ロカ岬

        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.23 ファドの心はサウダーデ

2015/ 09/ 26
                 
『Bilhete Train & Bus』という1日券を使った一般的なコースとしては、
この後シントラ駅に戻ってロカ岬行きのバスに乗り、ユーラシア大陸最西端
到達の感動を味わうことになるのですが、私たちはロシオ駅に戻ります。

ポルトガル103ペーナ宮殿遠足かな?

ロカ岬までわずか10km、40分程で行けるのは知ってるし、
1日乗り放題券の購入時には「もしかしたら行けるかも?」と思っていたけど、
宮殿は丘の上に建つので坂道が多く、しかも広すぎて、お母様はヘトヘトです。

今夜はファド・レストランを予約してあるので、ホテルに帰って、カルロスの
お迎えを待ちましょう♪

ファドはポルトガルの民族歌謡。日本の民謡、イタリアだとカンツォーネ、
フランスならシャンソンと同様、ポルトガル人の心の歌。
ポルトガルギターとクラシックギターの伴奏でファディスタと呼ばれる歌手が
マイクなしで歌います。

ポルトガル104ファド

タクシーで連れて行かれたのはアルファマ地区の『TAVERNA D'EL REY』
というお店で……、

ポルトガル105TAVERNA DEL REY

何だか薄暗く怪しげなお店が並んでますが、中はどこにでもありそうな
ポルトガル料理屋さんだったので、安心しました。

ポルトガル106TAVERNA DEL REY

「サウダーデ」という言葉は、会えなくなってしまった人や遠く離れた故郷、
取り戻せない過去に寄せる、やるせない思いという意味で、そんな心の叫びが
歌になり、ファドと呼ばれてポルトガル人の心を伝えているということ。
意味はわからないけど、ポルトガルギターの甘く切ない音色と哀愁漂う歌声が
眠りを誘い……、いーえ、魂を揺さぶります。

ポルトガル107ファド

12弦あるこのポルトガルギターのボディが涙の形をしているというのも、
サウダーデの心を象徴しているのかな?

ポルトガル108ファド

1人2〜3曲づつ歌って入れ替わり、6人目でようやくカルロスが登場!!
歌い終わったら、ホテルへ送ってくれました。これ、出演料貰えるのかな?
料金は飲食代とタクシー代だけだったし、無償のような気がします。

ポルトガル109TAVERNA DEL REY

そういえば……、この時買ったCDは誰が持っているんだろ?
カルロスの歌声が懐かしくなったので、探してみよっと。

                               つづく
                              VOL.24




☆カルロスって誰? → ポルトガル親子旅行Vol.18
☆そしてロカ岬へ →  ポルトガル親子旅行Vol.33
☆現地発着ツアー → リスボン・ナイトツアー
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー シントラ、ロカ岬、ペーナ宮殿




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










スポンサーサイト