FC2ブログ

システィーナ礼拝堂

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.81 ヴァチカン美術館『システィーナ礼拝堂』

2012/ 04/ 01
                 
ヴァチカン美術館最大の見どころといえば、ここ『システィーナ礼拝堂』。
1477年から1480年にかけてヴァチカン宮殿内に建てられた礼拝堂です。
212代教皇・シクトゥス4世は、ラファエロの師匠・ペルジーノをはじめ、
ボッティチェッリ、ギルランダイオといった当時の有名な画家を呼び寄せ、
壁面をモーゼとキリストの生涯を描いたフレスコ画で飾りました。

その後1506年、教皇ユリウス2世は天井をフレスコ画で飾ることに決め、
ミケランジェロに依頼。ミケランジェロは嫌がったものの1508年から4年で
描き上げたということです。
『アダムの創造』の絵で有名な天井画のテーマは旧約聖書ですが、
例外として救世主の誕生を予言したと言われる5人の巫女も描かれています。

さらに時は過ぎ……、
1536年、220代教皇・パウルス3世は、祭壇側の窓とフレスコ画を外し、
壮大なフレスコ画で飾ることにしました。画家は60歳のミケランジェロ。
躍動感あふれる大迫力の『最後の審判』は、年齢を感じさせない力強さがあります。

ローマ057システィーナ礼拝堂

そんな偉大なる芸術作品を目の前にして、私たちは天井をじーっと見つめていました。
感動しすぎて動けなかったからではありません。
コレ↓と同じ絵を探していたのです。

ローマ059デルフィの巫女(ミケランジェロ

入口近くで大量に購入したお土産で、代表的な作品がプリントされている鏡です。
以前ルーブル美術館だったかヴェルサイユ宮殿だったか?のお土産にして、
大好評だった鏡と同じで、絵だけが違うモノ。
で、これは何の絵か?ということが問題なのです。
「説明ができないとお土産にできない」と訴える母に、
「とにかく買っておこうよ。絵は探してあげるから」と説得した私と妹。
小さくて荷物にならないので、これをお土産にさせたかった私たちは、
必死に薦めて買わせました。が、店員に聞いても「ミケランジェロ」と言うだけ。
ミケランジェロといえば、システィーナ礼拝堂でしょ?と、当たりをつけたけど、
あまりに巨大な天井画は500平米!?ホントに見つけられるの~??

ローマ058デルフィの巫女

ありました~♪あとで調べたらギリシャの『デルフィの巫女』だということ。
デルフィ…、2年前に行ったのに(^◇^;)
この絵を見つけたときが一番感動的だったかも。

                                つづく
                                VOL.82





☆ユリウス2世について → 南イタリア親子旅行VOL.77
☆デルフィの考古遺跡  → 旅アルバム「世界遺産」08 ギリシャ
☆現地発着ツアー €40~(1人)→ ヴァチカン美術館
☆現地発着ツアー → ローマ発着のオプショナルツアー




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.71 知ってる?効率良いヴァチカン観光の方法

2012/ 01/ 30
                 
ローマ滞在はたったの3泊。
丸二日しか観光できませんが、ローマから直行便で帰るための休憩的滞在なので
のんびり過ごすつもりです。
とは言え、ここはローマ。ホテルでじっとしていられるワケがありません。
ゆる~く観光へ出かけましょ♪

ずいぶん前にもお話ししましたが、私たちのヨーロッパ旅行デビューの地は
ローマでした。母はまだ60代。足も悪くなかったので初日に2万歩以上歩き、
靴擦れして苦しんだのを覚えています。
初めてのヨーロッパは感動の繰り返しで、もの凄く興奮した毎日でした。

さて、今日は”思い出巡り”をします。まずはタクシーでヴァチカン美術館へ。
ここで一つ、初心者のためにお伝えしたいことがあります。
知ってる人も多いと思いますが、私たちは知らなかったためにすごーく歩いたので、
観光計画を立てる際の参考にしてもらえればと思って……。

ヴァチカン市国最大の見所と言えば、サンピエトロ大聖堂とシスティーナ礼拝堂。
で、この名所、背中合わせの場所にありながら2km以上離れているという、
なぞなぞみたいな位置関係にあるのですが……。

ローマ010ヴァチカン地図

ヴァチカン観光するなら、最初に『サン・ピエトロ大聖堂』へ行こうとしますよね?
そして、その後、隣の『システィーナ礼拝堂』へ行けるかと思っていると、大間違い。
礼拝堂は『ヴァチカン美術館』の中にあるからです。
で、「美術館の入口はどこか?」というと、城壁沿いを1km位歩いたところ。
長い行列に並んでやっと入口に着き、
全長7kmという見学コース(全て見る必要はないけれど)をうろちょろして、
ヘトヘトになった頃に『システィーナ礼拝堂』に辿り着く……。
というコースを辿ったのは、14年前の私たちです。
若い頃は平気で歩いたけど、想像しただけでも疲れますね。

ところが、先にヴァチカン美術館へ行けば、美術館の一番奥にある
システィーナ礼拝堂からサンピエトロ大聖堂への抜け道があるというのです!!!
これを知っていれば、どんなにラクだったことか……。

ローマ011ヴァチカン美術館チケット

さぁ、ためしに行ってみましょう♪

                               つづく
                               VOL.72




☆現地発着ツアー 60ユーロ(1人)→ 日本語ガイド付きがオススメ!~一般公開より30分早く入場~ヴァチカン美術館<午前/日本語> by [みゅう] 即予約確定




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.2 初めてのヨーロッパ旅行の思い出

2010/ 12/ 14
                 
帰りは直行便で帰りたいので、最後はローマに滞在します。
日本からイタリア国内に入れるのは、ローマとミラノだけ。
ミラノには何度か行っているので、ローマへ行きたいのです。

でもね、二度目なので3~4泊で充分。ヴァチカン美術館のシスティーナ礼拝堂をもう一度ゆっくり訪ねたいと思っていたので、ここだけは外せないけれど、あとは『天使と悪魔』の舞台を巡って街をうろちょろできればいいかな~。

いいえ!もう一ヶ所行かなくてはならない場所がありました!!
『トレビの泉』です。
私たち親子が初めてヨーロッパを旅したのは15年ほど前。
そして初めて訪ねた都市がローマでした。
「スリやひったくりが多い」とか、「置き引きに気をつけろ」といった物騒なハナシを読んだり聞いたりしていたので、ローマ・フィウミチーノ空港に着いたときから私たちはビクビク。
そして最初の目的地『コロッセオ』へ行くため地下鉄に乗った途端、ひったくりを目撃してしまいました!しかも犯人は妹にぶつかって逃げていったという衝撃的な事件からローマ観光が始まったのです。

それからというもの、カフェに入ってもタクシーに乗っても、ビクビクドキドキしていた私たちは、その日(ローマ初日)の最後にトレビの泉に辿り着き、

ITA002トレビの泉トレビの泉

写真を撮ろうとした時、今度は万引きを目撃!!
トレビの泉を背景に写真も撮れず、コインを投げることもできずに慌ててホテルへ帰ったのを覚えてます。
今考えると「万引きを見てびびらなくてもよかったのでは?」と思うけど…。

犯罪に出くわしたのは,結局その日だけだったので、ローマからの列車の旅は北へ向かって行くうちにビクつくことも少なくなっていきました。~後ろ向きにコインを投げ入れると、再びローマを訪れることができる~という伝説の『トレビの泉』にコインを投げられなかったのに、どうやら再びローマに行くことができそうです。今度こそ『トレビの泉と私』の写真を撮らねば!

                                つづく
                                VOL.3


☆そして行ってきました♪『トレビの泉』 → 南イタリア親子旅行VOL.83




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





   ローマへ行く前に読みましょう♪『天使と悪魔』

   






【JTB】ヨーロッパの最安値ツアーをかんたん検索