ベッリーニ

        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.35 必見!『サン・ザッカリア教会』

2013/ 07/ 13
                 
ふたたび路地と橋の迷宮を歩いて『サン・ザッカリア教会』に着きました。
ザッカリアってどちら様かというと、洗礼者ヨハネのお父様です。

ベネチア134サンザッカリア教会『サン・ザッカリア教会』

9世紀に創建された歴史ある教会で、多くの火災により改築され続け、
現在の姿になったのは15世紀。ベネチアは火事が多かったみたいですね。

ベネチア135サンザッカリア教会

色大理石でできた土台部分はゴシック建築で、彫刻家アントニオ・ガンベッロが設計。

ベネチア136サンザッカリア教会

上層部分は『サンタ・マリア・フォルモーザ教会』と同じくマウロ・コドゥッチが
設計していて、ヴェネチアン・ルネッサンス様式の典型といわれています。

ベネチア137祭壇『主祭壇』

そして教会内部もゴシックとルネッサンス様式の混合。
壁一面を埋め尽くす絵画に圧倒されます。
灰色の柱とアーチに囲まれた白大理石の主祭壇は、厳粛な雰囲気。

ベネチア138サンザッカリア教会

祭壇に向かって左、第二祭壇にはベッリーニの絵画があります。
『玉座の聖母と諸聖人』1505年。

ベネチア139ベッリーニ『玉座の聖母と諸聖人』

「ベッリーニ一連の”聖会話図”の最後の作品で集大成といえるもの」だとか。
祭壇の枠の柱が画中にもあり、立体的に見えます。

で、ここまでは無料だけど、この教会には有料の場所があると……!?
ティントレットの絵画『洗礼者ヨハネの誕生』が展示されているということだし、
有料だとなんかスゴイものが観られるんじゃないか?と期待して、
『聖タラシオ礼拝堂』に入ってみました。(2ユーロ)

ベネチア140サンザッカリア教会

一番の宝物はこれかな?
天井はフィレンツェの画家アンドレア・カスターニョによるフレスコ画で、
『キリストと諸聖人』。
下に置かれた『ロザリオ祭壇画』はゴシック様式で、アントニオ・ヴィヴァリーニと
ジョヴァンニ・ダレマーニャの共作。
額縁の彫刻はルドヴィコ・フォルリだということです。

                               つづく
                               VOL.36


☆『玉座の聖母子と六聖人』 → 地中海クルーズ親子旅Vol.30






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村











スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.33 散策が楽しい♪ベネチアの路地

2013/ 07/ 08
                 
リアルトからカナル・グランデを外れて、街の中へ入ってみましょう。

ベネチア122路地

覗くだけでも楽しいショーウィンドウが並ぶその横を小道のように運河が流れ、
小さな橋が架かっています。

ベネチア123店

散策していて、なんとなくのんびりした雰囲気を感じるのは、歩くか船に乗るしか
移動方法がないからでしょう。

ベネチア124店

ベネチア本島は、自動車はもとより自転車も禁止。乳母車と車イスだけが
許されているということです。(多分台車もOKだと思いますが…)

ベネチア125子供

そしてこんな狭い路地にも教会があります。
『サン・ジョヴァンニ・クリソストモ教会』。

ベネチア126クリソストモ教会『サン・ジョヴァンニ・クリソストモ教会』

不謹慎ですが……、休憩したかったのでグッドタイミング♪
老人との旅行は常に休憩場所を探しているので、本当に助かりました。
路地にイスなど置いてないけど、教会なら椅子が並んでるからね〜。
ただ座るだけのために中に入ってしまったことを、神様は許してくれるでしょうか?
アーメン。

ベネチア127クリソストモ教会

後でガイドブックを見たら、この教会にサンジョヴァンニ・ベッリーニの絵画が
あるということ。ちゃんと観光するべき場所だったのね……。

                                つづく
                                VOL.34






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村
















                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.30 ベネチア派絵画を堪能『アカデミア美術館』

2013/ 06/ 29
                 
ベネチアの三大画家といわれるティツィアーノ、ティントレット、
ヴェロネーゼを始め、14〜18世紀のベネチア派の作品が集る美術館。

ベネチア106アカデミア美術館

もともとは、1750年に創立された美術学校だったということです。
画家ティエポロが校長だった時期があったとか、彫刻家カノーヴァが
生徒だったとかいう美術学校から、美術館になったのが1807年。

日曜日だからかな?よくわからないけど、無料で見学できました。

ベネチア107ティントレット『奴隷を救うサンマルコ』

『奴隷を救うサンマルコ』 ティントレット
ベネチアの守護聖人聖マルコの奇跡を描いた連作のひとつ。
ティツィアーノにも衝撃を与えたという独創的な構図が素晴らしい。…らしい。


ベネチア108ヴェロネーゼ『レヴィ家の饗宴』

『レヴィ家の饗宴』パオロ・ヴェロネーゼ
『最後の晩餐』を主題に作成したものの、描かれている人々のだらしない姿や
豪華な衣装が、宗教画として不謹慎だということで宗教裁判にかけられ、
書き直すよう判決が下ったという作品。
絵を書き直さないで、タイトルを変えちゃったんですって〜。オモシロイ人!


ベネチア109ベッリーニ『玉座の聖母子と六聖人』

『玉座の聖母子と六聖人』
  〈サン・ジョゼッペ聖堂のための祭壇画〉ジョバンニ・ベッリーニ
”聖母子の画家”と呼ばれるほど、多くの聖母子像を描いたベッリーニの
祭壇画です。

ベネチア110ベッリーニ『玉座の聖母子と〜』

絵画について語れるような知識はないけど、「綺麗な絵だな〜」と思いました。
描かれている一人一人が美しく、裸体でもボッコボコの筋肉じゃないところが
好きです。

何よりも驚いたことは、”ベッリーニ”は一人じゃなかった!という事実。
パパ(ヤーコポ)とお兄ちゃん(ジェンティーレ)も有名な画家だったということを、
ここで知りました。 お恥ずかしながら……。

                                つづく
                                VOL.31





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ