FC2ブログ

グレゴリウス

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.87 聖天使のお城『サンタンジェロ城』

2012/ 05/ 10
                 
”聖天使城”という可愛らしい名前を持ちながら、堅牢で要塞のような外観の
『サンタンジェロ城』は、皇帝ハドリアヌスが自分と後からの皇帝の
霊廟として造り、139年に完成したもの。
その後、要塞や牢獄、教皇の住居として、様々な役割を果たしてきた建物で、
現在は博物館としてこの城の歴史が展示されています。

ローマ089サンタンジェロ城

名称の由来は……、
ローマでペストが大流行した590年のある日、近くを歩いていた
教皇グレゴリウス1世の前に大天使ミカエルが出現!
ミカエルは持っていた剣を鞘に収めてペストの終焉を伝えたのだとか。
やがてペストは収まり、ミカエルに感謝して廟の上に礼拝堂を建てたということです。

ローマ090サンタンジェロ城

そういえば…、
『モンサンミッシェル』(フランス)も大天使ミカエルのお告げによって
礼拝堂が建てられたんだっけ…。さらには、ジャンヌ・ダルクに神の啓示を
与えたのもミカエルだという話もありますね-。
そんな大天使ミカエルの像は、18世紀に造られた青銅製のレプリカ(複製品)。
16世紀に造られた大理石製のオリジナルは、城の中に展示されているそうです。

ローマ091サンタンジェロ橋

そして、サンタンジェロ城と対岸を結ぶのが『サンタンジェロ橋』。
17世紀、ベルニーニはこの橋の欄干を飾る天使像のデザインを依頼されました。
天使像は合計10体あり、ベルニーニ自身が彫ったのは2体。
依頼した教皇クレメンス9世は、完成したベルニーニの作品を見て、
ここに並べておくのはもったいないと、レプリカを造らせたということ!
なので、ここにあるのはレプリカで、オリジナルはスペイン広場近くの
『サンタ・アンドレア・デッレ・フラッテ教会』に置いてあるというのです。

さて、サンタンジェロ城に登って、ミカエルの像を間近で見たり、
ローマの街並みを眺めたりしたい気持ちで一杯ですが、母はヘトヘト。
この長~い橋を渡ることすらできないでしょう。

ローマ092テヴェレ川

ふと橋の下を見ればテヴェレ川。
「あらぁ~船が走ってるわよぉ~♪あの船に乗りたいわぁ~♪」
はい、お母様。テヴェレ川クルーズですね。かしこまりました。

                                つづく
                                VOL.88





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




















スポンサーサイト