FC2ブログ

カナルグランデ

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.32 ベネチアの世界遺産『リアルト橋』

2013/ 07/ 05
                 
ベネチアを東西に二分するカナルグランデ(大運河)に架けられた最初の橋。

ベネチア118リアルト橋

リアルト橋周辺は、ベネチアで最初に人々が住み始めた場所で、
市場、商工の取引所が並ぶ経済の中心地でした。
橋ができるまでは、舟を繋いだ舟橋が渡されていたということ。

13世紀に木製の跳ね橋が造られ、その後2回建て替えた上に倒壊したので
石造りの橋を架けることに決まり、コンペを行ったところ……、

ミケランジェロ、サンソヴィーノ、パラーディオといった有名建築家達が参加した
にもかかわらず、選ばれたのは無名の建築家アントニオ・ダ・ポンテのデザイン。
1591年、橋の上にアーケードがある大理石の橋が完成しました。

ベネチア119リアルト橋

そんなリアルト橋の上は、立ち止まって眺望を楽しんでいる人や反対側へ行こうと
している人、さらには露店も出たりしているので、観光客が山盛り。

ベネチア121リアルト橋

ようやくカナルグランデを見渡せる場所に辿り着き、写真を撮ることができました。

ベネチア120リアルト橋




                                つづく
                                VOL.33



☆現地発着ツアー €40(1人) → 【プライベートツアー】ヴェネツィア居酒屋めぐり<夜/アシスタント貸切/日本語>by [みゅう]




世界遺産〈ヴェネツィアとその潟〉
◇サン・マルコ広場
◇サン・マルコ大聖堂
◇ドゥカーレ宮殿
◇カナル・グランデの建築群
◇リアルト橋
◇フランケッティ美術館
◇ムラーノ島
◇ブラーノ島
◇サン・ミケーレ島






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.31 世界遺産『カナルグランデの建築群』2

2013/ 07/ 02
                 
ふたたびヴァポレットに乗って『リアルト橋』へ向かいます。

ベネチア111アカデミア橋『アカデミア橋』

アカデミア美術館の前にあるのが『アカデミア橋』。
カナルグランデ(大運河)に架かる4つの橋の中、唯一の木製の橋だということ
ですが、芯は鉄なんですって〜。
この橋からの眺望が最高らしい…、けど、歩かないと行けないので、パス。
船の中からだって、美しい風景を満喫できます。

ベネチア112カナルグランデ

そんな、まるで絵の中に居るような景色の中を進んで行くと……、
右手にヘンテコなオブジェが見えてきました。

ベネチア113グラッシ宮『グラッシ宮』

『グラッシ宮』です。
18世紀のバロック建築で、現在は現代美術館として利用されているということ。

このオブジェに気を取られて見過ごしてしまったけど、左手にはロンゲーナが
設計した『カ・レッツォーニコ』という、バロック様式の建物があります。
18世紀のベネチアの文化や風俗を伝える品々を展示した
『1700年代ヴェネツィア博物館』なのだとか。面白そうですね。

ベネチア114カ・フォスカリ『カ・フォスカリ』

そしてカ・レッツォーニコの先、グラッシ宮の向かい側には『カ・フォスカリ』
という15世紀のゴシック様式の建物。ここは大学で、社会人でも参加できる
サマースクールも開講されているということです。

ベネチア115ロレダン宮『ロレダン宮』

さらに進んだ右手には、現在市庁舎として使われているという
ビザンチン様式の『ロレダン宮』。

ベネチア116カナルグランデ

『リアルト橋』までもうすぐ♪遠くにヴァポレットの駅が見えますね。

ベネチア117ペンポ宮『ペンポ宮』(真中)

さて、『リアルト(Rialto)』駅に到着しました。
駅前に建つピンク色の華やかな建物は、ベネチアン・ビザンチン様式の
『ペンポ宮』。ホテルとして使われているみたいです。

                               つづく
                               VOL.32



『パラッツォ・ペンポ(Palazzo Bembo)』





世界遺産〈ヴェネツィアとその潟〉
サン・マルコ広場
サン・マルコ大聖堂
ドゥカーレ宮殿
カナル・グランデの建築群
リアルト橋
◇フランケッティ美術館
ムラーノ島
◇ブラーノ島
◇サン・ミケーレ島






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.29 世界遺産『カナルグランデの建築群』

2013/ 06/ 26
                 
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂から次の目的地『アカデミア美術館』
までの距離を地図で見ると、600m位。だけど私達は歩きません。
そりゃー歩いた方が楽しそうだけど、足が悪い老人には長い道のりなので、
ヴァポレットに乗って隣の駅へ行きました。

ということで、ちょっとだけ、カナルグランデ・クルーズ♪
ベネチア市の真ん中をS字型に流れているカナルグランデ(大運河)は、
ヴァポレットの駅『サンマルコ広場』から『ローマ広場』まで約4km。


大きな地図で見る

ビザンツ様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式と、
12〜17世紀の建築物が運河に沿って建ち並び、とても素敵な景観を眺めながら
移動できるのです。歴史的建造物も多いため、世界遺産『ヴェネツィアとその潟』
として登録されたのは1987年。それでは……、行ってみましょう♪

ベネチア101サルヴィアティ宮『サルヴィアティ宮』

左手に『サルヴィアティ宮』が見えます。
今でも最高級のベネチアングラス工房として名高い、サルヴィアティ家所有の建物。
その次に『ペギー・グッゲンハイム美術館』、そして『バルバリゴ宮』があります。

ベネチア102バルバリコ宮『バルバリゴ宮』

振り返れば『サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂』の堂々たる姿。

ベネチア103アカデミア橋からの眺望

そして前方に『アカデミア橋』が見えてきましたよ〜♪
橋の麓に『フランケッティ宮』、その隣(手前)にあるのが『バルバロ宮』。

ベネチア104アカデミア橋『アカデミア橋』

バルバロ宮は、クロード・モネ、ロバート・ブラウニング、ヘンリー・ジェイムズ
などが滞在し、多くの芸術家のサロンとして使われていたということ。
中でも、ヘンリー・ジェイムズが滞在して執筆したという『鳩の翼』が
映画化された時には、ここが舞台になったということで、
すでに私、その映画のDVDを買おうとしてます……。

ベネチア105フランケッティ宮『フランケッティ宮』

そして『フランケッティ宮』は、かなり派手な外観ですが、情報ナシ。
バルバロ宮とさかさまに紹介している人が多いという事が解っただけでした。

あっ、『アカデミア』駅、もう着いちゃった……。

                                つづく
                                VOL.30




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



世界遺産〈ヴェネツィアとその潟〉
サン・マルコ広場
サン・マルコ大聖堂
ドゥカーレ宮殿
カナル・グランデの建築群
リアルト橋
◇フランケッティ美術館
ムラーノ島
◇ブラーノ島
◇サン・ミケーレ島



  鳩の翼 [DVD]




                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.27 『サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会』

2013/ 06/ 21
                 
リド島からベネチア本島へ向かう船の中から、
また、鐘楼から眺めた景色の中に、
そしてサンマルコ小広場でヴァポレットを待つ間……、
いつも視界に入ってくるのが『サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会』。

ベネチア091マッジョーレ教会鐘楼からの眺望

『サンマルコ小広場』から運河を隔てた向いに浮かぶ小さな島、
サン・ジョルジョ・マッジョーレ島にあるベネディクト派の修道院です。
コリント様式の4本の列柱が見事なファサードを持つ、古代ローマ建築。
ルネッサンス末期の建築家アンドレア・パラーディオの傑作として名高い作品で、
1565年に着工し、1610年に完成しました。

ベネチア092マッジョーレ教会

サン・マルコ小広場から眺めると、最も美しく見えるように設計されている
ということ。う〜ん、もっと近くから見てみたいな〜。

ベネチア093マッジョーレ教会

ティントレットの絵画『最後の晩餐』、『マナの収拾』が飾られていると知り、
行ってみたくなったけれど、ベネチア観光ができるのはたったの2日間。
今回は無理なので、次に来るときのお楽しみにしましょ。

                                つづく
                                VOL.28



☆サンマルコ小広場 → 地中海クルーズ親子旅Vol.17







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村