FC2ブログ

テラス

        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.5 熱気球が目の前に!バルコニー付き客室が最高

2020/ 07/ 01
                 
トルコ_中欧039アリフケーブホテル気球

ギョレメの洞窟ホテルに滞在してわかったことは、バルコニー付きが欠かせない条件だということ。

トルコ_中欧040アリフケーブホテル気球

早朝、窓の外から聞こえるゴーッという音で目覚め、寝ぼけながらバルコニーに出てみると、気球がふわふわ〜。奇岩に朝日があたる美しい朝焼けの中に熱気球が漂っています。

トルコ_中欧041アリフケーブホテル気球

熱気球ツアーは朝日を眺めるものが人気だと聞いていたけど、まさかバルコニーからの眺めがこんなに壮観だとは思ってなかったので、興奮状態。

トルコ_中欧042アリフケーブホテル気球

空気を温めるバーナーの炎と乗っている人々の顔が目視できるほど近寄ってくるので、夢中で写真を撮ったり、手を振ったりしていました。

トルコ_中欧043アリフケーブホテル気球

果てしない大空に熱気球が浮かぶその光景は、いつまでも眺めていられそう。時間が経つにつれてどんどん増えていき、数えてみたら40機以上ありました。

ホテルにテラスがあればこのような光景を眺める事はできます。テラスがなくても屋外に出ればどこからでも見えるでしょう。しかしお部屋に居るまま観賞できるのはバルコニー付きだからこそ。ギョレメの洞窟ホテルを手配するなら、バルコニー付きの客室を選ぶことをおすすめします。こちらアリフケーブホテルにも窓だけのお部屋があるので、予約する時は気をつけてくださいね。

トルコ_中欧044アリフケーブホテル気球

そして実はこの時…、カッパドキアでは気球に乗るのが当たり前だと思っている主人を、乗らない方向へどうやって説得しようかという小さな悩みがありました。私は高所恐怖症だし、前年に死亡事故があったということで怖い。でもこんなの見ちゃうと「ちょっと乗ってみようかな?」という気分になってしまいましたが…。やっぱり無理。怖いです(。・・。)

トルコ_中欧045ギョレメサンセットポイント

さてもうひとつ、サンライズついでにご紹介。
宿泊したアリフケーブホテルは、かなり高所に位置しているため、ホテル前の坂道を3分程上って行くだけでサンライズポイントがあります。

トルコ_中欧046ギョレメサンセットポイント

持っていたガイドブックには記されてなかったけれど、眺望抜群の場所。

トルコ_中欧047ギョレメサンセットポイント

私が行ったときは観光客が居なかったけれど、朝は賑やかなのでしょう。カフェと土産物屋、ゲームコーナーがありました。

トルコ_中欧048ギョレメサンセットポイント

この絶景を眺めながら「これで気球に乗った気分になれるね」とささやいてみたけど、気分じゃなくて乗りたいのだというお返事。困った(^◇^;)

                            つづく




☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.3 ワクワク宿泊♪洞窟ホテル初体験

2020/ 06/ 13
                 
トルコ_中欧016カッパドキア

カイセリ空港からギョレメ地区にある洞窟ホテルへ向かいま〜す。カイセリ・エルキレト空港は、とても小さいけれど国際空港。イスタンブール、アンタルヤ、イズミール、サビハのトルコ国内都市とドイツ、オランダ、オーストリア、ベルギーへ就航しています。

トルコ_中欧017カイセリ空港

ホテルで手配した送迎バスは30TL(トルコリラ)、600円弱。どーせ空港を出た途端タクシーの客引きに囲まれてイヤな思いをするだろうと予測して送迎バスを選びましたが、客引きは見当たらずのんびりとした雰囲気でした。

トルコ_中欧018カッパドキア

カッパドキア観光の拠点は山の中にあり、車で1時間程。多くのホテルで送迎バスの手配ができるようになっています。拠点といっても、ギョレメ、ユルギュップ、ウチヒサール、アヴァノス、ネヴシェヒルと、5つの街があるため、どこに滞在したらよいのか迷いましたが、ギョレメとユルギュップを選択。洞窟ホテルをハシゴします。

トルコ_中欧019カッパドキア

ということで、途中いくつかのホテルに停まりながら1時間20分で宿泊ホテル付近に到着。

トルコ_中欧020アリフケーブホテル

『アリフケーブホテル』です。スーツケースと共に上って行くのはツラく、油断するとズルズル下がってしまう急坂にあって一苦労。

トルコ_中欧021アリフケーブホテル

あまりにも質素な入口で心配だったけど、中に入れば可愛らしい空間が広がっています。レセプションは左上との表示があり、階段を上っていくと、

トルコ_中欧022アリフケーブホテル

なんとも温かみのあるレセプションo(^▽^)o

トルコ_中欧023アリフケーブホテル

さらに上に行くと…、絶景を楽しめるテラスがあり、奇岩や熱気球を眺めることができます。

トルコ_中欧024アリフケーブホテル

奥にはキッチンがあり、朝食もこちらで。

施設はテラスレストランだけのとてもシンプルなホテルだけど、大満足の滞在ができました。

                            つづく



☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.19 『セルコテル・マラガ』テラス付が快適♪

2019/ 10/ 20
                 
スペイン中東233マラガセルコテル


ホテル周辺を2時間ほどブラブラしてからのチェックイン。

スペイン中東234マラガセルコテル

予約したのは『スーペリアダブルルーム・テラス付き』37㎡のお部屋です。
うん、うん、あまり広くないけど、広々としたテラスが窓の向こうに見えたり、エクスペディアゴールド会員用のVIP特典らしいデザートが置かれていたりと、良い感じで喜んでいたけど、バスルームにバスタブがな〜い(^◇^;)

スペイン中東235マラガセルコテル

慌ててフロントへ行って「バスタブ付きの部屋をリクエストしたのに…」と訴えましたが「今日はこの部屋しかない」と言われて諦めることに。それでも翌日から2泊はバスタブ付きの部屋に変えてくれた上、おわびに3泊分の朝食をサービスしてくれるということで、1人14ユーロの朝食ビュッフェが無料になりました。ま、1度しか行かなかったけど、もしも毎食利用したら2人で約1万円!?

スペイン中東236マラガセルコテル

ということで、モンクを言って勝ち取ったお部屋へ引越。

スペイン中東237マラガセルコテル

最初の部屋とはレイアウトが違い、窓際にあった小さなテーブルとイスのスペースが減ってベッドルームが狭くなっています。クローゼットは室内に露出されていて棚が丸出し。室内が雑然としてしまうけど、わりと使い易いです。

スペイン中東238マラガセルコテル

また、電気ケトルやコーヒー&紅茶、コーヒーカップが小ぶりの冷蔵庫の上にポツンと置かれているのも違和感があったけど、不便なし。

スペイン中東239マラガセルコテル

小さなライティングディスクと大きなテレビも設備されています。

スペイン中東240マラガセルコテル

そして問題のバスルームへ。バスタブと別にシャワースペースもあります。

スペイン中東241マラガセルコテル

洗面台はダブルシンク。

スペイン中東242マラガセルコテル

アメニティはビルバオ同様『ZEN』というブランドで、ビルバオほどの充実度はないけれど、シャンプー類の他に歯ブラシ、ヒゲ剃りが用意されています。

スペイン中東243   マラガセルコテル

そしてバスタブはジェットバス♪

スペイン中東244マラガセルコテル

一番の魅力は、ベッドルームと同じ位の広さがある17㎡のテラス。フェンスのように植えられたカポック越しに山々を望むという景色が最高です。
ビルバオで宿泊したホテルと同系列だからか?ティッシュとゴミ箱がないのは国民性なのか?と、不思議なのはモンクではなくご報告まで。

スペイン中東245マラガセルコテル

施設は小さなフィットネスジムとレストラン、バーしかないけれど、気持ち良く過ごせるホテルでした。

スペイン中東246マラガセルコテル眺望

テラスから左に見えるのは、ホテルから300mほどの場所にある国鉄マラガ・マリア・サンブラーノ駅。高速鉄道AVEも発着する大きな駅で、マラガ空港へもRENFEで14分ということです。

スペイン中東247マラガ駅

映画館も入る大きな駅ビルがあり、ショッピングも食事もできるのでとっても便利。周辺にもレストランやバルがたくさんあります。

                                     つづく
                                     VOL.20


*現在は『ユーロスターズ・マラガ』のため、アメニティや備品は変更されている可能性があります。




ユーロスターズ・マラガ(公式サイト)
ユーロスターズ・マラガ(エクスペディア)
☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.16 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』クラブラウンジ

2018/ 10/ 26
                 
KLブルネイ160ダブルツリーラウンジ

ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプールのエグゼクティブラウンジは、最上階34階にあります。

KLブルネイ161ダブルツリーラウンジ

ここはLRT駅や高速道路が走る街を見下ろしながら寛げる憩いの場所。

KLブルネイ162ダブルツリーラウンジ

その上クアラルンプール名物『ペトロナス・ツインタワー』を生で(ガラス越しではなくて)眺められるテラスがあるのです。

KLブルネイ163ダブルツリーラウンジ

喫煙スペースになっているためタバコを吸わない人は気付かないかも…。
喫煙所があるクラブラウンジは少ないので貴重な存在です。クアラルンプールのホテルでは、2011年に宿泊したグランド・ミレニアムのクラブルーム以来だし。

   ☆グランド・ミレニアム → グランド・ミレニアム・クアラルンプール


KLブルネイ164ダブルツリーラウンジ

さて、エグゼクティブラウンジのオープン時間は6:00〜22:00。常時ソフトドリンクやコーヒー&紅茶とちょっとしたお菓子などを楽しめます。
朝食(コンチネンタルブレックファースト)は6:00〜10:30。チェックイン時に渡された案内には「アメリカンブレックファースト(火を通した温かい食べ物)を食べたければ11階の『マカンキッチン』へご招待♪」と書いてありました。

KLブルネイ165ダブルツリーラウンジ

アフタヌーンティーはないけれど、子供の利用も可能。優雅な雰囲気が損なわれるとかで子供禁止なんていうラウンジもあるので、子連れで利用したいなら要チェックですよ。

KLブルネイ166ダブルツリーラウンジ

KLブルネイ167ダブルツリーラウンジ

そしてイブニングカクテルは17:30〜19:30。サンドイッチやチーズなど軽食が並び、お酒も飲み放題なので、夕食に利用しているような人も居るほどヽ(´o`;
マレーシアはお酒が高いからなのか、かなり混んでいます。ブルネイのラディソンホテルではガラガラだったのに、無料のお酒があると人が集まるという…。

KLブルネイ168ダブルツリーラウンジ

無料WIFIはもちろん、パソコンやプリンターなども備わったビジネススペースもあります。チェックイン&チェックアウトも可能。

32㎡の普通のお部屋に1泊すると約10,000円(朝食なし)、ラウンジが使えるエグゼクティブルームなら約14,000円と、4,000円プラスで朝食とラウンジ利用が付いてくるのでお得です。ちなみにマカンキッチンの朝食は一人64リンギ(約1,800円)。かなり充実した内容で評判も良いみたい。続けてご案内しますね♪

                                     つづく
                                     VOL.17


☆もくじはコチラ →  2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ