FC2ブログ

ピザ

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.16 高齢者に最適♪コスタネオロマンチカ

2019/ 05/ 26
                 
コスタクルーズ166サントロペプール

そして最終日、クルーズ8日目。東京〜神戸〜釜山〜佐世保〜新宮〜東京と、4都市を巡る7泊8日のクルーズ旅行が終わってしまいます。

コスタクルーズ167エノテカヴェローナ入口

名残惜しいので、コスタネオロマンチカの施設をもう少しご紹介しましょう。

コスタクルーズ168チョコレートバー

『コーヒー&チョコレートバー』9階
チョコレート系のドリンク&スイーツはもちろん、コーヒーやお酒も飲める、お気に入りのバー。アイスクリームの屋台や目の前で作ってくれるクレープもあり、メニュー豊富で色々楽しめます。時々ピアノやビオラの生演奏が入り、向かいに重厚な雰囲気の喫煙室があるのも人々が集まる理由かも。屋内にあるので天候の影響を受けません。

   ☆ コーヒー&チョコレートバー →  南国クルーズ夫婦旅Vol.7

コスタクルーズ169サムサラスパ

『サムサラスパ』9階
利用料は1日35ドルと、高額。前回はマッサージとセット購入して1日2回通う日もあったほど、夢中になった施設です。今回は2日利用できるスイートルーム特典付。レンタル水着はないし、船内のショップにも売ってないので持参しましょう。

   ☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13

コスタクルーズ170ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ171ピッツェリアカプリ

『ピッツェリア・カプリ』11階(モンテカルロ)
夕食時に無料レストランより利用した、窯焼きピザを食べられる有料レストラン。カジュアルクルーズなので、無料のコース料理に過度な期待をしたらダメです。味に不満があれば寄港地で美味しいものを食べるか、有料レストランへ行きましょう。

   ☆ ピッツェリア・カプリ → 太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12

コスタクルーズ172スタエノテカヴェローナ

コスタクルーズ173スタエノテカヴェローナ

『エノテカ・ヴェローナ』8階(ヴェローナ)
ゆったりとした椅子が置かれ、静かで寛げるワインバー。壁一面にワインが並ぶ姿は壮観です。チーズと共に6種のワインを味わうワインテイスティングセミナー(20ドル)も開催。自動販売機があり、ワインだけでなく日本酒や焼酎も並んでいます。

コスタクルーズ174コスタ模型

コスタネオロマンチカはコスタクルーズが所有する客船の中でもワンランク上のネオシリーズ。カジュアル船でありながら贅沢な施設を売りにしています。他のコスタクルーズ船と比べると、上質で落ち着きのある内装になっていて、客室も少し広いようです。

コスタクルーズ175ボッティチェッリ

さて、下船開始は8時半からなのに、7時には部屋を空けないとならないのがクルーズのイヤなところ。空き時間ができてしまったので、ボッティチェッリレストランで朝食をいただきながら下船を待ちました。レストランでの朝食は、ビュッフェだけでなく卵料理やパンケーキ、和定食などのオーダーも可能。ここのドーナッツ、美味しいです。

そして下船時。車イスをお願いしたら、スタッフがずっと押してくれて、母は座ったまま入国審査ができてとても喜んでました。

コスタクルーズ014スイートルーム

イベントにはほとんど参加しなかったけれど、お部屋でのんびり過ごしながら次の目的地に連れて行ってくれるクルーズ船は快適で、 お母様は大満足ヽ(´▽`)/中型船だから施設間の移動も少なく、歩くのもラクそうでした。90歳でも楽しめるクルーズ旅行♪皆様もぜひ親子で乗ってみてくださいね。

                             おしまい



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12 終日航海〜石窯ピザに夢中

2019/ 04/ 19
                 
コスタクルーズ117ピッツェリアカプリ

クルーズ6日目は終日航海です。

コスタクルーズ118バルコニー

朝からのんびり過ごして、ほとんど部屋の中。イベントにも参加せず、おしゃべりしたり、本を読んだり、お昼寝したりと、私たちなりにクルーズライフを満喫しています。

コスタクルーズ119朝食

初日からずっと続いている朝食スタイルは、レストランから色々と持ってきてお部屋で食べるというセルフ・ルームサービス。スッピンで外へ出ない母は、朝っぱらから支度してレストランへ行くのが面倒だというので、私と妹は食物をセッセと運びます。朝食のルームサービスは無料だけど野菜がないので、ビュッフェレストラン『ジャルディーノ』で調達。90歳にもなれば朝はボーッとしてるし、私も朝から頑張れないので、妹が往復することがほとんどですが…。

コスタクルーズ120ジャルディーノ

昼食はジャルディーノで海を眺めながら楽しみました。

コスタクルーズ121サントロペ

客室は1130号室。主にスイートルームで構成された11階のお部屋はとても便利で、10歩ほど先にある秘密の扉を開けると、プールがある『サントロペ・デッキ』になります。ここでは時々イベントが開催され、晴海埠頭出航時も多くの人々が集まって『セイル・アウエイ・パーティ』で賑わっていました。

コスタクルーズ122サントロペ

プールサイドには『リドバー・サントロペ』があり、バーを挟んだ両側には『グリル・カプリ』と有料レストラン『ピッツェリア・カプリ』。

コスタクルーズ123ジャルディーノジャルディーノ

さらに先に進むと船尾側になり、大人用のブールとジャグジー、バーがある『モンテカルロ・デッキ』、階段を降りると『ジャルディーノ』と、大きな船なのに迷うことなくスムーズに移動できます。

コスタクルーズ124ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ125ピッツェリアカプリ

そしてこの日の夕飯はピザ。『ピッツェリア・カプリ』では、石窯焼きピザを提供しています。
これがとても美味しくて、メインレストランでのフルコース料理より気に入って…、いや違うな…。メインレストランは時間がかかるワリに料理がイマイチだったので、率先してピザを選んでいました(^◇^;

コスタクルーズ126ピッツェリアカプリ

反対側にある『グリル・カプリ』からサラダを持ってきて、ビールを注文していただきます。1枚7ドル(税別)と、有料だけど良心的なお値段で、0.5ドルで具の追加が可能。ドルチェも付いてきます。


コスタクルーズ127ピッツェリアカプリ

母は1切れか2切れ食べる程度なので、3人で1枚あれば充分。テイクアウトもできるので、お部屋で食べることも覚えました(^◇^;)
フルコースディナーとビュッフェに飽きたら、ピザを食べてみて下さいね。船のスタッフの中でも一番人気のレストランらしいです。

                                     つづく
                                     VOL.13




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ