バルコニー

        
category - 2018年国内クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.17 クルーズ9日目〜基隆停泊 船上から基隆観光!?

2018/ 05/ 25
                 
南国クルーズ159基隆港

基隆=きーるんと読むのですよ。なんか可愛い♥
コスタネオロマンチカは前夜から基隆港に停泊中です。
なのでいつでも遊びに行けるけど、雨。そして主人は寝たきり( ̄▽ ̄;)

南国クルーズ160基隆港

晴れたら一人でも上陸しようと思ってたけど、ずーっと雨が降っているので、船の上から眺めるだけ。道路を挟んで右手にセブンイレブン、左手にはスーパーマーケットがあり、便利な場所に停まっているようです。丘の上を仰ぎみれば、右手に塔のようなモノと左手に仏像らしきモノが見えます。

南国クルーズ161基隆港

道教寺院『慈安宮』(左)と『主普壇(中元祭祀文物館)』(右)。

南国クルーズ162基隆港

巨大な観音様と金色の狛犬が街を見下ろす『中正公園』。観音像は22.5mあり、内部は展望台になっているということです。

南国クルーズ163基隆港対岸

そして、対岸にもクルーズ船。後ろの山にはハリウッドサインのような「KEELUNE」の文字があります。

17世紀にスペインやオランダに占領されたり、19世紀にフランスと戦ったりと、台湾も波乱万丈。その後日本が統治していた時に、水深が浅かったこの港を大型船が入れるように整備したということ。だからこそクルーズ船の寄港地になっているのだけど、太平洋戦争後の引き揚げ船がここから出港したと知り、複雑な気持ちになりました。

南国クルーズ164基隆港

さて、雨でもオプショナルツアーに参加する人は居るらしく、ツアーバスは朝早くに出発した様子。日本を離れたら全て日本語ガイド付きになっていました。日本語ガイド、一人しか居ないのかと思ってたし…。

『台北ベスト』4.5時間、169ドル(国立故宮博物院、国立台湾民主化記念館、食事付)
『台北市内観光と国立故宮博物院』4.5時間、84ドル
『基隆市内と野柳地質公園』4.5時間、84ドル
『ランタンと九份』4.5時間、72ドル

九份に行ってみたかったな〜。映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった町で、バスで30分ほどで行けるそうです。

南国クルーズ165基隆港

結局船から一歩も出ないまま、17時に基隆を出港しました。
                                     つづく
                                     VOL.18


☆もくじはコチラ → 2018年南国クルーズ夫婦旅


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年国内クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.4 コスタクルーズの秘密

2018/ 03/ 10
                 
南国クルーズ018コスタネオロマンチカバルコニー

左舷のバルコニーからはお台場を望み、フジテレビの社屋が見えます。まぁ、フジテレビしかわからないのだけど(・・;)

南国クルーズ019コスタネオロマンチカ客室

ベッドの上にはスパや寄港地でのオプショナルツアー案内、船内新聞TODAY、コスタカードが並んでいます。

南国クルーズ020コスタカード

コスタクラブ会員だと、このようにコスタカードにランクが表示されます。コスタカードというのは、乗船手続きの時に撮られた写真が記録されていて、一人一人がいつも持ち歩くもの。客室の鍵であり、クルーズ中の精算用カードであり、身分証明書。飲み物を注文したり、カジノで遊んだり、スパを利用したり、免税店でお買い物をしたりと、船内でお財布代わりになり、寄港地での下船時と再乗船時には本人確認をするのです。

南国クルーズ021コスタカード

南国クルーズ022コスタカード

このクラブは年会費・入会金など一切不要なのに有効期限ナシの一生モノ。コスタクルーズを利用する度にポイントがたまってランクがあがり、様々なサービスが受けられるので、コスタに乗ったら会員登録をしておきましょうね。

南国クルーズ023コスタクラブ特典

私は4回目でパールメンバーなので、フルーツ盛り合わせとスパークリングワインとお水1本をいただきました〜。

南国クルーズ024コスタ灰皿灰皿

そしてコスタの良いところは、バルコニーでタバコが吸えること。
クルーズ船での喫煙可能な場所は、デッキの一部(隅の方)と一ヶ所のシガーラウンジ(屋内喫煙所)というのが殆どで、バルコニーキャビンでも喫煙禁止のクルーズ船が多いのです。一昔前はこんなに厳しくなかったのだけど…。ホテル同様どんどん肩身が狭くなってきている喫煙者に対して優しいコスタクルーズ♥コレ、おすすめポイントです♪

南国クルーズ025コスタ避難訓練

お部屋で寛いでいると、スピーカーから警告音!避難訓練が始まりました。クローゼットに備えられたライフジャケットを着て、集合場所へ。ライフジャケットとコスタカードに記されているので、私は『C』に向かいます。

南国クルーズ026コスタ避難訓練

持つのはコスタカードのみ。もちろんカメラやバックを持ったらダメです。持ってるし…(・・;)

南国クルーズ027コスタ避難訓練

エレベーターを使えないので、階段で9階へ。皆さんのんびり集まってきています。

                                     つづく
                                     VOL.5




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2018年国内クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.3 『コスタネオロマンチカ』バルコニーデラックス

2018/ 03/ 04
                 
南国クルーズ010コスタネオロマンチカ客室バルコニーからの客室

それでは『コスタネオロマンチカ』バルコニーデラックスキャビンをご紹介しま〜す。

南国クルーズ011コスタネオロマンチカ客室

ドアを開けると右手にバスルームがあり、洗面台とトイレとシャワールームが小さくまとまっています。

南国クルーズ012コスタネオロマンチカ客室

アメニティは小さな石鹸とシャワールームに固定されたリンスインシャンプー兼ボディソープの液体洗剤のみなので、シャンプー類や歯ブラシ、ひげそりなど、日常で必要な物は持参しましょう。まぁ忘れても寄港地で購入できるので困ることはないけどね〜。というのは今回、お化粧道具という女性として最重要アイテムを忘れてしまったのです。最初の寄港地・大坂で揃えたのだけど、スーツケースを開けたときのショックは忘れられません。開き直って高級ブランド品で揃えてしまおうかと船内の免税店へ行ったものの、香水や化粧水しか置いてなくて退散しました。

南国クルーズ013コスタネオロマンチカ客室

さて、客室に入って最初の行動は、スーツケースの荷物をタンスに収納すること。
あまり必要のないモノをスーツケースに残し、クローゼットにしまいます。

南国クルーズ014コスタネオロマンチカ客室

クルーズ船の客室は収納スペースが多く機能的に作られていて荷物がキッチリ収まるので、ホテルのようにスーツケースを広げっぱなしにしておくのは邪道。片付けてしまえばお部屋を広々と使えるので、タンスに収納しましょう。
バルコニーキャビンは24.2㎡(バルコニー含む)ということで、数字だけ聞くと狭そうだけど結構広く感じます。

南国クルーズ015コスタネオロマンチカ客室

そしてこの船の素晴らしい所はお部屋にポットがあるということ。クルーズ船で湯沸かしポットが設備されているのは初めてじゃない?昨年10月にマラガ(スペイン)から乗ったコスタメディタラニアにも、当たり前のように置いてなくて「ホットウォーターぷりーず」と、一日に何度もルームサービスに電話してはぬるいお湯を届けてもらっていたので、自由にお湯が沸かせるのはとても嬉しいことです。



洗面所のお水は飲料水として使えないので、船内で販売されている1本3ドルのミネラルウォーターを使うことになりますが、生きるために必要なので惜しまず支払いましょう。最初はその高額さに抵抗があるけれど、しばらくすると慣れます。また、客室には紅茶、カモミールティーなど弱冠のティーバッグも用意されていますが、自由にお湯が沸かせるので好みのお茶を持ち込みましょう。私はいつもブルックスコーヒーを持参しています。

南国クルーズ016コスタネオロマンチカバスローブくしゃくしゃだけど…バスローブ

あと、一番驚いたのはバスローブとスリッパが用意されていること。すべての客室にあるのかは不明だけど、バスローブはスイートルーム以外に置いてないと思ってたし、

南国クルーズ017コスタネオロマンチカ客室

何度かクルーズ船に乗っているけど、スリッパが用意されているのは初めてです。

その他、ドライヤー、金庫、ミニバーは標準設備のよう。備品は客室によって違うだろうし変更される事もあると思うので、あくまでも今回の設備だと思って下さいね。

                                     つづく
                                     VOL.4



☆もくじはコチラ → 2018年南国クルーズ夫婦旅


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2018年国内クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.1 ついに体験♪初めての国内クルーズ

2018/ 02/ 22
                 
南国クルーズ01コスタネオロマンチカ

久々に行ってきたばかりの旅行記を書こうとしています。
ブログを始めた頃は計画中からタイムリーな発信をしていたのに、時の流れに身をまかせ…、遠く過ぎ去ったお話しばかりになっていたので、反省。
今年からは新鮮な情報もお知らせしようと心に決めました。

さて、「冬は寒いから働く時じゃない」と言ったのは、3年前の主人。
ガレージを横浜から笹子(山梨県)に移した後、山梨のあまりの寒さにへこたれて、真冬は仕事をしないで旅行へ行くことに決まったのです。

南国クルーズ02コスタネオロマンチカ

ということで今年の冬旅行は、晴海埠頭発『沖縄・台湾あったか島めぐりクルーズ』。
「なんでソレを選んだの?」と聞かれる事が多く、「安かったから」と答えていたけど、
どの位安かったのかというと、 普通の3分の1というお値段!!
1年前から正規料金で予約していた方々には申し訳なく、大きな声では言えないのですが…、
『内側席46,800円〜』などというメールを受けとってしまったので、検討を始めたのが始まりです。喫煙者の私達はバルコニー席じゃないとダメなので料金を見ると…77,800円!?と、港湾税を入れても10万円程度。10泊11日のクルーズだから1泊1万円ほどで、快適な客室と全食事付きって、安すぎでしょ?一番安いお部屋なら夫婦+子供2人=14万円で体験できるのだから、東京から大阪のユニバーサルスタジオへ行って2泊するのと同じ位のお値段です。

ヨーロッパ発着のクルーズ船ならもっと安いこともあるけれど、日本発着でのクルーズ料金は値引額が小さくて、直前でも半額になれば飛びついた方がよい程なのです。
で、日程をよく見ると到着地が香港。
で、で、よくよく調べると香港到着日が中国の春節に近いため、直行便で帰れるANA、JALは満席です。なるほど…、日本人観光客が喜ばないクルーズなのですね。

めげずに帰り便の検索をしたところ、上海経由ならかなり空いている様子。
ならばと、主人と母のデルタマイレージを私の口座に集めたら、二人でビジネスクラスの予約が可能になりましたヽ(´▽`)/ビジネスクラスなら経由便でも我慢できるし…。そして到着地の香港からそのまま帰りたくないので2泊することにして、12泊13日の旅行が決まった次第でございます。

『クルーズ=セレブ』という思い込みは日本人だけ。子供料金が無料になるので、ヨーロッパやアメリカでは普通の家族旅行で使っている旅スタイルのひとつなのです。
さぁ、船に乗りましょうヽ(´▽`)/

                                     つづく
                                     VOL2.


☆もくじはコチラ → 2018年南国クルーズ夫婦旅


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

ハワイ親子旅行Vol.9 『アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル』スイートルーム

2018/ 01/ 10
                 
ハワイ056-アクアオアシス

予約したお部屋は1ベッドルームスイート・キチネット付、65㎡。
シェラトンワイキキのスイートルーム1泊分で2.5泊できるという、嬉しいお値段です。

ハワイ057-アクアオアシス

スイートルームといっても真ん中の間仕切り(木製のアコーディオンカーテン)を閉じると二部屋になるだけなので、デラックスジュニアスイートとカテゴリー変更をした方が良いのでは?と思いますが…。

ソファーをベッドにしてしまうとリビングスペースで寛げなくなってしまうので、ベッドとソファーの間にエキストラベッドを入れてもらったため、青緑の扉を閉めることは一度もなくジュニアアスイート感覚で使用。

ハワイ058-アクアオアシス

ベッドの横にバスルームがあり、

ハワイ059-アクアオアシス

深めのバスタブと可動式のシャワーヘッドで、快適なバスタイムを過ごせます。
3人分のタオルがセットされているだけで感激なのに、なんとトイレにウォシュレットが付いてる〜!コレ、海外では珍しいのです。

ハワイ061アクアオアシス

バスローブやスリッパがないのは当たり前と思っていたけど、アメニティはオーガニックブランド『PAYA』のもの。

ハワイ060アクアオアシス

洗面台の木目に古さを感じますが、清潔な感じなので気になりません。

ハワイ062-アクアオアシス

そして広過ぎず狭過ぎない(ちょうど良いと言いなさい)キチネットには、

ハワイ063アクアオアシス

大きな冷蔵庫と電子レンジ、トースター、コーヒーメーカー、調理器具を完備。
ルームサービスはないけどデリバリーサービスを受けられる、ホテルの快適さとコンドミアムの便利さを併せ持ったこのようなお部屋は、長期滞在に最適です。ホテルタイプやキチネット付きのジュニアスイートもあり、全てバルコニー付き〜ヽ(´▽`)/
とにかく、立地・施設・設備・サービスと、三つ星ホテルとは思えない充実度で、オススメのホテルです。ゲーム機PS3もあったし…。

ハワイ064アクアオアシス眺望

ルワーズ通り側ではないバルコニーからの眺望は、工事中の建物と遠くに海らしきものが見える程度で特筆することがないと思っていたけど…、なんと金曜日の夜にヒルトンの花火が観えました(*^▽^*)

                                     つづく
                                     VOL.10


アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル(エクスペディア)



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2016年8月マカオ

マカオ親子旅行Vol.5 『グランド・ラパ・マカオ』客室

2016/ 11/ 15
                 
マカオ606グランドラパ

『グランド・ラパ・マカオ』スイートルーム(64㎡)です。
ドアを開けると左手に個室トイレがあり、その先がリビングルーム。
ゆったり寛げそうなソファーがイイ感じ♪胡蝶蘭はニセモノだけど…(・・;)

マカオ607グランドラパ

電気湯沸器、コーヒー・紅茶・お茶セットとネスプレッソマシーンが
備わっていて、まずは合格。湯飲み茶碗が用意されているのは珍しいですね。
でも2組しかないんですけど〜!

マカオ608グランドラパ

そしてリビングルームの扉を開けると、ベッドルームとバスルームがあります。
普通のお部屋はこちら側だけ(32㎡)みたいですが、2人なら充分な広さ。
チーク材を使った家具と明るいベージュ色の壁とカーペットが調和していて、
とても落ち着きます。

マカオ609グランドラパ

なのにエキストラベッドが入ると格好悪くてイヤ〜ン(・・;)

マカオ610グランドラパ

各部屋にテレビがあり、寝室にはiPhoneドックまで置かれて、設備も充実。

マカオ611グランドラパ

バスルームは普通な感じで、スイートルームだからと特別ではない様子…、

マカオ612グランドラパ

バスタブ、バスローブ、スリッパ、アメニティは全室共通みたいです。

マカオ613グランドラパ

ちょっと目を惹いたのは、バスソルトとコットンが入った陶器と補充の
トイレットペーパー入れかな?

マカオ6030グランドラパ

さて、さて、待望のバルコニーで〜す♪
こちらは”リゾートビュー”のお部屋で、 左手に聳えるのは『サンズ・ホテル』、
真ん前には南シナ海とタイパ島を望み、眼下はホテルのリゾートエリア。
小さなバルコニーだけど、マカオでバルコニー付きのホテルは少なく、
3名1室となるとさらに少ないので探すのに苦労しました。

反対側の”シティビュー”は、マカオ最大級のイベント『マカオグランプリ』を
眺められるということで、その時期は倍以上の料金になるんですって(゜◇゜)

                              つづく
                              VOL.6



グランド・ラパ・マカオ(Grand Lapa, Macau)



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.42 クルーズ1日目〜ベネチア出港

2013/ 07/ 28
                 
シャンパンを飲み、盛り上がってきたところで船が動き出したので、
再びバルコニーへ♪

クルーズ030水先案内船

水先案内船が私たちを乗せたコスタ・フォーチュナを誘導しています。
そして湾内を出て左に曲り、ジュデッカ運河へ。
右手にジュデッカ島が見えるこの部屋は右舷側。7273号室です。
寄港地へどんな風に接岸するのか予想しながら、右舷を選んだのですが、
右舷と左舷、どちらが良いのかわかるのは、このクルーズが終わった時。

クルーズ032ジュデッカ運河ジュデッカ島

すでにリラックスムード全開な私たちは、キチッとした格好をしてデッキには
行けません。シャンパン飲んでるし…、バルコニーからの景色で充分満足。
見下ろす風景が、ヴァポレットから見える景色とはちょっと違っていて、
上から目線で面白いです。

クルーズ031ヒルトン・モリノ・スティッキー『ヒルトンホテル』

さて…、あの立派な建物は『ヒルトン・モリノ・スティッキー・ホテル』。
ベネチア本島は干潟(ラグーナ)だから地盤が弱いけど、
ジュデッカ島やリド島といった”島”なら大きな建築物も建てられるのね……。
と、改めて「沈没してしまうかも」と言われているベネチアの儚さを感じました。
あの美しい街が水没してしまうなんて、考えたくない未来。
〜〜なんていう切ない気持ちは私だけのもの。能天気な私の家族は、
「次はヒルトンに泊まりたいね〜」なんて話しながら、流れる景色を眺めています。

クルーズ033レデントーレ教会『レデントーレ教会』

そしてあっという間にジュデッカ運河を抜けて右折し、左折してリド島沿いに走って
行きます。まっ、滞在していたリド島からヴァポレットに乗ってマリッティマ港に
向かった道程を、大型客船で戻ってるだけなんですけどね〜。

クルーズ034リド島リド島

クルーズ035リド島                                  『 ヴィクトリア・パレス・ホテル』

やがて私たちが滞在したホテル『 ヴィクトリア・パレス・ホテル』が見えてきました。
4日前、ホテル前のバス停からクルーズ船を見上げ、手を振っていた私は、
今、同じような船に乗って手を振ってますが……、ちょっと王様気分。
私はチビなので人を見上げる事が多いけど、見上げられるのって、
こんなに気分が良いものなのね〜〜♪

クルーズ036モーゼ計画

そして外海に出る所で見たものは、『モーゼ計画』の一部でしょうか?

                                つづく
                                VOL.43


*モーゼ計画
 水没を防ぐために、アドリア海との間に可動式の防潮堤を設けるという案。

☆『 ヴィクトリア・パレス・ホテル』 → 地中海クルーズ親子旅Vol.13
『ヒルトン・モリノ・スティッキー・ホテル』





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.41 『コスタ・フォーチュナ』バルコニー

2013/ 07/ 26
                 
さらにもう一つのお部屋、バルコニー。

クルーズ024バルコニー

3年前にエーゲ海クルーズ(アテネ発)をした時は、この船よりもずっと
小さな船でした。そしてその時もスイートルームを選んだのに、バルコニーなし。
丸い窓がいくつかあったけど、窓越しの景色がイマイチなので、
出入港時はデッキへ行って眺望を楽しんでいましたが……、
今回バルコニーがあって、付いてることのありがたさをつくづく感じました。

クルーズ025バルコニー

デッキに出れば海は見えるし、窓だけでも海は見えるけれど……、
パジャマ姿でビールを飲みながら、潮の香りに包まれて海を眺めることができる
ということが、どんなに幸せな時間か、想像して下さい。
あっ、それと……、堂々とタバコが吸える場所!室内は全室禁煙だし…。
まぁ、とにかく開放的♪何度も出入りすることで、室内の空気も違います。

クルーズ026マリッティマ港

「あの船よりも私たちの方が大きいね〜」とか、
「あの鐘楼は、サン・マルコ広場のかな?」とか言いながら、
景色を眺めていられるのも、プライベート・バルコニーがあるからこその余裕。

クルーズ027マリッティマ港

バルコニーがなければ、さっさと荷物を片付けてデッキに行かないと、
こんな風景を楽しむことも出来ないのだから。

なので断言させていただきます。「迷ったら、バルコニー付きを選べっ!!」
普通の部屋(ツインルーム)でもカテゴリーが色々ありますが、
”海が見える部屋”にするか、”バルコニー付き”にするかと悩んだら、
思い切ってバルコニー付きを選びましょう。

クルーズ028オードブル

さてさて……、バルコニーで騒いでいたら、オードブルが届きました。
そうそう、スイートルームは専属バトラー付き!
その、私たちの執事がオードブルを運んできたのです。

クルーズ029シャンパン

それじゃ乾杯しましょー。
ずっと気になっていたシャンパンを開けて、
「地中海クルーズにかんぱ〜い♪」

                               つづく
                               VOL.42



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ