FC2ブログ

オプショナルツアー

        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.11 ブルネイ王室の博物館『ロイヤル・レガリア』

2018/ 09/ 02
                 
KLブルネイ106ロイヤルレガリア

ラディソンホテルから見えるドーム型の白い屋根は『ロイヤル・レガリア』です。

KLブルネイ107ロイヤルレガリア

道路と大きな広場を隔てた所なので少し歩くけど、目の前と言えなくもない場所。

KLブルネイ108ロイヤルレガリア

KLブルネイ109ロイヤルレガリア

広場にはローカルフードの屋台が並んでいます。ラマダン中の時間割なのか?昼過ぎから支度を始めて、日没頃に終わってしまったのでナイトマーケットではないみたい。そこで食べてる人は居なくて(食べたら罰せられる時間)、夕食を買って帰るという様子でした。

KLブルネイ110ロイヤルレガリア

さて、ロイヤル・レガリアはブルネイ王室所蔵の宝物が展示されている博物館。
現国王(ハッサナル・ボルキア王)の即位25周年を記念して1992年に建てられました。

KLブルネイ111ロイヤルレガリア

年中無休で入場料無料。金曜日以外は9時から16時半まで開館しています。
ん?どーして金曜日??
ブルネイ国民の休日は金曜日と日曜日。そして金曜日の12時から14時は集団礼拝があるため、すべての営業を禁止されているそうです。銀行やショッピングセンターが閉まり、バスも止まって、お祈りをすることが法律で定められているということ。当然この博物館も11時半から14時半まで休み時間になるので、金曜日の観光には注意が必要です。(ラマダン時期は14時まで、金曜日は11時半まで。)

入口には下駄箱があって靴を脱いで裸足で館内を歩くことになります。が、ホテルで使用済みのようなスリッパが…。裸足で歩くか誰かが使ったスリッパを履くか、悩んだけどスリッパを使用しました。

写真や展示物でブルネイ王室の歴史を知ることができ、よくわかった事は王族はスポーツが好きだということ。宝物だけでなく世界各国からの貢ぎ物も展示されています。撮影禁止のため記憶に頼るしかないのだけど、国王即位時の行列を再現した部屋がちょっと面白かったということくらいしか覚えていません。あと冷房が寒かった…。

KLブルネイ112ロイヤルレガリア

KLブルネイ113ロイヤルレガリア

撮影可能な1階ホールには、国王即位の式典に使用された金ピカの御所車が飾られています。

KLブルネイ114ロイヤルレガリア盾もピカピカ☆

口コミ評価は高いけど、ヨーロッパの宮殿や博物館と比べると大したことないかな…。それでもブルネイは観光名所が少ないので、入場料無料で目の前の広場に大型バスが停められるため市内観光ツアーに組み込まれていて、ツアー客は必ず訪ねる場所みたいです。街中であまり見かけないお土産物屋さんもあり、ちょっと気の利いた品も並んでいるので時間があれば是非。必見とは言えないけど(・・;)

                                     つづく
                                     VOL.12


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

2015年ハワイ親子旅行 もくじ

2018/ 02/ 15
                 
7泊9日のハワイ旅行記。
ヨーロッパ卒業宣言した87歳の母が選んだ旅先は、懐かしのハワイ。
ホテルをハシゴして、オアフ島をのんび〜り楽しみました。

VOL.01 何度行っても楽しめる楽園・HAWAIIへ
VOL.02 足元広々♪『JAL SKY WIDER』
VOL.03 約束のシェラトン・ワイキキ・ホテル
VOL.04 『シェラトン・ワイキキ・ホテル』客室
VOL.05 『レアヒ・クラブ・ラウンジ』inシェラトン・ワイキキ
VOL.06 ハワイアンジュエリーを探して…
VOL.07 『ブルームーン』というビールに出逢う
VOL.08 『アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル』
VOL.09 『アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル』スイートルーム
VOL.10 禁断のパンケーキとオプショナルツアー
VOL.11 ノースショア&ハワイB級グルメ満喫ツアー
VOL.12 マハロ〜♪ハワイ


ハワイ094ロイヤルハワイアン



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

ハワイ親子旅行Vol.11 ノースショア&ハワイB級グルメ満喫ツアー

2018/ 01/ 25
                 
ハワイ076モンキーポッド花モンキーポッドの花

ツアー当日は今にも雨が降りそうなお天気でがっかり。集合場所は『オハナ・ワイキキ・マリア・ホテル』のエントランスと、前日行ったIHOPが入るホテルなのですぐにわかりました。

ハワイ077この木なんの木

最初の観光スポットは『モアナルアガーデンパーク』。「この〜木なんの木、気になる木〜」という日立のCMで流れる風景で有名な木・モンキーポッドの公園です。

2件目のスポットは『クカニロコ・バースストーン』。強力なパワースポットで、かつてハワイ王族の出産場所だったことから、安産祈願の聖地として知られています。
「今さら妊娠しても困るわ〜」と思っていたら、雨でぬかるんでいるので中止だと。

ハワイ078ドール

3件目は『ドールプランテーション』。3回目?4回目?というお決まりの観光スポットだけど、50分あるので車椅子登場。パイナップルのソフトクリームを食べましょ♪

ハワイ079ハレイワ

さて、バスは世界中からサーファーが集まるというハレイワの街に向かっていますが、その前に『ラニアケアビーチ』に到着。

ハワイ080カメビーチ

野生のウミガメに会えるビーチです。私は小笠原で一緒に泳いだりしているので珍しくないけど、母は見たことがないので砂浜を歩きました。見えたのは大きなカメらしい影だけ。

ハワイ081ソープファクトリー

5件目はワイアルアにある『ソープファクトリー』&『コーヒーファクトリー』。砂糖精製工場として使われていた建物をそのまま使い、オーガニック石鹸を作っています。『モヤさま』というTV番組で紹介されてから日本人観光客に大人気だということ。

ハワイ082ノースショア

そして『ハレイワタウン』に到着し、1時間半の自由行動♪な時、ポツポツと降ったり降らなかったりしていた雨が本気で降り始めてきました。

ハワイ083ガーリックシュリンプ1人前13ドル。高っ

ハワイ084フリフリチキン鶏1羽10ドル

なので名物(いつから?)の『ガーリックシュリンプ』と『フリフリチキン』を食べて、あとはカフェで出発待ち。ハレイワタウンの散策はできなかったけど、名物料理を体験することができてよかったです。

ハワイ085マラサダ

最後に停まったのは『ワイケレショッピングセンター』。ショッピングタイムではなく、駐車場の端にある『レナーズ』の移動店舗で『マラサダ』を買い食いするための停車です。
マラサダというのは、揚げパンにグラニュー糖をまぶしたポルトガルのお菓子。ポルトガル移民の子孫がレナーズで販売したのが始まりで、今では様々なパン屋さんで売られています。買ったけど、食べたけど、ただの揚げたてのパンでした。(・・;)

参加したのは『ノースショアとヒーリングツアー』、私にとっては『ノースショアとB級グルメツアー』になりましたが……、約8時間で7ヶ所を観光するこのツアーのお値段は、53ドル。車椅子は二回しか使わなかったけど、200ドルのデポジット(保証金)を預けるだけで無料で貸してもらえたし、最後はホテルまで送ってくれて感謝、感謝!
ハワイはオプショナルツアーが多彩に揃っていて、誰と行っても楽しめる所も魅力ですね。

                                     つづく
                                     VOL.12


゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

ハワイ親子旅行Vol.10 禁断のパンケーキとオプショナルツアー

2018/ 01/ 14
                 
ハワイ065IHOPパンケーキ 

アロハ〜ヽ(´▽`)/
ある晴れた日、ホテルの朝食がショボいのでパンケーキを食べに行くことにしました。
シンプルなコンチネンタルブレックファーストでも無料で付いていてありがたいと思っていますよ、ええ。でも1日くらいハメを外して、ハワイらしい朝食をということになったのです。

ハワイ066IHOP

朝っぱらから向かったのは『IHOP』。クヒオ通りにあり『オハナ・ワイキキ・マリア・ホテル』の1階に入っているので、歩いて3分程です。
ここはアメリカのファミリーレストラン。全米に100店舗以上チェーン展開をしている有名店です。その昔日本にもありましたね。

ハワイ067IHOPメニュー

アメリカ人の好きな食べ物は、太りそうだし、体に悪そうなので、食べないように心がけているのだけど、せっかくハワイに来たのにパンケーキを食べておかないと後悔しそうなので行ってしまいました。

ハワイ068IHOPパンケーキ

ドカーンとのってる生クリームが嬉しい♥こんなの久し振り♪
しかし…、普段は朝食を食べない私が、朝からこんなモノを食べてしまったらどうなるのかと恐怖を感じていると「Pちゃんコレ食べちゃって!」と、生クリームが苦手なお母様からの指令が!いや〜さすがにそれはムリヽ(´o`;クリームが無い部分を切ってあげました。
甘いのでポテトとチキンも食べて、って、やっぱりアメリカ的食事を続けたら、病気になりそう。それよりもこんな朝食を喜んで食べている超老人の母の胃袋も怖ろしいし…(・・;)

ハワイ069アラモアナ運河

食後は少しお散歩してからホテルに戻りました。

ハワイ070VIPツアー

そしてダラダラしながらフリーペーパーで見つけたのが『ノースショアとヒーリングツアー』。

ハワイ071VIPツアー後ろにDFSが見えます

ハワイ072VIPツアーここは日本ですか?

VIPツアーという会社が予約販売していて、地図を見たら宿泊しているホテルの斜向かいにあるみたいなので、早速申込みに行くことに。

ハワイ073VIPツアー

ハワイ074VIPツアー


20年前は英語のフリーペーパーより3倍位した日本語のツアーを見て、日本語だと高額になると思っていたけど、最近は随分安くなったみたい。

ハワイ075車椅子

車椅子、無料で貸してくれますヽ(´▽`)/

                                     つづく
                                     VOL.11



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.41 『エヴォラ美術館』

2016/ 02/ 03
                 
ポルトガル244エヴォラ美術館

「昼休み終わってないよね…」と話しながらエボラ大聖堂へ戻る道すがら、
『エヴォラ美術館』が開いていたので、入ってみることになりました。
大聖堂の隣に続いて建っていた司教館を改装したのだとか。

ポルトガル245エヴォラ美術館

1階にはローマ時代の遺跡や14〜16世紀に造られた棺が並んでいます。

ポルトガル246エヴォラ美術館

美術館の良いところは、車イスを貸してくれること。
さらに、空調設備が行き届いていて快適なこと。

ポルトガル247エヴォラ美術館

こぢんまりとした、さっぱりとした美術館で、コレといった素晴らしい作品も
ないので、面白かったモノをご紹介します♪

ポルトガル248エヴォラ美術館

所々の壁がアズレージョで飾られているのが、ポルトガルならでは。

ポルトガル249エヴォラ美術館

2階には「フレイ・カルロスやグレゴリオ・ロペスなど16世紀ポルトガル画家や
フランドル派を中心にした絵画を展示してある」と、
ガイドブックに書いてありますが、インターネットでも同じ説明ばかりなので、
イヤイヤ英文のパンフレットを開いてみました。
エヴォラの大司教だったManuel do Cenaculoさんのコレクションが
ほとんどだということ。グレゴリオ・ロペスは、マヌエル1世の宮廷画家で
主に宗教祭壇画を描いた人だということです。

ポルトガル250エヴォラ美術館

作者はわからないけど『最後の晩餐』。
イエス・キリストの「この中に私を裏切る者が居る」という爆弾発言の結果、
弟子たちが「誰よ?だれ??」と動揺している場面。

ポルトガル251エヴォラ美術館

様々な画家が描いているこのシーン、いつかまとめてみましょ♪

ポルトガル252エヴォラ美術館

愛くるしいキリストの姿も描かれています(*´∀`*)

「後でインターネットで調べればいいや〜」と思いながら写真を撮って
いたけど、日本人がなかなか行かない場所で、情報の少なさにびっくり!

入場料は3ユーロ。日曜日は無料です。
おすすめしませんが、お昼休みに行き場がなくなった時にどーぞ(*^▽^*)

                              つづく
                              VOL.42



☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>


世界遺産〈エヴォラ歴史地区〉
エヴォラ大聖堂(カテドラル)
サン・フランシスコ教会
◇マヌエル王宮
◇エヴォラ大学
ローマ神殿(ディアナ神殿)
◇カダヴァル公爵邸
ロイオス教会
◇ヴァスコ・ダ・ガマ邸宅



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.39 世界遺産『エヴォラ歴史地区』

2016/ 01/ 25
                 
ジラルド広場は世界遺産『エヴォラ歴史地区』の中心地。
城壁に囲まれた旧市街の真ん中で、観光案内所もあり、ホテルやカフェが
集まっています。

ポルトガル228エヴォラジラルド広場

右端に見えるのはリスボン生まれの教会博士・聖アントニオを祀った
『サン・アントニオ教会』。観光したいけど、他にも行きたい所があるので
無理かな?

アウグストゥスと3時間後に戻ってくる約束をして『10月5日通り』を
歩きました。

ポルトガル229エヴォラ

ジラルド広場からエヴォラ大聖堂へ通じる、メインストリートです。

ポルトガル230エヴォラ

白い家並みが続く道の両側には土産物屋が並び、陶器や山羊のチーズなど、
アレンテージョ地方の名産品がズラリ♪

ポルトガル231エヴォラ

中でもコルク製品のお店が多く、バッグや鍋敷き、絵葉書、帽子、傘…、
なんとエプロンまで(゜ロ゜)コルクで作られています。

ポルトガル232エヴォラ

エヴォラの東約30kmに『レドンド』という町があり、陶器とワインの生産地
として知られているということ。
ひまわりが咲く時期は特に美しい場所みたい。行ってみたいな〜。

ポルトガル233エヴォラ

白壁に黄色のアクセントのちょっぴりスペインを思わせる街並みは、
リスボンから東に約130km、スペイン国境まで約50kmという位置が
影響しているのか?スペインの田舎町と言ってもいいくらい。

ポルトガル234エヴォラ

メインストリートと言っても200mほどしかないので、お土産屋さんを
のぞきながら歩いても、あっという間に終点です。

ポルトガル235エヴォラ

エヴォラ大聖堂にぶつかり、観光しようと思っていたのにお昼休み。
後で訪ねることにして、古代ローマ時代の遺跡へ向かいましょ♪

                              つづく
                              VOL.40





☆聖アントニオについて → 地中海クルーズ親子旅行Vol.87
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>


世界遺産〈エヴォラ歴史地区〉
◇エヴォラ大聖堂(カテドラル)
◇サン・フランシスコ教会
◇マヌエル王宮
◇エヴォラ大学
◇ローマ神殿(ディアナ神殿)
◇カダヴァル公爵邸
◇ロイオス教会
◇ヴァスコ・ダ・ガマ邸宅



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.38 タクシーで!?古都エヴォラへ

2016/ 01/ 19
                 
リスボン滞在の終わりが近付いてきた7日目の目的地は『エヴォラ歴史地区』
という世界遺産です。 オリエンテ駅から電車で1時間40分。と、調べていた
ところ「今日もストライキしてないかしらねぇ〜」と、母が言いました。
昨日ポルトガルでのタクシー観光が安いことを知り、
しかもとても楽チンな事を思い出しての発言です。
私も同じこと考えていたんだけどね…。

そんなワケでホテル前でタクシーに乗り、
「エヴォラ往復How much?」と、いきなり聞いてみたら、
「120ユーロ+高速道路料金」だと言われ、とりあえず値切って、
「100ユーロ+高速道路料金」で交渉成立。今日もタクシー観光になりました〜♪

ポルトガル224橋

ドライバーの名前はアウグストゥス。大きな岩みたいなおじさんです(*^▽^*)
昨日テージョ川クルーズでくぐった『4月25日橋』を走ると、ベレンの塔と
発見のモニュメントが右手に小さ〜く見えます。

ポルトガル225クリストレイピンぼけ(o_ _)o

そして左手前方には『クリスト・レイ』。昨日はありんこ位にしか見えなかった
キリストの姿を間近に眺めながら、リスボン南東部にあるアレンテージョ地区へ
向かいました。

スペインから流れるテージョ川は、ポルトガルを横切って大西洋に辿り着くので、
その南側の地域を「テージョ川の彼方」と呼んだ言葉が”アレンテージョ”。

ポルトガル226コルク樫

オリーブやコルク樫、小麦畑が広がるのどかな地域で、目指すエヴォラは
ローマ時代から栄えていた、アレンテージョの中心地です。

ポルトガルはコルク生産量が世界一だということで、コルク樫を栽培している
土地が多くて緑がいっぱい。で、この樹から採れるどんぐりが大好物なのが……
トトロ♪ではなく、イベリコ豚なのです。
豚でも人間でも天然植物だけ食べていれば、美味しくなるのかしらね〜。

ポルトガル227エヴォラ

流れる景色を眺めながらそんな話をしていたら、『ジラルド広場』に到着。
ホテルから50分位でした。

                              つづく
                              VOL.39


☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.35 太陽海岸ドライブ♪

2016/ 01/ 08
                 
ポルトガル197ロカ岬

ロカ岬は有名な観光地なのに、レストラン兼お土産屋さんが1件あるだけ。
ベンチもないので、老人が長居できる場所ではありません。
バスの本数も少ないし、タクシー観光にしてよかった、よかった!
あ、そうそう、11ユーロで『最西端到達証明書』を発行しているそうです。

ポルトガル198カスカイス

ということで、コスタ・ド・ソル(太陽海岸)沿いにリスボンへ帰りました♪

ポルトガル199リスボン地図

スペインからリスボンに流れるテージョ川がさらに西へ流れ、
大西洋に流れ込むあたりの右岸一帯は『コスタ・ド・ソル』と呼ばれています。
スペイン南部にも『コスタ・デル・ソル』という海岸があって混乱しそうだけど、
どちらも温暖な気候で、ヨーロッパの有数なリゾート地。

ポルトガル200カスカイス

最初に通ったのは『カスカイス』という町で、もともとは漁村だったところが
19世紀に王室の夏の離宮が置かれてリゾート地にもなったということで、
海にはヨットと漁船とクルーザーがごちゃ混ぜに浮かんでいます。

ポルトガル201カスカイス

リスボンまで30kmなので通勤している人も居るし、別荘を持っている人も多く、
2ベッドルームのアパートを600ユーロ程度で借りられるという話を聞いて、
こっそり2〜3ヶ月暮らす夢をみてしまいました♪

ポルトガル202カスカイス

さらに東へ5分程走ると少し高級感が漂う『エストリル』という町へ。
ポルトガルを旅するまで名前すら知らなかったけど、
サーキットがあり、かつて『F1ポルトガルGP』が行われていて、
今は『ロードレース世界選手権』が開催されているとか、
ゴルフやテニスの『エストリル・オープン』で有名なのだとか…。

ポルトガル203エストリル

そして「大きなカジノがあるんだ♪」と、マヌエルは美しいヤシ並木を通り、
カジノの周りをグルッと回ってくれました。

ポルトガル204エストリル

ガイドブックに「ポルトガル最大のカジノ」と書いてあったけど、ホントかな?
と調べてみたら、リスボンにある『カジノ・リスボア』の方が大きいらしい…。
という事実よりも、世界の大型カジノTOP20の内、9件も行ってる自分に驚いて、
第1位はお気に入りの『ベネチアン・マカオ』だと!?
これじゃあ私、かなりのカジノ好きみたいじゃないヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.36





☆ベネチアン・マカオ → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー シントラ、ロカ岬、ペーナ宮殿
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.32 奇跡の町『ファティマ』

2015/ 12/ 31
                 
続いてバターリャから東へ約20km、 途中でツアーお決まりの土産物屋に
寄りながら、 最後の観光地『ファティマ』へ向かいました。

ポルトガル181ファティマ

聖母マリアグッズを並べたショーウインドウが多く、ただならぬ聖地っぽい
気配を感じながら辿り着いたけど、『ファティマ大聖堂』は、遙か彼方。

ポルトガル182ファティマ

大きな広場の向こうにあり、母が歩いて行くのは無理そうです。
なんでもこの広場、約30万人を収容できる広さだとか……。

ポルトガル183ファティマ

それでも少し近づいてみると、広場の中には左に見える建物に続く道があり、

ポルトガル184ファティマ

そしてその道を膝立ちで進んでいる人々が……!
膝で歩くことは神に対する愛を示す手段だと、何かで知っていたけれど、
目の前で見るのは初めてです。

ポルトガル185ファティマ

ところで、なぜファティマが奇跡の町なのか?というと……、

〜それは第一次世界大戦中、1917年5月13日。
 ポルトガルのファティマという村で羊の番をしていた3人の子供の前に
 聖母マリアが出現し「世界の平和を祈りなさい」というメッセージを
 伝え、その日を含めた6ヶ月毎月13日にここへ来て平和を祈ることを
 約束して空に消えたということ。
 この噂はたちまち広がり、毎月13日に集まって来る人数が増え、
 最後の6ヶ月目には7万人もの人々が集まったところで……、
 巨大な光が現れて急降下するという不思議な現象が起こりました。
 その奇跡を目撃したのは7万人!
 聖母マリアは第一次世界大戦の収束と第二次世界大戦勃発を預言し、
 地獄の実在を教え、「この地に礼拝堂を建てよ」と告げて去ったという。
 新聞でも報道された驚くべき奇跡だった。〜という出来事があったから。

その後、バチカンはこの奇跡を認め、カトリックの聖地になったのです。

ポルトガル186ファティマ

ということで、”道”が目指す場所は大聖堂ではなく『出現の礼拝堂』。

ポルトガル187ファティマ

最初に出現したとされる場所にマリア像が置かれています。

ポルトガル188ファティマ

高さ65mの塔を持つ『ファティマ大聖堂』は、ネオクラシック様式。
青空に映えるその気高い姿は、聖母マリアを思わせるようですね。

                              つづく
                              VOL.33




☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.31 世界遺産『バターリャ修道院』

2015/ 12/ 28
                 
そして北東に約30km、バターリャという町に到着しました。
バターリャとは、ポルトガル語で”戦い”(英語はバトル)の意味。

1385年、ジョアン1世のポルトガル王位を奪うため、カスティーリャ軍
(スペイン)が侵攻してきて戦闘が起こりました。(アルジュバロータの戦い)

ポルトガル171バターリャ

フランス軍を味方にしたカスティーリャ軍は3万人以上!!
ジョアン1世の王妃はランカスター公(イングランドの公爵)の娘だったので、
イングランドからの援軍が派遣されてきたけれど…、
それを足してもわずか1/5の人員で応戦し、ポルトガル軍は奇跡の勝利を
収めたのです。

ポルトガル172バターリャ

ということで、その勝利をもたらしてくれた聖母マリアに感謝して、
戦場に近いこの地にジョアン1世が建設を始めたのが『バターリャ修道院』。
正式名称は『勝利のサンタ・マリア修道院』といいます。

ポルトガル173バターリャ

15人の建築家が携わり2世紀にわたって築かれたゴシック・マヌエル様式の
建物は繊細な彫刻で飾られ、壮大なものになりました。

ポルトガル174バターリャ

ポルトガル175バターリャ

入口に旧約聖書に登場する予言者や天使など78体の聖像が、

ポルトガル176バターリャ

ファサードにはキリストの戴冠の様子が彫られています。

ポルトガル177バターリャ

一方、内部はとてもシンプルでアルコバッサ修道院に似ていますが、
側廊にステンドグラスがある分、華やかな雰囲気。
ポルトガルで最初にステンドグラスを備えた教会建築だということです。

ポルトガル178バターリャ

見どころは、入ってすぐ右にある王家の霊廟『創設者の礼拝堂』。
手を繋いで眠る彫刻が施されたジョアン1世と王妃フィリパの棺は中央に、

ポルトガル179バターリャエンリケエンリケ航海王子

窓際にはエンリケ航海王子やペドロ王子など家族の棺が並んでいます。

ポルトガル180バターリャ

そうです!ジョアン1世はエンリケ航海王子のお父様で『シントラ宮殿』を
大改装した人です。魅力的な家族ですね♪

                              つづく
                              VOL.32



☆ジョアン1世のハナシ → ポルトガル親子旅行Vol.21
☆エンリケ航海王子のハナシ → ポルトガル親子旅行Vol.24
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ