FC2ブログ

タクシー

        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.43 そして帰国。エティハド航空でアブダビへ

2020/ 05/ 10
                 
スペイン中東532エティハド航空

日本を離れて3週間近く、とうとう帰国日になりました。5つ星ホテルから乗っても料金交渉をしなければならないタクシーでカイロ国際空港へ。

スペイン中東533カイロ街並み

最初、空港に着いた時からイヤな雰囲気だったので、カイロ内の移動はタクシーだけでホテルから一歩も出てません。ということで街歩きはしなかったけど、実はホテル周辺が世界遺産『カイロ歴史地区』。この地区には1000以上のミナレット(尖塔)があり、中世の頃から「千の塔の都」と呼ばれていて、車窓からでも多くのミナレットを眺めることができます。

スペイン中東534エティハド航空ラウンジ

直行便ではないので、カイロ空港からまずはアブダビへ。今回の旅行は、下落したエジプトポンドでエティハド航空のファーストクラスチケットを格安購入したところから始まったので、ようやく最初の目的に辿り着いた感じです。と言ってもアブダビまではビジネスクラス。エティハド航空のビジネスクラスラウンジは、広々としていて喫煙ルームも設備。しかし、今まで体験してきた中東系航空会社ラウンジの中で比べると、ショボく、アルコールもないので見学だけにしました。

スペイン中東535エティハド航空ビジネス

そして初めてのエティハド航空搭乗。日本へのファーストクラスチケットだけどもアブダビ行きにビジネスクラス以上の席がないので、これが最高座席です。

スペイン中東536エティハド航空ビジネス

サービスは素晴らしく、中東系ならでは。シャンパンも用意されています。

スペイン中東537エティハド航空ビジネス

4時間足らずのフライトでも昼食が出て、パンは温められているし、食器もお洒落だし、と、とにかく食事のクオリティが高いところが嬉しいです。

スペイン中東538エティハド航空ビジネス

メイン料理は『HerbChickenBreast』。ハーブで焼いたチキンと副菜にペペロナータとローストポテトが添えられ、朝から何も食べずにいたので特に美味しく感じました。

スペイン中東539エティハド航空ビジネス

こちらはパスタ好き主人のメイン料理で『PappardellePasta』。パッパデッレというきしめんの倍ほど広いパスタを、バジルとトマトソースで調理したシンプルなお料理ですが、これがとても美味しい!

スペイン中東540エティハド航空ビジネス

デザートのチョコレートチーズケーキも優れものでした。

フライト時間3時間45分。18時55分、アブダビ空港に到着しました。
カイロとの時差は+2時間。えーっと、日本時間は+5時間です。

                                     つづく
                                     VOL.44





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト

2020/ 04/ 18
                 
スペイン中東489カイロコンラッド

ぼったくりタクシーで向かったのは、ナイル川を見下ろすように建つホテル『コンラッドカイロ』。空港から17km、40分位で到着しました。物騒なお国柄からか?ホテルの敷地内にゲートがあり、一旦止められて車のトランクの中を確認後にチェックイン。

スペイン中東490カイロコンラッド

スペイン中東491カイロコンラッド

エントランスに入れば、立派なフロントとヤシの木が植えられたオアシスのようなロビーラウンジがあり、5つ星ホテルならではの優雅な空間になっています。

スペイン中東492カイロコンラッドホテル

中東料理、アジア料理、各国料理など多彩な味を楽しめるレストランは6軒。他には、プール、サウナ、24時間利用可能のフィットネスセンターを備え、カジノも併設しているので、街中に出なくても楽しく過ごせます。

スペイン中東493カイロコンラッドOAK

そんな充実施設の中、ホテル内を探索することもカジノへ行くこともせず、利用した施設はレストラン『OakGrill』のみ。

スペイン中東494カイロコンラッドOAK

レバノン料理のレストランで、絵皿が飾られた入口の雰囲気が気に入ったので選びました。

スペイン中東495カイロコンラッドOAK

スペイン中東496カイロコンラッドOAK

ひよこ豆のスープと子羊のグリル、あと何だっけ?レバノン料理は初めてなので恐る恐る注文したけれど、すべてが美味しかったです。
トルコ料理のようなギリシャ料理のような、モロッコ料理のような…、地中海風の味わいでオリーブオイルやハーブ、ヨーグルト、レモンを使って調理。重厚感のあるパンもモロッコのホブスによく似ていました。

スペイン中東497エジプトビール

ここでちょっとビールのお話しを。
エジプト国内産ビールの代表は、SAKARAとSTELLA。アルコールを忌み嫌うイスラム教国なのにビールを醸造しているというのは、どういうことなのか不思議だったので調べてみました。エジプトのビールは紀元前3000年頃から醸造されていたといわれ、エジプト神話にも出てくるということ。古代エジプトでは日常的にビールが飲まれていたらしいです。エジプトがイスラム帝国に征服されてウマイヤ朝の一部になったのは7世紀。紀元前5000年頃からの歴史を思えば、イスラム化したのはたかが1400年ということになりますね。だからこそ飲酒にも寛容なのかも知れません。

スペイン中東498カイロコンラッドロビー

さて、優雅な気分でチェックインを終えてソファー席に案内され、ピラミッド観光の営業を受けました。「ピラミッドへ行く予定ならタクシーを手配しませんか?」という話。ぼったくりタクシーの運転手は40ドルでチャーターできると言ってたけど、こちらは50ドル(ノーマルタイプの料金。ちょっと良いリムジンタイプは60ドル)で送迎するという話です。ギザにあるピラミッド観光の会社に案内して、ホテルに戻ってくるということ。現地では乗馬でのピラミッド観光が1人100ドルというのです。何でドルなんだ?とは思いながらもホテル手配なら安心。バスや電車でギザへ行って交渉すればもっと安くなるかも知れないけれど、交渉が面倒くさいし、ホテルのお墨付きなら誘拐される心配もないのでお願いしました。

さぁお部屋に行きましょう♪

                                     つづく
                                     VOL.40






☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆カサブランカでモロッコ料理 → スペイン+中東夫婦旅Vol.30




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.38 はじめてのエジプト入国

2020/ 04/ 12
                 
スペイン中東483カイロ空港

20時30分、カイロ国際空港に到着しました。フライト時間は2時間、ギリシャとの時差は-1時間。え?カイロの方が日本に近いのになぜマイナスになるのかというと、ギリシャとエジプトは同じタイムゾーンにありながら、エジプトにはサマータイムがないので時差が生じてしまうのです。もぅ世界からサマータイムをなくして欲しい。

さて、入国審査で「ビザを出せ」と言われ、ここで初めてビザが必要だと知る私(・・;)

スペイン中東484ジプトビザ

エジプト入国にはビザが必要な為「戻って手続きをしてこい」と言われたので辿ってきた道を戻って銀行の窓口で観光ビザを取得しました。料金は25USドルだけど、ドルは持ってないのでユーロで支払うと伝えたら25ユーロと、おつりなし。エジプトに行くなら米ドルを持ち歩いた方が良いみたいです。ってゆーか、なんで皆こんなに横柄なの?

スペイン中東485カイロ空港

ようやくエジプトへの入国手続きが終わり、空港外に出ると、どんよりした空気の中にうさんくさいタクシーの客引きがウヨウヨ居ます。とりあえず一服していると「タクシー?」と言いながら近寄ってくる怪しげな客引き達。「どこのホテルか?」との問いかけを無視しても、ずっと寄り添っているので「コンラッドホテルまでHow much?」と聞いてみたら「400エジプトポンド」。
「高い!」(一応英語で)と言って振り払うと、次の客引きが近寄ってくるという繰り返しを何度か続けて、再び空港内に入ったらタクシー攻撃は収まりました。

スペイン中東486カイロ空港

主人がエジプトのSIMを購入したり、ATMでエジプトポンドを引き出したりしている間、私は2つのスーツケースをがっちり守りベンチに座っていたのですが…、最初に声をかけてきた客引きが近付いて、話しかけてきました。300エジプトポンドにすると言ってますよ。他の人は来ないので、最初に声をかけた人が優先というようなルールがあるのでしょう。多分。

スペイン中東487カイロ空港

あー、ホテルの送迎とかオプショナルツアーでの送迎を調べることもせず「空港に着けばどうにかなる」と思っていた私は大バカ者です。空港の外に出たら再び客引きに取り囲まれるのか……と、エジプトに来たことを激しく後悔しながら、荷物番をしていました。

そして用事を済ませてきた主人は「最初のアイツでいいじゃん」と軽〜く決定。だからといって言い値を受け入れるのはイヤなので、交渉の結果240エジプトポンド(約1,600円)まで下がりました。相場が80〜120ということは調査済だけど、早くホテルへ行きたいから妥協。2倍でもたいした金額ではないのでぼったくられてあげましょう。

スペイン中東488カイロ空港

何て書いてあるのか全くわからないけど、とりあえず証拠写真。良い人でしたよ(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.39


*1エジプトポンド=6.5円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.11 眺望抜群『トリップ・サンセバスティアン・オルリー』

2019/ 08/ 13
                 
スペイン中東122トリップサンセバスティアン眺望

さてホテルへ向かいましょう。

スペイン中東123トリップサンセバスティアン

タクシーに乗って10分くらいで到着(8€)。予約した『トリップ・サンセバスティアン・オルリー』は13階建の建物で、グランドフロアと上階5フロアのみがホテル部分になっています。

スペイン中東124トリップサンセバスティアン反対側から

ロビーに入ると右手奥に朝食用のレストランがあり、手前は可愛らしいソファーが置かれたロビーラウンジ。

スペイン中東125トリップサンセバスティアン

スペイン中東126トリップサンセバスティアン

昼間、このロビ−ラウンジにコーヒーやジュースなどソフトドリンクが並んでいて、自由に飲むことができます。ありがたいサービスだけど、4つ星ホテルなのに施設はここだけ。ジムやプールなどありません。レストランは朝食だけ、ルームサービスはピザ屋の出前という…。モンクじゃないですよ(^◇^;)

スペイン中東127トリップサンセバスティアン

私たちのお部屋は最上階の12階。(え?13階建てなのに?)ヨーロッパの1階はグランドフロアと呼ぶため、2階が1階になるので、12階は13階部分。
扉を開けると右手にバスルームがあり、その先にベッドルームがあります。

スペイン中東128トリップサンセバスティアン

フローリングの床と木製の家具がナチュラルな雰囲気を演出。高級感はないけど、バスローブとスリッパを備え、モネの絵画『アルジャントゥイユのひなげし』が飾られていたりと、センス良く満足できるお部屋です。

スペイン中東129トリップサンセバスティアン

広さは30㎡あり、ジュニアスイートルームということだけど、ちょっと大きめのお部屋といった感じですね。

スペイン中東130トリップサンセバスティアン

ミニバーには湯沸かしポットだけでなく、ネスプレッソコーヒーも備わっています。

スペイン中東131トリップサンセバスティアン

スペイン中東132トリップサンセバスティアン

バスルームは明るく清潔感漂い、バスタブはジェットバス。嬉し〜ヽ(´▽`)/

スペイン中東133トリップサンセバスティアン

シャンプー類はあるけれど、ヒゲ剃りや歯ブラシなどはありません。で、バスルームを出た向かい側にタンス。最初部屋の扉を開けた途端左手にタンスを見た時には、何故ここに?と疑問だったけど、なるほど使い易い場所ですね。

スペイン中東134トリップサンセバ眺望

スペイン中東135トリップサンセバスティアン眺望

そしてバルコニー。左手にコンチャ海岸とモンテ・ウルグルとカンタブリア海、右手には緑あふれる小高い山々と大聖堂と、180度の景色を楽しめます。イスがあれば最高なんだけど…。

夏は海水浴客で賑わうというコンチャ海岸へは1ブロック100m、バルが集まる旧市街へは徒歩10分位、大きなスーパーマーケットも近く、周辺には小さな商店が沢山。少し歩けば必要なものが全て揃う便利な立地です。

スペイン中東136トリップサンセバスティアン

バルコニーで景色を楽しんでいたら、ピンポーン♪
カップ焼きそばの差し入れでした。中国語だし…。

                                     つづく
                                     VOL.12




『ひなげしi』モネ




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆公式サイト → トリップ・サンセバスティアン・オルリー
☆エクスペディア → トリップ・サンセバスティアン・オルリー




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.10 列車で移動♪美食の街・サンセバスティアンへ 

2019/ 08/ 08
                 
スペイン中東104トリップマドリッド


マドリッド・バラハス空港からタクシーでホテルへ。

スペイン中東105トリップマドリッド

約15分で到着しました。タクシー代は30€、空港から市内まで一律料金です。
翌朝列車に乗るために選んだホテルは、チャマルティン駅まで歩いて行ける『トリップ・マドリッド・チャマルティン』という3つ星ホテル。

スペイン中東106トリップマドリッド

24㎡のスタンダードルームは狭いけれど、寝るだけだからね。

スペイン中東107トリップマドリッド

当然アメニティは必要最低限で、ヒゲ剃りとか綿棒といった余計なアイテムはありませんが、3つ星なのにバスタブ付き♪

スペイン中東108トリップマドリッド

設備としては冷蔵庫とテレビ、セーフティボックスくらいで、ポットやスリッパ、バスローブなどリラックスアイテムも一切ございません(^◇^;)

スペイン中東109トリップマドリッド

良いところを探しましょう。腰上しかない窓が開くのがこのお部屋一番の魅力です。すぐそこに見えるのがチャマルティン駅。1泊7,000円程と安い上、駅まで200mの近さなので、トランジットにオススメします。

スペイン中東110トリップマドリッド

グランドフロアにはレストランがあって23時まで営業。ここは朝食会場にもなります。

スペイン中東111トリップマドリッド

ルームサービスも23時までと知って、慌ててレストランへ行き、ビールとクラブサンドの遅い夕食をいただきました。

スペイン中東112マドリッドチャマルティン駅

そして翌朝7時にチェックアウトしてチャマルティン駅へ。スーツケースを引きながらでも3分程で到着しました。

スペイン中東113マドリッドチャマルティン駅

スペイン国鉄(RENFE)インターシティのチケットは、プリフェレンテ(一等席)の座席指定をして@72€で予約済み。普通席は40€前後で、乗車券は当日購入もできるけど、出発までの待ち時間が長くなったり、希望の席が取れなかったりするのでインターネットで予約しておいたのです。

スペイン中東114RENFE

プリフェレンテは1席+2席の1列3席になっていて、一人席は回転して向かい合わせになる…はず…だったのですが、イスが動かなくて縦並びになってしまいました(^◇^;)トランプ持ってきたのに…、これじゃあ横並びの方がマシですね。

スペイン中東115RENFE

まぁまぁまぁ、気を取り直して。流れる景色を楽しみましょう。窓の外は朝焼け。スペインの朝は遅いのです。あれは太陽光発電かな?スペインは世界有数の再生可能エネルギー発電国です。

スペイン中東116RENFE

スペイン中東117RENFE

Segovia〜Valldolido〜Burgos〜MirandaEbro〜と列車は走り、延々と続く茶色の乾燥高原(メセタ)に時々現れるオリーブ畑。

スペイン中東118RENFE

スペイン中東119RENFE

風力発電の風車、そしてまたオリーブ畑、光る麦畑と、大きな建築物がない雄大な景色は、ずっと眺めていると眠くなります。

スペイン中東120RENFE食堂車

ということで食堂車へ。コーヒー2€、サンドイッチ4.9€でした。
そしてバスク地方に入り、Vitoria〜Zumaraga〜と緑が多くなって建物も見えてきたところで、マドリッドから7つ目の駅がSanSebastian。

スペイン中東121サンセバスティアン駅

13時24分、サンセバスティアン駅に到着しました。

                                     つづく
                                     VOL.11




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.9 再びエミレーツ航空♪ドバイからマドリッドへ

2019/ 08/ 03
                 
スペイン中東089エミレーツビジネスクラス

そろそろスペインへ行きましょう。
ホテルからタクシーでドバイ国際空港へ。国際旅客数が5年連続で一位だそうです。

スペイン中東090ドバイ空港

ターミナル3はエミレーツ航空専用。タクシーの降車場はエコノミークラスとビジネスクラスに分かれているのかな?どちらかと運転手に聞かれました。到着後、50dhと聞いていた料金が80dh請求されて、言い争って50dhに戻るという無駄な時間を過ごし…。こんなに煌びやかな都市でも、5つ星ホテルから乗っても、ぼったくりタクシーは存在するのです(´・ω・`)

スペイン中東091エミレーツラウンジ

そして入国審査後、一目散にビジネスクラスラウンジへ。窓際が吹き抜けになっている開放的なラウンジは、1,500人収納できるという広さ。透かし彫りの衝立と木目の家具、アイボリーのソファー、イタリア産大理石の床からハイソな雰囲気があふれています。

スペイン中東092エミレーツラウンジ

世界の時間を報せる掛け時計はすべてロレックス製、4種のモエ・エ・シャンドンを飲み比べることができるシャンパンラウンジと、今まで利用してきた中で一番豪華…ん〜違うな…カタール航空の方が凄かったような…まぁとにかくトップクラスの豪華さです。

スペイン中東093エミレーツラウンジ

パーティションで仕切られた仮眠スペースや子供のプレイルームも用意されていて、

スペイン中東094エミレーツラウンジ

スモーキングエリアまであるところが親切。空港での喫煙者は、隅の方にある煙たい個室に追いやられ、ましてや喫煙所が存在しない空港もあるというのに、ここではフカフカのソファーでシャンパンを飲みながら一服できるという…ありがたい限りです。

スペイン中東095エミレーツラウンジ

スペイン中東096エミレーツラウンジ

さて、お料理はAsian、MiddleEastern&Western、Mediterraneanとカウンター毎に分かれていて、多彩。フムス(ひよこ豆のペースト)他アラブ料理やカレー、焼きそばなど、世界各国のお料理を味わえます。

スペイン中東097エミレーツラウンジ

スペイン中東098エミレーツラウンジ

スイーツもキレイに並べられ、デーツは王室御用達Bateelのもの。このラウンジは、エミレーツ搭乗客なら誰でも4時間130ドルで利用できるということです。

スペイン中東099エミレーツ航空

飛行機はドバイへ来たときと同じエアバスA380。内装も同じなので省略(^◇^;)

    ☆機内の様子 → スペイン+中東夫婦旅Vol.3

スペイン中東100エミレーツ機内食

スペイン中東101エミレーツ機内食

機内食はランチメニューで、メインはPrawnMachbousというアラブの米料理を選びました。あまり見栄えが良くないけど、スパイシーで美味しい♪

スペイン中東102エミレーツ機内食

デザートはチョコレートチーズケーキ。

スペイン中東103マドリッド空港

そして飛行時間7時間50分、マドリッド(スペイン)に到着しました。ドバイとの時差は−2時間、日本は−7時間。ドバイでたっぷり休憩したので、日本からヨーロッパへのフライトはツラくなかったです。

今回は、成田→ドバイ→マドリッドと、ビジネスクラスに乗ってJAL65,000マイルを使用。往復なら120,000マイル(旅行時は100,000マイルだったのに…)必要なので、次は往復で予約できるように本気でJALマイルを貯めようと決心しました。

                                     つづく
                                     VOL.10




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.7 レストラン『Handi』と『sakura』

2019/ 07/ 19
                 
スペイン中東065レストラン

8時にチェックインできたので、お部屋で一休みしてからのランチタイム。
ホテル内にある北インド料理レストラン『Handi』へ行きました。

スペイン中東066レストラン

インド料理といっても北と南では違うんですよね。で、こちらは北インド料理です。

スペイン中東067レストラン

最初に運ばれてきたのは、パーパド。パリパリした薄いおせんべいのようなもので様々なディップを付けて食べます。
注文したのは冒頭の写真、カレーwithシークカバブ&チキンティカ。キレイでしょ?付け合わせが色々あってとても楽しいのですが…、いちいちパクチーが入ってるところがイヤ。

スペイン中東068レストラン

店内の雰囲気はとても素敵で、ディナータイムにはライブ演奏が入るということです。

スペイン中東069レストランsakura

そして翌日の夕食に利用したのは、日本料理レストラン『sakura』。

スペイン中東070レストランsakura

ChefsSelection 150dh。
寿司、刺身、握り巻のセット。これで4,500円、高いですね。

スペイン中東071レストランsakura

魚貝天ぷら75dh。
ひっ、ヒドイ。天ぷらに見えないし、美味しそうに見えないし、お客に出せる姿ではない。「天ぷらなんて粉つけて揚げればいいんでしょ」と言いながら調理したような乱暴な感じが盛り付けにも出ています。

スペイン中東072レストランsakura

ChineseFriedRice 60dh。
炒飯は日本風と中国風とインドネシア風(ナシゴレン)、麺も同じく3ヶ国バージョンで日本風はうどんです。

外国での日本料理店にしては美味しい方だと思うけど、5つ星ホテルに入っているレストランであの天ぷらはダメでしょうヽ(´o`;

スペイン中東073レストランsakura

食べてないけど…弁当BOX100dh。

                                     つづく
                                     VOL.8


*1dh(1ディラハム) = 約30円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
ジョッドパレスホテルドバイ




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.6 『ジョッドパレスホテル・ドバイ』施設

2019/ 07/ 14
                 
それでは『ジョッドパレスホテル・ドバイ』の施設をご紹介しましょう。このホテル、日本人宿泊者は珍しいらしく、情報が少ないので参考になると思います。うんうん。
『タージマハルホテル』で知られるインドの大財閥タタ・グループから、ドバイを拠点とするTheJumaAlMajidグループの所有に変わり、『タージパレス』が『ジョッドパレス』になったのが2015年と、歴史が浅いんですね。

スペイン中東057ジョッドパレス

ロビーラウンジは吹き抜けになっていて、洗練されたスマートな内装にアラブ風のインテリアが溶け込んでいます。

スペイン中東058ジョッドパレス

到着時に飽きるほど座っていた一人掛けのソファーはとても快適で、ここではデーツとアラビックコーヒーを無料で提供しています。これ、中東では普通にあるサービスみたい。中東の「お・も・て・な・し」ですね。デーツとはナツメヤシの実を乾燥させたもので、栄養価が高いため中近東で紀元前から食べられてきたドライフルーツ。コーランに「神が与えた食物」と記されているビタミン&ミネラルたっぷりの果実です。アラビックコーヒーは煎じ薬のようで普段飲んでいるコーヒーとは別の飲物。つまり…あまり美味しい飲み物ではないです。

スペイン中東059ジョッドパレス絨毯屋jpg

ロビーがあるグランドフロアには絨毯屋や香水などの雑貨店、ドラッグストア、レストランが並んでいて、利用しやすいレイアウト。

スペイン中東060ジョッドパレスレストラン

レストランは4件あり、和食とアジア料理『sakura』、北インド料理『Handi』、アラビア料理『AlWaha』、朝食ビュッフェ『LeRendezvous』(1F)と多彩に揃っています。

スペイン中東061ジョッドパレスプール

屋上のプールエリアはジャグジーも備わり、喫煙所も備わり、ドバイの街を見下ろせる絶好の場所。子供用のプールもあるので家族で楽しめます。

スペイン中東062ジョッドパレスジム

ジム、サウナ、スチームルームを備えたヘルスクラブ、6室のトリートメントルームを備えたスパも揃って、施設充実。

スペイン中東063スーパー

さらにエントランスの目前にスーパーマーケットがあって、とても便利です。

スペイン中東064土産水パイプ

しかも地下鉄AlRigga駅まで350mと近く、駅周辺は飲食店やスーパーマーケット、土産物も置かれた雑貨店などが並んでいるので、長期滞在にもオススメ。

欠点はひとつ、アルコール提供のないホテルという点が残念でした。レストランで食事と共に一杯飲みたかった…。でも、でも、1人4Lまで持ち込み可能。空港の免税店で購入すればお部屋で飲むことができます。もしかしてリカーライセンスがないホテルだから安かったのかな?ホテル選びは慎重に(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.7



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
ジョッドパレスホテルドバイ




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.4 5つ星ホテル☆+600円でアップグレード♪

2019/ 06/ 29
                 
スペイン中東029ジョッドパレス外観

ドバイ(アラブ首長国連邦/UAE)に到着したのは早朝3時40分。日本との時差は5時間です。

スペイン中東030ドバイ空港

だだっ広いドバイ国際空港は人影なく静まり返っていて、流れに沿って歩かないと迷ってしまいそう。入国審査後、シム(100dh)を買ったり、一服したり、水(1.5dh)やワインを買ったりと、ダラダラ過ごしてもまだ5時前で、こんなに早い時間ではチェックインできないだろうと思いながら、ホテルへ向かいました。

スペイン中東031ドバイワイン

尚、滞在中のお酒は空港の免税店でしか購入できないので、要注意(1人4リットルまで持ち込み可能)。街中ではリカーライセンスが必要なので、手に入りません。ドバイでは人目に付く場所で飲酒できないため、レストランにはアルコールなし。高級ホテルのレストランやバーでは飲めるらしいけど、高額だということです。

スペイン中東032ジョッドパレスロビー

そして空港から約4km、タクシーで10分もかからずに到着(36dh)。旧市街ディラ地区に建つ『ジョッドパレスホテル』です。案の定「8時以降にならないと調整できない」とチェックインしてくれません。当然ですね。

スペイン中東033ドバイクリークjpg

ロビーには座り心地の良いイスが置かれていて眠くなってしまったので、お散歩に出かけることに。夜が明けたばかりの街はまだ眠っているみたいに静か。まわりにある全てのものが朝日に照らされて、キラキラしています。

スペイン中東034ドバイクリーク

南に800m程行くとドバイクリークと呼ばれる運河があり、休憩。ここからディナークルーズ船が出るらしく、ダウ船(アラブの伝統的な木造船)が浮かんでいます。

スペイン中東035ジョッドパレスロビー

ホテルに戻り、ウトウトしながら大人しく待って、8時にもう一度尋ねたら「14時まで確約できない」と延長。「そこをなんとか…」と粘ってみたら、1泊20dh(約600円)追加すれば大きな部屋にアーリーチェックインできると!早く言ってよ〜。

スペイン中東036ジョッドパレスリビング

ということで、61㎡のプレミアムルーム(一番安い部屋)から165㎡あるアパートメントタイプのお部屋にアップグレードしました。わずか600円で…ヽ(´▽`)/

スペイン中東037ジョッドパレス置物

トランジット用のホテルだから観光は少しで充分、バスタブ付きの空港に近いところという条件で選んだホテルなので、5つ星なのに1泊7,000円ちょっと。追加料金を払っても1泊8,000円で、お金持ちがメイドを連れての家族旅行に使うようなお部屋になりました。

                                     つづく
                                     VOL.5


*1dh(1ディラハム) = 約30円



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
ジョッドパレスホテルドバイ



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.11 佐世保入港〜車椅子でハウステンボス観光

2019/ 04/ 01
                 
コスタクルーズ103ハウステンボスドムトールンドムトールン

クルーズ5日目、佐世保港入港。珍しく8時前に起きたらすでに接岸してました。
釜山〜佐世保間は230km。高速船で約4時間の距離なので、のんびり進んでも明け方には着いてしまうのでしょう。

コスタクルーズ104佐世保バーガーボーイ

佐世保のご当地キャラクターは佐世保バーガーボーイ。あんぱんまんの作者・やなせたかし氏のデザインだということです。

コスタクルーズ105佐世保港

オプショナルツアーは、九十九島とパールシーリゾート/長崎県(109ドル)、平戸観光/長崎県(89ドル)、祐徳稲荷神社と有田ポーセリンパーク/佐賀県(99ドル)と、魅力的な観光地が多い中、私達は自力で『ハウステンボス』へ行くことに。

タクシーで35分、4,500円ほどで到着しました。電車でも行けますよ。

コスタクルーズ106ハウステンボス風車

『ハウステンボス』は、東京ディズニーランドの1.5倍という敷地にオランダを主にヨーロッパの街並みを再現したテーマパークです。入場料は1DAYパスポート7,000円(障害者4,900円)。

コスタクルーズ107ハウステンボス車椅子

広すぎるため母が歩き回るのは無理だとわかっていたので、車椅子予約済みです。コレさえあれば大丈夫(゚∀゚ノノ”☆(゚∀゚ノノ”☆  車椅子予約:ナビダイヤル0570-064-110

コスタクルーズ108ハウステンボス運河

まずはカナルクルーザーに乗って、レストランが集まる『タワーシティ』へ向かいました。カナル(運河)沿いにはヨーロッパにありそうな建物が並んでいて、オランダやベルギーを旅している気分です。

コスタクルーズ109ハウステンボスドムトールン

タワーシティのシンボルタワー・ドムトールンは高さ105m。地上80mの場所に展望室がありエレベーターで上れます。

コスタクルーズ110ハウステンボスドムトールン

山の麓に立つお城のような建物はホテルオークラ。その左側がハウステンボスの入口になります。

コスタクルーズ111ハウステンボスチャンポン

タワーの地下1階がカナルクルーザーの乗降口になっていて、地下から2階まではレストラン街。イタリアン、ラーメン、韓国料理などの専門店とフードコートがありますが…、長崎といえば”ちゃんぽん”でしょ。『悟空』という専門店で野菜たっぷりの長崎ちゃんぽんと皿うどんをいただきました。ちゃんぽんは小籠包とセットで1,500円。美味しいですよ。前回訪問時にトルコライスを食べた『とっとっと』もオススメです。

コスタクルーズ112ハウステンボスお菓子の城

そして『アムステルダムシティ』へ。珍しい輸入食材やワイン、カステラなど長崎の名産品を購入することができて、お土産を選べます。

コスタクルーズ113ハウステンボス佐世保バーガー

もちろん佐世保バーガーもいただきました♪佐世保バーガー認定店『ダム』では1個880円と高額。少々抵抗感はあるものの味見のために3人で1個買いました。母はセットに付いてきたポテトばかり食べていて、バーガーには興味なし。私は一度食べた経験があるので余裕の試食をしたけれど、これ、本当に美味しいです。

コスタクルーズ114ハウステンボスアートガーデン

最後は『アートガーデン』。開催中の『秋バラ祭』が終わり頃だったので、華やかな時期は過ぎていたけど、やっぱりバラは美しいですね。

コスタクルーズ115ハウステンボス観覧車

観覧車に乗って観光終了。観覧車は1DAYパスポートを持っていても有料(600円)でした。

ハウステンボス内は、アトラクションタウン、スリラーシティなどと9つのエリアに分かれていて、様々なアトラクション体験と歌劇やミュージカルを観ることもできるけれど、老人連れ観光はこの位で充分。散策チケット(4,500円)を選んだ方がよかったみたいです(^◇^;)

コスタクルーズ116ハウステンボスサンタクローズ

乗ってきたタクシーが約束通りに迎えにきてくれて、無事に船に戻りました。

出港予定は17時。私達は何をしていたのか?見送りイベントはあったのかしら?と、写真がなくて出港時の様子が全くわからないのだけど、きっと疲れてお昼寝していたのでしょう。
コスタネオロマンチカは1日半かけて和歌山県・新宮へ向かいます。

                                     つづく
                                     VOL.12




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ