FC2ブログ

シルクドソレイユ

        
category - 2011年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅2Vol.14 必見!『ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター』

2012/ 09/ 23
                 
シティ・オブ・ドリームスへ来た目的は、
水のショー『ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)』鑑賞。
演出家フランコ・ドラゴーヌ氏によって製作されたアクロバットショーです。

マカオ45水舞間チケット

このドラゴーヌさん、かつてはシルク•ド•ソレイユのプロデューサーとして活躍し、
アレグリア、キダム、サルティンバンコ、ミスティア、オーといった数々の作品制作
に係わってきた人なのです。
そして独立後の作品といえば、ラスベガスで上演している『ル・レーヴ』♪
同じく水を使った舞台で、シルク・ド・ソレイユの魅力とはひと味違った、とても
ダイナミックなショーでした。20年位前に『サルティンバンコ』を観た時の感動は、
今でも覚えているほど衝撃的だったし…。

マカオ46ダンシングウォーター舞台『水舞間』舞台

ということで、私にショーの楽しさを教えてくれたドラゴーヌの最新作は、
『ル・レーヴ』よりも激しくて、期待以上に興奮しました♪
チケットはVIP席1380パタカ、A席880パタカ、B席680パタカ、C席480パタカと、
一番安い席なら約5,000円。
カジノだと一瞬にして無くなってしまう(増えることもあるけど)金額で、
冒険とロマンスの幻想的な世界が楽しめるので、マカオ観光のひとつに
組み入れることをオススメします。

マカオ47水舞間パンフ

さて………、
この時のマカオで上演しているショーは、シルク・ド・ソレイユ『ZAIA』と、
この『ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター』の2本だったのですが……、
なんと2012年2月には『ZAIA』が撤退してしまったということです。
カジノの興行収入はラスベガスを超えても、エンターテイメントに関しては
まだ遠い話。毎日30以上の演目から自由に選べるラスベガスのようになるには、
10年以上かかるでしょう。いや、無理かも。

                                つづく
                                Vol.15




☆もうひとつの水のショー『LeReve』 → ラスベガス親子旅行Vol.91
☆シルク・ド・ソレイユ『ZAIA』 → 香港・マカオ夫婦旅Vol.40
ハードロック・ホテル
グランド・ハイアット
クラウン・タワーズ





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

















スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

2009年 ラスベガス親子旅行 もくじ

2010/ 11/ 18
                 
◇◇旅行記2009年9月 ラスベガス親子旅行◇◇

VOL.01 2009年親子旅行はじまり
VOL.02 マイルを使ってアップグレード♪
VOL.03 アップグレードできない航空券って?
VOL.04 ラスベガス行き航空券購入
VOL.05 航空券購入→座席指定
VOL.06 ラスベガスへの乗り継ぎについて
VOL.07 (休憩)燃料サーチャージについて
VOL.08 魅惑のホテル『ベネチアン』
VOL.09 ベネチアンを選んだワケ
VOL.10 『ベネチアン』オープン?
VOL.11 まさかのホテル難民
VOL.12 “ベネチアン泊まれない事件“結末
VOL.13 『ベネチアン』姉妹対決?
VOL.14 ベネチアン&パラッツォ宿泊料金を調べる
VOL.15 『ベネチアン』部屋カテゴリー
VOL.16 ラスベガス旅行スケジュール決定
VOL.17 グランドキャニオンツアー予約
VOL.18 グランドキャニオンツアー予約
VOL.19 グランドキャニオンツアー予約
VOL.20 グランドキャニオンツアー予約
VOL.21 グランドキャニオンツアー予約
VOL.22 グランドキャニオンツアー予約
VOL.23 グランドキャニオンツアー予約
VOL.24 ショーを予約する
VOL.25 ショーを予約する
VOL.26 シルク・ド・ソレイユ『KA』25%OFF!?
VOL.27 シルク・ド・ソレイユ『KA』予約
VOL.28 『O』と『ランスバートン』検討
VOL.29 キャニオンサイドに泊まれない!?
VOL.30 グランドキャニオンのホテル事情
VOL.31 もう一つの水のショー『LeReve』
VOL.32 『LeReve』予約
VOL.33 出発準備完了
VOL.34 行ってきま~す♪

LAS115ベネチアン

VOL.35 ユナイテッド航空に乗る
VOL.36 アメリカ内での乗り継ぎについて
VOL.37 パラッツォホテルぷりぃ~ず♪
VOL.38 憧れのホテル『パラッツォ』
VOL.39 『パラッツォ』客室
VOL.40 『パラッツォ』バスルーム
VOL.41 『パラッツォ』客室設備
VOL.42 『パラッツォ』から『ウィン』へ
VOL.43 ベガスのオアシス『ウィン』
VOL.44 ウィンのバフェ『ザ・バフェ』
VOL.45 ランス・バートンのチケット購入?
VOL.46 発見♪ショー割引チケット店
VOL.47 エセルMとM&M'sのチョコレート
VOL.48 世界最大級のホテル『MGMグランド』
VOL.49 『KA』チケット大事件
VOL.50 MGMでプレイヤーズカードを作る
VOL.51 『MGMグランド』から『パリス』へ
VOL.52 シティセンターと『アリア・リゾート&スパ』
VOL.53 パリよりパリっぽい『パリス』
VOL.54 ベネチアンで『ブルーマン』観賞
VOL.55 ベネチアンで『ブルーマン』観賞
VOL.56 ミスティアと無料ショーが目玉の『TI』
VOL.57 恐怖の絶叫マシン体験『ストラトスフィア・タワー』
VOL.58 ラスベガス最高級ホテル『アンコール』
VOL.59 ショッピング・モール『ファッションショー』
VOL.60 私たちのカジノ利用法
VOL.61 プラネットハリウッドのバフェは1つじゃない
VOL.62 MGMでシルク・ド・ソレイユ『KA』観賞
VOL.63 グランドキャニオンツアーの選び方
VOL.64 『パラッツォ』チェックアウト

LAS103ヤパパイ

VOL.65 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.66 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.67 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.68 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.69 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.70 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.71 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.72 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.73 グランドキャニオン国立公園
VOL.74 グランドキャニオン国立公園 
VOL.75 グランドキャニオン国立公園 サンセット
VOL.76 グランドキャニオン国立公園 朝焼け
VOL.77 グランドキャニオン国立公園 ホピ~パウエルポイント
VOL.78 グランドキャニオン国立公園 マーサーポイント
VOL.79 『ベネチアン』10年越しのチェックイン
VOL.80 『ベネチアン』客室
VOL.81 『ベネチアン』ベッドルーム
VOL.82 『ベネチアン』VS『パラッツォ』姉妹対決!!
VOL.83 『ベネチアン』ベッド&お土産
VOL.84 『グランド・カナル・ショップス』
VOL.85 『グランド・カナル・ショップス』
VOL.86 『ミラージュ』で火山噴火の無料ショー
VOL.87 『フォーラムショップス』
VOL.88 和食バフェ『TODAI』
VOL.89 シャンパンブランチ
VOL.90 『ルクソール』でシャンパンブランチ
VOL.91 もうひとつの水のショー『LeReve』
VOL.92 『プレミアム・アウトレット』
VOL.93 ビアホール『ホーフブロイハウス』
VOL.94 旅の最後はベラッジオのショーでしょ♪
VOL.95 エッフェル塔からベラッジオ噴水ショー
VOL.96 エッフェルタワーのフレンチレストラン
VOL.97 『ベラッジオ』噴水ショーとウィン氏
VOL.98 さよならラスベガス


    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

2009年 香港・マカオ夫婦旅 もくじ

2010/ 11/ 05
                 
◇◇旅行記2009年11月 香港・マカオ夫婦旅◇◇

VOL.01 サーチャージ無料の間に航空券を予約
VOL.02 候補地1・エアーズロック
VOL.03 候補地2・デリー
VOL.04 候補地3・香港
VOL.05 候補地の中から選ぶ
VOL.06 旅行先♪香港に決定
VOL.07 エイビーロードで相場を調べる
VOL.08 JALで行くか、ANAで行くか…
VOL.09 マカオの…、ベネチアンの…誘惑
VOL.10 香港+マカオのツアーを調べる
VOL.11 スケジュール決定
VOL.12 ベネチアン・マカオ料金を調べる
VOL.13 JAL対ANA
VOL.14 ベネチアン・マカオ予約
VOL.15 ベネチアン・マカオでシルク・ド・ソレイユ♪
VOL.16 香港のホテルを検討する
VOL.17 香港のホテルを検討する
VOL.18 インターコンチか、シェラトンか
VOL.19 グランド・スタンフォードの格安プラン発見
VOL.20 香港のホテル決定
VOL.21 ホテル予約終了「行ってきま~す」
VOL.22 成田空港免税店のボーナスマイル
VOL.23 快適♪JALと映画『私の中のあなた』
VOL.24 香港到着!そしてグランド・スタンフォードへ
VOL.25 『グランド・スタンフォード』客室
VOL.26 『グランド・スタンフォード』バスルーム
VOL.27 『グランド・スタンフォード』眺望
VOL.28 香港名物夜景ツアー
VOL.29 アバディーンの夜景鑑賞
VOL.30 おすすめ中国料理店『桃季』
VOL.31 安くて美味しい♪ 粥麺専科『正斗』
VOL.32 香港~マカオ・タイパ島をつなぐコタイジェット
VOL.33 ベネチアン運行のコタイジェットでマカオへ
VOL.34 タイパ島に出来たフェリーターミナル
VOL.35 マカオは”アジアのラスベガス”なのですか?
VOL.36 『ベネチアン・マカオ』ロビー
VOL.37 『ベネチアン・マカオ』フロントから客室へ
VOL.38 『ベネチアン・マカオ』客室
VOL.39 『ベネチアン・マカオ』バスルーム
VOL.40 シルク・ド・ソレイユ『ZAIA』チケット確保♪
VOL.41 ベネチアンでシルク・ド・ソレイユ『ZAIA』鑑賞
VOL.42 『ベネチアン・マカオ』の雰囲気って?
VOL.43 ホテル『ベネチアン』三姉妹対決!?
VOL.44 進んでない!コタイ・ストリップ計画
VOL.45 タイパ島からマカオ半島の世界遺産観光へ♪
VOL.46 マカオの世界遺産『ギア要塞』
VOL.47 マカオの『フィッシャーマンズワーフ』
VOL.48 マカオの世界遺産『聖ポール天主堂跡』
VOL.49 世界遺産『聖ドミニコ教会』と『セナド広場』
VOL.50 マカオの世界遺産『民政總署』
VOL.51 マカオの世界遺産について思ったこと
VOL.52 ラクラク♪マカオで出国審査


Mac16ベネチアンマカオベネチアン・マカオ


Mac12ベネチアンマカオベネチアン・マカオ



マカオに行くなら豪華ホテルのスイートルームが絶対お得!東洋と西洋の街〜マカオ特集(楽天トラベル)



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村



















                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.44 進んでない!コタイ・ストリップ計画

2010/ 09/ 07
                 
窓の外を眺めると、『ベネチアン・マカオ』とショッピングモールで
つながっている『フォーシーズンズ』が見えます。
フォーシーズンズの裏には『インターコンチネンタル』が建設予定だと
聞いてますが、どうなっているのでしょうか?
眼下には、誰も遊んでいないパターゴルフ場がありました。
滞在中、遊んでいる風景は見てません。カジノは中国人で溢れているというのに…。

Mac37フォーシーズンズフォーシーズンズ・ホテル(右)

そしてベネチアン・マカオから大きな道路を挟んで、『シャングリラ』
『シェラトン』『ヒルトン』と、豪華ホテルが並んでいるはずなのですが…!

MAC38建築中

建築中です!!屋根にクレーンが乗ってますけど…。
ここら辺の開業予定って、2008~2009年じゃなかったの??
もっと、ワクワクした光景が広がっていることを期待していたのですが、
マカオ・コタイ地区をラスベガスのストリップのようにするという
”コタイ・ストリップ計画”は、半分も完成してません。
地下道でもつながるそうですが、どこまで進んでいるのでしょうか?

Mac39建築中

この一帯から左に続くのが”シティ・オブ・ドリームス”。
『グランド・ハイアット』『ハードロック・ホテル』『クラウン・タワー』
が建つ、合計2000室以上という総合エンターティメントリゾートです。
オープンしているらしいですが、行かなかったので詳細は解りません。

Mac40ハードロックホテルハードロック・ホテル

”コタイ・プロジェクト”は、予定通り進めば2014年に完成するそうなので、
完成してから行く方が楽しいと思います。
今回は『ベネチアン・マカオ』に泊まれたのと、シルク・ド・ソレイユ
『ZAIA』を鑑賞できただけで満足ですが、ちょっと早すぎましたね。
旅行会社が騒いでるほど魅力的ではなかった…。
でもね、5年以内にはきっとマカオ旅行をしています。
だって完成した姿を見てみたいんだもの!!

                             つづく
                             Vol.45

☆『ベネチアン・マカオ』 → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36
☆『ハードロック・ホテル』について → ラスベガス親子旅行VOL.94



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ














                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.97 『ベラッジオ』噴水ショーとウィン氏

2010/ 06/ 08
                 
ベラッジオの噴水ショーは、目の前で観ると迫力満点ですが、
パリスのエッフェルタワーレストランからの眺めは、とても優雅な雰囲気。

LAS174ベラッジオショー

昼間は30分ごと、夜は15分ごとに行われているので、待つことなく始まりました。

LAS175ベラッジオショー

LAS176ベラッジオショー

LAS177ベラッジオショー

この音楽と水の噴水ショーは、全部で20以上のバリエーションがあるということ。
何度観ても楽しめます♪
やっぱり『ベラッジオ』噴水ビューの部屋に泊まってみたいな~。
10年前からの憧れホテルです。
今度ラスベガスへ来るときは、シルク・ド・ソレイユのショー『O』を観たいので、
このホテルは有力候補だけど、『ウィン』も捨てがたい……。
ってゆーか、今更ながら、スティーブ・ウィン氏の発想力と実行力、
そして思い切りの良さに驚いています。

ストリップ沿いに無料ショーを創造してしまったウィンさんは、
『ベラッジオ』を『MGM』に売却して、理想のホテル『ウィン』を建築。
隣にはさらにゴージャスなホテル『アンコール』を建てた!と、驚いていたところ、
ラスベガスへ来て知った事は、『ミラージュ』と『TI』も売却していたという…。

構図としては、スティーブ・ウィンが構想を練って、建築。 →
成功しちゃうと、ウィンちゃんは飽きて、新しい構想に着手。 →
資金調達のため、MGMに売却。 → MGMが地道に運営。
って、感じでしょうか?

この旅の後、訪れたマカオの『ウィン』では、無料の噴水ショーをやってます。
『ウィン』なんだか、『ベラッジオ』なんだか?って話ですけど……。
そして面白い事に『MGM』もあり、マカオでも、いつか『ウィン』を『MGM』に
売却して、更なる発展を遂げるのでしょうか?
ラスベガスもマカオも、ホテル事情が楽しみです♪
もちろん、マカオでは『ベネチアン』に宿泊しましたよっ!!

                                つづく
                                VOL.98


☆ホテル『ウィン』について → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆ウィン氏『ベラッジオ』売却だけじゃない! → ラスベガス親子旅行VOL.50
☆そして『ベネチアン・マカオ』に宿泊♪   → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.91 もうひとつの水のショー『LeReve』

2010/ 05/ 18
                 
ルクソールからエクスカリバーまで歩きました。
マンダレイベイ~ルクソール~エクスカリバーの間は、
無料のモノレールもありますよ~。

LAS156エクスカリバーエクスカリバー

エクスカリバーは中世のお城。可愛らしいホテルです。
アーサー王の伝説に登場する愛剣の名前”エクスカリバー”から名付けられたとか。
子供用のゲームアーケードがあるのが特徴で、子供連れにおすすめのホテルです。
ここでちょっと遊んで、タクシーでベネチアンに戻って休憩。

LAS157ベネチアンベネチアン

すでに『LeReve』のチケットはピックアップしてあるので、
開演30分前に出発すれば余裕です。
パラッツォを通り抜け、歩道橋を渡ると、LeReveの劇場がある
ウィンに辿り着きます。

LAS25LeReve.jpg

んーっ、よかった。華麗で迫力のあるショーです。
円形劇場なので、中央が舞台になり、プールになったり、
水が引いたりしながら、水を使った様々な舞台演出が楽しめます。

LAS158LeReve.jpg

でも、マッチョ系は好みではないし、道化が多かったような…。

LAS159LeReve.jpg

とても素敵なショーだったけど、シルク・ド・ソレイユには敵わないかも。
『KA』の方がドキドキワクワクしました。
ラスベガスで水のショーといえばシルク・ド・ソレイユの『O』が有名ですが、
新しい水のショーを上演していると知って、その演出家が『O』を演出した
フランコ・ドラゴーヌだと知って、『LeReve』を選んだのですが…。
今度ラスベガスへ来る時は、絶対『O』を鑑賞しよ~っと。

                           つづく
                           VOL.92


☆『LeReve』予約時の話 → ラスベガス親子旅行VOL.31
☆『KA』鑑賞時の話   → ラスベガス親子旅行VOL.62
☆『LeReve』チケットピックアップ時の話   → ラスベガス親子旅行VOL.43
ラスベガスショー&ミュージカル一覧



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.86 『ミラージュ』で火山噴火の無料ショー

2010/ 05/ 02
                 
ベネチアンで遊びすぎ、外はすっかり暗くなっていました。

ラスベガス・ハラーズ2『ハラーズ』

ベネチアン隣のホテルは『ハラーズ』。開業1973年の古いホテルなので、
宿泊料が安いっ!なのに、ショッピング&ホテル巡りには最高の立地です。
『MGMグランド』から『サハラ』のホテル間を移動できる
ラスベガス・モノレールの停車駅もあり、かなり穴場的な存在かも。

私たちは『フォーラム・ショップス』へ行くためストリップを渡り、
ベネチアンの向かいに建つホテル『ミラージュ』へ。
ベガスの帝王といわれるスティーブ・ウィン氏が、最初に手掛けたホテルです。
「ラスベガスをオーランドのようにしたい」と、計画を始めたらしいですが、
この街はオーランドよりスケールが大きい!

LAS139ミラージュ

このホテルのテーマはポリネシアの南国リゾートです♪
ストリップ沿いにラグーンとヤシの木という、トロピカルな雰囲気が
楽しめます。フロント脇の巨大水槽には熱帯魚が泳いでいますよー。
ベネチアの旅情あふれる風景の向かい側は、トロピカルムード満点という…!
楽しい街ですラスベガス!!
ここでの気になるショーは、シルク・ド・ソレイユとビートルズの音楽を
コラボレーションしたショー『LOVE』。ビートルズの貴重な映像も
提供されているということなので、いつか観てみたいと思っています。

LAS140ミラージュ

何だか、人々がゾロゾロ集まってますよ~!!
火山噴火の無料ショー”Volcano”(ボルケーノ=火山)が始まる様子です。
何度も見ているので、ワザワザ見に行く予定は立てないものの、
目の前で始まれば、やはり立ち止まってしまいますね。
普段は岩山からラグーンへ、高さ16メートルの滝が流れている南国情緒
たっぷりの風景。それが突然、真っ赤な炎を噴き上げ、溶岩が流れ落ちてくる
という迫力のショーが始まるのです!

LAS141ミラージュ


LAS142ミラージュ

ちなみに”ストリップ沿いでの無料ショー”を発案したのもウィン氏で、
Volcanoが第一号。何度見ても、迫力があります。

                            つづく
                            VOL.87

☆ウィン氏のハナシを読む → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆ラスベガスのホテルを予約する? → ホテルクラブ
                 → アップルワールド

                 → HIS


      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村



                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.62 MGMでシルク・ド・ソレイユ『KA』観賞

2010/ 02/ 12
                 
MGMグランドのフードコートで軽く食事をして、
いよいよシルク・ド・ソレイユのショー『KA』を観賞します!

LAS041KA.jpg

日本で40%OFFで予約して(予約したつもりで)狂喜乱舞し、
ラスベガスに来て、チケットのピックアップをしようとしたら「予約が取れてない!!」
という事態にうろたえ、
粘りに粘って、なんと!50%OFFでチケットを獲得したという、大騒ぎの『KA』。
この事件は、これからの私たちの思い出話として、盛り上がること間違いナシです。

「食事が軽かったから、今回は居眠りしないよね」なんて言いながら、
開演を待ちました。
運命によって引き裂かれた男女の双子が、危険に満ちた冒険の旅へ出かけるという
ストーリーです。どんな様子なのかは、インターネットで観てたけど……。

LAS074KA.jpg

素晴らしいっ!!!
サーカスとしてのパフォーマンスはもちろん、上下したり回転したりする高度な
舞台技術に目を見張りました。
シルク・ド・ソレイユは、かつて日本で公演された『サルティンバンコ』や
ラスベガス初のシルク・ド・ソレイユ『ミスティア』を観賞したことがあったけど、
舞台技術が進化していて、立体的!もの凄い迫力ですっ!!
1公演しか観られないなら、『KA』をオススメします。

とは言うものの……、
「あーんた達、よくこんな所で寝られるわねェ」
あ~っ!またバレちゃいましたヽ(´o`;今回は、ほんの少しなのに……。

さ~て、明日はグランドキャニオンですよー♪

                              つづく
                              VOL.63


☆『KA』を40%OFFで予約した時のハナシ → ラスベガス親子旅行VOL.26
☆『KA』予約が入ってない!事件 → ラスベガス親子旅行VOL.49
☆ブルーマン観賞でうたたね → ラスベガス親子旅行VOL.55
☆『KA』チケットを50%で予約する → ラスベガス親子旅行VOL.50
☆チケット購入 → ラスベガスショー&ミュージカル一覧





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱Alan1.net




                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.56 ミスティアと無料ショーが目玉の『TI』

2010/ 01/ 22
                 
ラスベガス3日目の始まりは、パラッツォの斜向かいにあるショッピング・モール
『ファッションショー』へ♪1日目に学んだように、パラッツォ2階の
ショッピングアーケードを抜けて、ウィンへ繋がる歩道橋へ行きます。
そして、さらに歩道橋が!ウィンからファッションショーへと繋がっていますよ。

LAS060Fashion.jpg

ファッションショーから見たパラッツォ&ベネチアンは、一つのホテルのようです。
デザインが統一されているので、巨大ホテルに見えますね。
合計7000室以上ですから、当然ですけど…。

LAS061ベネチアン『パラッツォ』

パラッツォの前に建つのが『TI』(旧トレジャーアイランド)。
つまり、『ファッションショー』の並び、ということです。

ベネチアン、パラッツォ、ウィン、アンコール、トランプと、最高級クラスのホテルが
次々と登場してしまったこのエリアで、
トレジャーアイランド = 海賊ショー = 家族向き
と、連想させてしまっていたものを、高級イメージにするために模索しているみたい
ですが、外観はほとんど変わってません。無料ショーも”海賊ショー”ではなく、
ギリシャ神話からの”妖精ショー”に替えたらしいです。
外壁を塗り替えたということですが、海賊ショーのイメージが強すぎて……。

LAS062TI.jpg『TI』

が、船のレイアウトは変わってない様子。滞在中に無料ショーを見る機会はなかったので、
何とも言えませんけど。ガイコツの岩がそのまんま。

LAS063TI2.jpg海賊船の右奥は『トランプ』

尚、このホテルで上演しているシルク・ド・ソレイユのショー『ミスティア』は、
継続中です。カナダのサーカス団シルク・ド・ソレイユのラスベガス進出第一弾の
ショーが、この『ミスティア』。私がラスベガスで初めて観劇したショーです!
今や7演目もあるシルク・ド・ソレイユのショーですが、最近のシルクは舞台装置が
凄かったり、有名アーティストとコラボレーションしたりと、”サーカス”的な部分が
減ってきてるのでは……と思いますが、その原点を観てみるのも、良いのでは?
舞台が最新じゃない分、人間のパフォーマンスが楽しめますよ!

                                 つづく
                                 VOL.57

☆1日目に知ったウィンへの通路 → ラスベガス親子旅行VOL.42
☆やっぱり、出発前にショーチケット購入 → ショーチケットを探す♪
☆『ミスティア』等ショーチケットを購入する
       → http://tour.his-usa.com/city/las/list.php?tgt=176
『TI』を予約する(HIS)
『TI』を予約する(アップルワールド)




      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村



オプショナルツアー手配会社一覧





                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.50 MGMでプレイヤーズカードを作る

2010/ 01/ 02
                 
ベネチアンとパラッツォ共通のクラブ・グラッツェと同様に、MGMグランドでも
プレーヤーズカードを発行しています。カジノや食事でポイントを貯めるカードです。

LAS042MGM.jpg

MGMのものは、ベラッジオ、マンダレイベイ、TI、ニューヨーク・ニューヨーク、
ミラージュ、モンテカルロ、ルクソール、エクスカリバーと共通のカードで…、
えっ?ミラージュ?
ホテル『ウィン』のオーナー、スティーブ・ウィン氏が『ベラッジオ』を売却したと
いうことは知っていましたけど、もしかして、『ミラージュ』と『TI』も売却したの
でしょうか?
だとしたら、ストリップ(ラスベガス大通り)はMGMの独占状態ですね。

ハナシがソレてます。

そんなプレイヤーズカードを作るために移動して、並び、再びボックスオフィスへ
戻って、めでたく50%OFFで『KA』チケットを購入できました。
40%OFFのはず(本当は取れてなかったけど)が、50%OFFになったので、
調子に乗って座席のランクを上げ、一番の高額席へ!!
しかもド真ん中ですよー!!セクション102-O-16。
座席で悩んでいたこと(VOL.27)もすっかり忘れています。

ちなみに座席のカウントは、舞台から見て右側が”1”でした。
三分割の座席で、右がセクション101、真ん中が102、左が103。
そして、右側から101-1、101-2というように座席番号が付き、
ブロックごとに102-1、102-2……、103-1、103-2……とカウントされていきます。
つまり、セクション101なら”4”は、端ですが、103なら真ん中寄りということに
なりますね。

そういえば、かつて各ホテルにあったコイン入れが、どこにも置いてない!
出てきたコインを入れるための丸い箱なのですが……、
ホテル毎にデザインが違い、お土産に持ち帰る人も居たという、箱です。
勝ってもコインが出てこないで、レシートみたいに紙が出てきます。
これでは、勝った気がしないんですけどっ!

                             つづく
                             VOL.51




☆クラブ・グラッツェって、何?  → ラスベガス親子旅行VOL.37
☆スティーブ・ウィン氏の話を読む → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆『KA』予約時のブログを読む  → ラスベガス親子旅行VOL.26
☆やっぱり、日本でチケット購入して行く? → ラスベガスのショーを予約♪





      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ