェに並ぶのはカレー、チキン、ステーキ、中東料理など、料理の品数は多くないけれど、どれもクオリティが高くて驚くばかり。

スペイン中東012エミレーツラウンジ

感動したのは注文すると揚げたてを席まで持ってきてくれるという『天ぷら』です。なんと、天つゆ付きヽ(´▽`)/麺やホットドックなどその場で作ってくれるというのは、大体のラウンジにありますが、天ぷらとは!

スペイン中東013エミレーツラウンジ

コールドミールのエリアでは、フルーツやサラダが鮮やかに盛り付けられていて、どれも美味しそう。お寿司もあります。

スペイン中東014エミレーツラウンジ

スペイン中東015エミレーツラウンジ

デザートも美しく並べられていて、いや、デザートだけでなく何もかも美しく並べられていて、とても気持ちが良い。ビュッフェって、色んな人が適当に取るからグチャグチャになって不味そうに見えることがあるのだけど、汚らしさを全く感じさせません。

スペイン中東016エミレーツラウンジ

お酒も色々と揃っていて、日本酒は大吟醸『南部美人』。
そしてシャンパン『モエ・エ・シャンドン』も用意されています。他にシャワールームとお祈りの部屋もあり、トイレはウォシュレット付き。

ワンランク上の空港ラウンジなのは間違いないです。いつも利用したいけど、ヨーロッパ往復ビジネスクラスは約40万円程(^◇^;)再びここを利用するためJAL11万マイルを貯めて航空券を手に入れようと、心に誓いました。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+東欧《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.1 初めてがいっぱい♪5ヶ国11都市を巡った3週間

2019/ 06/ 09
                 
スペイン中東001Eラバトラバト(モロッコ)

2017年のヨーロッパ旅行は、のんびり屋の私にとって、とても忙しいスケジュールでした。

訪ねた国は5ヶ国
アラブ首長国連邦、スペイン、モロッコ、ギリシャ、エジプト

訪ねた都市は11都市
ドバイ、マドリッド、サンセバスティアン、ビルバオ、マラガ、カディス、カサブランカ、ラバト、バレンシア、アテネ、カイロ

以上、初めての国3ヶ国、初めての都市9都市。マドリッドとアテネのみ滞在経験があるものの、移動のための1泊なので、観光としては全て初めての街を訪ねる結果になりました。
もともとの予定はスペイン旅行。マドリッドから美食の街・サンセバスティアンへ列車で行き、ピレネー山麓のバスク地方を観光した後、飛行機でマラガへ行ってアンダルシア地方を満喫し、マラガ滞在中に船でモロッコへ遊びに行こうという、スペインinスペインoutの計画だったのです。

スペイン中東002エティハド航空エティハド航空

なのに何故このようなスケジュールになったのかというと、航空券に合わせてしまったから。2016年に初めて乗ったカタール航空のビジネスクラスで極楽体験をしてしまったため、同様の格安プランを探していた主人は、カイロ発エティハド航空の激安ファーストクラスチケットを見つけてしまったのです。片道138,000円!?なんという安さでしょう?コレを逃したらファーストクラスを体験しないで一生が終わってしまうかも…、と心は揺れまくり。

スペイン中東003ピラミッドとラクダ

エジプトは物騒だから行きたくなかったのだけど、飛行機に乗るためだけにカイロへ行くのはもったいないので、スペイン旅行の帰りにちょこっと訪ねてチラッとピラミッド見てササッと帰国してしまえば大丈夫かしら?と自分を納得させて、エジプト訪問を決心したことが始まりです。

スペイン中東004ドバイタワー

往路は、これもまた中東航空会社。エミレーツ航空のビジネスクラスを65,000JALマイルで手配し、経由地のドバイでストップオーバーできるというので、ドバイで2泊してからマドリッドへ行くことになりました。

スペイン中東005タパス

スペイン内では当初の予定通り、マドリッドから列車でサンセバスティアンに行ってバル巡り♪飛行機の都合上バスでビルバオへ移動してからマラガへ。そしてマラガからのモロッコ行きを色々検討している時に、カサブランカに寄港するクルーズ船を見つけたので途中乗船することに決めました。

スペイン中東006パルテノン神殿パルテノン神殿

そしてクルーズ船の到着地はバルセロナ。ここからカイロ行きの航空券を調べたら直行便が高額(7万円程)だったため、アテネで乗り継ぐことにして半額以下に押さえ、せっかくだからアテネに1泊してからカイロへ向かうことになったのです。ふぅー。説明するのもタイヘンで、読んでる方も面倒くさいだろうなという旅程だけど…、スペイン+中東の旅行記始めま〜す。

                                     つづく
                                     VOL.2


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆日記はコチラ → 旅の途中〜アテネ(ギリシャ)
          旅の途中〜ラバト(モロッコ)





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ