FC2ブログ

ビール

        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト

2020/ 04/ 18
                 
スペイン中東489カイロコンラッド

ぼったくりタクシーで向かったのは、ナイル川を見下ろすように建つホテル『コンラッドカイロ』。空港から17km、40分位で到着しました。物騒なお国柄からか?ホテルの敷地内にゲートがあり、一旦止められて車のトランクの中を確認後にチェックイン。

スペイン中東490カイロコンラッド

スペイン中東491カイロコンラッド

エントランスに入れば、立派なフロントとヤシの木が植えられたオアシスのようなロビーラウンジがあり、5つ星ホテルならではの優雅な空間になっています。

スペイン中東492カイロコンラッドホテル

中東料理、アジア料理、各国料理など多彩な味を楽しめるレストランは6軒。他には、プール、サウナ、24時間利用可能のフィットネスセンターを備え、カジノも併設しているので、街中に出なくても楽しく過ごせます。

スペイン中東493カイロコンラッドOAK

そんな充実施設の中、ホテル内を探索することもカジノへ行くこともせず、利用した施設はレストラン『OakGrill』のみ。

スペイン中東494カイロコンラッドOAK

レバノン料理のレストランで、絵皿が飾られた入口の雰囲気が気に入ったので選びました。

スペイン中東495カイロコンラッドOAK

スペイン中東496カイロコンラッドOAK

ひよこ豆のスープと子羊のグリル、あと何だっけ?レバノン料理は初めてなので恐る恐る注文したけれど、すべてが美味しかったです。
トルコ料理のようなギリシャ料理のような、モロッコ料理のような…、地中海風の味わいでオリーブオイルやハーブ、ヨーグルト、レモンを使って調理。重厚感のあるパンもモロッコのホブスによく似ていました。

スペイン中東497エジプトビール

ここでちょっとビールのお話しを。
エジプト国内産ビールの代表は、SAKARAとSTELLA。アルコールを忌み嫌うイスラム教国なのにビールを醸造しているというのは、どういうことなのか不思議だったので調べてみました。エジプトのビールは紀元前3000年頃から醸造されていたといわれ、エジプト神話にも出てくるということ。古代エジプトでは日常的にビールが飲まれていたらしいです。エジプトがイスラム帝国に征服されてウマイヤ朝の一部になったのは7世紀。紀元前5000年頃からの歴史を思えば、イスラム化したのはたかが1400年ということになりますね。だからこそ飲酒にも寛容なのかも知れません。

スペイン中東498カイロコンラッドロビー

さて、優雅な気分でチェックインを終えてソファー席に案内され、ピラミッド観光の営業を受けました。「ピラミッドへ行く予定ならタクシーを手配しませんか?」という話。ぼったくりタクシーの運転手は40ドルでチャーターできると言ってたけど、こちらは50ドル(ノーマルタイプの料金。ちょっと良いリムジンタイプは60ドル)で送迎するという話です。ギザにあるピラミッド観光の会社に案内して、ホテルに戻ってくるということ。現地では乗馬でのピラミッド観光が1人100ドルというのです。何でドルなんだ?とは思いながらもホテル手配なら安心。バスや電車でギザへ行って交渉すればもっと安くなるかも知れないけれど、交渉が面倒くさいし、ホテルのお墨付きなら誘拐される心配もないのでお願いしました。

さぁお部屋に行きましょう♪

                                     つづく
                                     VOL.40






☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆カサブランカでモロッコ料理 → スペイン+中東夫婦旅Vol.30




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.26 クルーズ〜カディス入港・散策

2019/ 12/ 15
                 
スペイン中東317カディス入港

前日19時にマラガを出港したコスタメディタラニアは地中海を西に向かい、夜中にジブラルタル海峡を通って、大西洋へ。朝8時、夜明け前のカディス港に入港しました。
カディスという街は、マラガ同様紀元前1000年頃にフェニキア人に造られたヨーロッパ最古の街のひとつ。ローマ帝国、西ゴート王国、イスラム教徒に支配された後、レコンキスタによってキリスト教国の統治下に置かれ、スペイン王国の一部になったという歴史深い街です。

スペイン中東318カディス

船のオプショナルツアーではセビリア観光が一番人気らしいけど、片道2時間かかるのでパス。フェリーターミナルを出ると広い道路になっていて、街を巡る観光バスの乗り場もありますが、大した見どころはなさそうなので旧市街をブラブラすることにしました。

スペイン中東319カディス噴水ハト

スペイン中東320カディス憲法記念碑

さぁ散策を始めましょう。旧市街の中心地に向かって少し歩くと公園があり、その先に現れたのが『1812年憲法記念碑』。スペイン最初の成文憲法が採択された時の記念碑です。ちなみに、ヨーロッパで憲法を学んできた伊藤博文他が起草したという大日本帝国憲法が公布されたのは1889年。西洋に遅れながらも、日本はアジア初の近代的国家になりました。

スペイン中東321カディス地図

さて、地球の歩き方で説明されているのは、カテドラルと博物館とサンフェリペネリ礼拝堂だけ。なのにカテドラル以外は月曜日のためお休みです。(^◇^;)

スペイン中東322カディスサンアントニオ広場

スペイン中東323カディスサンアントニオ教会

15分ほど歩いていくと、大きな広場と立派な教会に出くわしました。ガイドブックの地図には『サンアントニオ広場』の横に教会マークだけだし…。

スペイン中東324カディスサンアントニオ教会

『サンアントニオ教会』です。ポルトガル生まれの教会博士・聖アントニオを祀った教会で、子供を抱いた姿が目印。聖アントニオは多くの奇跡を起こしたといわれ、様々な街で祀られているので、パドヴァ、アルベロベッロ、リスボン、マカオの教会を訪ねているし、大きな教会の中にある礼拝堂でも見かける人気者です。

スペイン中東325カディスサンアントニオ教会

内部は一部修復中。

スペイン中東326カディスサンアントニオ教会

スペイン中東327カディスサンアントニオ教会

大きな教会ではないけれど、礼拝堂がいくつかあり、小さなステンドグラスや宗教画が飾られています。

スペイン中東328カディスサンアントニオ教会

気になったのは、主祭壇に並ぶ小さな人形。多分意味があるのでしょう。この教会、情報が全くないのです。

スペイン中東329カディスサンフェリペネリ礼拝堂

さらに路地を300mほど歩いて『サンフェリペネリ礼拝堂』を見つけたけど、休館中。ここで1812年憲法を公布したということです。祭壇画がムリーリョの『無原罪のお宿り』だと書いてあったので、これは観たかった。

スペイン中東330カディス中央市場

さらに300m歩くと『中央市場』があり、

スペイン中東331カディスカフェ

周辺にカフェやバルが並んでいたので、休憩。
ビール2.2€、スムージー3€と、フルーツジュースよりビールが安いので私はビールにしました。アレ?

                                     つづく
                                     VOL.27





☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆聖アントニオ教会(マカオ) → マカオ親子旅行Vol.8
☆聖アントニオ聖堂(パドヴァ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆サンタントニオ教会(アルベロベッロ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆聖アントニオ教会(リスボン) → ポルトガル親子旅行Vol.18





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.21 アルカサバと旧市街inマラガ

2019/ 11/ 08
                 
スペイン中東259マラガアルカサバ


スペインを旅していると街々で出くわすアルカサル。これはお城や宮殿のことで、アラビア語源です。で、マラガにあるのはアルカサバ。アルカサルがちょっと訛ってるワケではなく、『砦』という意味になります。

スペイン中東260マラガアルカサバ

スペイン中東261マラガアルカサバ

ローマ帝国が造った城塞跡にベルベル人(ムーア人)が砦(アルカサバ)を築いたのは11世紀。ここはスペインにあるアルカサバの中で保存状態が一番良いということです。

余談ですが…。
〜〜ベルベル人とは北アフリカの先住民族。ローマ帝国の支配下ではキリスト教徒でした。その後7世紀にアラブ人がエジプトを征服した後、北アフリカ一帯のベルベル人が暮らす領域も支配したため、イスラム教徒に改宗。
そして8世紀、西ゴート王国を滅ぼすためにアフリカ大陸から派遣されてきたのがベルベル人で、イベリア半島はそれから約800年の間イスラム帝国が続きました。〜〜

スペイン王国の歴史よりローマ帝国やイスラム帝国の時代の方が長いのです。

スペイン中東262マラガアルカサバ

スペイン中東263マラガアルカサバ

さて、アルカサバを見学しましょう。美しい幾何学模様を施した建築物とイスラム式庭園を楽しみながら、複雑な階段を上って行きます。

スペイン中東264マラガアルカサバ

レンガと石を組み合わせて造られた壁は興味深く、どうやら私はイスラム芸術が好きなのだと自覚しました。イエスキリストや聖母マリアの像やイコンより、自然を素材にしたモザイク画の方を美しい、と感じます。

スペイン中東265マラガアルカサバ

さらに砦内を歩いていくと、地中海を望む見晴らしの良い場所がいっぱい♪海岸との間に見える円形の建物は、19世紀に造られた『マラゲータ闘牛場』です。

スペイン中東266マラガアルカサバ

城壁は丘の上にあるヒブラルファロ城まで続いている様子ですが、閉鎖されていました。

スペイン中東267マラガ旧市街

そしてアルカサバ麓の旧市街へ。

スペイン中東268マラガカテドラル

スペイン中東269マラガカテドラル

カテドラル(エンカルナシオン大聖堂)は旧市街のランドマーク。レコンキスタによりマラガを支配したカトリック両王の命により、メスキータ(モスク)跡に建設されました。

スペイン中東270マラガエピスコパル宮殿

斜向かいに建つエピスコパル宮殿は、18世紀に建てられたバロック様式の建物。入口の大理石装飾が立派です。

スペイン中東271マラガdelOlivo

近くにピカソ美術館もあるけれど、私たちはレストランへ。多くの飲食店がひしめく中、アンダルシア料理レストラン『LaReservaDelOlibo』を選びました。カテドラルの前の道を西に向かって200mほどの場所にあります。

スペイン中東272マラガdelOlivo

スペイン中東273マラガdelOlivo

ビールとワイン、ロシアサラダ、サラミ、パエリアで69ユーロ。

スペイン中東274ラガdelOlivo

高級そうな店構えだけど、それ程高くなかったです。お酒が安いからかな?

                                     つづく
                                     VOL.22




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.20 マラガ〜コスタデルソルの休日

2019/ 10/ 29
                 
スペイン中東248マラガ


スペイン南部のアンダルシア地方は、南に大西洋とジブラルタル海峡、地中海に面する海岸を持ち、海の向こうはアフリカ大陸。西側はポルトガルに繋がっています。そして地中海沿岸にあるマラガは、スペイン屈指のリゾート海岸『コスタ・デル・ソル』の中心にある街。地中海性気候のためお天気がすこぶる良く、年間日照日数300日以上という楽園のような街です。

マラガの歴史は深く、紀元前1000年頃にフェニキア人によって建設され、その後ローマ帝国が支配。紀元後にローマ帝国が崩壊した後は西ゴート王国に、8世紀初頭から約800年程はイスラム教徒に征服されました。そしてレコンキスタ(国土回復運動。複数のキリスト教国によるイスラム教国からのイベリア半島再征服活動)により、15世紀にスペイン王国が征服。スペイン王国の一部として現在にいたります。

街を一望できるアルカサバやヒブラルファロ城などなど、歴史を残す観光名所が多く、芸術家ピカソが生まれ育ったということから生家や美術館もあって、小さな街だけど見どころが豊富。

スペイン中東249マラガビール

スペイン中東250マラガワイン

また、物価が安く、スーパーでは缶ビール1本0.7ユーロくらいと水並みのお値段で、ワインは2ユーロ台から並んでいます。

スペイン中東251マラガバル

スペイン中東252マラガバル

バルへ入ってもビールやワインがソフトドリンクと同じ値段!?
タパスとビール(CANA=グラスビール)セットで1〜4ユーロという手軽さです。

スペイン中東253マラガ馬車

そんな街ではとにかくお散歩♪

スペイン中東254マラガ観覧車

ホテルから旧市街方面に歩いていくと、海側に観覧車が見えます。ここまでで15分位。観覧車の麓はバスターミナルになっていて、トレモリノスやネルハ他、近隣の街まで行くことができます。国鉄駅の裏側にもバスターミナルがあったけど、あちらはグラナダやミハスなどへ行く中〜長距離用。

スペイン中東255マラガ海岸

海岸沿いに進んで行くと緑豊かな公園があり、ぱぁっと開けたリゾート感たっぷりの港が見えてきました。

スペイン中東256マラガ大学

さて、ここから内陸部に向かうと旧市街で、道路の向こうに見えるのはマラガ大学。

スペイン中東257マラガアルカサバ

横道を奥に進んでいくと城塞が見えてきました。『アルカサバ』。
イスラム時代の城塞です。

                                     つづく
                                     VOL.21


スペイン中東258マラガビール12本6.35ユーロヽ(´▽`)/



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

2018年マレーシア+ブルネイ旅 もくじ

2019/ 01/ 23
                 
VOL.01 永遠に平和な国・ブルネイを知ってますか?
VOL.02 ブルネイ・ダルサラーム入国
VOL.03 7つ星!?『ザ・エンパイアホテル&カントリークラブ』
VOL.04 『ザ・エンパイアホテル』オーシャンルーム
VOL.05 ラマダンとブカプアサとハラールと
VOL.06 ブルネイの王様が施主!?ニューモスク
VOL.07 ラマダン中のブルネイ観光
VOL.08 『ラディソンホテル・ブルネイダルサラーム』
VOL.09 『ラディソンホテル』スイートルーム
VOL.10 ラマダン中要注意!!観光客にも厳しいブルネイ
VOL.11 ブルネイ王室の博物館『ロイヤル・レガリア』
VOL.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』
VOL.13 厳しいけど平和な国でコーランを知る
VOL.14 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』
VOL.15 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』スイートルーム
VOL.16 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』エグゼクティブラウンジ
VOL.17 『マカンキッチン』と『グランドママズ』
VOL.18 手軽に森林浴♪『ボタニカルガーデン』
VOL.19 独立の象徴『国立モスク』と詐欺師!?
VOL.20 初めてのKL滞在にオススメ♪『ウェスティン・クアラルンプール』
VOL.21 『ウェスティン・クアラルンプール』スイートルーム
VOL.22 『ウェスティン・クアラルンプール』クラブラウンジと朝食ビュッフェ
VOL.23 イタリア料理『PREGO』inウェスティン
VOL.24 ブキッビンタンで喫煙可のダイニングバー5選♪
VOL.25 KLゴールデンラウンジ初体験


KLブルネイ288ブルネイモスク



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.24 ブキッビンタンで喫煙可のダイニングバー5選♪

2019/ 01/ 14
                 
KLブルネイ258ビール

マレーシアの最高気温は年間を通じて30℃以上、最低気温は23℃前後です。
ということは……一年中暑い。
ということは……、昼間っからビールを飲みたくなる。
なのにアルコール料金が高い(。・・。)

コレだけは覚悟しましょう。私はかなり慣れてきたので、もう1杯千円にビビりません。マレーシアはイスラム教国なのに、お金さえ払えば自由に飲めるんだし、高額が嫌ならコンビニやスーパーで日本よりちょっと高めの缶ビールも買えるのだから、ありがたい限り。
ブルネイのような敬虔なイスラム教国に滞在すると、ましてやラマダン中に5泊もしてしまうと、食べたり、飲んだり、吸ったりを自由にできる普通の毎日がどんなに幸せなことか、思い知らされます。

KLブルネイ259ハッピーアワー

ということで、旅行記の最後に私たちがブキッビンタンで利用している、ダイニングバーをご紹介しましょう♪いずれも喫煙可能でハッピーアワーがあるお店です。

KLブルネイ260ハッピーアワー

まずはショッピングセンター『パビリオン』内から3軒。
あまりにも巨大なので飲食店も多彩で、レストランも多く紹介されていますが、屋内の店舗は禁煙です。しかしこの建物には、ブキッビンタン通り側からKLCCタワーへ歩いて行ける空中歩道への通路があり、ここがオープンエアになっているので、大体の店舗が喫煙可能ヽ(´▽`)/オープンエアといっても吹き抜けになっているだけで屋根があるから雨が降ってもへっちゃらです。

KLブルネイ261レストラン

KLブルネイ262レストラン

『QUIVO』イタリア料理。
パスタやリゾット、窯焼きピザを楽しめる人気のお店です。
インテリアも素敵で、1品30RM前後。


KLブルネイ263レストラン

KLブルネイ264レストラン

『LaBoddega』スペイン料理。
パエリアやアヒージョ等、スペイン料理の他にサンドイッチもあり、昼食にも便利。タパスもあるので、ちょっと1杯のバル感覚で利用してます。


KLブルネイ265レストラン

KLブルネイ266レストラン

『O'Galito』地中海料理。
ビールの種類が多く、ハッピーアワーの前の時間にスーパーハッピーアワー!?ギリシャサラダ、美味しかった〜。


そして残りの2軒は、パビリオンが建つブキッビンタン通りをモノレール駅に向かい、ブキッビンタン駅を越えて約300m、CIMB銀行の先にある『bbPark』という商業ビルの中。カジュアルなダイニングバーが並んでいます。この一角はたまたま見つけて何度も通ってますが、ガイドブックでは紹介されていない場所。日本人に会ったことがありません。

KLブルネイ267レストラン

KLブルネイ268レストラン

KLブルネイ269レストラン

『MATAHARI』多国籍料理。
マレーシア料理、イタリア料理、ハンバーガーやケバブと料理の幅が広く、おいしいです。
MeeMamak22RM、ケバブ盛り合わせ55RM。


KLブルネイ270レストラン

KLブルネイ271レストラン

KLブルネイ272レストラン

『WarmupCLUB』多国籍料理も提供するクラブ。
ハンバーガーやサンドイッチ、ピザ、パスタなど、軽食が20RM前後という気軽なお店です。なんと21時までハッピーアワー♪

高額なアルコールもハッピーアワーを利用すれば2杯分の料金で3杯飲めるので、騙されたと思って行ってみて下さい(*^▽^*)

                                     つづく
                                     VOL.25



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
☆パビリオン → マレーシアいろいろVol.6





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.14 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』inクアラルンプール

2018/ 10/ 18
                 
クアラルンプール国際空港に到着。
いつものようにタクシーチケットを購入してホテルへ向かいました。

KLブルネイ140ダブルツリー外観

   ☆クアラルンプールのタクシーチケット → マレーシアいろいろVol.2

空港にはコンビニがあってお酒や軽食などを調達できますが、目指すホテル『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』は『ザ・インターマーク』という大きな商業ビルの中にあり、大型スーパーや飲食店も入っているのでお買い物の必要なし。

実は昨年5月にも宿泊していて、居心地が良かったので今回も選びました。

KLブルネイ141ダブルツリーロビー

KLブルネイ142ダブルツリーロビー

ゴールデントライアングルと呼ばれるクアラルンプールの中心地に建ち、LRT(高架鉄道)アンパンパーク駅まで徒歩5分、ペトロナスツインタワーまで徒歩15分と、立地も便利。私たちが足繁く通うブキッビンタン駅へ行くには一度乗り換えが必要だけど、1時間歩けば行けるし、KLセントラル駅まで15分程なので、観光の拠点として充分満足できるホテルです。

KLブルネイ143ダブルツリー

KLブルネイ144ダブルツリー

施設は、伝統的なマレーシア料理をはじめインド、中国、プラナカンなど多彩なアジア料理が楽しめるレストラン『マカン・キッチン』等、5軒のレストラン&バーがあり、

KLブルネイ145ダブルツリープール

フィットネスセンターはサウナ付きで24時間利用可能、 海水プール(屋外)にはプールバーもあり、快適。

KLブルネイ146ダブルツリー

とっておきの秘密は、エグゼクティブルーム宿泊客だけが利用できるラウンジにツインタワーを望むテラスがあって喫煙できることです。

KLブルネイ147ダブルツリー

さて、名物のオリジナルクッキーを頂いてチェックインしたのは20時近く。久々にビールを飲めると思っていたらエグゼクティブラウンジのカクテルタイムは19時半まで(・・;)

KLブルネイ148ダブルツリー

荷ほどきもホドホドに階下のスーパーへ買いに行きました。
タイガービール320mlの缶ビール6本セットで32.92RM(約900円@150円)。え?安い!
日本より物価が安いマレーシアでもお酒の価格は日本並みと認識しているので何度も見直したし、レシートも見たけど間違ってませんよ。

   ☆マレーシアのお酒の話 → マレーシアいろいろVol.5


KLブルネイ149ダブルツリー

ちなみに1,5Lの水は1.99RM(約55円)。フルーツや野菜、チーズなどもあったので、庶民も利用しているスーパーマーケットなのかな?穴場かも〜。

                                     つづく
                                     VOL.15


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.2 ブルネイ・ダルサラーム入国

2018/ 07/ 19
                 
KLブルネイ009空港モスク

クアラルンプール空港から2時間20分、ブルネイのバンダル・スリ・ブガワン空港に到着しました。空港の横にモスクがあるという風景は初めて。小さいけれどとてもきれいな空港です。

KLブルネイ010ブルネイ空港モスク

入国審査はスムーズに進み、思っていたほど面倒くさい国ではないかも…と思い始めた頃、最後の最後、出口寸前で荷物検査(^◇^;)
ムスリム服を着た人々はスルー、洋服の人(とても少ない)だけ振り分けられて、邪悪な人間を取り調べます。「お酒持ってない?」と聞かれたので、「はい、持ってます」と正直に答え、クアラルンプールの空港で購入したワインを見せて申告書を書きました。一人あたりワインやウイスキー2本(2L)と、ビール(330ml)12本まで持ち込むことができるそうです。この情報、インターネット上では数字がバラバラだったので…。
ええまぁスーツケースで眠っている紙パックの黒霧島は、バレても許容範囲なので面倒くさいから言わなかったけど…。

そして私が申告書を書いている間、主人は荷物の中身を調べるX線検査装置にスーツケースを通すように言われて1つめを通したところ、4人のスタッフが画像を見ながら「これはタバコじゃないか?タバコだろ?ウンウン」みたいな会話を始めたらしいので、「タバコだよ、お金払うよ」と、男前な対応をして2カートン分バーンとシンガポールドルで支払って…。え?200ドル(16,000円)?ネットでは1本0,25ドル(20円)と書いてあったけど、倍なワケ?罰金なの??

どうやら情報が古かったみたいで、現在は1本0.5ドルに値上がりしたらしいです。手荷物は無事だったので、吸いかけのものは見つからなかったけど、冷静になって考えてみたら1カートン放棄した方がよかったということ。日本では1本20円のタバコを羽田の免税店で15円で買って、ブルネイで55円になったという笑い話です。旅行中はそんな高額タバコを吸ってたけど、当然味は同じ。皆様、必要最低限のタバコを持って入国して下さいね。

KLブルネイラ011ブルネイ空港

ということで、高い税金を払ってイスラム国の洗礼を受け、到着ロビーへ。

KLブルネイ012ブルネイ空港

主人がSIMカードを買ってる間、マーケットを探しに上階の出発フロアへ行き、コンビニエンスストアを見つけてお水とポテトチップを買いました。
SIMは1GB10ブルネイドル(BND)約800円、水は1.5L約100円(1.2BND)。
1BND=約80円、シンガポールドルも使えますが、シンガポールでブルネイドルは使えません。香港とマカオの関係と同じかな。家で眠っていたシンガポールドルを持ってきたので、そのまま使いました。

KLブルネイ013ブルネイ空港

こぢんまりとしたターミナルビルには、数件の土産物屋等ショップとコンビニ、レストラン、コーヒービーン&ティーリーフ、ケンタッキーフライドチキン、バーガーキングなどが入り、10店舗程しかないけど不便は感じません。当たり前のように喫煙所はないけど、お祈りはできるし。

さぁホテルへ向かいましょう♪ タクシーが46台?という情報だったのでちょっと心配してたけど、空港を出るとすぐにタクシーカウンターがありました。料金は30BND。政府で決められている料金だというので値切らなかったけど、市内までのバスが1BNDなのでかなり高めです。

KLブルネイ014エンパイアホテル

目指すのは『ザ・エンパイアホテル』。 7ツ星ホテルですよ〜。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

ハワイ親子旅行Vol.7 『ブルームーン』というビールに出逢う

2018/ 01/ 03
                 
ハワイ039RUMFIRE

ハワイ滞在中に一番通ったお店は、シェラトン・ワイキキ内にあるバー&レストラン
『ラムファイヤー(RUMFIRE)』。

ハワイ040RUMFIRE

ホテル到着日にランチで利用し、宿泊中はもちろん、他のホテルに移っても何度か来ました。

ハワイ041RUMFIRE

入口を見ると怪しげで、どんなお店なのかサッパリわからないけど、店内は開放的で気さくな雰囲気。ラムを使ったカクテルが豊富で、ヴィンテージ・ラムやプレミアム・ラムなど貴重なものも含めたラム酒の種類は101種類!

ハワイ042RUMFIRE

ワイキキビーチの一等地にあって(クラブラウンジの真下辺り)とにかく景色が良いので、夕暮れ時は混んでいます。 アフタヌーンティーやハッピーアワーの設定もあり、なんと週末にはクラブになるのだとか。

ハワイ043RUMFIREブルームーン

そしてここで出逢ってしまったのが『ブルームーン』というビール。ラム酒じゃなくてビールです。ラムは一杯も飲んでません。アハハッヽ(´o`;

ベルギーのホワイトビールのような味わいで、オレンジの香りがとても爽やか♪
アメリカのクラフトビールだということ…、え?アメリカでこんなヨーロッパみたいなビールを造っていたの??アメリカ人は皆バドワイザーを飲んでると思っていたのだけど、クラフトビールが増えているらしいです。脳みそ古くて、ごめんなさい。

さらにはオアフ島にもクラフトビールのお店が続々とオープンしているという事を今さら知るという時代遅れな私……。
次回ハワイへ行ったらビール醸造所巡りをしようと心に決めました。

                                     つづく
                                     VOL.8



☆シェラトン・ワイキキのクラブラウンジ → ハワイ親子旅行Vol.5
☆世界最大ビール祭オクトーバーフェスト → ポルトガル親子旅行Vol.52




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2016年8月マカオ

マカオ親子旅行Vol.20 マカオの魅力②物価が安い♪ビールが安い♪

2017/ 06/ 20
                 
ホテルのフロントでスーパーマーケットの場所を尋ねたらアンコール側から
出るように教えられたので、カジノの中を5分程歩きました。

マカオ6142MGM

アンコールタワー前の大通りを渡って振り返ると、お隣に『MGM』♪
ラスベガスのMGMとは全く違う仕様で、こちらも斬新なデザインです。

マカオ6143MGMラスベガスMGM(ラスベガス)

何だかラスベガスよりもマカオの方が最先端になっちゃった感があり、
お気に入りだったラスベガスに、もう行かなくなりそうな気がします。
マカオの方が近いし、あとはショーの充実を待つばかりですね。

マカオ6144スーパー

さて、レトロな街並みを5分程歩くと左手にスーパーマーケットを発見!

マカオ6145スーパー

フルーツは日本の半額位。ドリアンは安いけど買いません。
それより何より嬉しいのはビールのお値段。
缶ビールが5〜7パタカ(60〜90円)と、今まで訪ねた国々の中で最安値
ではないかと思います。

マカオ6146ウィンミニバーウィンのミニバー

なのに…スーパーで100円以下で買えるのに、客室のミニバーやレストラン
だと10倍近くになるのだから、喜ぶべきか悲しむべきか、複雑な気分。
でもね、コタイ地区のホテルに泊まっていると10倍を普通に感じてしまい、
フードコートで25パタカで買って得した気分になってしまうから不思議です。

そもそもコタイ地区は埋立地に開発された街なので、商店はすべてリゾート
内のショッピングモールに収まり、昔ながらのお店はありません。
もちろんスーパーやコンビニもないので、ホテルに戻る時には街でお酒を
調達して帰りましょう♪ポルトガルワインも安いですよ〜ヽ(^0^)ノ

マカオ6147パン屋

話を元に戻して…、 さらに先へ行くと、パン屋さんがありました。

マカオ6148パン屋

菓子パン1個10パタカ(約130円)前後と、こちらも日本の半額程度。

マカオ6149パン屋

で、気になるのは店内に堂々と書かれている面白い言葉。
「マカオと無添加剤のパン屋だった」(・・;)
だった?今は添加物だらけのパン屋さんだってこと?
いやいや、マカオで最初にできた無添加剤のパン屋さんってことですね。
レジ袋にも印刷されているので、誰も突っ込めないのでしょう(*´∀`*)

                              つづく
                              VOL.21




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ