FC2ブログ

レストラン

        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.25 『コスタ・メディタラニア』レストラン

2019/ 12/ 05
                 
スペイン中東304コスタメディタラニアレストラン


コスタ・メディタラニアには無料レストランが2件あり、コース料理のメインダイニング『Degli Argentieri』とビュッフェレストラン『Perla del Lago』。他に有料レストラン2件と10件のバーがあり、ルームサービスも使えるので飲食で困ることはありません。

スペイン中東305コスタメディタラニアレストラン

メインダイニングの夕食は2回に分かれていて18:15からと20:45から。まだ日没前で出港前だけど、指定された18時15分に『Degli Argentieri』へ行きました。座席は決まっていますが、時間帯と座席の変更をオファーする事は可能です。

スペイン中東306コスタメディタラニアレストラン

2〜3階の2フロアからなる広々としたレストランで、中央部分が吹き抜けになり、らせん階段で繋がっています。吹き抜け部分の壁には古代からの地中海文明を伝える遺跡の絵画。メディタラニア(地中海)の歴史をテーマにした船だということを実感できます。

スペイン中東307コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東308コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東309コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東310コスタメディタラニアレストラン

コース料理はメニューの中から選択。アンティパスト(前菜)、プリモピアット(1つ目のメイン料理・主にパスタ類)、セコンドピアット(2つ目のメイン料理・主に魚or肉料理)、サラダ、チーズ、デザートと、それぞれ3〜4種類の中から選びます。前菜2種とか全部とか選ぶことも可能。

スペイン中東311コスタメディタラニアレストランナポリの名物菓子baba

コース料理を好きなだけ食べられるけれど、最後のデザートが届くまでに1時間以上かかるので、夕食では6泊のうち2回だけ利用しました。時間的に出港時間とかぶることが多いため、感動的な出港シーンや夕暮れ風景の写真を取れないことが不満です。だからといって2回目の夕食時間を選ぶと終わるのが22時過ぎになってしまうので、どっちもどっち(^◇^;)食べたい時間に利用できるビュッフェレストランを利用する人が多いのは、時間のしばりがないからでしょうね。

スペイン中東312コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東313コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東314コスタメディタラニアレストラン

また、このレストランは、朝食と昼食時にもオープンします。
朝食は豊富な種類のパンとハムや野菜、フルーツが並ぶビュッフェだけでなく、注文料理(卵料理、パンケーキ他)もいただけます。昼食はコース料理になっているので終日航海日には優雅な昼食タイムを楽しむことができますよ。

スペイン中東315コスタメディタラニアレストラン

スペイン中東316コスタメディタラニアレストラン

そしてビュッフェレストラン『Perla del Lago』は、プールがある9階。フルーツと野菜の補給に利用しました。
朝食を食べない事が多いし、寄港地での食事を優先しているし、有料ピザレストラン(夕食のみ)を気に入ってしまった結果、ビュッフェレストランを殆ど利用しなかったという…。なので写真が少ないのです。

                            つづく




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.21 アルカサバと旧市街inマラガ

2019/ 11/ 08
                 
スペイン中東259マラガアルカサバ


スペインを旅していると街々で出くわすアルカサル。これはお城や宮殿のことで、アラビア語源です。で、マラガにあるのはアルカサバ。アルカサルがちょっと訛ってるワケではなく、『砦』という意味になります。

スペイン中東260マラガアルカサバ

スペイン中東261マラガアルカサバ

ローマ帝国が造った城塞跡にベルベル人(ムーア人)が砦(アルカサバ)を築いたのは11世紀。ここはスペインにあるアルカサバの中で保存状態が一番良いということです。

余談ですが…。
〜〜ベルベル人とは北アフリカの先住民族。ローマ帝国の支配下ではキリスト教徒でした。その後7世紀にアラブ人がエジプトを征服した後、北アフリカ一帯のベルベル人が暮らす領域も支配したため、イスラム教徒に改宗。
そして8世紀、西ゴート王国を滅ぼすためにアフリカ大陸から派遣されてきたのがベルベル人で、イベリア半島はそれから約800年の間イスラム帝国が続きました。〜〜

スペイン王国の歴史よりローマ帝国やイスラム帝国の時代の方が長いのです。

スペイン中東262マラガアルカサバ

スペイン中東263マラガアルカサバ

さて、アルカサバを見学しましょう。美しい幾何学模様を施した建築物とイスラム式庭園を楽しみながら、複雑な階段を上って行きます。

スペイン中東264マラガアルカサバ

レンガと石を組み合わせて造られた壁は興味深く、どうやら私はイスラム芸術が好きなのだと自覚しました。イエスキリストや聖母マリアの像やイコンより、自然を素材にしたモザイク画の方を美しい、と感じます。

スペイン中東265マラガアルカサバ

さらに砦内を歩いていくと、地中海を望む見晴らしの良い場所がいっぱい♪海岸との間に見える円形の建物は、19世紀に造られた『マラゲータ闘牛場』です。

スペイン中東266マラガアルカサバ

城壁は丘の上にあるヒブラルファロ城まで続いている様子ですが、閉鎖されていました。

スペイン中東267マラガ旧市街

そしてアルカサバ麓の旧市街へ。

スペイン中東268マラガカテドラル

スペイン中東269マラガカテドラル

カテドラル(エンカルナシオン大聖堂)は旧市街のランドマーク。レコンキスタによりマラガを支配したカトリック両王の命により、メスキータ(モスク)跡に建設されました。

スペイン中東270マラガエピスコパル宮殿

斜向かいに建つエピスコパル宮殿は、18世紀に建てられたバロック様式の建物。入口の大理石装飾が立派です。

スペイン中東271マラガdelOlivo

近くにピカソ美術館もあるけれど、私たちはレストランへ。多くの飲食店がひしめく中、アンダルシア料理レストラン『LaReservaDelOlibo』を選びました。カテドラルの前の道を西に向かって200mほどの場所にあります。

スペイン中東272マラガdelOlivo

スペイン中東273マラガdelOlivo

ビールとワイン、ロシアサラダ、サラミ、パエリアで69ユーロ。

スペイン中東274ラガdelOlivo

高級そうな店構えだけど、それ程高くなかったです。お酒が安いからかな?

                                     つづく
                                     VOL.22




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.7 レストラン『Handi』と『sakura』

2019/ 07/ 19
                 
スペイン中東065レストラン

8時にチェックインできたので、お部屋で一休みしてからのランチタイム。
ホテル内にある北インド料理レストラン『Handi』へ行きました。

スペイン中東066レストラン

インド料理といっても北と南では違うんですよね。で、こちらは北インド料理です。

スペイン中東067レストラン

最初に運ばれてきたのは、パーパド。パリパリした薄いおせんべいのようなもので様々なディップを付けて食べます。
注文したのは冒頭の写真、カレーwithシークカバブ&チキンティカ。キレイでしょ?付け合わせが色々あってとても楽しいのですが…、いちいちパクチーが入ってるところがイヤ。

スペイン中東068レストラン

店内の雰囲気はとても素敵で、ディナータイムにはライブ演奏が入るということです。

スペイン中東069レストランsakura

そして翌日の夕食に利用したのは、日本料理レストラン『sakura』。

スペイン中東070レストランsakura

ChefsSelection 150dh。
寿司、刺身、握り巻のセット。これで4,500円、高いですね。

スペイン中東071レストランsakura

魚貝天ぷら75dh。
ひっ、ヒドイ。天ぷらに見えないし、美味しそうに見えないし、お客に出せる姿ではない。「天ぷらなんて粉つけて揚げればいいんでしょ」と言いながら調理したような乱暴な感じが盛り付けにも出ています。

スペイン中東072レストランsakura

ChineseFriedRice 60dh。
炒飯は日本風と中国風とインドネシア風(ナシゴレン)、麺も同じく3ヶ国バージョンで日本風はうどんです。

外国での日本料理店にしては美味しい方だと思うけど、5つ星ホテルに入っているレストランであの天ぷらはダメでしょうヽ(´o`;

スペイン中東073レストランsakura

食べてないけど…弁当BOX100dh。

                                     つづく
                                     VOL.8


*1dh(1ディラハム) = 約30円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
ジョッドパレスホテルドバイ




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.6 『ジョッドパレスホテル・ドバイ』施設

2019/ 07/ 14
                 
それでは『ジョッドパレスホテル・ドバイ』の施設をご紹介しましょう。このホテル、日本人宿泊者は珍しいらしく、情報が少ないので参考になると思います。うんうん。
『タージマハルホテル』で知られるインドの大財閥タタ・グループから、ドバイを拠点とするTheJumaAlMajidグループの所有に変わり、『タージパレス』が『ジョッドパレス』になったのが2015年と、歴史が浅いんですね。

スペイン中東057ジョッドパレス

ロビーラウンジは吹き抜けになっていて、洗練されたスマートな内装にアラブ風のインテリアが溶け込んでいます。

スペイン中東058ジョッドパレス

到着時に飽きるほど座っていた一人掛けのソファーはとても快適で、ここではデーツとアラビックコーヒーを無料で提供しています。これ、中東では普通にあるサービスみたい。中東の「お・も・て・な・し」ですね。デーツとはナツメヤシの実を乾燥させたもので、栄養価が高いため中近東で紀元前から食べられてきたドライフルーツ。コーランに「神が与えた食物」と記されているビタミン&ミネラルたっぷりの果実です。アラビックコーヒーは煎じ薬のようで普段飲んでいるコーヒーとは別の飲物。つまり…あまり美味しい飲み物ではないです。

スペイン中東059ジョッドパレス絨毯屋jpg

ロビーがあるグランドフロアには絨毯屋や香水などの雑貨店、ドラッグストア、レストランが並んでいて、利用しやすいレイアウト。

スペイン中東060ジョッドパレスレストラン

レストランは4件あり、和食とアジア料理『sakura』、北インド料理『Handi』、アラビア料理『AlWaha』、朝食ビュッフェ『LeRendezvous』(1F)と多彩に揃っています。

スペイン中東061ジョッドパレスプール

屋上のプールエリアはジャグジーも備わり、喫煙所も備わり、ドバイの街を見下ろせる絶好の場所。子供用のプールもあるので家族で楽しめます。

スペイン中東062ジョッドパレスジム

ジム、サウナ、スチームルームを備えたヘルスクラブ、6室のトリートメントルームを備えたスパも揃って、施設充実。

スペイン中東063スーパー

さらにエントランスの目前にスーパーマーケットがあって、とても便利です。

スペイン中東064土産水パイプ

しかも地下鉄AlRigga駅まで350mと近く、駅周辺は飲食店やスーパーマーケット、土産物も置かれた雑貨店などが並んでいるので、長期滞在にもオススメ。

欠点はひとつ、アルコール提供のないホテルという点が残念でした。レストランで食事と共に一杯飲みたかった…。でも、でも、1人4Lまで持ち込み可能。空港の免税店で購入すればお部屋で飲むことができます。もしかしてリカーライセンスがないホテルだから安かったのかな?ホテル選びは慎重に(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.7



☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
ジョッドパレスホテルドバイ




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅行 もくじ

2019/ 06/ 01
                 
VOL.01 日本発着クルーズなら超高齢者も楽々♪
VOL.02 2度目のコスタネオロマンチカ
VOL.03 3人利用ならスイートルームがオススメ
VOL.04 『ラ・フィオレンティーナ』で優雅なランチ
VOL.05 神戸入港〜北野異人館にパワースポット!?
VOL.06 神戸出港〜北野異人館巡りと中華街・南京町
VOL.07 終日航海〜ハイティーに招待される♪
VOL.08 終日航海〜レストラン『ボッティチェッリ』
VOL.09 釜山入港〜チャガルチ市場で激安アワビ♪
VOL.10 釜山出港〜釜山港の夜景にウットリ♥
VOL.11 佐世保入港〜車椅子でハウステンボス観光
VOL.12 終日航海〜石窯ピザに夢中
VOL.13 新宮入港〜神武天皇が発見!?『那智の滝』
VOL.14 新宮入港〜那智の世界遺産巡りと八咫烏
VOL.15 新宮出港〜満足度一位の寄港地は新宮!
VOL.16 高齢者に最適♪コスタネオロマンチカ



コスタクルーズ176コスタネオロマンチカ新宮



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.16 高齢者に最適♪コスタネオロマンチカ

2019/ 05/ 26
                 
コスタクルーズ166サントロペプール

そして最終日、クルーズ8日目。東京〜神戸〜釜山〜佐世保〜新宮〜東京と、4都市を巡る7泊8日のクルーズ旅行が終わってしまいます。

コスタクルーズ167エノテカヴェローナ入口

名残惜しいので、コスタネオロマンチカの施設をもう少しご紹介しましょう。

コスタクルーズ168チョコレートバー

『コーヒー&チョコレートバー』9階
チョコレート系のドリンク&スイーツはもちろん、コーヒーやお酒も飲める、お気に入りのバー。アイスクリームの屋台や目の前で作ってくれるクレープもあり、メニュー豊富で色々楽しめます。時々ピアノやビオラの生演奏が入り、向かいに重厚な雰囲気の喫煙室があるのも人々が集まる理由かも。屋内にあるので天候の影響を受けません。

   ☆ コーヒー&チョコレートバー →  南国クルーズ夫婦旅Vol.7

コスタクルーズ169サムサラスパ

『サムサラスパ』9階
利用料は1日35ドルと、高額。前回はマッサージとセット購入して1日2回通う日もあったほど、夢中になった施設です。今回は2日利用できるスイートルーム特典付。レンタル水着はないし、船内のショップにも売ってないので持参しましょう。

   ☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13

コスタクルーズ170ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ171ピッツェリアカプリ

『ピッツェリア・カプリ』11階(モンテカルロ)
夕食時に無料レストランより利用した、窯焼きピザを食べられる有料レストラン。カジュアルクルーズなので、無料のコース料理に過度な期待をしたらダメです。味に不満があれば寄港地で美味しいものを食べるか、有料レストランへ行きましょう。

   ☆ ピッツェリア・カプリ → 太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12

コスタクルーズ172スタエノテカヴェローナ

コスタクルーズ173スタエノテカヴェローナ

『エノテカ・ヴェローナ』8階(ヴェローナ)
ゆったりとした椅子が置かれ、静かで寛げるワインバー。壁一面にワインが並ぶ姿は壮観です。チーズと共に6種のワインを味わうワインテイスティングセミナー(20ドル)も開催。自動販売機があり、ワインだけでなく日本酒や焼酎も並んでいます。

コスタクルーズ174コスタ模型

コスタネオロマンチカはコスタクルーズが所有する客船の中でもワンランク上のネオシリーズ。カジュアル船でありながら贅沢な施設を売りにしています。他のコスタクルーズ船と比べると、上質で落ち着きのある内装になっていて、客室も少し広いようです。

コスタクルーズ175ボッティチェッリ

さて、下船開始は8時半からなのに、7時には部屋を空けないとならないのがクルーズのイヤなところ。空き時間ができてしまったので、ボッティチェッリレストランで朝食をいただきながら下船を待ちました。レストランでの朝食は、ビュッフェだけでなく卵料理やパンケーキ、和定食などのオーダーも可能。ここのドーナッツ、美味しいです。

そして下船時。車イスをお願いしたら、スタッフがずっと押してくれて、母は座ったまま入国審査ができてとても喜んでました。

コスタクルーズ014スイートルーム

イベントにはほとんど参加しなかったけれど、お部屋でのんびり過ごしながら次の目的地に連れて行ってくれるクルーズ船は快適で、 お母様は大満足ヽ(´▽`)/中型船だから施設間の移動も少なく、歩くのもラクそうでした。90歳でも楽しめるクルーズ旅行♪皆様もぜひ親子で乗ってみてくださいね。

                             おしまい



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12 終日航海〜石窯ピザに夢中

2019/ 04/ 19
                 
コスタクルーズ117ピッツェリアカプリ

クルーズ6日目は終日航海です。

コスタクルーズ118バルコニー

朝からのんびり過ごして、ほとんど部屋の中。イベントにも参加せず、おしゃべりしたり、本を読んだり、お昼寝したりと、私たちなりにクルーズライフを満喫しています。

コスタクルーズ119朝食

初日からずっと続いている朝食スタイルは、レストランから色々と持ってきてお部屋で食べるというセルフ・ルームサービス。スッピンで外へ出ない母は、朝っぱらから支度してレストランへ行くのが面倒だというので、私と妹は食物をセッセと運びます。朝食のルームサービスは無料だけど野菜がないので、ビュッフェレストラン『ジャルディーノ』で調達。90歳にもなれば朝はボーッとしてるし、私も朝から頑張れないので、妹が往復することがほとんどですが…。

コスタクルーズ120ジャルディーノ

昼食はジャルディーノで海を眺めながら楽しみました。

コスタクルーズ121サントロペ

客室は1130号室。主にスイートルームで構成された11階のお部屋はとても便利で、10歩ほど先にある秘密の扉を開けると、プールがある『サントロペ・デッキ』になります。ここでは時々イベントが開催され、晴海埠頭出航時も多くの人々が集まって『セイル・アウエイ・パーティ』で賑わっていました。

コスタクルーズ122サントロペ

プールサイドには『リドバー・サントロペ』があり、バーを挟んだ両側には『グリル・カプリ』と有料レストラン『ピッツェリア・カプリ』。

コスタクルーズ123ジャルディーノジャルディーノ

さらに先に進むと船尾側になり、大人用のブールとジャグジー、バーがある『モンテカルロ・デッキ』、階段を降りると『ジャルディーノ』と、大きな船なのに迷うことなくスムーズに移動できます。

コスタクルーズ124ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ125ピッツェリアカプリ

そしてこの日の夕飯はピザ。『ピッツェリア・カプリ』では、石窯焼きピザを提供しています。
これがとても美味しくて、メインレストランでのフルコース料理より気に入って…、いや違うな…。メインレストランは時間がかかるワリに料理がイマイチだったので、率先してピザを選んでいました(^◇^;

コスタクルーズ126ピッツェリアカプリ

反対側にある『グリル・カプリ』からサラダを持ってきて、ビールを注文していただきます。1枚7ドル(税別)と、有料だけど良心的なお値段で、0.5ドルで具の追加が可能。ドルチェも付いてきます。


コスタクルーズ127ピッツェリアカプリ

母は1切れか2切れ食べる程度なので、3人で1枚あれば充分。テイクアウトもできるので、お部屋で食べることも覚えました(^◇^;)
フルコースディナーとビュッフェに飽きたら、ピザを食べてみて下さいね。船のスタッフの中でも一番人気のレストランらしいです。

                                     つづく
                                     VOL.13




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.9 釜山上陸〜チャガルチ市場で激安アワビ♪

2019/ 03/ 21
                 
コスタクルーズ081釜山国際ターミナル

そしてクルーズ4日目。8時に釜山港国際旅客ターミナルに到着しました。2015年に移転したということでピカピカなのですが、大きすぎ。船を降りてからかなり歩くので、ターミナルを出る前に老人はヘトヘトです。船に戻る時は車椅子を用意してもらったのでラクラク。釜山で乗下船の際は車椅子の手配をオススメします。

コスタクルーズ082釜山国際ターミナル

釜山では特に行きたい所がなかったので、とりあえずタクシーで釜山タワーへ向かいました。龍頭山公園内にあり、公園は小高い丘になっているためエスカレーターで上るということしか調べず、着けばどうにかなると思っていたのですが…。

コスタクルーズ083釜山南浦洞

横付けしてもらうつもりだったのに、大きな通りで降ろされて「あっち」だと。あー、歩行者天国で車が入れないのねと、勝手に納得して降りたものの、入口どこ?

コスタクルーズ084釜山南浦洞

最初は露店を覗いて楽しんでいたけれど、なかなか辿り着けず焦り始めた頃…、日本語で話しかけてくる眼鏡屋の店員につかまり、とにかく母を休ませようと店内に入ってイスに座らせました。釜山タワーへの行き方を尋ねると、5分くらいで着くけど、エスカレーターを降りてからも階段で、帰りは階段しかないということ。他の入口もあって、そこなら歩けるのではないかというので再びタクシーに乗りました。あ、眼鏡が3,000円位で買えるらしいです。親切だけど営業も激しかった。

コスタクルーズ085釜山タワー

店員さんがタクシーを拾って、韓国語で伝えてくれたので一安心。で、着いた先が階段の麓(^◇^;)あきらめて、そのままチャガルチ市場へ行きました。

コスタクルーズ086釜山チャガルチ市場

チャガルチ市場は釜山最大規模の海産物市場。店前に生け簀を置いた飲食店が並び、片言の日本語で呼び込んできます。アワビの天ぷらが食べたくて、客席をチェックしてみたら座敷。母は膝の手術をしているので座敷はNGです。何軒かまわってイスの席はないかと聞くと、プラスティックの風呂イスのようなものを出してきたり、2階にあると言われて階段を確認したら急角度だったりしたので断念。

コスタクルーズ087釜山チャガルチ市場

コスタクルーズ088釜山チャガルチ市場

露店に並ぶ海産物はグロテスクであまり美味しそうではありません。やっぱ生け簀よね〜。

コスタクルーズ089釜山チャガルチ市場

ウロチョロしてイスのあるお店を探していたところ、市場の背後に『新東亜水産物総合市場』を見つけました。

コスタクルーズ090釜山チャガルチ市場

1階は海産物の市場で約180店舗入ってるということ。ここで食材を買って3階の食堂に持って行けば、御飯やメウンタン(白身魚の辛い鍋)などと一緒に食べることができます。1階では簡単な料理しかできないみたいだけど、3階も座敷のようなのでここでいただきま〜す♪

コスタクルーズ091釜山チャガルチ市場

生け簀にはエビやアワビ、カニ、カキ、ウニ、ナマコ、ホヤ等々、新鮮な食材があふれていて、時々飛び出してきます。韓国の海は激しく汚染されていると何かで読んだ気もするけど、そんなこと気にしてられないほど魅力的。

コスタクルーズ092釜山チャガルチ市場

コスタクルーズ093釜山チャガルチ市場

アワビ3個2,000円!?という安さにも驚きです。エビと魚も焼いてもらって、ビール1本とウーロン茶1缶で約7,000円。高級食材を安く食べることができて大満足でした。2階は乾物市場になっているので、韓国のりやスルメなどちょっとしたお土産も手に入りますよ。


                                      つづく
                                     VOL.10



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.8 終日航海〜レストラン『ボッティチェッリ』

2019/ 03/ 16
                 
コスタクルーズ068ボッティチェッリ
『ヴィーナスの誕生』のヴィーナス

メインレストランは8階船尾にある『ボッティチェッリ』。そうです、イタリアの有名画家の名前です。なんでもボッティチェッリの『プリマベーラ(春)』という名画からインスピレーションを受けてデザインされたという内装なのですが…、

コスタクルーズ069ボッティチェッリ
『プリマヴェーラ』のフローラの腕

壁にボッティチェッリの絵画の一部分が飾られているだけのような気がしてなりません。まぁ、面白いけどね。内装の件は置いといて、とても落ち着いた雰囲気で優雅に食事を楽しめるレストランです。

   ☆レストラン詳細 → 南国クルーズ夫婦旅Vol.8

コスタクルーズ070ボッティチェッリ

今回はスイートルーム用の特別席だったからなのか、相席した方々はリピーターが多く、日本発のクルーズ船情報を色々聞くことができました。
MSCやプリンセス、ノルウェージャン、ぱしふぃっくびいなす、等々、皆さん毎年のように乗っているということ。日本発着クルーズ船初心者の私達は、日本人がヨーロッパ人のようにクルーズ船をうまく利用していることに驚きました。車椅子のご婦人が「クルーズが一番ラク」と言っていて、確かに飛行機や電車などと比べると、かなりバリアフリー。障害者用の客室ならシャワールームに折りたたみのイスが付いてる船もあり、バスタブ付きのスイートルームじゃなくても困らないみたいです。

コスタクルーズ071ボッティチェッリ

さて、やはり一度くらいはメインレストランの夕食をご紹介しておきましょうね。二部制になっているので早い方を選んでいたのだけど、なんと17時から(^◇^;)前回乗ったときは18時からだったのに、ちょっと早すぎるでしょー。時間の問題だけではないけれど、結局このレストランは夕食2回と下船日の朝食でしか利用しませんでした。

コスタクルーズ072ボッティチェッリ

アンチョビと松の実のパスタ + クラムチャウダー


コスタクルーズ073ボッティチェッリ

ボロネーゼ + ベジタブルスープ


コスタクルーズ074ボッティチェッリ

野菜のチャーハン + 魚の串焼き 野菜とマッシュポテト添え


コスタクルーズ075ボッティチェッリ

鮪のマヨネーズ焼き


コスタクルーズ076ボッティチェッリ

ニッセーナ風ローストチキン + ガーデンフレッシュサラダ

母とクルーズ船に乗るときは、携帯用のソースとしょうゆを持参しています。ヨーロッパの船ではソースとしょうゆを常備している事はなく、あったとしても日本製ではないので味が微妙。例えばこのローストチキンなら、ニッセーナ風などという何だかわからないクリーム色のソースがかかってない部分を切って中濃ソースをかけて食べさせたら「あら美味しい♪」というのです。異国の味を倦厭しがちな老人でも工夫すれば美味しく食べられるので、持参することをオススメします。

コスタクルーズ077ボッティチェッリ

シシリアーニカノーリ(リコッタチーズ入りクリスピーロール)


コスタクルーズ078ボッティチェッリ

ヌガーグレイスパフェ

コスタクルーズ079ボッティチェッリ

本日のフルーツ
メニューは多彩でデザートだけでも4種類。味はソコソコですが、雰囲気は抜群です。

コスタクルーズ080タンゴディスコラウンジ

食後にちょこっと立ち寄ったのは9階船尾にある『タンゴディスコラウンジ』。前回未踏の場所です。日本人専用のカラオケバーみたいになってたけど、昼間は穴場。カラオケタイムとディスコタイム以外、イベントが少ないので静かに過ごせるらしいですよ。
そしてここまで来てたのに、隣の有料レストランを覗くことを忘れてしまい、再び未踏地になってしまいました。『マンマトラットリア』から『カサノヴァ』というレストランに変わってます。次回は必ず写真を撮るぞっ。

                                     つづく
                                     VOL.9



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.7 終日航海〜ハイティーに招待される♪

2019/ 03/ 10
                 
コスタクルーズ059アフタヌーンティー

クルーズ3日目は終日航海日。
関門海峡を通って釜山に向かいます。

コスタクルーズ060豊後水道?

ここは豊後水道辺りでしょうか?ぼんやりと島影が見えますね。
船内新聞には14時に関門海峡に入り、約6時間かけて通過すると書いてありましたが…、午前中に撮ったこの写真以降バルコニーに出てなかったみたいですヽ(´o`;

コスタクルーズ061スパークリングワイン

スイートルーム特典で2回利用できるサムサラスパで遊んで、乗船時に頂いたシャンパン(と思っていたけど実はスパークリングワインだった)を飲んだりと、船上ライフを満喫していたのですが、関門海峡通過という大イベントをすっかり無視してしまった私達。

   ☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13

それでもまだ気付かず、「Special HighTea Time for VIP Guests」と、ハイティーの招待状が届いたので、ステーキハウス『ラ・フィオレンティーナ』へ行きました。

コスタクルーズ063アフタヌーンティー

ピアノとバイオリンの生演奏を聞きながら優雅な空間でティータイム。

コスタクルーズ064アフタヌーンティー

コスタクルーズ065アフタヌーンティー

ゴージャスに飾られた台にホールケーキと小さなサンドウィッチや調理パンが並び、種類は多くないけれど、高級な感じ。このレストラン、とにかく雰囲気抜群です。

コスタクルーズ066免税店

そして向かいにある免税店へ。恒例の記念品探しです。旅行の思い出に残るようにと、毎回母にプレゼントしているのですが、溜まりすぎてどこへ行った時のものだかわからなくなっている状態。それでも欲しいみたいで…。

コスタクルーズ067免税店

母は一生懸命物色中。ムムム。スワロフスキーのペンダントが気に入ったみたいですよ。そこでお母様お決まりのセリフ「私が死んだら貴方たちのモノになるのよ」とにっこり。
いつか私の物になるのでしょう。

                                     つづく
                                     VOL.8



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ