カタコロン

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.82 クルーズ8日目〜ベネチア下船

2015/ 02/ 12
                 
クルーズ250ベネチア朝日

目が覚めたら、朝日☀

クルーズ251ベネチア朝焼け

ベネチア沖に居るみたい…。これはモーゼ計画の建築物かな?
朝焼けの向こうには大陸が見えます。

船内新聞に
〜〜登ってきた太陽に照らされる中世の建物が多く残るヴェニスの街の
  素晴らしい眺めをご覧いただけるでしょう〜〜
と書いてあったけど、まだ少し早いかな……。

クルーズ252ベネチア港

と、二度寝したら!あれ?すでに港に入るところですか?

あ〜っ!なんでぇ〜〜〜っ!!
船室を選んでいる時、右舷か左舷かという事で深く悩み、
あのベネチアならではの風景は最後に楽しんだ方がいいのでは?
という結論に至って、右舷を選んだのに………。

出港時には妹と二人で山ほど写真を撮っていたのに…。
肝心なところが抜けてます。アハハッ♪

クルーズ253ベネチア
                   《あのベネチアならではの風景》

  《航行の記録》
   319海里 ヴェニス 〜 バーリ
   311海里 バーリ 〜 カタコロン
   245海里 カタコロン 〜 サントリーニ
   153海里 サントリーニ 〜 ロードス
   727海里 ロードス 〜 ドブロブニク
   311海里 ドブロブニク 〜 ヴェニス

   2057海里 合計(1海里=1852m)

船内新聞に書いてあったものですが、普通に足し算をするとちょっと
数字が違うということは置いといて、東京〜父島(小笠原諸島)2往復分
という短い距離だった事に驚きました。小笠原が遠いのか……。

                               つづく
                               VOL.83


*モーゼ計画
 水没を防ぐために、アドリア海との間に可動式の防潮堤を設けるという案。

☆ベネチア出港時の美しい風景 → 地中海クルーズ親子旅Vol.42







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.57 クルーズ3日目〜カタコロン出港

2013/ 09/ 05
                 
クルーズ103コスタフォーチュナ

早めに船に帰ってきたので、レストラン『クリストフォロ・コロンボ』で
アフタヌーンティーを楽しみました。ランチとアフタヌーンティーは、
寄港地でクルーズ船に残る人のためにあるようなもので、
港に着いたら観光に出かける人は、なかなか利用できないのです。

クルーズ104アフタヌーンティー

ダージリンはもちろん、アップルティー、マンゴーティー、チェリーティーなど、
何種類もある紅茶の中から好きなものを選んで、ケーキやサンドウィッチと共に
ティータイム♪私はジンジャーティーをいただきました。

クルーズ105アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは、4時から5時15分までと、短めです。
そしてこのレストランでは、焼きたてのピザが食べられるのですが……、

クルーズ106レストランコロンボ

「夕食はミケランジェロよりここの方がいいわぁ〜」と言うお母様。
イタリア料理のフルコースディナーよりピザの方がいいなんて……。
私は毎晩ビールやシャンパンを飲みながらイタリア料理を食べられる事を
激しく喜んでいたけれど、母はちっとも嬉しくなかったという……。

そこで私たちは考えました。レストラン『ミケランジェロ』で特別注文して
みようと。夕食時、給仕に相談したところ、使われている食材で違う調理が
できるということなので、ポテトとチキンをフライにしてもらいました。
結果、母は大満足。ディアボラ風とかバジリコソース添えといった余計な味付けは、
必要ないということ。

クルーズ107コスタフォーチュナ

さて、夕食後は劇場で船長主催の『ガラカクテルパーティ』がありました。
船長が挨拶し、オフィサーの紹介をしてシャンパンで乾杯。だけ。
シャンパンも小さなグラスに一杯だけ。
”パーティ”ってゆーから、もうちょっと何かあるかと思ってたけど…、
まっ、船長さんはステキだったけどね。

                                つづく
                                VOL.58

クルーズ108船長





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
















                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.56 『カタコロン』という小さな村

2013/ 09/ 03
                 
ギリシャ神話の世界をたっぷり楽しんだ後は、馬車があったところまで
歩かなければならないという現実の世界へ。
この博物館に来た時みたいに、偶然タクシーが現れないかと期待したけど、
そんなに都合良く来るわけもなく……。

そしてオリンピア遺跡の入口に馬車が見えてきたその時、1台のタクシーが
停まりました。私たちがチャーターしたタクシーが迎えに来てくれたのです♪
「そんな気が利くなら、来た時もここまで送ってくれればよかったのに……」
というイヤミは心の中だけでつぶやいて……、

サンキュー!グラッチェ!あっ、これはイタリア語だ…、
え〜っと、エフハリストー!!ありがとう!!!

クルーズ098カタコロン街並み

さて、ツアーだと4時間かかる行程を2時間半で終わらせて余裕があるので、
クルーズ船まで戻らず、カタコロンの商店街でタクシーを降りました。

クルーズ099カタコロン

ガイドブックの地図には載っていない、1行も紹介されてないカタコロンは、
人口1000人程の小さな村。
クルーズ船の寄港地として繁盛しているらしく、人口のわりには活気があり、
港まで続く商店街にはカフェや土産物屋がずらりと並んでいるので、
観光客がのんび〜り歩いてます。

クルーズ100カタコロン

土産物屋には、オリンピック競技を模したブロンズ製の人形や陶器、
ギリシャのお酒・ウゾ、ギリシャの名産品・オリーブオイルがお洒落に並び、
ショールームを覗くだけでも楽しいし、

クルーズ101カタコロン

近くのビーチで海水浴を楽しむ人も居るみたいで、ビーチサンダルや帽子、
サングラスも並んでいて、どこかリゾート地のような雰囲気。

クルーズ102カタコロン教会

この村に似合った可愛らしい教会が印象的でした。
オプショナルツアーに参加していたら、この村を知ることもなく、
ただの寄港地になるところだったことを考えると、タクシーを使って大正解!
タクシー、チャーターしてよかった〜。

                               つづく
                               VOL.57






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村

















                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.52 タクシーチャーターでオリンピア観光

2013/ 08/ 22
                 
クルーズ077カタコロン

この美しい海岸沿いの小さな村、カタコロンの港に上陸しました。
船を降りると観光案内所、その向こうにレンタカー店があります。

クルーズ078カタコロン

早速タクシーをつかまえて、運転手に交渉。2時間半80ユーロで話をつけました。
相場は知らないけど、往復1時間のタクシー代と1時間半の待ち時間を考えたら、
これ位払ってもいいかな〜。帰りのタクシーがないと戻って来られないので、
タクシーで行くならチャーターした方がいいと思います。

クルーズ079オリンピア

そして30分、オリンピアの駐車場に到着。
ここから遺跡入口まで歩いたのですが…、老人にはちょっと遠いかな。
たかが2〜300mだけど、途中に休める場所がないので、母にはキツイ道のりでした。

クルーズ080オリンピア

そして、そして、ようやく入口に着いたらこの有様。
ほーらね、無駄に待たされているツアー客が大勢居ます。
チケット売り場が混んでるわけでもなく、入口が混んでるわけでもないのに、
立って待たなければならないという……。
やっぱりタクシーで来てよかった。私たちはすぐに入場できました。

クルーズ081オリンピア

さらにオリンピア遺跡に入ってすぐの所でも、立ち止まってガイドの説明を
聞いている団体が居ました。
原形のあとかたもない石が転がってるだけの場所で……。

まっ、若い時はこれでいいと思うけど、老人を連れてオリンピアへ行くのなら、
オプショナルツアーに参加するかどうか、よく考えてみて下さい。
遺跡観光は、美術館や宮殿などの屋内観光と違うのです。

                                 つづく
                                 VOL.53



☆世界遺産『ポンペイ遺跡』 → 南イタリア親子旅行Vol.38





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.50 クルーズ2日目〜バーリ出港

2013/ 08/ 17
                 
バーリ(イタリア)を出港して、すぐだったか、前だったか……、
よく覚えてないけど、部屋に戻ってから余裕がないくらいの時間に、
避難訓練がありました。

クルーズ068救命胴衣

クローゼットに置いてある「救命胴衣を装着し、何も持たずに避難すること」
という指示をまともに受け取り、カメラを持たずに避難したから写真ないし…。
なのに写真撮ってる人、多いし〜。

だよね…。疑似なんだから、テキトーでよかったのよね……。
ポッケにデジカメ入れとけば良かった。
でもね、ただの避難訓練なのに「足が悪い老人にエレベーターを使わせず階段を
下りたり上ったりさせなくてもいいでしょ?万が一の為にそこまでしなくても…」
という思いは強かったです。こっそりエレベーターを使わせてくれればいいのに。

まっ、でも、本気の避難訓練に驚きました。
エーゲ海クルーズの時に体験したのは、”救命胴衣を持ってホールに集まる”
という形だけのものだったので、今回もそんなものかと思っていましたが、
本当に救命胴衣を着て、部屋毎に指定された4階の避難場所へ向い、
自分が乗るべき救命ボートの前に並びます。目の前のボートを見て
「このボートに、全員乗れるのかな?」と心配になってみたり、
「こんな時、私はどんな風に行動するんだろ?」と、思いを巡らし、
「やっぱりバッグを持ってしまうのではないか」という結論に達したり、
映画『タイタニック』を思い出して、勝手に興奮したり……、
している間に、避難訓練カードを渡し、終了。

さて、なんで避難訓練が2日目のバーリなの?という疑問が浮かぶと思いますが、
これはクルーズ船の都合です。この航路は、ベネチアとバーリと、
乗降地が2ヶ所あるので、ベネチアではなくバーリで乗客が揃うから。

その後部屋に戻り、すぐに夕食です。「忙しいよー」とモンクを言いながら、
レストラン『ミケランジェロ』でフルコースのディナーをいただき、
シャンパンやビールを飲んで、気がついたら上機嫌♪

クルーズ069コスタフォーチュナ

夕食後カジノへ向かう通路では、3日後に船上で行われるベニスのカーニバルに
参加するためのレンタル衣装と仮面の予約を受け付けていました。

                                 つづく
                                 VOL.51






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村