マリア

        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.11 世界遺産『聖ドミニコ教会』

2016/ 12/ 15
                 
マカオ6068聖ドミニコ教会『聖ドミニコ教会』

次は可愛らしい『聖ドミニコ教会』へ向かいましょう♪
聖ポール天主堂跡の階段を降り、セナド広場へ向かう道の両端には、

マカオ6069乾肉

名物菓子や干し肉のお店、洋服屋、ファーストフード店、ドラッグストアetc、
ゴチャゴチャ並んでいます。この辺りはマカオで一番賑わっている場所。

マカオ6070女媧廟

そんな街角の中、静かに佇む『女媧廟』を見つけました。
何度も通った事があるのに、その存在を認識したことがなかったのです。
祀られている『女媧』は中国の道教の神様。黄土を捏ねて人類を作った神様で、
縁結びの廟としてマカオのパワースポットになっているということ。
唯一、手を合わせていたのが子供でした。良縁をお願いしていたのかな?
早すぎでしょ〜〜ヽ(´o`;

マカオ6071聖ドミニコ教会

すぐに『聖ドミニコ教会』に到着。
1587年、アカプルコ(メキシコ)から来たドミニコ修道会のスペイン人修道士に
よって建てられ、1828年に再建されて現在の姿になりました。
創建時は板張りだったことに由来して中国語では『板樟堂』。
バロック様式の教会で、白漆喰で装飾されたクリームイエローの壁と緑の扉
のファサードが目を惹き、「マカオで最も美しい教会」といわれています。

マカオ6072聖ドミニコ教会

教会内部では外の喧噪が嘘のように静まりかえり、観光客もまばら。
中国人は内部に興味がないみたいで、マカオの教会はとても空いています。

マカオ6073聖ドミニコ教会

そして祭壇もバロック様式で、中央に聖母子像。

マカオ6074聖ドミニコ教会

天井にはアベ・マリア(A/M)の文字をモチーフにしたエンブレムが描かれています。

マカオ6075聖ドミニコ教会

毎年5月13日に行われるファティマの巡礼では、聖母像がペンニャ教会まで
運ばれていくということ。どれかな?マリア様、たくさん居ます♪

マカオ6076聖ドミニコ教会

ここで伝えておきたい事がひとつ。
マカオの教会はクリームイエローの外壁が多く、「ポルトガルらしい」とか、
「ポルトガルならではの」と紹介されているけれど、ポルトガルでこのような
黄色い教会を見てません。建築物の一部に黄色を使っているものはあるし、
いくつかは存在するかも知れないけど、10件位訪ねたポルトガルの教会に
黄色い外壁はなかったので、念のため。

                              つづく
                              VOL.12



☆ファティマ → ポルトガル親子旅行Vol.32



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




☆☆☆世界遺産『マカオ歴史市街地区』☆☆☆

ギア要塞 聖ポール天主堂跡 聖ドミニコ教会 民政總署
媽閣廟 港務局 鄭家屋敷 聖ローレンス教会 聖ヨゼフ修道院及び聖堂
ドン・ペドロ5世劇場 ロバート・ホー・トン図書館 聖オーガスティン教会 
三街会館 仁慈堂 大堂 盧家屋敷 ナーチャ廟 旧城壁 モンテの砦 
聖アントニオ教会 カーザ庭園 プロテスタント墓地
セナド広場 リラウ広場 聖オーガスティン広場 バラ広場 大堂広場 
聖ドミニコ広場 イエズス会紀念広場 カモンイス広場





スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.53 ミュンヘンの中心・マリエン広場

2016/ 08/ 11
                 
憧れのオクトーバーフェスト♪
でしたが…、84歳の老人を連れた私たちが会場内を隈無く歩けるはずもなく、
飲んだくれる事もできず、超ショートコースだったので満喫はしてません。

そもそも…、ポルトガル旅行のトランジット先に選んだミュンヘンで、
たまたまオクトーバーフェストの時期だっただけのこと。
最終日前日の激しく混み合う時期に、長蛇の列に並んでビールテントに入る
つもりはなく、さらに仮設トイレに並ぶ人々を見てゾッとしてしまったので、
3人で1杯という情けない消費っぷりでしたヽ(´o`;

ミュンヘン060マリエン広場新市庁舎・仕掛け時計の塔

ビールテントの事前予約はインターネットでもできるので、今回は体験コース
ということにして、次に訪ねる時は本気で参加することを心に誓い、
ビアホールへ向かいます。

ミュンヘン061マリエン広場

街の中心地・マリエン広場の近くにきたら渋滞してきたので、タクシーを降りました。

ミュンヘン062マリエン広場

マリエン広場=聖母マリアの広場。

ミュンヘン063マリエン広場

金色に輝くマリア像は、1638年スウェーデンとの30年戦争が終わったのを祝い、
建造されたということ。

ミュンヘン064マリエン広場

広場に面して建つ威厳ある建物はネオゴシック様式の『新市庁舎』です。

ミュンヘン065マリエン広場

見どころは、からくり時計『グロッケンシュピール(Glockenspiel)』。
毎日11時、12時(3〜10月は+17時)に動き、その時間に合わせて
観光客が集まってくるので、とても混雑します。

ミュンヘン066カラクリ時計

この人形、小さく見えるけど等身大なのだということ。
上段では1568年、バイエルン大公ヴィルヘルム5世の婚礼の様子を再現、
下段はビール樽を造る職人達が踊る『樽職人のダンス』が繰り広げられます。

ミュンヘン067ホーフブロイハウス

さて、目指すビアホールは『ホーフブロイハウス』♪
10年以上前ミュンヘンに滞在したときは毎晩通ったお気に入りのビアホールです。
ラスベガスで見つけた時は、嬉しかったな〜(*^▽^*)

                              つづく
                              VOL.54



☆ラスベガスのホーフブロイハウス → ラスベガス親子旅行Vol.93
☆ビールテントチケット購入 → オクトーバーフェストへ行こう!日本語アシスタント付チケット予約受付中!





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.25 世界遺産『ジェロニモス修道院』サンタマリア教会

2015/ 11/ 02
                 
ポルトガル118ジェロニモス修道院

聖母マリアに捧げられたという、身廊と二つの側廊から成る三廊式の教会。
教会内に数あるステンド・グラスの中、マリアの着ている衣の青が一番美しく
目の奥に残っています。

ポルトガル119ジェロニモス修道院

ヤシの木に見立てた高い支柱には海洋をモチーフにした模様が彫られていて、

ポルトガル120ジェロニモス修道院

ステンドグラスから差し込む柔らかい光が、繊細な細工を照らしていました。

ポルトガル121ジェロニモス修道院

東側にある主祭壇にはキリストの生涯を描いた絵画が飾られ、中央にある銀製の
聖遺物箱はインドから持ってきた銀で作ったということ。

ポルトガル122ジェロニモス修道院

西側に向きをかえると二層に分かれていて、上部の聖歌隊席には磔刑のキリスト像
が飾られています。

ポルトガル123ジェロニモス修道院

そして下部。左側にはインド航路の発見をしたヴァスコ・ダ・ガマの棺、

ポルトガル124ジェロニモス修道院

右側にはルイス・デ・カモンイスの棺が置かれています。
2日前に通ったカモンイス広場に銅像が立っていた、 ポルトガル最大の詩人と
言われるあの人♪
ロカ岬の石碑に彫られた有名な文「ここに地果て、海始まる」を詠んだ詩人です。

ポルトガル125ジェロニモス修道院西門も立派!

西門から表へ出ると、右側に修道院の回廊。
サンタマリア教会は無料だけど、回廊は有料です。
きっと一番の見どころなのでしょう。

                              つづく
                              VOL.26



☆そしてロカ岬へ → ポルトガル親子旅行Vol.33
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆ジュロニモス修道院も入場!リスボン半日市内観光ツアー<英語混載ツアー/午前・午後/リスボン発> by Cityrama






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.15 『サン・ロケ教会』

2015/ 08/ 17
                 
ポルトガル035カモンイス広場

シアード広場から西へ行くとカモンイス広場があります。
銅像になっている”ルイス・デ・カモンイス”は、ポルトガル史上最大の詩人で、
ホメロスやダンテなどの古典詩人と比較されるほどの有名人だとか…。

ポルトガル036アズレージョ

私たちが目指した『サン・ロケ教会』は、ここから400m坂道を上った
場所にあります。「お母さん、歩けるかな?」と心配したけど……、
アズレージョで飾られた街並みが楽しくて、思ったよりもラクに到着。

ポルトガル037アズレージョ

アズレージョというのは装飾タイルのことで、ムーア人からスペイン経由で
16世紀に伝わり、ポルトガルを代表する芸術になりました。

ポルトガル038サンロケ教会

さて、ここは黒死病(ペスト)から人々を守る守護聖人・聖ロクス(サン・ロケ)を
祀っている、16世紀初めに建てられたイエズス会の教会。
1584年には天正遣欧少年使節が1ヶ月ほど滞在したということです。

ポルトガル039サンロケ教会

『天正遣欧少年使節』とは、日本人として初めて公式にヨーロッパを訪れた
4人の少年のこと。九州のキリシタン大名の名代として、長崎からローマへ
向かったのが1582年2月で、マカオ、マラッカ(ポルトガル領マレーシア)、
ゴア(ポルトガル領インド)を経て、1584年8月ようやくリスボンに到着という、
2年半もかけてヨーロッパにたどり着いた13〜14歳の少年達です。

日本で初めてキリスト教を伝えた人であり、イエズス会を創設した一人
であるフランシスコ・ザビエルの事や遠藤周作著『沈黙』を思い出し、
話が違う方向へ行きそうになったので軌道修正ヽ(´o`;

ポルトガル040サンロケ教会

マニエリスム様式(ルネッサンス後期)、バロック様式、ロココ様式を
取り入れたという内装は、華やかだけどゴテゴテしたカンジ。
主祭壇には幼いキリストを抱く聖母マリア像が立ちます。

ポルトガル041サンロケ教会

木製の天井には天使が描かれ、

ポルトガル042サンロケ教会

入口の頭上には立派なパイプオルガン。

ポルトガル043サンロケ教会マリア

本堂に沿って8つの礼拝堂が並んでいますが、どれもとても豪華!
こちらは『聖母礼拝堂』で、ポルトガル・バロックの傑作とのことです。

ポルトガル044サンロケ教会

しかし…、マリアのまわりを囲んでいる子供たちの頭がちょっと怖い。

                              つづく
                              VOL.16



☆マカオのアズレージョ → マカオ夫婦旅Vol.5






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ













                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.99 『シャルトル大聖堂』外観

2015/ 06/ 08
                 
パリ42カフェ

シャルトル大聖堂の南側と北側にカフェやレストランが並んでいたので、
ティータイム♪

パリ43カフェ

南側の壁を見渡せるカフェに入りました。

パリ44シャルトル大聖堂南シャルトル大聖堂南側

この硬くて怖いカンジの外観が「ゴシック様式」。
精緻な彫刻で飾られていて荘厳なのに何だか怖く感じるのは、
煤けているからだと思います。ケルン大聖堂(ドイツ)も怖かった〜。
内部に華美なステンドグラスが並んでいるとは想像できませんね。

パリ45シャルトル大聖堂南

でもこのゴツゴツした支え(飛び梁=フライング・バットレス)がないと、
柱なしの高い天井を作れないらしいのです。

パリ46シャルトル大聖堂南シャルトル大聖堂南側

余談ですが、ヨーロッパをウロチョロしてきた中で一番美しいと思った
ゴシック様式の建築物は、ミラノのドゥオモ♥東京都庁もゴシック建築です。

パリ47シャルトル大聖堂北シャルトル大聖堂北側

そして北側の壁もお見事。お掃除済みらしく、キレイになってます。
バラ窓と同じく、北側の壁にも旧約聖書をモチーフにした彫刻がびっしり。

パリ48シャルトル大聖堂北

聖堂の東側にガイドブックでは紹介されてない庭園と美術館があったので、
ちょっと庭園にお邪魔してみました。

パリ49大聖堂庭園

小さいけどフランス式庭園があったり、こぢんまりしてるけど花壇があったり、
眼下にはシャルトルの街並みが広がっていて、なかなか落ち着ける空間。

パリ50シャルトル大聖堂東シャルトル大聖堂東側

東側からの『シャルトル大聖堂』の姿も眺めることができます。

シャルトル大聖堂は、アミアン大聖堂、ランス大聖堂、ラン大聖堂と併せて
『フランス・ゴシック四大聖堂』と呼ばれているということを知り、
他の聖堂も訪ねてみたくなりました。フランスは何度行っても興味深い国♪
イタリアの方が好きだから、フランスは2番目かな?
えっ、じゃーギリシャやスペインの立場はどーなるの?
ん〜っ、2番目以降からはもう少しヨーロッパ旅行を続けて考えましょ。

                              つづく
                              VOL.100





《ゴシック様式で有名な建築物》
ケルン大聖堂(ケルン/ドイツ)
カンタベリー大聖堂(カンタベリー/イギリス)
ウエストミンスター寺院(ロンドン/イギリス)
☆シュテファン大聖堂(ウイーン/オーストリア)
☆聖ヴィート大聖堂(プラハ/チェコ)
☆ミラノドゥオモ(ミラノ/イタリア)
☆ノートルダム大聖堂(パリ/フランス)




☆パリ発着ツアー(225ユーロ) → 少人数で行く!シャルトル大聖堂1日観光ツアー<4月~10月/昼食付/往復ホテル送迎付/貸切プラン有>by ParisCityVision








     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.98 世界遺産『シャルトル・ノートルダム大聖堂』

2015/ 05/ 31
                 
パリ33バラ窓シャルトル

フランス語圏の都市にある大聖堂や教会に「ノートルダム」と
名付けられているものが多くて、混乱してしまいますが……、
これはフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、
聖母マリアに捧げられた教会だということ。

パリ34シャルトル大聖堂『聖遺物』

ここシャルトルのノートルダム大聖堂も聖母マリアを祀っていて、
マリアが身に付けていたといわれる聖衣が保管されているのです。

パリ35シャルトル仮祭壇

内部は薄暗く、さらに修復中で西側が塞がれている上、フラッシュ禁止。
キレイな写真が撮れなくて残念です。
身廊は長さ130mもあるということだけど、東側の主祭壇も修復中のため
仮祭壇が置かれているので、それほど長さを実感できないし…。
それでも…、でも! 37mという高さは息を呑むほどの壮大な空間です。

パリ36シャルトル大聖堂

そして一番の見どころはステンド・グラス!
聖堂内のステンドグラスは173とか、175とか、176とか…、
正確な事を知りたくて調べたら様々な数字が出てきたので、
途中でやめましたが、どうやら170以上あるみたいですね。

パリ37シャルトル大聖堂

第二次世界大戦中には、ドイツ軍の爆撃から保護するため地方に避難させた
というほど、大切にされている宝物。
側廊に立てばステンドグラスの宝庫として有名だという事実がよく解ります。

パリ38北バラ窓シャルトル北のバラ窓

特に有名なバラ窓は西・南・北の3ヶ所にあり、西のものは修復中で鑑賞不可。
北側の窓は「過去」を表し、イエス・キリストを抱いたマリアを中心に
旧約聖書の世界が描かれています。

パリ39南バラ窓シャルトル南のバラ窓

南側は「現在」。新約聖書のお話しで、真ん中に居るのはイエスです。

パリ40シャルトル大聖堂

外は曇り空なのでステンドグラスが暗めだったけど、美しい光のアートを
堪能できて満足。光の射し方で刻々と色が変わるということで、
一日中居ても飽きないみたいです。高性能のカメラを持って再訪したいな。

パリ41シャルトル大聖堂

他にも、内陣と主祭壇を囲む壁には聖母マリアとイエスの生涯を表した
彫像が並んでいたり、と、とても見応えがある聖堂でした。

                              つづく
                              VOL.99





☆パリ発着ツアー(225ユーロ) → 少人数で行く!シャルトル大聖堂1日観光ツアー<4月~10月/昼食付/往復ホテル送迎付/貸切プラン有>by ParisCityVision








     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ