FC2ブログ

レバノン料理

        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト

2020/ 04/ 18
                 
スペイン中東489カイロコンラッド

ぼったくりタクシーで向かったのは、ナイル川を見下ろすように建つホテル『コンラッドカイロ』。空港から17km、40分位で到着しました。物騒なお国柄からか?ホテルの敷地内にゲートがあり、一旦止められて車のトランクの中を確認後にチェックイン。

スペイン中東490カイロコンラッド

スペイン中東491カイロコンラッド

エントランスに入れば、立派なフロントとヤシの木が植えられたオアシスのようなロビーラウンジがあり、5つ星ホテルならではの優雅な空間になっています。

スペイン中東492カイロコンラッドホテル

中東料理、アジア料理、各国料理など多彩な味を楽しめるレストランは6軒。他には、プール、サウナ、24時間利用可能のフィットネスセンターを備え、カジノも併設しているので、街中に出なくても楽しく過ごせます。

スペイン中東493カイロコンラッドOAK

そんな充実施設の中、ホテル内を探索することもカジノへ行くこともせず、利用した施設はレストラン『OakGrill』のみ。

スペイン中東494カイロコンラッドOAK

レバノン料理のレストランで、絵皿が飾られた入口の雰囲気が気に入ったので選びました。

スペイン中東495カイロコンラッドOAK

スペイン中東496カイロコンラッドOAK

ひよこ豆のスープと子羊のグリル、あと何だっけ?レバノン料理は初めてなので恐る恐る注文したけれど、すべてが美味しかったです。
トルコ料理のようなギリシャ料理のような、モロッコ料理のような…、地中海風の味わいでオリーブオイルやハーブ、ヨーグルト、レモンを使って調理。重厚感のあるパンもモロッコのホブスによく似ていました。

スペイン中東497エジプトビール

ここでちょっとビールのお話しを。
エジプト国内産ビールの代表は、SAKARAとSTELLA。アルコールを忌み嫌うイスラム教国なのにビールを醸造しているというのは、どういうことなのか不思議だったので調べてみました。エジプトのビールは紀元前3000年頃から醸造されていたといわれ、エジプト神話にも出てくるということ。古代エジプトでは日常的にビールが飲まれていたらしいです。エジプトがイスラム帝国に征服されてウマイヤ朝の一部になったのは7世紀。紀元前5000年頃からの歴史を思えば、イスラム化したのはたかが1400年ということになりますね。だからこそ飲酒にも寛容なのかも知れません。

スペイン中東498カイロコンラッドロビー

さて、優雅な気分でチェックインを終えてソファー席に案内され、ピラミッド観光の営業を受けました。「ピラミッドへ行く予定ならタクシーを手配しませんか?」という話。ぼったくりタクシーの運転手は40ドルでチャーターできると言ってたけど、こちらは50ドル(ノーマルタイプの料金。ちょっと良いリムジンタイプは60ドル)で送迎するという話です。ギザにあるピラミッド観光の会社に案内して、ホテルに戻ってくるということ。現地では乗馬でのピラミッド観光が1人100ドルというのです。何でドルなんだ?とは思いながらもホテル手配なら安心。バスや電車でギザへ行って交渉すればもっと安くなるかも知れないけれど、交渉が面倒くさいし、ホテルのお墨付きなら誘拐される心配もないのでお願いしました。

さぁお部屋に行きましょう♪

                                     つづく
                                     VOL.40






☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆カサブランカでモロッコ料理 → スペイン+中東夫婦旅Vol.30




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





スポンサーサイト