FC2ブログ

モスク

        
category - 2017年9月スペイン+東欧《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.5 『ジョッドパレスホテル』メイドルーム付客室

2019/ 07/ 06
                 
スペイン中東038ジョッドパレス客室

165㎡あるアパートメントタイプの2ベッドルーム+メイドルームのお部屋をご案内しましょう♪

スペイン中東039ジョッドパレス客室

ドアを開けると左手にキッチンがあり、奥には広々としたリビングルームが見えます。

スペイン中東040ジョッドパレス客室

スペイン中東041ジョッドパレス客室

リビングルームの手前右手は長い廊下になっていて、その廊下を進むと左にバスタブ付きの浴室があるベッドルーム。バスタブが小さめだったけど、リビングに近いのでこちらのお部屋を使いました。

スペイン中東042ジョッドパレス客室

スペイン中東043ジョッドパレス客室

スペイン中東044ジョッドパレス客室

さらに奥にあるベッドルームはキングベッド。セーフティボックスが置かれていてバスタブが大きかったので、こちらがメインベッドルームということなのでしょう。

スペイン中東045ジョッドパレス客室

スペイン中東046ジョッドパレス客室

再び廊下の入口に戻り、右側にはトイレと洗濯機&乾燥機。

スペイン中東047ジョッドパレス客室

スペイン中東048ジョッドパレス客室

その先にはトイレ・シャワールーム付きのメイドルームがあります。子供部屋にもなりますね。

スペイン中東049ジョッドパレス客室

廊下の一番奥からキッチンを眺めると、こんなに遠い〜。

スペイン中東050ジョッドパレス客室

スペイン中東051ジョッドパレス客室

行き当たったキッチンはガスコンロや電子レンジ、オーブン、食器洗浄機、大きな冷蔵庫が揃ったフルキッチン。長期滞在には理想的なキッチンで、我が家のものよりはるかに豪華なのだけど、長い間使われてなかった部屋なのか?引き出しや扉を開けるとカビ臭いのが難点でした(^◇^;)

スペイン中東052ジョッドパレス客室

スペイン中東053ジョッドパレス客室

リビングルームにはダイニングテーブルも備わり、キッチンカウンターを挟んでキッチンスペースになります。

スペイン中東054ジョッドパレス客室

そしてリビングの窓を開けると2つの寝室まで繫ぐバルコニー。

以上、二人で使うだけなのにトイレ4ヶ所、バスルーム3ヶ所という、かくれんぼ(してないけど)に最適のお部屋です。

スペイン中東055ジョッドパレス客室

スペイン中東056ジョッドパレス客室

で、バルコニー越しに見えるのはモスク。お祈りの時間(1日5回)の前に大音響でアザーンを流し、礼拝の時間を知らせてくれます。それを異国情緒と感じるのは昼間だけ。朝は夜明け前に起こされます。アザーンがウルサイと言って逮捕された人も居るらしいのであえて言わないけど…モゴモゴ……。

                                     つづく
                                     VOL.6



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

2018年マレーシア+ブルネイ旅 もくじ

2019/ 01/ 23
                 
VOL.01 永遠に平和な国・ブルネイを知ってますか?
VOL.02 ブルネイ・ダルサラーム入国
VOL.03 7つ星!?『ザ・エンパイアホテル&カントリークラブ』
VOL.04 『ザ・エンパイアホテル』オーシャンルーム
VOL.05 ラマダンとブカプアサとハラールと
VOL.06 ブルネイの王様が施主!?ニューモスク
VOL.07 ラマダン中のブルネイ観光
VOL.08 『ラディソンホテル・ブルネイダルサラーム』
VOL.09 『ラディソンホテル』スイートルーム
VOL.10 ラマダン中要注意!!観光客にも厳しいブルネイ
VOL.11 ブルネイ王室の博物館『ロイヤル・レガリア』
VOL.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』
VOL.13 厳しいけど平和な国でコーランを知る
VOL.14 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クアラルンプール』
VOL.15 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』スイートルーム
VOL.16 『ダブルツリー・バイ・ヒルトン』エグゼクティブラウンジ
VOL.17 『マカンキッチン』と『グランドママズ』
VOL.18 手軽に森林浴♪『ボタニカルガーデン』
VOL.19 独立の象徴『国立モスク』と詐欺師!?
VOL.20 初めてのKL滞在にオススメ♪『ウェスティン・クアラルンプール』
VOL.21 『ウェスティン・クアラルンプール』スイートルーム
VOL.22 『ウェスティン・クアラルンプール』クラブラウンジと朝食ビュッフェ
VOL.23 イタリア料理『PREGO』inウェスティン
VOL.24 ブキッビンタンで喫煙可のダイニングバー5選♪
VOL.25 KLゴールデンラウンジ初体験


KLブルネイ288ブルネイモスク



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.19 独立の象徴『国立モスク』と詐欺師!?

2018/ 12/ 11
                 
KLブルネイ193国立モスク

そしてオーキッドガーデンから国立モスク(Masjid Negara)へ。

KLブルネイ194バードパーク

オーキッドガーデンの向かいにあるのが、ボタニカルガーデン中一番の人気スポット『バードパーク』です。入場料は63RM(約1,700円)。マレーシア国民は25RM(約700円)と割安で、MM2Hビザを持っていれば国民価格で入場できます。

KLブルネイ195バードパーク

ここは3,000羽以上の鳥と触れ合える素晴らしい公園で、歩いたり飛んだりと自由に動き回っている鳥たちをじっくり観察できるのです。

KLブルネイ196プラネタリウム

そして、そして緑に囲まれた舗装道路を10分ちょっと歩くとプラネタリウムの入口。

KLブルネイ197ストーンヘンジ

KLブルネイ198ストーンヘンジ

その敷地内になぜかストーンヘンジのようなものがあります。レイクガーデンはイギリス統治時代の19世紀に造園されたということなので、イギリス人が造ったのでしょう。

KLブルネイ199イスラム博物館


KLブルネイ200イスラム博物館

さらに5分程歩くと『イスラム美術博物館』。

KLブルネイ201国立モスク

もう少し歩くと国立モスクが見えてきます。1957年にイギリスからの独立の象徴として建設が始まり、1965年に完成。

KLブルネイ202国立モスク

ターコイズブルーのドームが玉ねぎ型ではなく傘のような、珍しいモスクです。マレーシア13州とイスラム教の5行を足して18角形の屋根ということ。凜々しく聳える白亜のミナレットは72m。

KLブルネイ203国立モスク

KLブルネイ204国立モスク

世界には沢山のモスクがあるけれど、イスラム教徒以外は見学できない所が多く、ましてや今はラマダン中。無理かな〜?と入口に近付いてみたら、お祈りの場所以外は入場可能だということ。用意されているローブを着れば女性も入れます。観光客用の時間割があるのでチェックして行きましょう。

KLブルネイ205国立モスク

KLブルネイ206国立モスク

8,000人収容できるという礼拝堂は約2,000㎡もの広さ。入口から覗いてみると、柱や壁、天井に彫られたイスラム装飾が美しく、ステンドグラスの青が目に焼き付きます。

KLブルネイ207国立モスク

建物内にマレーシアの歴代指導者の霊廟もあったので、ついでに見学。歴代といってもマレーシア建国が1963年のため、まだ4人しか眠ってませんが…。

KLブルネイ208クアラルンプール駅

さて、大きな道路を隔てた向かい側に見えるのはKTM(マレー鉄道)クアラルンプール駅(開業1886年)。1910年に英国風建築にムガール様式を取り入れた現駅舎が完成しました。2001年にKLセントラル駅が開業するまでクアラルンプールの中心駅として活躍していたということです。

KLブルネイ209クアラルンプール駅

そして、そして、そして!この先で詐欺師に遭遇(;゚ロ゚)
駅の入口がわからず探していたところに、大汗をかいた好青年が近付いてきました。
「シンガポールから観光に来ているのだけど、帰りのバスチケットとクレジットカードをなくしてしまったからバス代を貸して下さい」と、後で返すからと言われて、まんまと引っかかる私たち。伝えたメールアドレスには何の音沙汰もありません。だって可哀相だったんだものー。本当に一人旅でお金がないのなら、どんなに心細いことか…。まぁ後で調べてみたら、クアラルンプール駅周辺で同じような手口で騙された人がいるので、詐欺だったのでしょう。良い子っぽかったのに、残念。皆様、気をつけて下さいね。

                                     つづく
                                     VOL.20




☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅






   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』

2018/ 09/ 08
                 
KLブルネイ115オールドモスク

ブルネイのランドマークといえば『オールドモスク』。

KLブルネイ116オールドモスク

ロイヤル・レガリア博物館から歩いて10分ちょっと、宿泊先のラディソンホテルから徒歩15分程の場所に堂々と立っています。ホテルからもその丸い頭が見えていたので歩いて行けそうだと思っていたけど、こんな近くにあるとは…。

KLブルネイ117オールドモスク

正式名称は『スルタン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク』。前国王(ハッサナル・ボルキア国王のお父様)の名前を冠したモスクで、イタリア人の建築家によって1958年に完成しました。ニューモスクを観光した時、ラマダン中のモスクはイスラム教徒以外立ち入り禁止だと知ったので、ここでは最初からあきらめモード。イタリアの大理石、ベルギーのカーペット、イギリスのステンドグラスとシャンデリア等々、世界中の一流品で揃えたという内装を見ることが出来なくて残念です。

KLブルネイ118オールドモスク

KLブルネイ119オールドモスク

モスクを囲むように造られたラグーンは優雅さを演出。16世紀の王家御座船のレプリカが浮かんでいます。

KLブルネイ120オールドモスク

ニューモスクの壁はアラビア模様が装飾されていたけど、こちらは真っ白。ライトアップされた姿はとても幻想的らしいです。(夜は出歩かなかったので写真なし)

KLブルネイ121オールドモスク

KLブルネイ122オールドモスク

そして、東隣の広大な敷地は式典などが行われるセレモニー広場。手入れの行き届いた芝生とオブジェが飾られただけの贅沢な空間になっています。

KLブルネイ123ブルネイ市場

バンダルスリブガワンは首都といっても小さな街。ダウンタウン観光は半日もあれば充分です。オールドモスクから500m南には水上集落行きのボート乗り場、その間にショッピングセンター『ヤヤサンSHHBコンプレックス』があり、東側の川沿いの道を北に行けばオープンマーケット(青空市場)。

KLブルネイ124ブルネイ市場猿

市場の裏は森になっていて、屋根の上にはお猿さん♪

KLブルネイ125ブルネイ中国寺院

KLブルネイ126ブルネイ中国寺院

斜向かいには派手な色合いの中国寺院がありました。真っ白なモスクとは対照的な祈りの場で、宗教が変わるとこんなに違う建物になるのだと実感できて面白いです。

以上でブルネイの首都・バンダルスリブガワンの主要な観光地をほぼ制覇。モスクの中に入れなかったし、水上集落は遠くから眺めただけだけど、ニューモスクとエンパイアホテルの見学を含めても1〜2泊で充分でしょう。なのに5泊してのんびーり過ごしていましたが(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.13


☆ニューモスク  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.6
☆水上集落、他  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.7
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.6 ブルネイの王様が施主!?ニューモスク

2018/ 08/ 08
                 
KLブルネイ054ブルネイニューモスク

エンパイアホテルはとても大きなリゾートホテルなので、近所に歩いて遊びに行けるような場所やコンビニはありません。その分施設が充実しているのでリゾート内で過ごし、高いお水(600ml3.5BND・約300円)を買うことになるので、空港で買っておきましょうね。

そんなリゾートでタクシー観光を勧められました。3時間50BND、二人で100BND(約8,000円)。街中のホテルに移動してから観光する予定だったので、2泊3日のエンパイアホテル滞在中は引きこもっているつもりでしたが…、

KLブルネイ055ブルネイニューモスク

入口に飾られている模型を指しながら「ニューモスクに行けますよ。and王様の家、マーケットや博物館、行きたい所へ行きますよ〜」とセールスされて、高いのか安いのか相場はわからないけど、観光する事に決めました。

KLブルネイ056ブルネイニューモスク

そして当日、まずはニューモスクへ。正式名称は『ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク』と、王様の名前が入っています。左の小さな玉ねぎ屋根は女性用礼拝堂。

KLブルネイ057ブルネイニューモスク

1992年のハッサナル・ボルキア国王の即位25周年を記念して王様自らが建てたという、巨大なモスクです。(完成したのは1994年)床や柱は大理石を使い、所々に金を施し、シャンデリアもあり、豪華。ブルネイで一番大きなモスクで、2つの礼拝堂で5000人を収容できるということです。

KLブルネイ058ブルネイニューモスク

木曜日と金曜日はお休みで、他の日は決められた数時間なら信者以外にも公開。入場料無料です。しかし…ラマダン中なのでムスリム以外は入れないと…。

KLブルネイ059ブルネイニューモスク

KLブルネイ060ブルネイニューモスク

あきらめて、外壁に沿って一周してみました。宮殿のような階段を眺めたり、ヤシの木と噴水の広大な庭園を歩くだけでも楽しめたけど、やはり中を覗いてみたかったなー。

KLブルネイ061ブルネイニューモスク

端の方には女性用の礼拝堂もあります。イスラム教のお祈りは男女別々の場所で行うこととされているのです。
余談ですが、ムスリムの女性はハラール認証された化粧品を使っているということ。アルコールだけでなく、豚成分を使ったプラセンタや脂肪酸、ゼラチンなどが含まれている化粧品は使えません。そしてお祈りの前にお化粧を落とさなければならず、しかもマニュキアやペディキュアもダメと、きびしー。日本人でよかった(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.7


☆空港のコンビニ  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.2
☆ハラールについて → マレーシア+ブルネイ旅Vol.5
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.2 ブルネイ・ダルサラーム入国

2018/ 07/ 19
                 
KLブルネイ009空港モスク

クアラルンプール空港から2時間20分、ブルネイのバンダル・スリ・ブガワン空港に到着しました。空港の横にモスクがあるという風景は初めて。小さいけれどとてもきれいな空港です。

KLブルネイ010ブルネイ空港モスク

入国審査はスムーズに進み、思っていたほど面倒くさい国ではないかも…と思い始めた頃、最後の最後、出口寸前で荷物検査(^◇^;)
ムスリム服を着た人々はスルー、洋服の人(とても少ない)だけ振り分けられて、邪悪な人間を取り調べます。「お酒持ってない?」と聞かれたので、「はい、持ってます」と正直に答え、クアラルンプールの空港で購入したワインを見せて申告書を書きました。一人あたりワインやウイスキー2本(2L)と、ビール(330ml)12本まで持ち込むことができるそうです。この情報、インターネット上では数字がバラバラだったので…。
ええまぁスーツケースで眠っている紙パックの黒霧島は、バレても許容範囲なので面倒くさいから言わなかったけど…。

そして私が申告書を書いている間、主人は荷物の中身を調べるX線検査装置にスーツケースを通すように言われて1つめを通したところ、4人のスタッフが画像を見ながら「これはタバコじゃないか?タバコだろ?ウンウン」みたいな会話を始めたらしいので、「タバコだよ、お金払うよ」と、男前な対応をして2カートン分バーンとシンガポールドルで支払って…。え?200ドル(16,000円)?ネットでは1本0,25ドル(20円)と書いてあったけど、倍なワケ?罰金なの??

どうやら情報が古かったみたいで、現在は1本0.5ドルに値上がりしたらしいです。手荷物は無事だったので、吸いかけのものは見つからなかったけど、冷静になって考えてみたら1カートン放棄した方がよかったということ。日本では1本20円のタバコを羽田の免税店で15円で買って、ブルネイで55円になったという笑い話です。旅行中はそんな高額タバコを吸ってたけど、当然味は同じ。皆様、必要最低限のタバコを持って入国して下さいね。

KLブルネイラ011ブルネイ空港

ということで、高い税金を払ってイスラム国の洗礼を受け、到着ロビーへ。

KLブルネイ012ブルネイ空港

主人がSIMカードを買ってる間、マーケットを探しに上階の出発フロアへ行き、コンビニエンスストアを見つけてお水とポテトチップを買いました。
SIMは1GB10ブルネイドル(BND)約800円、水は1.5L約100円(1.2BND)。
1BND=約80円、シンガポールドルも使えますが、シンガポールでブルネイドルは使えません。香港とマカオの関係と同じかな。家で眠っていたシンガポールドルを持ってきたので、そのまま使いました。

KLブルネイ013ブルネイ空港

こぢんまりとしたターミナルビルには、数件の土産物屋等ショップとコンビニ、レストラン、コーヒービーン&ティーリーフ、ケンタッキーフライドチキン、バーガーキングなどが入り、10店舗程しかないけど不便は感じません。当たり前のように喫煙所はないけど、お祈りはできるし。

さぁホテルへ向かいましょう♪ タクシーが46台?という情報だったのでちょっと心配してたけど、空港を出るとすぐにタクシーカウンターがありました。料金は30BND。政府で決められている料金だというので値切らなかったけど、市内までのバスが1BNDなのでかなり高めです。

KLブルネイ014エンパイアホテル

目指すのは『ザ・エンパイアホテル』。 7ツ星ホテルですよ〜。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ