ダヴィンチ

        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.55 オススメ美術館『アルテ・ピナコテーク』

2016/ 08/ 24
                 
ミュンヘン滞在の最終日は美術館へ♪

ミュンヘン078アルテピナコテーク


1180年から700年以上バイエルン地方を治めたヴィッテルス・バッハ家が
集めた名画が並ぶ美術館『 アルテ・ピナコテーク』です。

ミュンヘン079アルテピナコテーク


14〜18世紀のヨーロッパ絵画が展示され、世界6大美術館のひとつだということ。
バイエルン王国第2代国王・ルートヴィヒ1世によって、1836年に開館しました。
ルートヴィヒ1世は女たらしだけど芸術や文化への理解が深く、文化興隆に大きく
貢献。オクトーバーフェスト始まりの主役でもあります。

ミュンヘン080アルテピナコテーク入場券日曜日だったので1ユーロで入館♪

入場料は7ユーロ。日曜日は1ユーロ。
展示室は、ドイツ絵画、イタリア絵画、スペイン絵画、フランドル絵画、
オランダ絵画、フランス絵画に分かれ、時代別に展示されています。

ミュンヘン081ルーベンスルーベンスの部屋

この美術館、ルーベンスのコレクションでは世界最高なのだとか(゜o゜;

ミュンヘン082ルーベンス最後の審判

『最後の審判』ピーテル・パウル・ルーベンス(1617年フランドル絵画)
ルーベンスの宗教画中、最高傑作のひとつと讃えられる作品で、高さが6mもあり、
迫力満点!この絵を基準にして天井の高さを決めたらしいです。

ミュンヘン083ダヴィンチ聖母子

『聖母子』レオナルド・ダ・ヴィンチ(1473年イタリア絵画)
ダヴィンチ21歳の作品。窓の向こうの景色も丁寧に描かれています。
聖母マリアが手に持っているのはカーネーション。

ミュンヘン084ラファエロカニジアーニの聖家族

『カニジアーニの聖家族』ラファエロ・サンティ(1507年イタリア絵画)
マリアとイエス(聖母子)、聖ヨセフ(イエスのパパ)、聖ヨハネ、
とその母エリザベス(マリアの従姉妹)。聖母を描かせたらラファエロが一番♪
イエスキリストは可愛くないんだけど…、マリア様、とても美しいです。

ミュンヘン085ラファエロテンピ家の聖母

『テンピの聖母』ラファエロ・サンティ(1507年イタリア絵画)
この作品は、ラファエロを敬愛していたルートヴィヒ1世が20年以上かけて
手に入れたというもの。

ミュンヘン086ボッティチェリピエタ

『ピエタ』サンドロ・ボッティチェリ(1490年頃イタリア絵画)

ミュンヘン087ヴェロネーゼ聖母子と

『聖母子と寄進者』パオロ・ヴェロネーゼ(イタリア絵画)

ミュンヘン088フィリッポリッピ受胎告知

『受胎告知』フィリッポ・リッピ(1440年代イタリア絵画)

ミュンヘン089ブリューゲル怠け者の天国

『怠け者の天国』ピーテル・ブリューゲル(1566年フランドル絵画)

ミュンヘン090ムリーリョ-パイを食べる〜

『パイを食べる少年たち』バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1670年スペイン絵画)
ムリーリョが描く子供は、とっても可愛い♥

ティツィアーノ、ティントレット、ジョット、レンブラント、ファンダイク等々、
私でも知ってる画家の作品がいっぱいで、おすすめの美術館です。

どうやら私はイタリア絵画が好きみたいで、ドイツの美術館だというのに、
ドイツ絵画にはあまり興味が無く素通りしてしまい……、
ドイツを代表する名画家デューラーの作品も観たかどうか覚えて無くて、
写真すら撮ってなかったのだけど、それ、必見だったみたいです。また行かないと!

ミュンヘン091アルテピナコテーク

芝生の緑が美しい前庭は広大で、朝降った雨が作った水たまりが光っています。

通りを挟んだ北側には19〜20世紀の絵画が並ぶ『ノイエ・ピナコテーク』があり、
モネ、マネ、ルノアール、ドガ等のフランス印象派から、クリムト、ホドラー他の
ユーゲントシュティール(アールヌーボ)までの作品が並んでいるということ。

さらに、東側には現代アート美術館『モダン・ピナコテーク』もあり、
マティス、ピカソ、ウォーホールなどの絵画だけでなく、マッキントッシュや
ポルシェ他の優れた工業デザインや家具、建築、グラフィックと、
20世紀から現代までの美術作品が集まる美術館で、こちらも面白そう♪
3つの美術館に入場できるお得な1日券があるみたいです。
それは次回ミュンヘンを訪ねる時にとっておいて……、
ビアホールへ向かいましょ♪ドイツだからねぇ〜ヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.56



☆ヴェロネーゼ他ベネチア派絵画なら → 地中海クルーズ親子旅行Vol.30
☆ラファエロといばヴァチカン美術館 → 南イタリア親子旅行Vol.77




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






スポンサーサイト