FC2ブログ

スペイン

        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅 もくじ

2020/ 05/ 27
                 
VOL.01 初めてがいっぱい♪5ヶ国11都市を巡った3週間
VOL.02 感動のラウンジ体験!ザ・エミレーツ・ラウンジ
VOL.03 機内にBARがある!?エミレーツ航空がスゴい
VOL.04 ドバイ5つ星ホテル☆+600円でアップグレード♪
VOL.05 『ジョッドパレスホテル』メイドルーム付客室
VOL.06 『ジョッドパレスホテル・ドバイ』施設
VOL.07 レストラン『Handi』と『sakura』
VOL.08 世界一だらけ!未来都市・ドバイ
VOL.09 再びエミレーツ航空♪ドバイからマドリッドへ
VOL.10 列車で移動♪美食の街・サンセバスティアンへ
VOL.11 眺望抜群『トリップ・サンセバスティアン・オルリー』
VOL.12 バルホッピング♪ピンチョス&タパス三昧
VOL.13 サンセバスティアンの休日
VOL.14 バスで移動♪バスク最大都市・ビルバオへ
VOL.15 ロケーション最高『セルコテル・コリセオ』
VOL.16 ビルバオぐるり散策・前編
VOL.17 ビルバオぐるり散策・後編
VOL.18 飛行機で移動♪陽光溢れるマラガへ
VOL.19 『ユーロスターズ・マラガ』テラス付が快適♪
VOL.20 マラガ〜コスタデルソルの休日
VOL.21 アルカサバと旧市街inマラガ
VOL.22 クルーズ船、途中乗船でモロッコへ
VOL.23 『コスタ・メディタラニア』施設
VOL.24 『コスタ・メディタラニア』バルコニールーム
VOL.25 『コスタ・メディタラニア』レストラン
VOL.26 クルーズ〜カディス入港・旧市街散策
VOL.27 クルーズ〜カディス入港・カテドラル観光
VOL.28 クルーズ〜カサブランカ入港・列車でラバトへ
VOL.29 クルーズ〜カサブランカ入港・世界遺産の街ラバト
VOL.30 クルーズ〜カサブランカ入港・モロッコ料理満喫
VOL.31 クルーズ〜終日航海・ジブラルタル海峡を走る
VOL.32 クルーズ〜バレンシア入港・黒パエリアを探して
VOL.33 クルーズ〜バルセロナ下船そしてアテネへ
VOL.34 『アマリアホテル』観光基地に好条件♪
VOL.35 楽しさがぎゅっと詰まった旧市街・プラカ
VOL.36 世界遺産『アテネのアクロポリス』
VOL.37 大好きな街アテネから未知の街カイロへ
VOL.38 はじめてのエジプト入国
VOL.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト
VOL.40 眺望◎ナイル川を望む『コンラッドカイロ』
VOL.41 お馬に乗ってピラミッド観光♪
VOL.42 ラクダ体験とバクシーシ
VOL.43 そして帰国。エティハド航空でアブダビへ
VOL.44 ファーストクラスラウンジ&スパinアブダビ
VOL.45 ついにファーストクラス搭乗♪


スペイン中東567




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.32 クルーズ〜バレンシア入港・黒パエリアを探して

2020/ 03/ 06
                 
スペイン中東401バレンシアパエリア

マドリッド、バルセロナに次ぐ第3の都市・バレンシア。なのにパエリア発祥地とオレンジ名産地としか思い浮かばなくて、地味な街だと思っていました。だから下調べもしないで「パエリアを食べよう♪黒パエリアを探そう!」と、街へ繰り出した私たち。船が用意したシャトルバスは街の中心地往復で11.95€ということですが、近そうなのでタクシーを選びました。

スペイン中東402バレンシアセラーノスの塔

「旧市街、カテドラルの方へ」と伝えて降ろされたのが『セラーノスの塔』。旧市街が城壁に囲まれていた頃の城門のひとつで、14世紀後半に造られたということです。城壁は19世紀に取り壊されたため、残ってるのは城門だけ。

スペイン中東403バレンシアセラーノスの塔

たいした建造物に見えなくて無料かと思っていたら入場料2ユーロかかりました。

スペイン中東404バレンシアセラーノスの塔

石の階段を登って行くと、あら、良い眺め。左手の風変わりな鐘楼はカテドラルに付随する『ミゲレテの塔』です。

スペイン中東405バレンシアカフェ

その後カテドラルに向かって歩き、途中のビール休憩を除いて10分程。カフェや土産物屋が並ぶその先に、大きな広場がありました。

スペイン中東406バレンシアビルヘン広場

ここは『ビルヘン広場』。噴水の向こうはカテドラル『サンタマリア大聖堂』、左のピンクの建物は『デスアンパラードスの礼拝堂』です。毎年3月19日、サン・ホセの日に行われる火祭り(ファジェス)には、様々な張子人形が展示されるということ。サン・ホセとは、聖ヨセフのことでイエスキリストのお父様です。

スペイン中東407バレンシアビルヘン広場

噴水の彫刻は水神とバレンシアにある8ヶ所の水源を現す女神。バレンシアは水をとても大切にしていて、毎週木曜日には水裁判という伝統行事が行われています。

スペイン中東408バレンシア大道芸人

さて、カテドラルはとても大きくて入口が見当たらず、壁沿いに歩いていたら魔法使いに遭遇。

スペイン中東409バレンシア大聖堂

ぐるっと廻って入口に到着しました。正式名称は『サンタマリア大聖堂』、敷地は広いのに入口はこぢんまりとしています。

スペイン中東410バレンシア大聖堂

イエスキリストが最後の晩餐に使った聖杯があるらしいのですが「そんなモノ見たい?」と聞かれ、特に見たくないので通過。

スペイン中東411バレンシアパエリア

入口前にあるレイナ広場を過ぎて路地に入ったお店で、黒パエリアの写真を発見しました。パエリアとタパスのレストラン『CasaEulogio』。スペインにパエリアレストランは多いのに、イカ墨パエリアを提供しているお店は少ないのです。そもそも伝統的なパエリアには属さないらしいのだけど…。

スペイン中東412バレンシアパエリア

真っ黒で見た目は悪いけど、美味しかったです。

スペイン中東413バレンシアラロンハラロンハ

スペイン中東414バレンシアラロンハ

その後通りすがりに写真だけ撮った『ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ』は、あとで調べたら世界遺産。絹の商取引をするための交易所として建てられたということですが…、

スペイン中東415バレンシアフィネス教会ファネス教会

スペイン中東416バレンシアフィネス教会

向かいある『サントス・ファネス教会』をラロンハだと勘違いしてました(^◇^;)

色々と心残りが多いバレンシア観光だったけど、クルーズ船の寄港地は下見程度の観光しかできないのが現実。バレンシア、いつかじっくり滞在してみたい街になりました。

                                     つづく
                                     VOL.33




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ → 旅アルバム「世界遺産」55



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.27 クルーズ〜カディス入港・カテドラル観光

2019/ 12/ 22
                 
スペイン中東332カディスカテドラル

中央市場から300m程歩くと『カディス大聖堂(カテドラル)』があります。バロック様式を基本にロココ、ネオクラシック様式も取り込んだ大理石の建物は1838年に完成。完成まで100年以上かかっているため、建築様式が混ざった個性的な外観になりました。

スペイン中東333カディスカテドラル

スペイン中東334カディスカテドラル

スペイン中東335カディスカテドラル

聖堂内は天井が高く広々としていて、立派な祭壇とちょっと変わった装飾が印象的。

スペイン中東336カディスカテドラル

スペイン中東337カディスカテドラル

主祭壇を囲むように礼拝堂がいくつかあり、彫刻や絵画で飾られています。

スペイン中東338カディスカテドラル聖歌隊席

また、聖歌隊席の精緻な木製彫刻とパイプオルガンは必見。

スペイン中東339カディスカテドラルクリプト

スペイン中東340カディスカテドラルクリプト

クリプト(地下礼拝堂)もあり、カディス出身の作曲家マヌエル・デ・ファリャと劇作家ホセ・マリア・ペマンが埋葬されているということです。(入場料5€)

スペイン中東341カディスカテドラル

正面は大きな広場になっていて、パラソルを張ってオープンテラスにしたカフェやバルが並んでいます。

スペイン中東342カディスカテドラル

そしてクルーズ船ヘの帰り道。
何となく港の方へ向かって細い路地を歩き、港に戻って来ました。

スペイン中東343カディスコスタ

船の姿が見えると安心(*´∇`)

スペイン中東344カディス港

18時、カサブランカ(モロッコ)に向かって出港しました。ここは大航海時代にコロンブスが新大陸を目指して航海に出たという港。4回の航海中2回出航したということです。

                                     つづく
                                     VOL.28

スペイン中東345カディスコスタ


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.26 クルーズ〜カディス入港・散策

2019/ 12/ 15
                 
スペイン中東317カディス入港

前日19時にマラガを出港したコスタメディタラニアは地中海を西に向かい、夜中にジブラルタル海峡を通って、大西洋へ。朝8時、夜明け前のカディス港に入港しました。
カディスという街は、マラガ同様紀元前1000年頃にフェニキア人に造られたヨーロッパ最古の街のひとつ。ローマ帝国、西ゴート王国、イスラム教徒に支配された後、レコンキスタによってキリスト教国の統治下に置かれ、スペイン王国の一部になったという歴史深い街です。

スペイン中東318カディス

船のオプショナルツアーではセビリア観光が一番人気らしいけど、片道2時間かかるのでパス。フェリーターミナルを出ると広い道路になっていて、街を巡る観光バスの乗り場もありますが、大した見どころはなさそうなので旧市街をブラブラすることにしました。

スペイン中東319カディス噴水ハト

スペイン中東320カディス憲法記念碑

さぁ散策を始めましょう。旧市街の中心地に向かって少し歩くと公園があり、その先に現れたのが『1812年憲法記念碑』。スペイン最初の成文憲法が採択された時の記念碑です。ちなみに、ヨーロッパで憲法を学んできた伊藤博文他が起草したという大日本帝国憲法が公布されたのは1889年。西洋に遅れながらも、日本はアジア初の近代的国家になりました。

スペイン中東321カディス地図

さて、地球の歩き方で説明されているのは、カテドラルと博物館とサンフェリペネリ礼拝堂だけ。なのにカテドラル以外は月曜日のためお休みです。(^◇^;)

スペイン中東322カディスサンアントニオ広場

スペイン中東323カディスサンアントニオ教会

15分ほど歩いていくと、大きな広場と立派な教会に出くわしました。ガイドブックの地図には『サンアントニオ広場』の横に教会マークだけだし…。

スペイン中東324カディスサンアントニオ教会

『サンアントニオ教会』です。ポルトガル生まれの教会博士・聖アントニオを祀った教会で、子供を抱いた姿が目印。聖アントニオは多くの奇跡を起こしたといわれ、様々な街で祀られているので、パドヴァ、アルベロベッロ、リスボン、マカオの教会を訪ねているし、大きな教会の中にある礼拝堂でも見かける人気者です。

スペイン中東325カディスサンアントニオ教会

内部は一部修復中。

スペイン中東326カディスサンアントニオ教会

スペイン中東327カディスサンアントニオ教会

大きな教会ではないけれど、礼拝堂がいくつかあり、小さなステンドグラスや宗教画が飾られています。

スペイン中東328カディスサンアントニオ教会

気になったのは、主祭壇に並ぶ小さな人形。多分意味があるのでしょう。この教会、情報が全くないのです。

スペイン中東329カディスサンフェリペネリ礼拝堂

さらに路地を300mほど歩いて『サンフェリペネリ礼拝堂』を見つけたけど、休館中。ここで1812年憲法を公布したということです。祭壇画がムリーリョの『無原罪のお宿り』だと書いてあったので、これは観たかった。

スペイン中東330カディス中央市場

さらに300m歩くと『中央市場』があり、

スペイン中東331カディスカフェ

周辺にカフェやバルが並んでいたので、休憩。
ビール2.2€、スムージー3€と、フルーツジュースよりビールが安いので私はビールにしました。アレ?

                                     つづく
                                     VOL.27





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆聖アントニオ教会(マカオ) → マカオ親子旅行Vol.8
☆聖アントニオ聖堂(パドヴァ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆サンタントニオ教会(アルベロベッロ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆聖アントニオ教会(リスボン) → ポルトガル親子旅行Vol.18





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.22 クルーズ船、途中乗船でモロッコへ

2019/ 11/ 16
                 
スペイン中東275コスタメディタラニア

日本を離れて11日目。トランジットついでのドバイ滞在後、スペイン国内を転々として旅程の半分が終わりました。そして後半は、マラガからの西地中海クルーズでスタート。

モロッコに行ってみたくて、でもアフリカ大陸って何となく怖くて…。安全でラクな方法はないかと調べてみたけど、スペイン発着の現地ツアーは朝から晩までびっしりとスケジュールが埋まっていて窮屈そう。ツアーは苦手なので個人旅行で行く方法を探ってみました。

アンダルシア地方のアルヘシラス、マラガ、アルメリア等の都市からフェリーで1時間前後、片道5,000円位で行けるみたい。だけど…、公用語はアラブ語とベルベル語ということで、やはり不安がつきまといます。

そんな時、閃いたのがクルーズ船。「そーいえば、モロッコに行く船あったよね?」と思い出し、モロッコに寄港するコスタクルーズを見つけました。バルセロナ発着のクルーズで、10泊11日で巡る西地中海周遊+モロッコ。バルセロナ〜ジェノバ〜マルセイユ〜終日航海〜という最初の4泊を端折って途中から乗船したいと取扱会社にオファーして実現したのです。割引率は悪くて6/10というわけにはいかないけど、安心してモロッコ体験をできることになりました。

スペイン中東255マラガ海岸

ということで、マラガ港からクルーズ船に乗船。
ホテルをチェックアウトしてタクシーで港へ向かいます。

スペイン中東276コスタメディタラニア

クルーズターミナルは前日に通りがかった港の先にあり、5分位で到着。乗船手続きは簡単で、最初にスーツケースを預けます。

スペイン中東277コスタメディタラニア

船の名前は『COSTA MEDITERRANEA(コスタ・メディタラニア)』。メディタラニアとは、イタリア語で地中海という意味です。
全長292.5m、幅32.2m、85,619トンの巨大なイタリア船は、乗船人数2,680人、スタッフは900人居るそう。

スペイン中東278コスタメディタラニア

地中海の神話をモチーフにした内装ということで、遺跡っぽい彫刻が置かれていたりします。

スペイン中東279コスタメディタラニア

マラガ観光に行かないでプールサイドで寛いでいる方々もいっぱい居ました。リピーターなのでしょうね。

                                     つづく
                                     VOL.23




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.21 アルカサバと旧市街inマラガ

2019/ 11/ 08
                 
スペイン中東259マラガアルカサバ


スペインを旅していると街々で出くわすアルカサル。これはお城や宮殿のことで、アラビア語源です。で、マラガにあるのはアルカサバ。アルカサルがちょっと訛ってるワケではなく、『砦』という意味になります。

スペイン中東260マラガアルカサバ

スペイン中東261マラガアルカサバ

ローマ帝国が造った城塞跡にベルベル人(ムーア人)が砦(アルカサバ)を築いたのは11世紀。ここはスペインにあるアルカサバの中で保存状態が一番良いということです。

余談ですが…。
〜〜ベルベル人とは北アフリカの先住民族。ローマ帝国の支配下ではキリスト教徒でした。その後7世紀にアラブ人がエジプトを征服した後、北アフリカ一帯のベルベル人が暮らす領域も支配したため、イスラム教徒に改宗。
そして8世紀、西ゴート王国を滅ぼすためにアフリカ大陸から派遣されてきたのがベルベル人で、イベリア半島はそれから約800年の間イスラム帝国が続きました。〜〜

スペイン王国の歴史よりローマ帝国やイスラム帝国の時代の方が長いのです。

スペイン中東262マラガアルカサバ

スペイン中東263マラガアルカサバ

さて、アルカサバを見学しましょう。美しい幾何学模様を施した建築物とイスラム式庭園を楽しみながら、複雑な階段を上って行きます。

スペイン中東264マラガアルカサバ

レンガと石を組み合わせて造られた壁は興味深く、どうやら私はイスラム芸術が好きなのだと自覚しました。イエスキリストや聖母マリアの像やイコンより、自然を素材にしたモザイク画の方を美しい、と感じます。

スペイン中東265マラガアルカサバ

さらに砦内を歩いていくと、地中海を望む見晴らしの良い場所がいっぱい♪海岸との間に見える円形の建物は、19世紀に造られた『マラゲータ闘牛場』です。

スペイン中東266マラガアルカサバ

城壁は丘の上にあるヒブラルファロ城まで続いている様子ですが、閉鎖されていました。

スペイン中東267マラガ旧市街

そしてアルカサバ麓の旧市街へ。

スペイン中東268マラガカテドラル

スペイン中東269マラガカテドラル

カテドラル(エンカルナシオン大聖堂)は旧市街のランドマーク。レコンキスタによりマラガを支配したカトリック両王の命により、メスキータ(モスク)跡に建設されました。

スペイン中東270マラガエピスコパル宮殿

斜向かいに建つエピスコパル宮殿は、18世紀に建てられたバロック様式の建物。入口の大理石装飾が立派です。

スペイン中東271マラガdelOlivo

近くにピカソ美術館もあるけれど、私たちはレストランへ。多くの飲食店がひしめく中、アンダルシア料理レストラン『LaReservaDelOlibo』を選びました。カテドラルの前の道を西に向かって200mほどの場所にあります。

スペイン中東272マラガdelOlivo

スペイン中東273マラガdelOlivo

ビールとワイン、ロシアサラダ、サラミ、パエリアで69ユーロ。

スペイン中東274ラガdelOlivo

高級そうな店構えだけど、それ程高くなかったです。お酒が安いからかな?

                                     つづく
                                     VOL.22




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.20 マラガ〜コスタデルソルの休日

2019/ 10/ 29
                 
スペイン中東248マラガ


スペイン南部のアンダルシア地方は、南に大西洋とジブラルタル海峡、地中海に面する海岸を持ち、海の向こうはアフリカ大陸。西側はポルトガルに繋がっています。そして地中海沿岸にあるマラガは、スペイン屈指のリゾート海岸『コスタ・デル・ソル』の中心にある街。地中海性気候のためお天気がすこぶる良く、年間日照日数300日以上という楽園のような街です。

マラガの歴史は深く、紀元前1000年頃にフェニキア人によって建設され、その後ローマ帝国が支配。紀元後にローマ帝国が崩壊した後は西ゴート王国に、8世紀初頭から約800年程はイスラム教徒に征服されました。そしてレコンキスタ(国土回復運動。複数のキリスト教国によるイスラム教国からのイベリア半島再征服活動)により、15世紀にスペイン王国が征服。スペイン王国の一部として現在にいたります。

街を一望できるアルカサバやヒブラルファロ城などなど、歴史を残す観光名所が多く、芸術家ピカソが生まれ育ったということから生家や美術館もあって、小さな街だけど見どころが豊富。

スペイン中東249マラガビール

スペイン中東250マラガワイン

また、物価が安く、スーパーでは缶ビール1本0.7ユーロくらいと水並みのお値段で、ワインは2ユーロ台から並んでいます。

スペイン中東251マラガバル

スペイン中東252マラガバル

バルへ入ってもビールやワインがソフトドリンクと同じ値段!?
タパスとビール(CANA=グラスビール)セットで1〜4ユーロという手軽さです。

スペイン中東253マラガ馬車

そんな街ではとにかくお散歩♪

スペイン中東254マラガ観覧車

ホテルから旧市街方面に歩いていくと、海側に観覧車が見えます。ここまでで15分位。観覧車の麓はバスターミナルになっていて、トレモリノスやネルハ他、近隣の街まで行くことができます。国鉄駅の裏側にもバスターミナルがあったけど、あちらはグラナダやミハスなどへ行く中〜長距離用。

スペイン中東255マラガ海岸

海岸沿いに進んで行くと緑豊かな公園があり、ぱぁっと開けたリゾート感たっぷりの港が見えてきました。

スペイン中東256マラガ大学

さて、ここから内陸部に向かうと旧市街で、道路の向こうに見えるのはマラガ大学。

スペイン中東257マラガアルカサバ

横道を奥に進んでいくと城塞が見えてきました。『アルカサバ』。
イスラム時代の城塞です。

                                     つづく
                                     VOL.21


スペイン中東258マラガビール12本6.35ユーロヽ(´▽`)/



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.19 『セルコテル・マラガ』テラス付が快適♪

2019/ 10/ 20
                 
スペイン中東233マラガセルコテル


ホテル周辺を2時間ほどブラブラしてからのチェックイン。

スペイン中東234マラガセルコテル

予約したのは『スーペリアダブルルーム・テラス付き』37㎡のお部屋です。
うん、うん、あまり広くないけど、広々としたテラスが窓の向こうに見えたり、エクスペディアゴールド会員用のVIP特典らしいデザートが置かれていたりと、良い感じで喜んでいたけど、バスルームにバスタブがな〜い(^◇^;)

スペイン中東235マラガセルコテル

慌ててフロントへ行って「バスタブ付きの部屋をリクエストしたのに…」と訴えましたが「今日はこの部屋しかない」と言われて諦めることに。それでも翌日から2泊はバスタブ付きの部屋に変えてくれた上、おわびに3泊分の朝食をサービスしてくれるということで、1人14ユーロの朝食ビュッフェが無料になりました。ま、1度しか行かなかったけど、もしも毎食利用したら2人で約1万円!?

スペイン中東236マラガセルコテル

ということで、モンクを言って勝ち取ったお部屋へ引越。

スペイン中東237マラガセルコテル

最初の部屋とはレイアウトが違い、窓際にあった小さなテーブルとイスのスペースが減ってベッドルームが狭くなっています。クローゼットは室内に露出されていて棚が丸出し。室内が雑然としてしまうけど、わりと使い易いです。

スペイン中東238マラガセルコテル

また、電気ケトルやコーヒー&紅茶、コーヒーカップが小ぶりの冷蔵庫の上にポツンと置かれているのも違和感があったけど、不便なし。

スペイン中東239マラガセルコテル

小さなライティングディスクと大きなテレビも設備されています。

スペイン中東240マラガセルコテル

そして問題のバスルームへ。バスタブと別にシャワースペースもあります。

スペイン中東241マラガセルコテル

洗面台はダブルシンク。

スペイン中東242マラガセルコテル

アメニティはビルバオ同様『ZEN』というブランドで、ビルバオほどの充実度はないけれど、シャンプー類の他に歯ブラシ、ヒゲ剃りが用意されています。

スペイン中東243   マラガセルコテル

そしてバスタブはジェットバス♪

スペイン中東244マラガセルコテル

一番の魅力は、ベッドルームと同じ位の広さがある17㎡のテラス。フェンスのように植えられたカポック越しに山々を望むという景色が最高です。
ビルバオで宿泊したホテルと同系列だからか?ティッシュとゴミ箱がないのは国民性なのか?と、不思議なのはモンクではなくご報告まで。

スペイン中東245マラガセルコテル

施設は小さなフィットネスジムとレストラン、バーしかないけれど、気持ち良く過ごせるホテルでした。

スペイン中東246マラガセルコテル眺望

テラスから左に見えるのは、ホテルから300mほどの場所にある国鉄マラガ・マリア・サンブラーノ駅。高速鉄道AVEも発着する大きな駅で、マラガ空港へもRENFEで14分ということです。

スペイン中東247マラガ駅

映画館も入る大きな駅ビルがあり、ショッピングも食事もできるのでとっても便利。周辺にもレストランやバルがたくさんあります。

                                     つづく
                                     VOL.20


*現在は『ユーロスターズ・マラガ』のため、アメニティや備品は変更されている可能性があります。




ユーロスターズ・マラガ(公式サイト)
ユーロスターズ・マラガ(エクスペディア)
☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.18 飛行機で移動♪陽光溢れるマラガへ

2019/ 09/ 26
                 
スペイン中東222マラガ観覧車


バスク地方で遊んだ後は、アンダルシア地方・マラガへ。

スペイン中東223ビルバオ空港

ビルバオ空港にはタクシー10分(25€)で到着しました。昼間は20分程かかるらしいけど早朝のため道路はガラガラ。スペインの夜明けは遅く、7時でも真っ暗です。

スペイン中東224ビルバオ空港

ここビルバオ空港はバスク地方で最大の空港。スペイン国内便だけでなくヨーロッパ主要都市に就航する国際線もあります。天井に白の曲線が続く斬新なデザインは、スペイン人建築家サンティアゴ・カラトラバの作品。観光してないけど、新市街にある『スビスリ橋』も彼の作品です。空港全体に漂うクールな雰囲気は見たことのない空港デザインで印象的。

スペイン中東225ビルバオ空港ラウンジ

バスク地方最大といっても小規模な空港だけど、プライオリティパスを使えるラウンジがありました。ベンチもサーフボードのような形で角がないという、カラトラバの曲線へのこだわりを随所に感じます。

スペイン中東226ビルバオ空港ラウンジ

ラウンジ内も無機質でスッキリとしていて、少々寂しい気もしますが…。

スペイン中東227ビルバオ空港ラウンジ

スペイン中東228ビルバオ空港ラウンジ

良く言えば、派手な演出がないので落ち着けるラウンジ。朝だからかな?サンドイッチやサラダ、フルーツ、ヨーグルト等のコールドミールとクラッカー、コーンフレーク等の乾き物しかないけど、飲み物は充実しています。

スペイン中東229マラガ空中

そして8時50分、定刻通りにビルバオを出発し、10時20分マラガに到着。飛行時間1時間30分、時差はありません。

スペイン中東230マラガセルコテル

マラガ空港からタクシーで向かったホテルは『セルコテル・マラガ』。ビルバオと同系列のチェーンホテルです。15分(20€)で到着したけど、午前中のためチェックインできず、荷物を預けて周辺散策に出かけました。

スペイン中東231マラガGoldy

バスク地方とは10度くらい違うかな?日射しが眩しくて暑いほど。早速バルを見つけて休憩しました。

スペイン中東232マラガ街並み

マラガはスペインのビーチリゾート『コスタ・デル・ソル』の中心地。バスク地方と違い、陽光溢れる温暖な気候のためブーゲンビリアやランタナが咲いています。好きな感じ✿

                                     つづく
                                     VOL.19



                

☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.17 ビルバオぐるり散策・後編

2019/ 09/ 18
                 
スペイン中東207ビルバオ旧市街

引き続きビルバオ旧市街の可愛らしく、美しい街並みを楽しみましょう♪木製の出窓がきっちりとペンキで塗られ、ベランダの柵も色々なデザインでおもしろく、所々お花が飾られている家々を眺めながらの散策は、ワクワクします。

スペイン中東208ビルバオ旧市街

そんなカラフルな街並みの中で少々目立つのが赤と緑。これはバスクを象徴するバスクカラーといわれていて、赤はバスク人の熱い血、緑はバスクの豊かな緑を表しているということです。

スペイン中東209ビルバオサンティアゴ大聖堂

街並みを楽しみながら歩いていたら、聖堂の端っこみたいな姿を発見。

スペイン中東210ビルバオサンティアゴ大聖堂

近付いてみると狭い路地の中に大聖堂が建っています。や、違うな。まるで大聖堂にあわせて路地ができたように街に溶け込んでいます。壁を利用してお店まであったり…、いいのか?怒られないのか?心配になるほど溶け込んでいます(^◇^;)

スペイン中東211ビルバオサンティアゴ大聖堂


壁沿いを半周以上して、ようやく正面に到着。14世紀に建てられた『サンティアゴ大聖堂』です。キリスト教徒の聖地とされるサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指すための巡礼教会のひとつで、入場料は5€。サンティアゴ巡礼(カミーノ)者は無料です。

スペイン中東212ビルバオリベラ市場

そして大聖堂から10分ほど歩き、路面電車が走る大きな通りに出ました。『リベラ市場』とその向こうに『サン・アントン教会』があります。

スペイン中東213ビルバオリベラ市場

スペイン中東214ビルバオリベラ市場

リベラ市場(MercaddeRibera)は、1929年にヨーロッパ最大級の屋内市場として建てられ、2011年に改築。建物内に野菜、魚、肉の市場があるだけでなく、ピンチョスバーも並んでいるので、食を楽しみながら観光できます。まぁどこの国の市場でも飲食はできるのだけど、汚らしくて避けてしまいがち。だけどここのバルはとても清潔な感じで、市場の中の飲食店という雰囲気ではないのです。

スペイン中東215ビルバオ路面電車

お次はトラム(路面電車)に乗って新市街へ。市場の前にリベラ駅があります。一律1.5€。治安が良いのでしょうね、無人駅に切符の自動販売機が置かれています。

スペイン中東216ビルバオ路面電車

ビルバオ川沿いに走り、橋を渡って新市街へ。一部芝生の線路になっていて、郊外のような風景だけど、新市街です。

スペイン中東217ビルバオZUBIARTE

トラムに乗って15分位…、なぜかグッゲンハイム美術館に気付かず、次の駅で下車。駅を出ると『ズビアルテショッピングセンター』がありました。ショッピングしたかったワケでもないのに、なぜグッゲンハイム美術館で降りなかったのか、謎。記憶にございません(^◇^;)

スペイン中東218ビルバオZチャバリ宮殿

その後ビルバオ美術館を横目に見ながらホテルに向かい、チャバリ宮殿の裏側に出ました。6時間かかってフリダシに戻るという、とてもコンパクトなバスク最大都市。『グッゲンハイム美術館』や世界遺産『ビスカヤ橋』を観光してないので満喫とは言えないけど、半日で街の様子がわかったので満足です。最低でも2泊は必要ですね。

スペイン中東219ビルバオRamona

スペイン中東220ビルバオRamona

最後にもう一軒、バル『Ramona』でピンチョス休憩。

スペイン中東221ビルバオセルコテルコリセオ

5分もかからないうちにホテルが見えてきました。併設されているカジノにも行ってみたかったな。

                                     つづく
                                     VOL.18





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




     
旅行後にダンブラウン著『オリジン』を読んで、
グッゲンハイム美術館に行かなかったことを
激しく後悔(^◇^;)再訪しようと思っています。