FC2ブログ

ホテル

        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.5 熱気球が目の前に!バルコニー付き客室が最高

2020/ 07/ 01
                 
トルコ_中欧039アリフケーブホテル気球

ギョレメの洞窟ホテルに滞在してわかったことは、バルコニー付きが欠かせない条件だということ。

トルコ_中欧040アリフケーブホテル気球

早朝、窓の外から聞こえるゴーッという音で目覚め、寝ぼけながらバルコニーに出てみると、気球がふわふわ〜。奇岩に朝日があたる美しい朝焼けの中に熱気球が漂っています。

トルコ_中欧041アリフケーブホテル気球

熱気球ツアーは朝日を眺めるものが人気だと聞いていたけど、まさかバルコニーからの眺めがこんなに壮観だとは思ってなかったので、興奮状態。

トルコ_中欧042アリフケーブホテル気球

空気を温めるバーナーの炎と乗っている人々の顔が目視できるほど近寄ってくるので、夢中で写真を撮ったり、手を振ったりしていました。

トルコ_中欧043アリフケーブホテル気球

果てしない大空に熱気球が浮かぶその光景は、いつまでも眺めていられそう。時間が経つにつれてどんどん増えていき、数えてみたら40機以上ありました。

ホテルにテラスがあればこのような光景を眺める事はできます。テラスがなくても屋外に出ればどこからでも見えるでしょう。しかしお部屋に居るまま観賞できるのはバルコニー付きだからこそ。ギョレメの洞窟ホテルを手配するなら、バルコニー付きの客室を選ぶことをおすすめします。こちらアリフケーブホテルにも窓だけのお部屋があるので、予約する時は気をつけてくださいね。

トルコ_中欧044アリフケーブホテル気球

そして実はこの時…、カッパドキアでは気球に乗るのが当たり前だと思っている主人を、乗らない方向へどうやって説得しようかという小さな悩みがありました。私は高所恐怖症だし、前年に死亡事故があったということで怖い。でもこんなの見ちゃうと「ちょっと乗ってみようかな?」という気分になってしまいましたが…。やっぱり無理。怖いです(。・・。)

トルコ_中欧045ギョレメサンセットポイント

さてもうひとつ、サンライズついでにご紹介。
宿泊したアリフケーブホテルは、かなり高所に位置しているため、ホテル前の坂道を3分程上って行くだけでサンライズポイントがあります。

トルコ_中欧046ギョレメサンセットポイント

持っていたガイドブックには記されてなかったけれど、眺望抜群の場所。

トルコ_中欧047ギョレメサンセットポイント

私が行ったときは観光客が居なかったけれど、朝は賑やかなのでしょう。カフェと土産物屋、ゲームコーナーがありました。

トルコ_中欧048ギョレメサンセットポイント

この絶景を眺めながら「これで気球に乗った気分になれるね」とささやいてみたけど、気分じゃなくて乗りたいのだというお返事。困った(^◇^;)

                            つづく




☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.4 遊び心いっぱい『アリフケーブホテル』

2020/ 06/ 23
                 
トルコ_中欧025アリフケーブホテル

それでは洞窟ホテル『アリフケーブホテル』の客室をご案内しましょう♪

トルコ_中欧026アリフケーブホテル

廊下は薄暗く、人感センサーでライトアップ。

トルコ_中欧027アリフケーブホテル

扉を開けると「ここでチャイを飲みましょうね」というような、クッションと座布団、小さなちゃぶ台が置かれたシッティングスペースがあります。トルコ風?オスマン風?よくわからないけど、エスニック。右手はバスルームですが、左へ進みましょう。

トルコ_中欧028アリフケーブホテル

大きなソファーがあるエグゼクティブケーブスイート、75㎡。レイアウトやインテリアが部屋ごとに違うという13室の中で一番広いお部屋です。といっても1泊6千円位から泊まれる2つ星ホテルなので、1泊16,000円。高級ホテルの一番安い部屋より、安いホテルの一番良い部屋の方が快適なこともありますね。

トルコ_中欧029アリフケーブホテル

まっ、スパやサウナ、トルコ風呂付きのホテルもあって泊まってみたかったけれども、手配したのがギリギリだったため満室。残ってる中で選んだのでどんなホテルなのか、本当は心配でした(^◇^;)

トルコ_中欧030アリフケーブホテル

トルコ_中欧031アリフケーブホテル

窓側から見るとV字になっていて、右の奥にある扉がバスルーム、左側がベッドルームです。照明は全て間接照明。

トルコ_中欧032アリフケーブホテル

あちこちに壁画が彫られていて、ベッドサイドのテーブルは壁を削って作ったみたい。

トルコ_中欧033アリフケーブホテル

電気ケトル、インスタントコーヒー、紅茶もあります。

トルコ_中欧034アリフケーブホテル

トルコ_中欧035アリフケーブホテル

バスルームも広々としていて、バスタブはジェットバス。外側が壊れていたけど、モンクを言うほどではありません。シャワーブースが別にあり、アメニティはシャンプーとボディソープのみ。タオルが少々ボロかったけど、高級ホテルじゃないから仕方ないですね。

トルコ_中欧036アリフケーブホテル

そして待望のバルコニー♪
洞窟のバルコニーらしく、コッソリ隠れるようにイスとテーブルが置かれていて、狭いけど落ち着きます。

トルコ_中欧037アリフケーブホテル

そして、そして、眺望が最高!奇岩群を180度のパノラマで楽しめました。

                            つづく


トルコ_中欧038アリフケーブホテル



☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.3 ワクワク宿泊♪洞窟ホテル初体験

2020/ 06/ 13
                 
トルコ_中欧016カッパドキア

カイセリ空港からギョレメ地区にある洞窟ホテルへ向かいま〜す。カイセリ・エルキレト空港は、とても小さいけれど国際空港。イスタンブール、アンタルヤ、イズミール、サビハのトルコ国内都市とドイツ、オランダ、オーストリア、ベルギーへ就航しています。

トルコ_中欧017カイセリ空港

ホテルで手配した送迎バスは30TL(トルコリラ)、600円弱。どーせ空港を出た途端タクシーの客引きに囲まれてイヤな思いをするだろうと予測して送迎バスを選びましたが、客引きは見当たらずのんびりとした雰囲気でした。

トルコ_中欧018カッパドキア

カッパドキア観光の拠点は山の中にあり、車で1時間程。多くのホテルで送迎バスの手配ができるようになっています。拠点といっても、ギョレメ、ユルギュップ、ウチヒサール、アヴァノス、ネヴシェヒルと、5つの街があるため、どこに滞在したらよいのか迷いましたが、ギョレメとユルギュップを選択。洞窟ホテルをハシゴします。

トルコ_中欧019カッパドキア

ということで、途中いくつかのホテルに停まりながら1時間20分で宿泊ホテル付近に到着。

トルコ_中欧020アリフケーブホテル

『アリフケーブホテル』です。スーツケースと共に上って行くのはツラく、油断するとズルズル下がってしまう急坂にあって一苦労。

トルコ_中欧021アリフケーブホテル

あまりにも質素な入口で心配だったけど、中に入れば可愛らしい空間が広がっています。レセプションは左上との表示があり、階段を上っていくと、

トルコ_中欧022アリフケーブホテル

なんとも温かみのあるレセプションo(^▽^)o

トルコ_中欧023アリフケーブホテル

さらに上に行くと…、絶景を楽しめるテラスがあり、奇岩や熱気球を眺めることができます。

トルコ_中欧024アリフケーブホテル

奥にはキッチンがあり、朝食もこちらで。

施設はテラスレストランだけのとてもシンプルなホテルだけど、大満足の滞在ができました。

                            つづく



☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.1 4ヶ国5都市を巡る♪トルコと中央ヨーロッパ

2020/ 05/ 30
                 
トルコ_中欧001カッパドキアの気球

2018年のヨーロッパ旅行は、トルコ、ハンガリー、スロバキア、オーストリアを巡る16泊19日。前年同様カタール航空の激安セールを待っていたら8月になってしまったので、ANAマイレージを使ってスターアライアンスの無料航空券を手配しました。

往路:羽田(中国国際航空)→北京(トルコ航空)→イスタンブール
復路:ウィーン(オーストリア航空)→上海(全日本空輸・ANA)→羽田

トルコ_中欧002トルコ航空

ビジネスクラスでの直行便はすでに満席。何日か前まではウィーン→羽田の便が残ってたのに、グズグズしていたら埋まってしまって、直行便で行ける国なのにわざわざ経由して行くことになりました。こんな面倒くさいフライトでも「4種類の航空会社のビジネスクラスに乗れる♪」と、主人は喜んでいましたが…。マイルを使って安くヨーロッパに行けるのは嬉しいけど、直行便で行ける国へは直行したいものです。

ま、2人で19万マイル、空港税など10万円ほどの支払いでヨーロッパへの往復航空券を手に入れられたのでよかった、よかった。たとえ乗り継ぎ便でもマイレージで1ヶ月後のビジネスクラス航空券が取れるとは思っていませんでした。出入国がどこでも良ければ何とかなるのね〜。

トルコ_中欧003カッパドキア洞窟ホテル

ということで、今回も航空券に合わせて旅程を組むことに。
イスタンブール(トルコ)に着くのは早朝なので、そのまま乗り継いでカッパドキアへ行くことにして、憧れの洞窟ホテルに泊まります。で、せっかくだから2つの洞窟ホテルをハシゴして、イスタンブールへ。

トルコ_中欧004イスタンブール旧市街

何かと物騒なイスタンブールでは、まず新市街の高級ホテルで様子を見てから旧市街のホテルへ移動してササッと観光し、飛行機でブダペスト(ハンガリー)まで行きます。

トルコ_中欧005ドナウ川クルーズ

その後ブダペストからどうにかして(電車かバスかフェリーで)ブラチスラヴァ(スロバキア)へ行き、フェリーでウィーン(オーストリア)へ向かうことに決まりました。

トルコ_中欧006ヒルトンイスタンブールボスポラス

予約したホテルは7軒、その内バルコニー付きが6軒、スイートルームが4軒、アパートメントが1軒と、ホテルに泊まるだけでも楽しみ♪バルコニー付きのスイートルームもあります。贅沢な旅行に感じるかも知れないけど、平均すれば1泊20,000円。しかも航空券はマイレージを利用しているので、ビジネスクラスでも1人5万円の税金等だけです。

トルコ_中欧007ブラチスラバ

地中海クルーズでトルコに寄港したことはあるけれど、トルコ滞在は初めて。そして16年振りの中央ヨーロッパ周遊ではハンガリー、ウィーンに加え、前回通り過ぎてしまったスロバキアへ初入国というお楽しみ付き。
それでは、4ヶ国5都市の旅行記を始めま〜す。


                                     つづく
                                     VOL.2





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅 もくじ

2020/ 05/ 27
                 
VOL.01 初めてがいっぱい♪5ヶ国11都市を巡った3週間
VOL.02 感動のラウンジ体験!ザ・エミレーツ・ラウンジ
VOL.03 機内にBARがある!?エミレーツ航空がスゴい
VOL.04 ドバイ5つ星ホテル☆+600円でアップグレード♪
VOL.05 『ジョッドパレスホテル』メイドルーム付客室
VOL.06 『ジョッドパレスホテル・ドバイ』施設
VOL.07 レストラン『Handi』と『sakura』
VOL.08 世界一だらけ!未来都市・ドバイ
VOL.09 再びエミレーツ航空♪ドバイからマドリッドへ
VOL.10 列車で移動♪美食の街・サンセバスティアンへ
VOL.11 眺望抜群『トリップ・サンセバスティアン・オルリー』
VOL.12 バルホッピング♪ピンチョス&タパス三昧
VOL.13 サンセバスティアンの休日
VOL.14 バスで移動♪バスク最大都市・ビルバオへ
VOL.15 ロケーション最高『セルコテル・コリセオ』
VOL.16 ビルバオぐるり散策・前編
VOL.17 ビルバオぐるり散策・後編
VOL.18 飛行機で移動♪陽光溢れるマラガへ
VOL.19 『ユーロスターズ・マラガ』テラス付が快適♪
VOL.20 マラガ〜コスタデルソルの休日
VOL.21 アルカサバと旧市街inマラガ
VOL.22 クルーズ船、途中乗船でモロッコへ
VOL.23 『コスタ・メディタラニア』施設
VOL.24 『コスタ・メディタラニア』バルコニールーム
VOL.25 『コスタ・メディタラニア』レストラン
VOL.26 クルーズ〜カディス入港・旧市街散策
VOL.27 クルーズ〜カディス入港・カテドラル観光
VOL.28 クルーズ〜カサブランカ入港・列車でラバトへ
VOL.29 クルーズ〜カサブランカ入港・世界遺産の街ラバト
VOL.30 クルーズ〜カサブランカ入港・モロッコ料理満喫
VOL.31 クルーズ〜終日航海・ジブラルタル海峡を走る
VOL.32 クルーズ〜バレンシア入港・黒パエリアを探して
VOL.33 クルーズ〜バルセロナ下船そしてアテネへ
VOL.34 『アマリアホテル』観光基地に好条件♪
VOL.35 楽しさがぎゅっと詰まった旧市街・プラカ
VOL.36 世界遺産『アテネのアクロポリス』
VOL.37 大好きな街アテネから未知の街カイロへ
VOL.38 はじめてのエジプト入国
VOL.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト
VOL.40 眺望◎ナイル川を望む『コンラッドカイロ』
VOL.41 お馬に乗ってピラミッド観光♪
VOL.42 ラクダ体験とバクシーシ
VOL.43 そして帰国。エティハド航空でアブダビへ
VOL.44 ファーストクラスラウンジ&スパinアブダビ
VOL.45 ついにファーストクラス搭乗♪


スペイン中東567




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.40 眺望◎ナイル川を望む『コンラッドカイロ』

2020/ 04/ 22
                 
スペイン中東499カイロコンラッド眺望

コンラッドカイロは、全てのお部屋がバルコニー付き♪いつでもナイル川を眺めることができる贅沢なホテルです。

スペイン中東500カイロコンラッド

ここは19階のデラックスルーム。デラックスとクラシックの違いは階数だけのようで、デラックスルームは高層階になります。

スペイン中東501カイロコンラッド

41㎡ある広々とした客室は落ち着いた雰囲気で、インテリアの絶妙な配色がおみごと。深めのタンスが設備され、とても使い易くなっています。窓側が三角に飛び出して片面だけに窓があるため、光量が少ないところが気になりますが…、

スペイン中東502カイロコンラッド

スペイン中東503カイロコンラッド

バルコニーがあるので大丈夫o(^-^)ナイル川はドロドロに濁っていると思い込んでいたけど、青く美しいです。

スペイン中東504カイロコンラッド

ミニバーには湯沸かしケトルもあり、入口からの通路には木製のクローゼット。

スペイン中東505カイロコンラッド

クローゼットにはバスローブやセーフティボックス、ランドリーバック、靴磨き、靴べらと、親切に揃っています。が、スリッパがない!
電話して要求すること3回目でようやくスリッパを持ってきましたが、一足だけです。「もうひとつ下さい」と言ったら、「Tomorrow」というお返事。ここは本当にヒルトン系列の最高級クラスに位置づけられているコンラッドホテルなのか?という疑問を抱きました。

スペイン中東506カイロコンラッド

少し古ぼけた感じはありますが、バスルームも広々としています。

スペイン中東507カイロコンラッド

シャワールームは別になっていて嬉しいけれど、水はけが悪く、バスタブの栓も壊れてました。器は良いけどスタッフがダメな感じ。コンラッドという名前を使わない方が良いと思います。

スペイン中東508カイロコンラッド

アメニティは英国を代表するアロマブランド『アロマセラピー・アソシエイツ』。

初めて宿泊する憧れのコンラッドホテルだったので、バスタブに浮かべて遊べるという噂のコンラッドダック(アヒルの人形)やターンダウン時にベッドで待っていてくれるというコンラッドベア(小さなテディベア)を楽しみにしていたのだけど、お目にかかれずに残念でした。

スペイン中東509カイロコンラッド

そしてルームサービスは24時間。しかし、デリバリー料金を取られます。無料で提供される水では足らないためミネラルウォーターを注文したら1L40ポンド(すでに高額)の他にデリバリー代20ポンド+税・サービス料11.5ポンドで71.5ポンドになってしまって、びっくり(゜◇゜)たかが1Lの水が500円程。チップを入れたら600円ですよ。街へ行けば10分の1以下で買えるのではないかと思いますが、街を歩きたくなかったので仕方なし。空港からホテルに直行するなら空港でお水を買いましょうね。事前に何も調べず、ガイドブックも持たずに行ってしまったため現地で驚くことが多かったのだけど、色々と面倒くさそうな国です。

さてさて、このお部屋は5つ星ホテルなのに1泊16,000円。物価が安く、いつもは高くて躊躇してしまうホテルでも気軽に宿泊できるのがエジプトの良いところなので、ワンランク上のホテルを予約できます。

                                     つづく
                                     VOL.41


*1エジプトポンド=6.5円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆公式ページ → コンラッドカイロ



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト

2020/ 04/ 18
                 
スペイン中東489カイロコンラッド

ぼったくりタクシーで向かったのは、ナイル川を見下ろすように建つホテル『コンラッドカイロ』。空港から17km、40分位で到着しました。物騒なお国柄からか?ホテルの敷地内にゲートがあり、一旦止められて車のトランクの中を確認後にチェックイン。

スペイン中東490カイロコンラッド

スペイン中東491カイロコンラッド

エントランスに入れば、立派なフロントとヤシの木が植えられたオアシスのようなロビーラウンジがあり、5つ星ホテルならではの優雅な空間になっています。

スペイン中東492カイロコンラッドホテル

中東料理、アジア料理、各国料理など多彩な味を楽しめるレストランは6軒。他には、プール、サウナ、24時間利用可能のフィットネスセンターを備え、カジノも併設しているので、街中に出なくても楽しく過ごせます。

スペイン中東493カイロコンラッドOAK

そんな充実施設の中、ホテル内を探索することもカジノへ行くこともせず、利用した施設はレストラン『OakGrill』のみ。

スペイン中東494カイロコンラッドOAK

レバノン料理のレストランで、絵皿が飾られた入口の雰囲気が気に入ったので選びました。

スペイン中東495カイロコンラッドOAK

スペイン中東496カイロコンラッドOAK

ひよこ豆のスープと子羊のグリル、あと何だっけ?レバノン料理は初めてなので恐る恐る注文したけれど、すべてが美味しかったです。
トルコ料理のようなギリシャ料理のような、モロッコ料理のような…、地中海風の味わいでオリーブオイルやハーブ、ヨーグルト、レモンを使って調理。重厚感のあるパンもモロッコのホブスによく似ていました。

スペイン中東497エジプトビール

ここでちょっとビールのお話しを。
エジプト国内産ビールの代表は、SAKARAとSTELLA。アルコールを忌み嫌うイスラム教国なのにビールを醸造しているというのは、どういうことなのか不思議だったので調べてみました。エジプトのビールは紀元前3000年頃から醸造されていたといわれ、エジプト神話にも出てくるということ。古代エジプトでは日常的にビールが飲まれていたらしいです。エジプトがイスラム帝国に征服されてウマイヤ朝の一部になったのは7世紀。紀元前5000年頃からの歴史を思えば、イスラム化したのはたかが1400年ということになりますね。だからこそ飲酒にも寛容なのかも知れません。

スペイン中東498カイロコンラッドロビー

さて、優雅な気分でチェックインを終えてソファー席に案内され、ピラミッド観光の営業を受けました。「ピラミッドへ行く予定ならタクシーを手配しませんか?」という話。ぼったくりタクシーの運転手は40ドルでチャーターできると言ってたけど、こちらは50ドル(ノーマルタイプの料金。ちょっと良いリムジンタイプは60ドル)で送迎するという話です。ギザにあるピラミッド観光の会社に案内して、ホテルに戻ってくるということ。現地では乗馬でのピラミッド観光が1人100ドルというのです。何でドルなんだ?とは思いながらもホテル手配なら安心。バスや電車でギザへ行って交渉すればもっと安くなるかも知れないけれど、交渉が面倒くさいし、ホテルのお墨付きなら誘拐される心配もないのでお願いしました。

さぁお部屋に行きましょう♪

                                     つづく
                                     VOL.40






☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆カサブランカでモロッコ料理 → スペイン+中東夫婦旅Vol.30




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.34 『アマリアホテル』観光基地に好条件♪

2020/ 03/ 16
                 
スペイン中東429アテネアマリアホテル

予約したホテルはアマリアス大通り沿いにある『アマリアホテル』。アテネの中心部・シンタグマ広場の近くに建つ4つ星ホテルです。タクシー代は空港から市街まで38ユーロと一律料金なので安心。車はボロいけど誠実そうな人なので明日の空港行きもお願いしました。

スペイン中東430アテネアマリアホテル

さてお部屋に行きましょう♪ベッドの向こうに緑が見えますね。ここは1泊2万円前後。周辺に宿泊施設は山ほどあるけれど、バルコニー付きとなると少ないのです。エクスペディアで旧市街プラカ地区のバスタブ+バルコニー付きホテルを探してみたら、たったの4件。その中でも「デラックスルーム以上の客室にはバルコニーが付いている」と断言していたのでこのホテルを選びました。

スペイン中東431アテネアマリアホテル

客室は21㎡と狭そうな数字だけど、窮屈さは感じません。バルコニーとバスタブがあれば充分なのでモンクを言うつもりはないのです。や、なかったのですが…、

スペイン中東432アテネアマリアホテル

お茶セットがない(^◇^;)
持参しているドリップコーヒーとお茶類と焼酎、さらに朝からお湯を飲みたい私にとって湯沸かしケトルとカップは必需品。焦ってフロントに尋ねたら、バーでポットとコーヒーカップを調達でき、23時以降はルームサービスで補充されると聞いて安心しました。あー、よかった。

スペイン中東433アテネアマリアホテル

そして小さなテーブルの上にはフルーツと水が用意されています。

スペイン中東434アテネアマリアホテル

スペイン中東435アテネアマリアホテル

バスルームは一般的。しかしバスタブのシャワーが可動式なのとタオルを乾かせるヒーターがあるのは、見逃しません。アメニティは英国のオーガニックブランド『ギルクリスト&ソームズ』。

スペイン中東436アテネアマリアホテル

バルコニーへ出れば、目の前に緑豊かな国立庭園があって左手にリカヴィトスの丘を望みます。イスとテーブルがあれば最高だったのだけど…。屋上にテラスがあるのでバルコニー付きのお部屋じゃなくてもこの眺望は楽しめますよ。

スペイン中東437アテネアマリアホテル眺望

アマリアス大通りは路面電車も走る大きな通りなので夜中まで賑やか。対面に見えたキオスクは24時間営業のようでした。

スペイン中東438アテネアマリアホテル眺望

リカヴィトスの丘の手前に見えるのは国会議事堂で、その向かい(ホテルの並び)にあるシンタグマ広場へは200mほど。広場には空港行きのバス停や地下鉄駅もあって、どこへ行くにも便利な立地になっています。

スペイン中東439アテネアマリアホテル

スペイン中東440アテネアマリアホテル

付帯施設はレストラン、バー、カフェと24時間利用可能のフィットネスセンター。ロビーには水とギリシャの伝統菓子ルクミが置かれていました。

スペイン中東441アテネアマリアホテル

スペイン中東442アテネアマリアホテル

朝食ビュッフェにはギリシャコーヒーもあり、ギリシャらしい雰囲気を味わえます。

たった1泊だったけど、アテネを充分に楽しむことができたのは立地条件が良かったから。アクロポリスの丘へも歩いて行ける便利なホテルです。

                                     つづく
                                     VOL.35




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.19 『セルコテル・マラガ』テラス付が快適♪

2019/ 10/ 20
                 
スペイン中東233マラガセルコテル


ホテル周辺を2時間ほどブラブラしてからのチェックイン。

スペイン中東234マラガセルコテル

予約したのは『スーペリアダブルルーム・テラス付き』37㎡のお部屋です。
うん、うん、あまり広くないけど、広々としたテラスが窓の向こうに見えたり、エクスペディアゴールド会員用のVIP特典らしいデザートが置かれていたりと、良い感じで喜んでいたけど、バスルームにバスタブがな〜い(^◇^;)

スペイン中東235マラガセルコテル

慌ててフロントへ行って「バスタブ付きの部屋をリクエストしたのに…」と訴えましたが「今日はこの部屋しかない」と言われて諦めることに。それでも翌日から2泊はバスタブ付きの部屋に変えてくれた上、おわびに3泊分の朝食をサービスしてくれるということで、1人14ユーロの朝食ビュッフェが無料になりました。ま、1度しか行かなかったけど、もしも毎食利用したら2人で約1万円!?

スペイン中東236マラガセルコテル

ということで、モンクを言って勝ち取ったお部屋へ引越。

スペイン中東237マラガセルコテル

最初の部屋とはレイアウトが違い、窓際にあった小さなテーブルとイスのスペースが減ってベッドルームが狭くなっています。クローゼットは室内に露出されていて棚が丸出し。室内が雑然としてしまうけど、わりと使い易いです。

スペイン中東238マラガセルコテル

また、電気ケトルやコーヒー&紅茶、コーヒーカップが小ぶりの冷蔵庫の上にポツンと置かれているのも違和感があったけど、不便なし。

スペイン中東239マラガセルコテル

小さなライティングディスクと大きなテレビも設備されています。

スペイン中東240マラガセルコテル

そして問題のバスルームへ。バスタブと別にシャワースペースもあります。

スペイン中東241マラガセルコテル

洗面台はダブルシンク。

スペイン中東242マラガセルコテル

アメニティはビルバオ同様『ZEN』というブランドで、ビルバオほどの充実度はないけれど、シャンプー類の他に歯ブラシ、ヒゲ剃りが用意されています。

スペイン中東243   マラガセルコテル

そしてバスタブはジェットバス♪

スペイン中東244マラガセルコテル

一番の魅力は、ベッドルームと同じ位の広さがある17㎡のテラス。フェンスのように植えられたカポック越しに山々を望むという景色が最高です。
ビルバオで宿泊したホテルと同系列だからか?ティッシュとゴミ箱がないのは国民性なのか?と、不思議なのはモンクではなくご報告まで。

スペイン中東245マラガセルコテル

施設は小さなフィットネスジムとレストラン、バーしかないけれど、気持ち良く過ごせるホテルでした。

スペイン中東246マラガセルコテル眺望

テラスから左に見えるのは、ホテルから300mほどの場所にある国鉄マラガ・マリア・サンブラーノ駅。高速鉄道AVEも発着する大きな駅で、マラガ空港へもRENFEで14分ということです。

スペイン中東247マラガ駅

映画館も入る大きな駅ビルがあり、ショッピングも食事もできるのでとっても便利。周辺にもレストランやバルがたくさんあります。

                                     つづく
                                     VOL.20


*現在は『ユーロスターズ・マラガ』のため、アメニティや備品は変更されている可能性があります。




ユーロスターズ・マラガ(公式サイト)
ユーロスターズ・マラガ(エクスペディア)
☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.18 飛行機で移動♪陽光溢れるマラガへ

2019/ 09/ 26
                 
スペイン中東222マラガ観覧車


バスク地方で遊んだ後は、アンダルシア地方・マラガへ。

スペイン中東223ビルバオ空港

ビルバオ空港にはタクシー10分(25€)で到着しました。昼間は20分程かかるらしいけど早朝のため道路はガラガラ。スペインの夜明けは遅く、7時でも真っ暗です。

スペイン中東224ビルバオ空港

ここビルバオ空港はバスク地方で最大の空港。スペイン国内便だけでなくヨーロッパ主要都市に就航する国際線もあります。天井に白の曲線が続く斬新なデザインは、スペイン人建築家サンティアゴ・カラトラバの作品。観光してないけど、新市街にある『スビスリ橋』も彼の作品です。空港全体に漂うクールな雰囲気は見たことのない空港デザインで印象的。

スペイン中東225ビルバオ空港ラウンジ

バスク地方最大といっても小規模な空港だけど、プライオリティパスを使えるラウンジがありました。ベンチもサーフボードのような形で角がないという、カラトラバの曲線へのこだわりを随所に感じます。

スペイン中東226ビルバオ空港ラウンジ

ラウンジ内も無機質でスッキリとしていて、少々寂しい気もしますが…。

スペイン中東227ビルバオ空港ラウンジ

スペイン中東228ビルバオ空港ラウンジ

良く言えば、派手な演出がないので落ち着けるラウンジ。朝だからかな?サンドイッチやサラダ、フルーツ、ヨーグルト等のコールドミールとクラッカー、コーンフレーク等の乾き物しかないけど、飲み物は充実しています。

スペイン中東229マラガ空中

そして8時50分、定刻通りにビルバオを出発し、10時20分マラガに到着。飛行時間1時間30分、時差はありません。

スペイン中東230マラガセルコテル

マラガ空港からタクシーで向かったホテルは『セルコテル・マラガ』。ビルバオと同系列のチェーンホテルです。15分(20€)で到着したけど、午前中のためチェックインできず、荷物を預けて周辺散策に出かけました。

スペイン中東231マラガGoldy

バスク地方とは10度くらい違うかな?日射しが眩しくて暑いほど。早速バルを見つけて休憩しました。

スペイン中東232マラガ街並み

マラガはスペインのビーチリゾート『コスタ・デル・ソル』の中心地。バスク地方と違い、陽光溢れる温暖な気候のためブーゲンビリアやランタナが咲いています。好きな感じ✿

                                     つづく
                                     VOL.19



                

☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ