2009年ラスベガス

        
category - 2009年ラスベガス

2009年 ラスベガス親子旅行 もくじ

2010/ 11/ 18
                 
◇◇旅行記2009年9月 ラスベガス親子旅行◇◇

VOL.01 2009年親子旅行はじまり
VOL.02 マイルを使ってアップグレード♪
VOL.03 アップグレードできない航空券って?
VOL.04 ラスベガス行き航空券購入
VOL.05 航空券購入→座席指定
VOL.06 ラスベガスへの乗り継ぎについて
VOL.07 (休憩)燃料サーチャージについて
VOL.08 魅惑のホテル『ベネチアン』
VOL.09 ベネチアンを選んだワケ
VOL.10 『ベネチアン』オープン?
VOL.11 まさかのホテル難民
VOL.12 “ベネチアン泊まれない事件“結末
VOL.13 『ベネチアン』姉妹対決?
VOL.14 ベネチアン&パラッツォ宿泊料金を調べる
VOL.15 『ベネチアン』部屋カテゴリー
VOL.16 ラスベガス旅行スケジュール決定
VOL.17 グランドキャニオンツアー予約
VOL.18 グランドキャニオンツアー予約
VOL.19 グランドキャニオンツアー予約
VOL.20 グランドキャニオンツアー予約
VOL.21 グランドキャニオンツアー予約
VOL.22 グランドキャニオンツアー予約
VOL.23 グランドキャニオンツアー予約
VOL.24 ショーを予約する
VOL.25 ショーを予約する
VOL.26 シルク・ド・ソレイユ『KA』25%OFF!?
VOL.27 シルク・ド・ソレイユ『KA』予約
VOL.28 『O』と『ランスバートン』検討
VOL.29 キャニオンサイドに泊まれない!?
VOL.30 グランドキャニオンのホテル事情
VOL.31 もう一つの水のショー『LeReve』
VOL.32 『LeReve』予約
VOL.33 出発準備完了
VOL.34 行ってきま~す♪

LAS115ベネチアン

VOL.35 ユナイテッド航空に乗る
VOL.36 アメリカ内での乗り継ぎについて
VOL.37 パラッツォホテルぷりぃ~ず♪
VOL.38 憧れのホテル『パラッツォ』
VOL.39 『パラッツォ』客室
VOL.40 『パラッツォ』バスルーム
VOL.41 『パラッツォ』客室設備
VOL.42 『パラッツォ』から『ウィン』へ
VOL.43 ベガスのオアシス『ウィン』
VOL.44 ウィンのバフェ『ザ・バフェ』
VOL.45 ランス・バートンのチケット購入?
VOL.46 発見♪ショー割引チケット店
VOL.47 エセルMとM&M'sのチョコレート
VOL.48 世界最大級のホテル『MGMグランド』
VOL.49 『KA』チケット大事件
VOL.50 MGMでプレイヤーズカードを作る
VOL.51 『MGMグランド』から『パリス』へ
VOL.52 シティセンターと『アリア・リゾート&スパ』
VOL.53 パリよりパリっぽい『パリス』
VOL.54 ベネチアンで『ブルーマン』観賞
VOL.55 ベネチアンで『ブルーマン』観賞
VOL.56 ミスティアと無料ショーが目玉の『TI』
VOL.57 恐怖の絶叫マシン体験『ストラトスフィア・タワー』
VOL.58 ラスベガス最高級ホテル『アンコール』
VOL.59 ショッピング・モール『ファッションショー』
VOL.60 私たちのカジノ利用法
VOL.61 プラネットハリウッドのバフェは1つじゃない
VOL.62 MGMでシルク・ド・ソレイユ『KA』観賞
VOL.63 グランドキャニオンツアーの選び方
VOL.64 『パラッツォ』チェックアウト

LAS103ヤパパイ

VOL.65 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.66 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.67 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.68 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.69 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー
VOL.70 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.71 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.72 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン
VOL.73 グランドキャニオン国立公園
VOL.74 グランドキャニオン国立公園 
VOL.75 グランドキャニオン国立公園 サンセット
VOL.76 グランドキャニオン国立公園 朝焼け
VOL.77 グランドキャニオン国立公園 ホピ~パウエルポイント
VOL.78 グランドキャニオン国立公園 マーサーポイント
VOL.79 『ベネチアン』10年越しのチェックイン
VOL.80 『ベネチアン』客室
VOL.81 『ベネチアン』ベッドルーム
VOL.82 『ベネチアン』VS『パラッツォ』姉妹対決!!
VOL.83 『ベネチアン』ベッド&お土産
VOL.84 『グランド・カナル・ショップス』
VOL.85 『グランド・カナル・ショップス』
VOL.86 『ミラージュ』で火山噴火の無料ショー
VOL.87 『フォーラムショップス』
VOL.88 和食バフェ『TODAI』
VOL.89 シャンパンブランチ
VOL.90 『ルクソール』でシャンパンブランチ
VOL.91 もうひとつの水のショー『LeReve』
VOL.92 『プレミアム・アウトレット』
VOL.93 ビアホール『ホーフブロイハウス』
VOL.94 旅の最後はベラッジオのショーでしょ♪
VOL.95 エッフェル塔からベラッジオ噴水ショー
VOL.96 エッフェルタワーのフレンチレストラン
VOL.97 『ベラッジオ』噴水ショーとウィン氏
VOL.98 さよならラスベガス


    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.98 さよならラスベガス

2010/ 06/ 10
                 
『パリス』から『ベネチアン』へタクシーで戻り、
ラスベガス旅行最後の夜が終わります。

LAS178ベネチアン夜景

「明日になれば、日本へ帰らなければならない……」と、
寂しい気持ちで一杯な私とはウラハラに、お母様は楽しそう♪
お土産を配りながら、旅行話をする事を楽しみにしていますけどっ?

旅行の醍醐味は、楽しいのはその時だけじゃないところです。
準備で楽しみ、現地で楽しんで、帰ってきてからも永遠に楽しい♪という!
どこが一番楽しいのか?
かなり考え続けていますが、振り返るとすべての時間が楽しいのです。
情報が少なくて苦しんだコトから、帰ってきてからのアルバム作り、
そしてこれから笑い話になるはずの思い出話………。
翌日、10:53ラスベガス発UAの飛行機に乗り、帰国の途につきました。

LAS179空港

以上で、私たちのラスベガス親子旅の話は終わりです。
パラッツォ3泊、グランドキャニオンツアーで1泊、ベネチアン4泊という、
たったの8泊10日の旅を、よくもまぁこんなに長々と書く話題があったな~と、
我ながら驚いています。
そして「全て読んでくれてる人なんて、居ないよな~」とは思いながらも、
もしもずっと付き合ってくれていた方がいらっしゃったとしたら、ありがとう!

私は思い出が大好きです。
お金では買えないものだし、小説や映画のように過去に戻る事ができないからこそ、
とても大切なものだと思っています。
だ・か・ら!!!
皆さ~ん♪大切な人との思い出を作りましょ!
近所の温泉でも牧場でもいいから、大切な人と思い出をいっぱい作りましょう♪

楽しかったコトはもちろん、ハプニングやケンカさえも、
きっといつか、そのすべてが楽しい思い出話にかわります……。

                              おしまい


☆☆☆2009ラスベガス親子旅行 もくじへ☆☆☆


    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.97 『ベラッジオ』噴水ショーとウィン氏

2010/ 06/ 08
                 
ベラッジオの噴水ショーは、目の前で観ると迫力満点ですが、
パリスのエッフェルタワーレストランからの眺めは、とても優雅な雰囲気。

LAS174ベラッジオショー

昼間は30分ごと、夜は15分ごとに行われているので、待つことなく始まりました。

LAS175ベラッジオショー

LAS176ベラッジオショー

LAS177ベラッジオショー

この音楽と水の噴水ショーは、全部で20以上のバリエーションがあるということ。
何度観ても楽しめます♪
やっぱり『ベラッジオ』噴水ビューの部屋に泊まってみたいな~。
10年前からの憧れホテルです。
今度ラスベガスへ来るときは、シルク・ド・ソレイユのショー『O』を観たいので、
このホテルは有力候補だけど、『ウィン』も捨てがたい……。
ってゆーか、今更ながら、スティーブ・ウィン氏の発想力と実行力、
そして思い切りの良さに驚いています。

ストリップ沿いに無料ショーを創造してしまったウィンさんは、
『ベラッジオ』を『MGM』に売却して、理想のホテル『ウィン』を建築。
隣にはさらにゴージャスなホテル『アンコール』を建てた!と、驚いていたところ、
ラスベガスへ来て知った事は、『ミラージュ』と『TI』も売却していたという…。

構図としては、スティーブ・ウィンが構想を練って、建築。 →
成功しちゃうと、ウィンちゃんは飽きて、新しい構想に着手。 →
資金調達のため、MGMに売却。 → MGMが地道に運営。
って、感じでしょうか?

この旅の後、訪れたマカオの『ウィン』では、無料の噴水ショーをやってます。
『ウィン』なんだか、『ベラッジオ』なんだか?って話ですけど……。
そして面白い事に『MGM』もあり、マカオでも、いつか『ウィン』を『MGM』に
売却して、更なる発展を遂げるのでしょうか?
ラスベガスもマカオも、ホテル事情が楽しみです♪
もちろん、マカオでは『ベネチアン』に宿泊しましたよっ!!

                                つづく
                                VOL.98


☆ホテル『ウィン』について → ラスベガス親子旅行VOL.43
☆ウィン氏『ベラッジオ』売却だけじゃない! → ラスベガス親子旅行VOL.50
☆そして『ベネチアン・マカオ』に宿泊♪   → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ















                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.96 エッフェル塔のフレンチレストラン

2010/ 06/ 04
                 
マネージャーらしき男性は「こちらへどうぞ」と!
母の肩を抱くようにエスコートしてくれました。
並んでいるのか、予約時間が来るのを待っているのか、店の奥には人だかりが
あるのに、なぜか”顔パス”です。

どうしてでしょう?
コレは母の魔法です。旅先での話ですけど、母の姿を見ると、誰もが皆、
懐かしむような、優しい顔になるのです。特に男性に多いのですが……。
「親孝行しなくちゃな~」とか「おばあちゃん元気かな?」とか、
お母さんやおばあちゃんを連想するのではないか?というのが、私たちの分析結果。
とにかく、母と一緒に旅をしていると、どこへ行ってもみぃ~んなやさしいのです。

というワケで、親切な対応でショーを眺める事が出来るカウンター席に
案内され、「楽しんでね」と微笑まれます。お母様モテモテ!
VIP待遇でGETしたこの席、目の前(ちょっと遠いけど)のガラス越しに
ベラッジオが見えますよ~。

LAS172ベラッジオ

窓側のテーブル席に座りたいなら、予約を入れておいた方が良いです。
ここはどこかの眺望だけが良いレストランとは違います。
味も良いので、人気のレストランなのだから(*^▽^*)

LAS173パリス

スタンバイOK!!

                              つづく
                              VOL.97

☆エッフェルタワーレストラン公式サイト(予約はこちらから)
         → http://www.eiffeltowerrestaurant.com/
☆『パリス』他施設の話 → ラスベガス親子旅行VOL.53



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.95 エッフェル塔からベラッジオ噴水ショー

2010/ 06/ 03
                 
タクシーは『パリス』に到着。

LAS170パリスエッフェル塔


LAS171パリス凱旋門

さてーっ、ホテル『ベラッジオ』の噴水ショーの楽しみ方は、多彩です。
A.人込みの中、目の前で見る
B.『ベラッジオ』のレストランから眺める
C.『パリス』エッフェル塔の展望台から眺める
D.『パリス』エッフェル塔のレストランから眺める
E.『ベラッジオ』の客室から眺める

etc……。宿泊したことがないので、断言できませんが、『シーザース』や
『プラネット・ハリウッド』からも眺めることが出来る部屋はあると思います。

そんな中で私が選んだのは、”D”エッフェル塔のレストランから眺める方法。
なぜか?というと、
「『パリス』のエッフェルタワー展望台(C)は有料(10ドル位)なのに、
 レストラン専用のエレベーターは無料なので、何だか得した気分になるし、
 初めて観るワケじゃないのだから、人込みの中で立って観る(A)より、
 座ってビールでも飲みながら眺めた方がいいじゃない?」という理由です。

『エッフェルタワーレストラン』へは、専用のエレベーターがあり、
到着してドアが開くと、そこは店内。
「予約してませんが、ショーが見える席に座りたいんですけど…」
と、恐縮気味にウエイトレスへ伝えると、ちょっと困った顔。
店内は込み合っています。空席待ちの人も居るので、待たされるか?
断られるか?と、ビクビクしていると………、
スーツ姿の大きな男性が近付いてきました!

ウエイトレスと何か話した後、笑顔でこちらに向かってきますけどっ!!!

                              つづく
                              VOL.96

☆『パリス』訪問時の話 → ラスベガス親子旅行VOL.53



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ













                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.94 旅の最後はベラッジオのショーでしょ♪

2010/ 06/ 01
                 
ホーフブロイハウスを出ると、目の中に飛び込んでくるのが
ネオン輝く大きなギター♪
『ハードロック・カフェ』です。

LAS167ハードロックカフェ

『ハードロック・ホテル』は、その奥にあります。

LAS168ハードロックホテル

今や世界中にある『ハードロック・カフェ』が最初に造ったテーマ・ホテルです。
このホテルは、何もかもロックしていて、入口のドアノブがギターの形!
カジノフロアには、ロックスターの衣装やギター、愛用品などがディスプレイされ、
プールのBGMまでロックンロール♪という、ロックファンには涙もののホテル
なのです。ロックスターのコンサートも行われているんですよ。

LAS169ハードロックホテル

2店目がバリ島に建つという話題から10年……、私が知らない間に、パタヤ、
ペナン、サンディエゴ、フロリダ…と、続々と建てられていたみたいです!
そして、このラスベガス旅行の後に行って宿泊した、
マカオのホテル『ベネチアン』の向かい側にこのホテルを見た時には、
驚きましたが……、さらに今年ユニバーサルスタジオがオープンした、
シンガポールのセントーサ島でも開業!と聞いて、思いっきり驚いてます。
”テーマ・ホテル”として、世界一のホテルグループかも知れません。

さてーっ。ラスベガス8泊10日の旅、最期のシーンに私が選んだのは、
ホテル『ベラッジオ』の噴水ショーです。しかも、『パリス』のエッフェル塔にある
レストラン『エッフェルタワー・レストラン』から眺めるという、優雅なプラン♪
ということで、ハードロック・ホテルからタクシーでパリスへ!

このショーは何度も観てるけど、ラスベガスの無料ショーの中でNO.1だと
思っています。ラスベガスを象徴する場所のひとつですね。
映画『オーシャンズ11』の舞台として有名になった(と思ってる)このショーは、
映画『花より男子ファイナル』でも、道明寺(松本潤)とつくし(井上真央)が
登場したシーンでも、とっても印象的に使われてたっけ……。

                               つづく
                               VOL.95




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







       
花より男子ファイナル スタンダード・エディション [DVD]











                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.93 ビアホール『ホーフブロイハウス』

2010/ 05/ 29
                 
『プレミアム・アウトレット』でショッピングを楽しんだ後は、
タクシーに乗って『ホーフブロイハウス』へ。
昨日、ルクソールのシャンパンブランチで満腹になって、
予約をキャンセルしたビアホールです。
ミュンヘンにある世界最大のビアホールの姉妹店で、出発前に発見してから
楽しみにしていました。

LAS163ホーフブロイハウス

店内には木製の長いテーブルとイスが並び、天井画や内装など、
本場ミュンヘンと似ていますが……、ラスベガスの方が静かできれい!

LAS164ホーフブロイハウス

ミュンヘンのお店は、宮廷御用達のビール醸造所として16世紀に建てられた
というだけあって、重厚感が漂っていました。
そしてもの凄く込んでいて、ドイツ人っぽいおじいさんがいっぱい!
バンドの演奏が始まると、皆で合唱してたけど……、
ラスベガスのお客さんはおとなしいので、あまり盛り上がってません。
まぁ、複製だから仕方ないです。

LAS165ホーフブロイハウス

ラスベガスならではのスペシャルは、毎週末に大物ゲストが登場すること。
入場料などありません。お客として席に着いていれば、タダでショーも観られると、
太っ腹!私たちが行った前の週末には、ランスバートンが出演したんですって〜!

LAS166ホーフブロイハウス

さて、私たちが注文したのは、ビール3杯とプレッツェルとソーセージ盛り合わせ。
出発前にホーフブロイハウスのホームページでダウンロードした
”ビール無料券”をウエイトレスに見せたら、1枚しか使えないと!
よく読むと、「食事を注文すれば1杯タダ」の券でした。
余ったクーポン券は、隣に座ったおじさんに差し上げて、
次はベラッジオの噴水ショーを見に行きます。

「タクシーを呼んで下さい」とお願いしたら、
「ハードロックホテルへ行け」と言われたので、
斜向かいのホテル『ハードロック・ホテル』へ向かいます。

                             つづく
                             VOL.94


☆『ホーフブロイハウス』発見時のブログ → ラスベガス親子旅行VOL.34 
☆『ホーフブロイハウス』公式サイト → http://www.hofbrauhauslasvegas.com/



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.92 『プレミアム・アウトレット』

2010/ 05/ 22
                 
ついに最期の日になってしまいました。
ファッションショー、グランド・カナル・ショップス、フォーラムショップス、
ミラクル・マイル・ショップスと、ストリップ沿いの主要なショッピングモールを
制覇したので、次はアウトレット♪
デザイナーズブランドのアウトレット『プレミアム・アウトレット』へ行きます。
別にブランド好きではありません。
「何か良いものないかなー」と、うろちょろしているだけです。

LAS160プレミアムアウトレット

日本では、箱根や長岡の温泉旅館で宿泊した帰りに、御殿場店に寄っています。
主人と行くときは主人の洋服をまとめ買い。母とはウエッジウッドの食器を
少しずつ揃えたりしています。デパートで並んでいるものと同じなのに、
半額ぐらいで買えるというのが何よりの魅力ですよね~♪

LAS161プレミアムアウトレット

ということで、ラスベガス店は?
ドルチェ&ガッパーナ、アルマーニ、カルバンクライン等々高級ブランド店も
豊富で、ポロ・ラルフローレンなんか、子供服まであります!
その他ナイキ、アディダス他のスポーツ用品店から、リーボック、プーマ、
ハッシュパピー(お気に入りです!)など靴屋さんも揃っています。
さらに、サングラス、時計、貴金属etc…、もちろん、フードコートもあるし、
スターバックスもあるし…と、全部で150店舗!!一日中楽しめますね。

LAS162プレミアムアウトレット

ラスベガス発着のツアーもあるけれど、ラスベガスの中心部からタクシーで
10分くらいなので、気軽に行けますよ。
そして、妹が出発前に見つけた貴重な情報♪♪
「VISAカードを持っていれば”オンラインクーポン”で、アウトレット価格が
さらにお得に!その上、割引特典が満載の”VIPクーポンブック”をもらえる」
と!!VIPクーポンブック、役立ちました。

                               つづく
                               VOL.93


☆VISA優待パスポート → http://www.visa-news.jp/cu/chelsea_09-10.html
☆プレミアム・アウトレット公式サイト 
   → http://www.premiumoutlets.com/japan/centers/lasvegas/index.html
☆ラスベガス発ショッピングツアー → http://www.alan1.net/jp/usa/lasvegas/



      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村











                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.91 もうひとつの水のショー『LeReve』

2010/ 05/ 18
                 
ルクソールからエクスカリバーまで歩きました。
マンダレイベイ~ルクソール~エクスカリバーの間は、
無料のモノレールもありますよ~。

LAS156エクスカリバーエクスカリバー

エクスカリバーは中世のお城。可愛らしいホテルです。
アーサー王の伝説に登場する愛剣の名前”エクスカリバー”から名付けられたとか。
子供用のゲームアーケードがあるのが特徴で、子供連れにおすすめのホテルです。
ここでちょっと遊んで、タクシーでベネチアンに戻って休憩。

LAS157ベネチアンベネチアン

すでに『LeReve』のチケットはピックアップしてあるので、
開演30分前に出発すれば余裕です。
パラッツォを通り抜け、歩道橋を渡ると、LeReveの劇場がある
ウィンに辿り着きます。

LAS25LeReve.jpg

んーっ、よかった。華麗で迫力のあるショーです。
円形劇場なので、中央が舞台になり、プールになったり、
水が引いたりしながら、水を使った様々な舞台演出が楽しめます。

LAS158LeReve.jpg

でも、マッチョ系は好みではないし、道化が多かったような…。

LAS159LeReve.jpg

とても素敵なショーだったけど、シルク・ド・ソレイユには敵わないかも。
『KA』の方がドキドキワクワクしました。
ラスベガスで水のショーといえばシルク・ド・ソレイユの『O』が有名ですが、
新しい水のショーを上演していると知って、その演出家が『O』を演出した
フランコ・ドラゴーヌだと知って、『LeReve』を選んだのですが…。
今度ラスベガスへ来る時は、絶対『O』を鑑賞しよ~っと。

                           つづく
                           VOL.92


☆『LeReve』予約時の話 → ラスベガス親子旅行VOL.31
☆『KA』鑑賞時の話   → ラスベガス親子旅行VOL.62
☆『LeReve』チケットピックアップ時の話   → ラスベガス親子旅行VOL.43
ラスベガスショー&ミュージカル一覧



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2009年ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.90 『ルクソール』でシャンパンブランチ

2010/ 05/ 16
                 
LAS152ルクソール

タクシー到着!ここはエジプトです。
建物がピラミッドなので、壁が天井に向かって狭くなっていきます。
客室の窓は斜めになっているし、エレベーターも斜めに上っていくし、
古代っぽい壁画が描かれていたり!外に出ればスフィンクスも居ます。

LAS153ルクソール


LAS154ルクソール

10年前ベネチアンに宿泊するはずが、『ルクソール』になったという顛末は、
すでにお話ししましたが…、ここは思い出深いホテルなのです。

そんなエジプトなバフェは、もちろん神殿風。『モア・ザ・バフェ』です。

LAS155ルクソール

特徴は?ピザステーションがあって、焼きたてのピザが並んでいるところ。
夕食じゃないので他とは比較しづらいけれど、今回一番満足したバフェでした。
シャンパンブランチも夕食も20ドルくらいなので、是非オススメします。
私にとってのバフェとは”少しずつ色々食べることができる楽しい場所”。
所詮飛び上がるほど美味しい料理なんて、並んでるワケないと思っています。
でもね、高額だと”味”や”食材”まで期待しちゃいますよね?
ウィンの夕食バフェなんて、税金足したら約40ドルですよ!
ドリンク付きで20~25ドル位で食べ放題ならモンクなんて言えませんが、
40ドル払うとなると、言いたい事が多くなってしまうので……。

満腹になったところで、問題発生!!
この後、3時に『ホーフブロイハウス』を予約しているのです。
「これからビールとソーセージなんて、無理だよね~」ということで、
電話をかけてキャンセルしました。明日行きましょう♪
夜は『LeReve』というショーを予約してあるので、
隣のホテル『エクスカリバー』で遊んで、ベネチアンに戻ることにしました。

                               つづく
                               VOL.91


☆10年前の可哀相な話  → ラスベガス親子旅行VOL.8
☆ウィンの高額バフェ   → ラスベガス親子旅行VOL.44
☆和食バフェ『TODAI』 → ラスベガス親子旅行VOL.88
☆ラスベガスのホテルを予約する? → ホテルクラブ
                 → アップルワールド

                 → HIS



      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村