FC2ブログ

スイートルーム

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅行 もくじ

2019/ 06/ 01
                 
VOL.01 日本発着クルーズなら超高齢者も楽々♪
VOL.02 2度目のコスタネオロマンチカ
VOL.03 3人利用ならスイートルームがオススメ
VOL.04 『ラ・フィオレンティーナ』で優雅なランチ
VOL.05 神戸入港〜北野異人館にパワースポット!?
VOL.06 神戸出港〜北野異人館巡りと中華街・南京町
VOL.07 終日航海〜ハイティーに招待される♪
VOL.08 終日航海〜レストラン『ボッティチェッリ』
VOL.09 釜山入港〜チャガルチ市場で激安アワビ♪
VOL.10 釜山出港〜釜山港の夜景にウットリ♥
VOL.11 佐世保入港〜車椅子でハウステンボス観光
VOL.12 終日航海〜石窯ピザに夢中
VOL.13 新宮入港〜神武天皇が発見!?『那智の滝』
VOL.14 新宮入港〜那智の世界遺産巡りと八咫烏
VOL.15 新宮出港〜満足度一位の寄港地は新宮!
VOL.16 高齢者に最適♪コスタネオロマンチカ



コスタクルーズ176コスタネオロマンチカ新宮



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.16 高齢者に最適♪コスタネオロマンチカ

2019/ 05/ 26
                 
コスタクルーズ166サントロペプール

そして最終日、クルーズ8日目。東京〜神戸〜釜山〜佐世保〜新宮〜東京と、4都市を巡る7泊8日のクルーズ旅行が終わってしまいます。

コスタクルーズ167エノテカヴェローナ入口

名残惜しいので、コスタネオロマンチカの施設をもう少しご紹介しましょう。

コスタクルーズ168チョコレートバー

『コーヒー&チョコレートバー』9階
チョコレート系のドリンク&スイーツはもちろん、コーヒーやお酒も飲める、お気に入りのバー。アイスクリームの屋台や目の前で作ってくれるクレープもあり、メニュー豊富で色々楽しめます。時々ピアノやビオラの生演奏が入り、向かいに重厚な雰囲気の喫煙室があるのも人々が集まる理由かも。屋内にあるので天候の影響を受けません。

   ☆ コーヒー&チョコレートバー →  南国クルーズ夫婦旅Vol.7

コスタクルーズ169サムサラスパ

『サムサラスパ』9階
利用料は1日35ドルと、高額。前回はマッサージとセット購入して1日2回通う日もあったほど、夢中になった施設です。今回は2日利用できるスイートルーム特典付。レンタル水着はないし、船内のショップにも売ってないので持参しましょう。

   ☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13

コスタクルーズ170ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ171ピッツェリアカプリ

『ピッツェリア・カプリ』11階(モンテカルロ)
夕食時に無料レストランより利用した、窯焼きピザを食べられる有料レストラン。カジュアルクルーズなので、無料のコース料理に過度な期待をしたらダメです。味に不満があれば寄港地で美味しいものを食べるか、有料レストランへ行きましょう。

   ☆ ピッツェリア・カプリ → 太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12

コスタクルーズ172スタエノテカヴェローナ

コスタクルーズ173スタエノテカヴェローナ

『エノテカ・ヴェローナ』8階(ヴェローナ)
ゆったりとした椅子が置かれ、静かで寛げるワインバー。壁一面にワインが並ぶ姿は壮観です。チーズと共に6種のワインを味わうワインテイスティングセミナー(20ドル)も開催。自動販売機があり、ワインだけでなく日本酒や焼酎も並んでいます。

コスタクルーズ174コスタ模型

コスタネオロマンチカはコスタクルーズが所有する客船の中でもワンランク上のネオシリーズ。カジュアル船でありながら贅沢な施設を売りにしています。他のコスタクルーズ船と比べると、上質で落ち着きのある内装になっていて、客室も少し広いようです。

コスタクルーズ175ボッティチェッリ

さて、下船開始は8時半からなのに、7時には部屋を空けないとならないのがクルーズのイヤなところ。空き時間ができてしまったので、ボッティチェッリレストランで朝食をいただきながら下船を待ちました。レストランでの朝食は、ビュッフェだけでなく卵料理やパンケーキ、和定食などのオーダーも可能。ここのドーナッツ、美味しいです。

そして下船時。車イスをお願いしたら、スタッフがずっと押してくれて、母は座ったまま入国審査ができてとても喜んでました。

コスタクルーズ014スイートルーム

イベントにはほとんど参加しなかったけれど、お部屋でのんびり過ごしながら次の目的地に連れて行ってくれるクルーズ船は快適で、 お母様は大満足ヽ(´▽`)/中型船だから施設間の移動も少なく、歩くのもラクそうでした。90歳でも楽しめるクルーズ旅行♪皆様もぜひ親子で乗ってみてくださいね。

                             おしまい



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.7 終日航海〜ハイティーに招待される♪

2019/ 03/ 10
                 
コスタクルーズ059アフタヌーンティー

クルーズ3日目は終日航海日。
関門海峡を通って釜山に向かいます。

コスタクルーズ060豊後水道?

ここは豊後水道辺りでしょうか?ぼんやりと島影が見えますね。
船内新聞には14時に関門海峡に入り、約6時間かけて通過すると書いてありましたが…、午前中に撮ったこの写真以降バルコニーに出てなかったみたいですヽ(´o`;

コスタクルーズ061スパークリングワイン

スイートルーム特典で2回利用できるサムサラスパで遊んで、乗船時に頂いたシャンパン(と思っていたけど実はスパークリングワインだった)を飲んだりと、船上ライフを満喫していたのですが、関門海峡通過という大イベントをすっかり無視してしまった私達。

   ☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13

それでもまだ気付かず、「Special HighTea Time for VIP Guests」と、ハイティーの招待状が届いたので、ステーキハウス『ラ・フィオレンティーナ』へ行きました。

コスタクルーズ063アフタヌーンティー

ピアノとバイオリンの生演奏を聞きながら優雅な空間でティータイム。

コスタクルーズ064アフタヌーンティー

コスタクルーズ065アフタヌーンティー

ゴージャスに飾られた台にホールケーキと小さなサンドウィッチや調理パンが並び、種類は多くないけれど、高級な感じ。このレストラン、とにかく雰囲気抜群です。

コスタクルーズ066免税店

そして向かいにある免税店へ。恒例の記念品探しです。旅行の思い出に残るようにと、毎回母にプレゼントしているのですが、溜まりすぎてどこへ行った時のものだかわからなくなっている状態。それでも欲しいみたいで…。

コスタクルーズ067免税店

母は一生懸命物色中。ムムム。スワロフスキーのペンダントが気に入ったみたいですよ。そこでお母様お決まりのセリフ「私が死んだら貴方たちのモノになるのよ」とにっこり。
いつか私の物になるのでしょう。

                                     つづく
                                     VOL.8



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.4 『ラ・フィオレンティーナ』で優雅なランチ

2019/ 02/ 23
                 
コスタクルーズ024フィオレンティーナ

一夜明け、コスタネオロマンチカは神戸に向かっています。
到着予定は15時。時間がたっぷりある中、ステーキハウス『ラ・フィオレンティーナ』から昼食に招待されたので、イソイソと出かけていきました。

コスタクルーズ025フィオレンティーナ

こちらはステーキやシーフードのコース料理を33.5ドルで提供しているレストラン。
スイートルーム特典で有料レストラン1回無料ということで、夕食に招待されるのかと思ってたら昼食でした。どっちでもいいけど…。

コスタクルーズ026フィオレンティーナ_edited-1

メニューは前菜、サラダ、サイドメニュー、メイン、デザート、と分かれているけど、好きな物を好きなだけ注文できます。デザート全部とかもOK♪
参考までにお料理の一部をご紹介しましょう。

コスタクルーズ027フィオレンティーナ

海老のグリル レモンバタークリームソース

コスタクルーズ028フィオレンティーナ

マッシュルーム入りペコリーノアランチーニ(イタリア風ライスコロッケ)、
ミックスキノコのソテー

コスタクルーズ029フィオレンティーナ

サーモングリル ケイパーとアンチョビーバター炒め

コスタクルーズ030フィオレンティーナ

アンガス牛のテンダーロインステーキ150g

コスタクルーズ031フィオレンティーナ

フレッシュフルーツとベリーのピュレ、ココナッツクリームブリュレ

メインレストラン『ボッティチェッリ』よりは美味しく、手が込んでいますが、絶賛するような品はなかったです。メニューにはアンガス牛のTボーンステーキ400gという一品もあり、他のレストランでは食べられないステーキが一番の魅力なのかと思います。

白を基調としたインテリアで揃えられた室内は格調高い雰囲気で、優雅な時間を過ごせる事間違いなし。夜はもっとムーディになりそうですね。

コスタクルーズ032神戸港

部屋に戻り、寛いでいたら「ボーッ!」と汽笛が鳴ったのでバルコニーへ。
神戸港、もうすぐ到着です。

                                     つづく
                                     VOL.5



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.3 快適♪3人利用ならスイートルームがオススメ

2019/ 02/ 19
                 
コスタクルーズ012スイートルーム

それでは、コスタネオロマンチカのスイートルームをご紹介しましょう。

コスタクルーズ013スイートルーム

扉を開けると右手にクローゼット、左手はバスルーム。

コスタクルーズ014スイートルーム

スイートルームといってもリビングエリアとの扉がないのでジュニアスイートと呼んだ方が良さそうな間取りです。

コスタクルーズ015スイートルーム

リビングエリアにはソファーが置かれているはずなのに、3人目のベッドになっていて優雅な雰囲気が台無し(^◇^;)気分的にも写真的にも最初だけはソファーにしておいて欲しいと願っているけど、叶ったことはありません。

コスタクルーズ016スイートルーム

広さは37.1㎡(31.1㎡+バルコニー6㎡)で、室内はバルコニールーム(16.6㎡+5.5㎡)の倍近くあるので、大人3人でもゆったりと過ごせます。また、イス付きのドレッサーは母がとても喜んだ設備。老人は洗面所で立ってお化粧できません。

   ☆バルコニールーム → 南国クルーズ夫婦旅Vol.3

コスタクルーズ017スイートルーム

ミニバーにillyのエスプレッソマシンがあるのもスイートルームならでは。カプセルは1.89ドルと書かれているけど、マリーに確認したら無料だということ。というのも、スイートルームには12ドル以下の飲物が無料になるドリンクパッケージが付いているので、もしかしたらコレもタダではないかと思ったのです。しかも冷蔵庫の飲物も無料だと…。「聞かれる前に説明しなさいよ〜」と言いたかったけど、我慢しました。もちろん湯沸かしポットもあるので、持ち込んだコーヒーや紅茶、昆布茶など自由に飲むことができます 。

コスタクルーズ018スイートルーム

テーブルの上にはシャンパンとカナッペ、フルーツが置かれ、これもスイートルーム特典のひとつ。フルーツは毎日補充してくれます。
「乗船記念にシャンパンで乾杯しちゃう?」という気持ちになるけど、まずは荷物の整理をしましょ。あれ?タンスがないぞ。

コスタクルーズ019スイートルーム

コスタクルーズ020スイートルーム

クローゼットは大きめで収納棚と小さなタンスっぽい箱はあるけれど、室内にタンスがありません。バルコニールームには使い易い場所にあったのに…と不満を感じつつ、持ってきたトートバックや紙袋に入れたり、スーツケースを開いたままベッドの下に入れたりと、工夫して収納完了。コンパクトになるトートバッグや横広の紙袋を持参した方が良いですよ。

コスタクルーズ021スイートルーム

そしてバスルームです。バスタブはコスタクルーズお決まりのジェットバス。えっ!?シャワールームも付いてますよ〜。もぅ船の中とは思えないほど広々としていて、快適です。

コスタクルーズ022スイートルーム

アメニティはシャンプー、リンス、バスジェル、ボディローション、石鹸、シャワーキャップのみ。バルコニールームの時は「全身コレで洗いましょう」みたいな洗剤が固定されていたので、これだけでも特別なのでしょう。

コスタクルーズ023スイートルーム

洗面台も広くて使い易いです。クルーズ船のスイートルームでこんなに広いバスルームは初めてのような気がするな〜と、過去の写真で確認したところ、バスタブとシャワールームが別にあるクルーズ船は初めてでした。今までの経験を活かしてバスジェルを大量にもらい、毎日2回バスタブに浸かってブクブク♥さらに妹の提案により寄港地でバスソルトを購入してデトックス♪前回入り浸りになった『サムサラスパ』は1回しか利用しなかったという結果になりました。
バスタブ付きは老人に必須のようなことを語ってたけど、一番喜んでいたのは私だったというオチで(^◇^;)

                                     つづく
                                     VOL.4


☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.2 2度目のコスタネオロマンチカ

2019/ 02/ 14
                 
コスタクルーズ003晴海客船ターミナル

まずはタクシーで晴海客船ターミナルへ。母との旅行では、いつも車を運転して空港へ行っていたので、これはとっても楽チン。空港バスにも成田エクスプレスにも乗ったことがない母は、幸福者です。私が出発前日にお酒を控えめにしたり、帰りのフライトでビールを我慢している事など知る由もなし。元来お姫様体質で、私と妹は子供の頃から丁稚のように遣えてきたので慣れてますが(^◇^;)そんな90歳のお姫様と晴海埠頭に到着しました。

コスタクルーズ004晴海客船ターミナル

コスタクルーズ005晴海客船ターミナル

隣接地が東京オリンピックの選手村になるため解体予定と知って「多分最初で最後の晴海客船ターミナル」と言っていたのに一年も経たず同じ船に乗ることが決まり、また来てしまったけど、今回は本当に最後になるでしょう。

コスタクルーズ006晴海客船ターミナル

ということで、コスタネオロマンチカ2回目のコースは『太平洋周遊1Weekクルーズ』。
東京→神戸→→釜山(韓国)→佐世保(長崎県)→→新宮(和歌山県)→東京という7泊8日のクルーズです。

施設や船の基本的な情報は前に書いているので、端折ります(*゚∀゚*)前回のブログを読んでくださいね。

   ☆コスタネオロマンチカのハナシ → 南国クルーズ夫婦旅

今回は老人連れのクルーズとはどんなものかということを中心にお話しします。

コスタクルーズ007スイートルームバルコニー

乗船するとすぐにお部屋に入ることができたのでバルコニーから外を眺めていたら、バトラー(執事)が挨拶に来ました。名前はマリー。スイートルームには専属バトラーが付いて、色々とお世話をしてくれるのです。

コスタクルーズ008避難訓練

少し休んだら避難訓練。エレベーターは使えないので、11階から9階までゆっくりゆっくり降りました。集合場所で足が悪いと伝えたら、体の不自由な人達だけが座れる場所があり、案内されて一安心。訓練中ずっと立っているのは老人にはツラいでしょう。

コスタクルーズ009ブラスバンド

そして避難訓練後、ブランスバンドに見送られて晴海埠頭を出港。私たちのお部屋は左舷なので、バルコニーから眺めることができました。

コスタクルーズ010晴海1月1月

コスタクルーズ011晴海11月11月

晴海埠頭は東京オリンピックの選手村に変身中。1月にはクレーンやミキサー車が並んでるだけだったのに…、勝どき辺りの高層マンションが隠れてきましたよ。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.1 日本発着クルーズなら超高齢者も楽々♪

2019/ 02/ 03
                 
コスタクルーズ001コスタネオロマンチカ

2018年親子旅行は『コスタネオロマンチカ号で行く太平洋周遊1Weekクルーズ』。
前年の旅行で散々な目に遭った母が「もう飛行機には乗らない」と宣言したため、晴海埠頭発着のクルーズ旅行を選びました。

   ☆散々な目に遭ったハナシ → 2018年親子旅行決定♪

コスタネオロマンチカは約57,000トンの中型サイズ。初めて乗船した時の印象は、ヨーロッパで乗っている船より小さくて、吹き抜けのゴージャスなロビーや劇場がなく、カジノも小さくてちょっと物足りない感じだったので、10万トン以上の大型客船・ダイヤモンドプリンセスの空室状況を問い合わせたところジュニアスイート以上はほぼ満室。ペントハウススイートなら空いてますと言われてあきらめました。

そして「今年は近場の温泉で湯治でもしようか…」と考えていた7月、コスタネオロマンチカの値下げコースが発表されてスイートルームに空室があったので、すかさず予約。
346,800円のスイートルームが199,000円に値下げされたのですヽ(´▽`)/ちなみに内側客室は2名1室1人55,800円!?(諸税込78,600円)と、安さ爆発♪1月に乗ったときほどの割引きはないけど…。

   ☆コスタネオロマンチカのハナシ → 南国クルーズ夫婦旅

母と妹と私3人の親子旅行でクルーズ船に乗る時はいつもスイートルームです。3人利用なら(4人だとキツそう)バルコニールームでもスペース的には問題ないけれど、スイートルームはバスタブ付き。大きな船でも少しは揺れるため高齢者が立ったままシャワーを浴びるのはとっても危険なので、バスタブがあると安心です。その上クルーズ船では3〜4人目の料金が安く、どのクラスを予約しても同一料金。

簡単に言うと一番安い部屋でも一番高い部屋でも3人目は同料金なので、高い部屋になる程お得率が高いということです。今回は3人目も大幅値下げされて33,000円+諸税だったので、足して割ったら1人あたり166,500円(諸税込)、2人で宿泊するバルコニールームと同じくらいの料金になりました。

コスタクルーズ002コスタネオロマンチカ夕景

さて、今回から母が元気な限り毎年続ける予定になった関東発着クルーズ旅行。
人気クルーズはスイートルームから埋まるという事を知ったので、次回からは早めに予約しようと心に誓いました。

それでは…、90歳の超高齢者連れ太平洋1Weekクルーズの旅行記を始めま〜す。

                                     つづく
                                     VOL.2



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

2018年マレーシア+ブルネイ旅 もくじ

2019/ 01/ 23
                 
VOL.01 永遠に平和な国・ブルネイを知ってますか?
VOL.02 ブルネイ・ダルサラーム入国
VOL.03 7つ星!?『ザ・エンパイアホテル&カントリークラブ』
VOL.04 『ザ・エンパイアホテル』オーシャンルーム
VOL.05 ラマダンとブカプアサとハラールと
VOL.06 ブルネイの王様が施主!?ニューモスク
VOL.07 ラマダン中のブルネイ観光
VOL.08 『ラディソンホテル・ブルネイダルサラーム』
VOL.09 『ラディソンホテル』スイートルーム
VOL.10 ラマダン中要注意!!観光客にも厳しいブルネイ
VOL.11 ブルネイ王室の博物館『ロイヤル・レガリア』
VOL.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』
VOL.13 厳しいけど平和な国でコーランを知る
VOL.14 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』
VOL.15 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』スイートルーム
VOL.16 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』エグゼクティブラウンジ
VOL.17 『マカンキッチン』と『グランドママズ』
VOL.18 手軽に森林浴♪『ボタニカルガーデン』
VOL.19 独立の象徴『国立モスク』と詐欺師!?
VOL.20 初めてのKL滞在にオススメ♪『ウェスティン・クアラルンプール』
VOL.21 『ウェスティン・クアラルンプール』スイートルーム
VOL.22 『ウェスティン・クアラルンプール』クラブラウンジと朝食ビュッフェ
VOL.23 イタリア料理『PREGO』inウェスティン
VOL.24 ブキッビンタンで喫煙可のダイニングバー5選♪
VOL.25 KLゴールデンラウンジ初体験


KLブルネイ288ブルネイモスク



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.21 『ウェスティン・クアラルンプール』スイートルーム

2018/ 12/ 31
                 
KLブルネイ220ウェスティン客室

『ウェスティン・クアラルンプール』ウェスティンスイート75㎡です。

KLブルネイ221ウェスティン客室

KLブルネイ222ウェスティン客室

扉を開けるとちょっとした廊下があり、右手に鏡、左にはトイレ。

KLブルネイ223ウェスティン客室

広々としたリビングルームは窓が多くて明るいです。立派なライティングデスクとソファー、ダイニングテーブルと…、イスが沢山あって座る場所に迷うほど。

KLブルネイ224ウェスティン客室

大きなダイニングテーブルは大理石製。テーブルの上に飾られている胡蝶蘭は本物です。

KLブルネイ225ウェスティン客室

ミニバーは収納式になっていて、スッキリ。扉を開くと、マグカップ、ワイングラスなどがキッチリ並び、湯沸かしケトルとエスプレッソマシーンがあります。

KLブルネイ226ウェスティン客室

コーヒーはLAVAZZA(ラヴァッツァ)というイタリアの老舗ブランドのもの。そして紅茶は、最高級の茶葉のみを使用しているという英国ブランドJINGと、所詮ミニバーの無料飲物なのに、味へのこだわりを感じます。

KLブルネイ227ウェスティン客室

ベッドルームはミニバーの裏側、ちょっとした廊下を出た左側。

KLブルネイ228ウェスティン客室

リビングが広すぎるせいで狭く感じてしまったけど、なかなか落ち着けるサイズで、枕元にはリラックス効果があるラベンダーバームのアロマオイルが用意されています。

KLブルネイ229ウェスティン客室

収納力抜群のクローゼットにセーフティボックス、アイロン、アイロン台、体重計。

KLブルネイ230ウェスティン客室

KLブルネイ231ウェスティン客室

そしてベッドルームの奥には、クアラルンプールの街並みを眺めながら入浴できる贅沢なバスタブ付きのバスルームがあります。

KLブルネイ232ウェスティン客室

シャワールームも別にあり、トイレはドア付き。

KLブルネイ233ウェスティン客室

バスローブとタオル類は上質でフワフワ。シャンプー類はもちろん、歯ブラシ、カミソリ、綿棒等々、アメニティも充実しています。

このホテルは楕円形になっていて、端に位置するのがスイートルーム。細長いレイアウトで窓際が丸くなっているため120度の眺望を楽しめる、贅沢なお部屋です。

『シェラトン・インペリアル』を気に入っていたけど、こっちの方が良いかな〜。立地は良いし、親切な日本人スタッフが居るだけで安心感が違いますね。
     ☆『シェラトン・インペリアル』 → マレーシアいろいろVol.7

                                     つづく
                                     VOL.22


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ウェスティン・クアラルンプール





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.15 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』スイートルーム

2018/ 10/ 21
                 
KLブルネイ150ダブルツリー

『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』エグゼクティブ・スイートで〜す♪

KLブルネイ151ダブルツリー

扉を開けるとリビングルーム…、あれ?昨年と同じお部屋ですよ。
「去年はウェルカムフルーツやお菓子があったのに…」とモンクを言いながら写真を撮ってたら「同じなんだから必要ないだろ?」と言われ、途中でやめました。

KLブルネイ152ダブルツリー

KLブルネイ153ダブルツリー

リビングエリアには壁に埋め込まれたテレビとソファー、ダイニングテーブルにも兼用できるライティングデスクと水場があり、ポットとティーセットが揃っています。ティーバッグはスリランカの紅茶ブランド・ディルマ。

KLブルネイ154ダブルツリー

白い壁とベージュのカーペットの明るい客室は、白木と茶色のソファーをアクセントにしていてイイ感じ。

KLブルネイ155ダブルツリー

洗面台を無駄に広くしないでスーツケース置き場を設置したり、ベッドルームへの扉を引き戸にしたりと、スッキリとしたデザインです。

KLブルネイ156ダブルツリー

バスタブ付きのバスルームにはレイシャワーも完備。バスタブとシャワールームが分かれているより同スペースにある方が、ずっと使い易いです。

KLブルネイ157ダブルツリー

KLブルネイ158ダブルツリー

そしてアメニティは米国のフレグランスブランド『クラブツリー&イヴリン』。バーベナとラベンダーの爽やかな香りがバスルームに広がります❀シャンプー類の他、歯ブラシとシャワーキャップはあるけれど、ヒゲ剃りや綿棒など他に必要な物があればハウスキーピングに電話して下さいというメッセージカードが置かれていました。これで半分以上消費が減るでしょう。ってゆーか、アメニティどころかバスローブやバスタオルも持って帰ってしまう旅行者も居るらしいので、これで良いのだと思います。

KLブルネイ159ダブルツリー

さてこの5つ星ホテルのスイートルーム(62㎡)、お値段なんと17,000円!?
ヒルトン会員20%OFFのキャンペーンを見つけた主人が予約したのですが、香港だと4万円以上するようなお部屋です。マレーシアだからできる贅沢滞在、おすすめします。

                                     つづく
                                     VOL.16



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール

   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ