FC2ブログ

ビザンチン様式

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.24 世界遺産『サンマルコ大聖堂』

2013/ 05/ 29
                 
そしてベネチア一番の見どころ『サンマルコ大聖堂』です。

ベネチア070サンマルコ聖堂

『ドゥカーレ宮殿』がシンプルな美しさなら、こちらはごちゃ混ぜの美しさ。様々な色大理石で造られた列柱やモザイク画で飾られていて、どこか東洋的な面白い建築物になっています。

ベネチア071サンマルコ聖堂

828年、二人の商人がアレキサンドリア(エジプト)から聖マルコの遺骸を運んで(盗んで?)きました。
聖マルコは、新約聖書の福音書を書いた4人のうちの1人として超有名人。そこでさっそくベネチアの守護聖人を聖テオドロスから聖マルコに代え、『サンマルコ寺院』を建てることに……、

ということで9世紀に創建され、何度か建て直されて、11世紀に現在の姿で完成。
コンスタンティノープル(現イスタンブール)から招いた建築家によって建てられたビザンチン様式の建物ですが、その後の改修のたびにロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式が加わって、現在の姿になりました。

ベネチア072サンマルコ聖堂

ファサードは二段に分かれていて、上下とも5つのアーチがあり、アーチの内部はモザイク画で飾られています。

ベネチア073サンマルコ聖堂

ベネチア074サンマルコ聖堂

ベネチア075サンマルコ聖堂

ベネチア076サンマルコ聖堂

ベネチア共和国はビザンツ帝国との結びつきが強かったため、カトリック教会でありながら司教座を置かず、19世紀までドゥカーレ宮殿に付属する共和国総督の礼拝堂として使われていたということ。

う〜ん、なるほど…。
ガイドブックやインターネットで『サンマルコ寺院』と書かれている事が多いので、「どうしてかな?」と思っていたけれど、今は『大聖堂』だけど『寺院』の時代の方が長かったから、『サンマルコ寺院』と書いたり言ったりする人が多いということみたいです。

                                  つづく
                                  VOL.25


☆現地発着ツアー €44(1人) → 【みゅう】サンマルコ寺院へは専用口から入場!ヴェネツィア半日市内観光ツアー<午前/日本語ガイド/ヴェネツィア発>
icon


世界遺産〈ヴェネツィアとその潟〉
サン・マルコ広場
サン・マルコ大聖堂
ドゥカーレ宮殿
カナル・グランデの建築群
リアルト橋
◇フランケッティ美術館
ムラーノ島
◇ブラーノ島
◇サン・ミケーレ島



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















スポンサーサイト
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。