FC2ブログ

プレイヤーズカード

        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.50 MGMでプレイヤーズカードを作る

2010/ 01/ 02
                 
ベネチアンとパラッツォ共通のクラブ・グラッツェと同様に、MGMグランドでも
プレーヤーズカードを発行しています。カジノや食事でポイントを貯めるカードです。

LAS042MGM.jpg

MGMのものは、ベラッジオ、マンダレイベイ、TI、ニューヨーク・ニューヨーク、
ミラージュ、モンテカルロ、ルクソール、エクスカリバーと共通のカードで…、
えっ?ミラージュ?
ホテル『ウィン』のオーナー、スティーブ・ウィン氏が『ベラッジオ』を売却したと
いうことは知っていましたけど、もしかして、『ミラージュ』と『TI』も売却したの
でしょうか?
だとしたら、ストリップ(ラスベガス大通り)はMGMの独占状態ですね。

ハナシがソレてます。

そんなプレイヤーズカードを作るために移動して、並び、再びボックスオフィスへ
戻って、めでたく50%OFFで『KA』チケットを購入できました。
40%OFFのはず(本当は取れてなかったけど)が、50%OFFになったので、
調子に乗って座席のランクを上げ、一番の高額席へ!!
しかもド真ん中ですよー!!セクション102-O-16。
座席で悩んでいたこと(VOL.27)もすっかり忘れています。

ちなみに座席のカウントは、舞台から見て右側が”1”でした。
三分割の座席で、右がセクション101、真ん中が102、左が103。
そして、右側から101-1、101-2というように座席番号が付き、
ブロックごとに102-1、102-2……、103-1、103-2……とカウントされていきます。
つまり、セクション101なら”4”は、端ですが、103なら真ん中寄りということに
なりますね。

そういえば、かつて各ホテルにあったコイン入れが、どこにも置いてない!
出てきたコインを入れるための丸い箱なのですが……、
ホテル毎にデザインが違い、お土産に持ち帰る人も居たという、箱です。
勝ってもコインが出てこないで、レシートみたいに紙が出てきます。
これでは、勝った気がしないんですけどっ!

                             つづく
                             VOL.51




☆クラブ・グラッツェって、何?  → ラスベガス親子旅行VOL.37
☆スティーブ・ウィン氏の話を読む → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆『KA』予約時のブログを読む  → ラスベガス親子旅行VOL.26
☆やっぱり、日本でチケット購入して行く? → ラスベガスのショーを予約♪





      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








スポンサーサイト