バーリ

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.82 クルーズ8日目〜ベネチア下船

2015/ 02/ 12
                 
クルーズ250ベネチア朝日

目が覚めたら、朝日☀

クルーズ251ベネチア朝焼け

ベネチア沖に居るみたい…。これはモーゼ計画の建築物かな?
朝焼けの向こうには大陸が見えます。

船内新聞に
〜〜登ってきた太陽に照らされる中世の建物が多く残るヴェニスの街の
  素晴らしい眺めをご覧いただけるでしょう〜〜
と書いてあったけど、まだ少し早いかな……。

クルーズ252ベネチア港

と、二度寝したら!あれ?すでに港に入るところですか?

あ〜っ!なんでぇ〜〜〜っ!!
船室を選んでいる時、右舷か左舷かという事で深く悩み、
あのベネチアならではの風景は最後に楽しんだ方がいいのでは?
という結論に至って、右舷を選んだのに………。

出港時には妹と二人で山ほど写真を撮っていたのに…。
肝心なところが抜けてます。アハハッ♪

クルーズ253ベネチア
                   《あのベネチアならではの風景》

  《航行の記録》
   319海里 ヴェニス 〜 バーリ
   311海里 バーリ 〜 カタコロン
   245海里 カタコロン 〜 サントリーニ
   153海里 サントリーニ 〜 ロードス
   727海里 ロードス 〜 ドブロブニク
   311海里 ドブロブニク 〜 ヴェニス

   2057海里 合計(1海里=1852m)

船内新聞に書いてあったものですが、普通に足し算をするとちょっと
数字が違うということは置いといて、東京〜父島(小笠原諸島)2往復分
という短い距離だった事に驚きました。小笠原が遠いのか……。

                               つづく
                               VOL.83


*モーゼ計画
 水没を防ぐために、アドリア海との間に可動式の防潮堤を設けるという案。

☆ベネチア出港時の美しい風景 → 地中海クルーズ親子旅Vol.42





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.50 クルーズ2日目〜バーリ出港

2013/ 08/ 17
                 
バーリ(イタリア)を出港して、すぐだったか、前だったか……、
よく覚えてないけど、部屋に戻ってから余裕がないくらいの時間に、
避難訓練がありました。

クルーズ068救命胴衣

クローゼットに置いてある「救命胴衣を装着し、何も持たずに避難すること」
という指示をまともに受け取り、カメラを持たずに避難したから写真ないし…。
なのに写真撮ってる人、多いし〜。

だよね…。疑似なんだから、テキトーでよかったのよね……。
ポッケにデジカメ入れとけば良かった。
でもね、ただの避難訓練なのに「足が悪い老人にエレベーターを使わせず階段を
下りたり上ったりさせなくてもいいでしょ?万が一の為にそこまでしなくても…」
という思いは強かったです。こっそりエレベーターを使わせてくれればいいのに。

まっ、でも、本気の避難訓練に驚きました。
エーゲ海クルーズの時に体験したのは、”救命胴衣を持ってホールに集まる”
という形だけのものだったので、今回もそんなものかと思っていましたが、
本当に救命胴衣を着て、部屋毎に指定された4階の避難場所へ向い、
自分が乗るべき救命ボートの前に並びます。目の前のボートを見て
「このボートに、全員乗れるのかな?」と心配になってみたり、
「こんな時、私はどんな風に行動するんだろ?」と、思いを巡らし、
「やっぱりバッグを持ってしまうのではないか」という結論に達したり、
映画『タイタニック』を思い出して、勝手に興奮したり……、
している間に、避難訓練カードを渡し、終了。

さて、なんで避難訓練が2日目のバーリなの?という疑問が浮かぶと思いますが、
これはクルーズ船の都合です。この航路は、ベネチアとバーリと、
乗降地が2ヶ所あるので、ベネチアではなくバーリで乗客が揃うから。

その後部屋に戻り、すぐに夕食です。「忙しいよー」とモンクを言いながら、
レストラン『ミケランジェロ』でフルコースのディナーをいただき、
シャンパンやビールを飲んで、気がついたら上機嫌♪

クルーズ069コスタフォーチュナ

夕食後カジノへ向かう通路では、3日後に船上で行われるベニスのカーニバルに
参加するためのレンタル衣装と仮面の予約を受け付けていました。

                                 つづく
                                 VOL.51






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村







                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.47 世界遺産『アルベロベッロ』

2013/ 08/ 11
                 
バーリ港からバスに乗って、アルベロベッロへ向かいました。

クルーズ051バーリ城壁『ノルマン・スヴェーヴォ城』

車窓から見えたお城は、『ノルマン・スヴェーヴォ城』。
ノルマン時代に建てられたという、要塞のようなお城です。
ベネチアとバーリ……。
同じイタリアの港町なのに、まるで違う国みたい。
世界30ヶ国以上、ヨーロッパだけでも19ヶ国を訪ねてきましたが、
イタリアは街の特色が濃い国ナンバーワンだと思っています。

バーリの街も歩いてみたいけど、私たちミーハー親子は有名な場所が好き。
それが世界遺産なら尚更です。
アルベロベッロはずっと前から知っていたけど、バーリという街の名前は、
今回初めて知ったのだから、やっぱり『アルベロベッロ』でしょ♪

クルーズ052アルベロベッロ

そして、約1時間、アルベロベッロに到着しました。
土産物屋や乾物屋などの露店が並んでいて、立ち止まりたいところですが、
はぐれると困るので横目でチラチラ見ながら、ガイドに続きます。

クルーズ053アルベロベッロ「こっちよ〜」

ツアーだと、こーゆーのがイヤなのよね〜。自由がなくて、忙しい……。
しかも一緒のツアー客は、日本人と中国人と韓国人。
ガイドが日本語や中国語をしゃべるわけでもないのに、欧米人とは一緒に
しないところが、なんとなく嫌な気分です。

クルーズ054アルベロベッロ『アルベロベッロ』

さてアルベロベッロは、「トゥルッリ」と呼ばれるとんがり屋根の家々が
建ち並ぶ街。このおとぎの国にありそうな可愛らしいトゥルッリは、
石灰岩を積み重ねた円錐形の屋根と真っ白な壁で出来ています。

誤解されがちなので言っておきますが…、
世界遺産に登録されているのは『アルベロベッロ』という街ではなく、
『アルベロベッロのトゥルッリ』なんですよ。

クルーズ055アルベロベッロ

一番下の石、引っ張ってみたくなりませんか?


                               つづく
                               VOL.48







     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村