FC2ブログ

ミケランジェロ

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.93 パドヴァ『スクロヴェーニ礼拝堂』

2015/ 05/ 02
                 
パドヴァ スクロヴェーニ礼拝堂

パドヴァ38スクロヴェーニ礼拝堂

古代ローマ時代のアレーナ(円形劇場)遺跡が残る公園の一角にあるため、
博物館から礼拝堂までの間にもそれなりに歴史がありそうなものがゴロゴロ。

パドヴァ39スクロヴェーニ礼拝堂

すぐにロマネスク・ゴシック様式のシンプルな建物が見えてきました。
これは1305年、エンリコ・スクロヴェーニが奉納したもので、
高利貸しだった父親の贖罪のために建てられたのだとか。お父さんは、
ダンテの『神曲』にも登場するという、悪名高いお金持ちだったみたいです。

カトリック教会の教えでは
「富んでいる者が天国に入るのはむずかしいものである。
 富んでいる者が神の国に入るよりラクダが針の穴を通る方がもっとやさしい」
と説いていたので、お金を持っている人はせっせと寄進していたのです。

パドヴァ40スクロヴェーニ礼拝堂予備室

自由に出入りすることが出来ず、ちょっとめんどくさい礼拝堂で、
入館は一度に25人限定。 内部の温度・湿度調節に徹底しているので、
直接礼拝堂に入るのではなく、予備室で15分間のガイドビデオを見せられます。
さらに、予備室からスクロヴェーニ礼拝堂内部までは扉を二重にして、
入口が閉まらないと出口が開かないようになっているのです。
そんな風にもったいぶられて…、いいえ!厳かに、ジョットの絵画とご対面♪

ジョット最後の審判
                  ジョットの『最後の審判』(看板より)

一瞬でジョットの青の世界に圧倒されます☆彡
ラピスラズリから作られる青の顔料が金より高かったといわれるこの時代に、
こんなに青を使った絵を描けるのは、パトロン(エンリコ・スクロヴェーニ)の
財力がハンパじゃなかったということ……。息子も天国には行けないね(・・;)

天井一面が青く、金の星が散りばめられています。
主祭壇の反対側(入口)に『最後の審判』が描かれ、壁面にぎっしりと並んだ
フレスコ画のテーマは『マリアの生涯』、『キリストの生涯』、
そして向かい合わせに描かれた美徳と悪徳の絵画『七美徳像・七悪徳像』。
ハゲてる所はあるけど、同じ青を出せなくてそのままになっているのだと
ガイドが言ってました。

パドヴァ42ジョット絵葉書
                『ユダの裏切り、イエスの逮捕』(絵葉書)

撮影禁止のため、写真を披露できないのが残念…。

パドヴァ43ジョット

で、なぜに私が興奮したのかといいますと……、
『最後の審判』といえば、システィーナ礼拝堂(ヴァチカン共和国)にある
ミケランジェロの作品を思い浮かべてしまいますね?
しかしその200年以上前に、ジョットがこんな作品を残していた!
ということを知らなかったからなのです。

最後の審判(システィーナ礼拝堂
                    ミケランジェロの『最後の審判』

西洋美術史上最も重要な作品だと何かで読んでいたのに、
その絵を見るまで全く興味がなかったけれど、今はオススメしたい観光地♪
ベネチアやミラノに滞在したら、この礼拝堂を訪ねてみて下さい。
私みたいに当たって砕けないで、予約もしてね♪

                               つづく
                               VOL.94


☆現地発着ツアー(325ユーロ) → 認定ガイドの解説で楽しむ芸術都市・パドヴァ1日観光<終日/日本語対応/昼食/ヴェネツィア発>
☆システィーナ礼拝堂のハナシ → 南イタリア親子旅行vol.81





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

















スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.32 ベネチアの世界遺産『リアルト橋』

2013/ 07/ 05
                 
ベネチアを東西に二分するカナルグランデ(大運河)に架けられた最初の橋。

ベネチア118リアルト橋

リアルト橋周辺は、ベネチアで最初に人々が住み始めた場所で、
市場、商工の取引所が並ぶ経済の中心地でした。
橋ができるまでは、舟を繋いだ舟橋が渡されていたということ。

13世紀に木製の跳ね橋が造られ、その後2回建て替えた上に倒壊したので
石造りの橋を架けることに決まり、コンペを行ったところ……、

ミケランジェロ、サンソヴィーノ、パラーディオといった有名建築家達が参加した
にもかかわらず、選ばれたのは無名の建築家アントニオ・ダ・ポンテのデザイン。
1591年、橋の上にアーケードがある大理石の橋が完成しました。

ベネチア119リアルト橋

そんなリアルト橋の上は、立ち止まって眺望を楽しんでいる人や反対側へ行こうと
している人、さらには露店も出たりしているので、観光客が山盛り。

ベネチア121リアルト橋

ようやくカナルグランデを見渡せる場所に辿り着き、写真を撮ることができました。

ベネチア120リアルト橋




                                つづく
                                VOL.33



☆現地発着ツアー €40(1人) → 【プライベートツアー】ヴェネツィア居酒屋めぐり<夜/アシスタント貸切/日本語>by [みゅう]




世界遺産〈ヴェネツィアとその潟〉
◇サン・マルコ広場
◇サン・マルコ大聖堂
◇ドゥカーレ宮殿
◇カナル・グランデの建築群
◇リアルト橋
◇フランケッティ美術館
◇ムラーノ島
◇ブラーノ島
◇サン・ミケーレ島






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.82『サンピエトロ大聖堂』と『サンピエトロ広場』

2012/ 04/ 08
                 
システィーナ礼拝堂からサン・ピエトロ大聖堂への抜け道は迷うことなく、
流れのままに歩いていたら到着したので、さっそく聖堂内へ♪

ローマ060サンピエトロ大聖堂

わぁ………、ミサ中です!
こういう時、信者じゃない私たちは遠慮します。
でも、ちょっとだけ写真を撮らせてね~。

ローマ061サンピエトロ大聖堂

まぁまぁまぁ、ローマはまた訪れる機会があるはずなので、今回はあっさりとパス。
サン・ピエトロ広場に立って外観を眺めるだけでも、
「ここに来て良かった」と思えるほど、荘厳で立派な建物です。

ローマ062サンピエトロ大聖堂

何といっても『サン・ピエトロ大聖堂』は、世界最大のカトリック教会。
ブラマンテ、ミケランジェロ他の芸術家が携わり、120年もかかって建設された
カトリックの総本山です。そしてこの場所は、皇帝ネロの迫害を受けて殉教した
聖ペトロ(サン・ピエトロ)のお墓があったところだということ。
なぜかって?
12使徒のリーダーとして有名なペトロは、イエス・キリストから『天国の鍵』を
授けられた人であり、初代のローマ教皇だから。かな?

ローマ063サンピエトロ大聖堂

ファサードの上にはキリストと洗礼者ヨハネ、ペトロ以外の11人の使徒の像が
並んでいます。

ローマ064サンピエトロ広場

どこか気高さを感じる『サン・ピエトロ広場』は、ベルニーニの設計。
4列のドーリア式円柱による列柱廊と140体の聖人像に囲まれた広場で、
中央にはオベリスクが立っています。

ローマ065サンピエトロ広場

映画『天使と悪魔』の舞台になったので見たことがある人は多いと思いますが…、
本当に美しい広場なんですよー。

                                 つづく
                                 VOL.83




☆抜け道の話 → 南イタリア親子旅行Vol.71
☆現地発着ツアー → ローマ発着のオプショナルツアー




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ













                         
                                  
        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.73 ヴァチカン美術館『ピナコテカ』

2012/ 02/ 07
                 
最初は『ピナコテカ(絵画館)』へ。

ローマ017ヴァチカン美術館ピナコテカ

11~19世紀にかけて制作されたイタリア絵画を中心に収蔵していて、
特にルネッサンス絵画の傑作が多い美術館です。
といっても、私たちはあまり詳しくないので、有名な作品の前で立ち止まるくらい。
ガイドブックに載ってる写真と同じ物を見つけて喜んでるミーハーな観光客なので、
写真の整理をする頃には、誰の作品だかわからなかったりして、困ったりします。
その時は「あぁ、ダ・ヴィンチね~」なんて言ってたはずなんですけどね。

ローマ018ヴァチカン美術館ピエタ

入口にはミケランジェロ作『ピエタ』のレプリカが置かれています。
本物はサンピエトロ大聖堂の中にあるのですが……、
神々しいキリストと聖母マリアの彫刻はとても精緻で美しく、
すっかり本物を見た気分になりました。

ローマ019キリストの変容(ヴァチカン

『キリストの変容』 ラファエロ作
これはラファエロ最後の作品。
キリストが弟子たちの前で自分が神であることを示したという聖書の話です。

ローマ020-聖ヒエロニムス(ヴァチカン

『聖ヒエロニムス』 レオナルド・ダ・ヴィンチ作
ヒエロニムスは、聖書のラテン語翻訳者として知られる神学者。
シリアの砂漠で隠遁生活を送ってヘブライ語を学んだということなので、
その頃の様子を描いた作品でしょうか?とても辛そうで怖い顔をしています。
肉体の描写がダ・ヴィンチらしくリアルですが、これは未完成の作品。
発見された時は、顔の部分だけ切り取られていたんですって!

ローマ021聖ヒエロニムス(ヴァチカン

絵の右下の方には未完成のライオンの姿がありますが……。
~~ある日、1頭のライオンがヒエロニムスの前に現れました。
  彼はライオンの足に1本の棘が刺さっていたので取ってあげました。
  ライオンはその恩を忘れず、ヒエロニムスに付き従うようになりました~~
という逸話があるため、聖ヒエロニムスを描いた作品にはライオンも描かれている
ものが多いらしいです。


                                つづく
                                VOL.74


ローマ022ヴァチカン:ピナコテカ
    サン・ピエトロ大聖堂のクーポラ(ミケランジェロ設計)





☆現地発着ツアー 48ユーロ(1人)〜 → ヴァチカン美術館オプショナルツアー
ローマ発着の現地オプショナルツアー



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







             

バチカンの素顔 (ナショナル・ジオグラフィック)  ヴァチカン物語 (とんぼの本)









                         
                                  
        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.40 ナポリ『国立考古学博物館』

2011/ 06/ 19
                 
ポンペイ遺跡をササッと観光したため、ナポリ駅に戻ってきてもまだ明るい♪
このままホテルへ帰るのはもったいないので、国立考古学博物館へ行くことに
しました。ギリシャ・ローマ時代の大理石彫刻とポンペイ、エルコラーノ遺跡の
発掘品が収蔵された、世界でも屈指の博物館だということなので。

ナポリ37考古学博物館

見どころは、16世紀にローマのカラカラ浴場近くで発掘されたという
紀元前4世紀のふたつの彫刻。
『ファルネーゼのヘラクレス』と『ファルネーゼの雄牛』です。

ナポリ38ファルネーゼのヘラクレス『ファルネーゼのヘラクレス』

ミケランジェロが修復したとか、ミケランジェロの弟子が修復したとか…!
どちらが正解なのかわかりませんが、ミケランジェロが関係していたのは
確かなようです。

ナポリ39ファルネーゼの雄牛『ファルネーゼの雄牛』

『ファルネーゼの雄牛』の高さはなんと3.7m!とっても大きいんです!!
これは正面の犬の部分をミケランジェロが修復したそうで、
正式名は「ディルケーの拷問」。ギリシャ神話の世界ですね。

ナポリ40考古学博物館

ところで……。”ファルネーゼ”って、何でしょ?
ローマ教皇や枢機卿を輩出したというイタリア貴族・ファルネーゼ家のことで、
この博物館は、世界遺産『カゼルタ王宮』を建てたナポリ王カルロ7世
(スペイン王カルロス3世)のお母様、エリザベッタ・ファルネーゼの遺産が
集められているというのです。

ナポリ41考古学博物館廊下

そしてガイドブックに”模刻”と書かれていたことに疑問を感じたので
調べたところ…。
ギリシャ時代に造られた青銅製の彫像を、ローマ時代に大理石で模刻した
ものが、16世紀に発掘されたということ。
発掘された彫刻の模刻が展示されているのではなく、発掘された彫刻が模刻
だったということみたいです。何だかややこしいけど、納得しました。

                              つづく
                              VOL.41



☆『カゼルタ18世紀の王宮と公園』 → 南イタリア親子旅行Vol.22
☆現地発着ツアー €12(1人)→ ナポリ国立考古学博物館 予約+入場チケット☆事前購入で時間を節約!



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ