FC2ブログ

2009年07月

        
category - 本棚

さよならバースディ/荻原 浩

2009/ 07/ 31
                 
霊長類研究所が舞台。ボノボ(ピグミーチンパンジー)のバースディに
言語習得実験を行っている所です。
主人公の真は、研究仲間であり、恋人の由紀にプロポーズ。
しかしその夜、由紀は自殺してしまいます。
「彼女は何故死んだのか?」「本当に自殺なのだろうか?」と、
唯一目撃していたはずのバースディから真相を聞き出そうとするのですが…。
3歳のバースディがお茶目です。
荻原さんは、子供の描写がとにかく面白いのですが、
まさか猿の子供まで範疇に入っているとは思いませんでした。




さよならバースディ (集英社文庫)
  








スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.2 マイルを使ってアップグレード

2009/ 07/ 29
                 
航空券をアップグレードというのは、エコノミークラスを買った人が
ビジネスクラスに座席をグレードアップするということです。
もちろん、ビジネスからファーストクラスも設定されています。
UA(ユナイテッド航空)で例えると、日本~ハワイ間は4万マイルで
エコノミーの航空券と交換できて、アップグレードは2万マイル。
6万マイルでビジネスクラスの座席をGETできるということになるのです。

……ということは?日本~アメリカ間だと、エコノミーが6万マイル、
アップグレードは3万マイル、え~っと9万マイルでビジネスクラスを利用できるのですが…。
だったら、エコノミーのチケットを買い、3万マイルを使ってアップグレードすれば、
憧れのフルフラットシートを体験できるんじゃないの?
と、思いついたのです!!
さらに考えると、ヨーロッパへ行くときだって+6万マイルでフルフラットシート~♪
って、もう私の夢はふくらみます。

どんどん貯まっていくマイレージポイントは、
アップグレードに使って行けばいいんじゃな~い♪と有頂天。

実際2万マイルでアジア(香港とかタイとか)へ行けるのですが、母はアジアが苦手です。
散々タダで行った挙げ句、蒸し暑いしクサイしと、毒を吐きます。
シンガポールで湿気と日差しの強さにヘトヘトになって、結構ヤバイ状態
(ナメクジに塩をかけたような)になったコトもあるので、
無理矢理連れて行きたいとは思いませんが、そうなると4万マイルでハワイか
5万マイルでオーストラリアへ、何度も行くことになると覚悟していたのです。

ああ…素晴らしい!憧れのビジネスクラス大作戦。
って、乗ったことがないワケではありませんよっ!ダブルブッキングやストのため、
振り替えられた経験はかなりあります(購入したことはないですが)。
飛行機の神様がついている(神様がついているなら、そんなトラブルに巻き込まれない)
のか?結構、確率が高いんです、ワタシ。
去年もケアンズ行きの飛行機はビジネスでしたし、3年前のパリからの帰国便でも
ビジネスだったような?また脱線してますねー。

そして、マイレージプラスに電話をするワケです。まずは確認を。
私は用心深いんです。なんせ勝手に脳みそが先走りしてしまうので、
軌道修正がタイヘンです。
「自分の思いつきに自信がないダケじゃん」と、背後から聞こえてきそうですが…。
フリーダイアルにかけました。携帯からは繋がらないので、自宅の電話を使います。
覚悟していましたが、もーぅ、なかなか繋がりません。
ちょっと混線気味の時(それでも5分以内に繋がることは滅多にない)は、
「順番にお繋ぎしております。しばらくお待ち下さい」とアナウンスが流れるのに、
めちゃめちゃ混線している時は「おかけ直し下さい」とブチ切れます。
コレがっ、ムカつくんです!
“お客様サービス”と言いながら、勝手に切るなんて~!!怒らせてどうする?
そして、ブチ切られること10回以上、ついに時間切れ(UAマイレージプラスは8時迄)。

で、翌日、やっと繋がりました。
そして質問です。
「格安航空券を購入して、ビジネスクラスにアップグレードしたいんですけど、
できますよね?」
ら?あらら?
「格安航空券ではアップグレードできないものもあります」と、
可愛らしい声で悪魔のようなコトをおっしゃる。
「アップグレードできる航空券とできない航空券って、何なんですかっ?!」と、
慌ててコンピュータの前に陣取り、UAのホームページを開きます。
これって、まさかの挫折ですか???
                               まだまだつづく
                               VOL.3



      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村














                         
                                  
        
category - 日記

スラムドック$ミリオネア

2009/ 07/ 28
                 
今更ですが…。昨日「スラムドック$ミリオネア」を見てきました。
4月の月イチゴローで一位になった映画です。
「少年達が一生懸命たくましく生きる姿が微笑ましく、微笑ましいのに気が付くと泣いている」と吾郎ちゃんが語ってましたが、まさに笑いながら泣いちゃう映画!
そして「最後までハラハラさせられる」と、その通りです吾郎さん!
スラムで生きる少年ジャマールの純愛が切なくて、一途に思い続ける少女への気持ちが切なくて、胸が苦しかったです。

…………それにしても…
5年以上も映画館へ足を運ばなかった私と夫を、映画館まで行かせた稲垣吾郎の表現力はサスガ。
「吾郎ちゃんに薦められたから」と、見に行った人は私だけではないはず。
”生涯ベスト5”と聞いてしまったら、見てみるしかないけどね。


原作本です。読みたくなりました。
ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る


                         
                

続きを読む

                 
        
category - 本棚

バルバルさん ~忘文より~

2009/ 07/ 27
                 
バルバルさんは、動物が来ても散髪しちゃう床屋さん。
誰かが看板にイタズラをして、動物の床屋さんになってしまったのですが、
「楽しかったから」と看板を直さないまま営業をします。
人間と動物が一緒に順番を待っている姿が、とっても微笑ましい絵本です。


バルバルさん (こどものとも絵本)

  






                         
                                  
        
category - 本棚

錦繍/宮本輝

2009/ 07/ 25
                 
愛し合いながらも離婚した二人が十年後に偶然の再会。
そして手紙によって、お互いの当時の気持ちや過去の事件、
その後の苦悩、生き様を綴りあいます。
行間の背後に、美しい景色と幸せを願い合う愛を感じました。
書簡体という古典的な小説ですが、電話やメールが
普及しまくっているからこそ、手紙の大切さが身にしみます。



 錦繍 (新潮文庫)









                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.1 2009年親子旅行 はじまり

2009/ 07/ 22
                 
今年の親子旅(と言っても、ばぁさん&おばさん×2ですが)は、ラスベガスです。
ユナイテッド航空のマイレージがかなり貯まってる(私は9万マイル)ということと、
今回(去年はギリシャ)散財したことと、ユナイテッド航空のビジネスクラスが
フルフラットシート(真っ直ぐ寝られるシート)になるという情報をGETしたので
『マイルを使ってビジネスクラスでハワイへ行こう!』というプランになっていました。
一人6万マイルあれば行けるのです。
毎年、次の目的地を旅行中に決めているので、エーゲ海の美しい景色を眺めながらの、
優雅な会議でした。

エーゲ海クルーズ

が、しかし、今年に入って
「ハワイは3回も行ってるから、ラスベガスに行きたいのよ〜」と、のたまう母。
「だって次はハワイへ行くって、ギリシャで決めたじゃん!」と、
A型の私は予定の変更を嫌がります。ホントにイヤです。予定変更!!
それにアンタ、ラスベガスだって3回目じゃん?(私は5回目だし、何度でも行きたい
街だけど…、予定を変更するというのが気に入らないだけなのです)

それでも、母にとって毎日が冥土の土産と思っている私は、気持ちを切り替えて調べました。
何を?って、エコノミークラスでロサンジェルスかサンフランシスコで乗り継いで
ラスベガスへ行くには、ANAとJALのどちらが安いかとか、
目的のホテル(これはもう、今度泊まるホテルは10年前から決まってます)で、
キャンペーンプランはあるのか?とか、
グランドキャニオンへの現地発着ツアーの内容(ヘリコプターは体験済だけど、
今年は陸路で行きたいので)とか、パッケージツアーで参加する場合との比較とか…。
まぁ、細かいことにこだわるのは私だけなんだけど、ホント、
気軽に予定変更の申し立てをしてくるアラ傘バァサンには、ホトホト参りますヽ(´o`;
でも、とことん調べ、よーく考えるのが、私の良いところ。
そして、スゴイことを思いつきました!!!私って天才?って小躍り状態。

えっ、聞きたい?
『エコノミークラスのチケット買って、マイレージでアップグレードすればいいじゃん?』

って思いついたワケです!(そんなコトいつもやってるよ〜んって人は、せせら笑って下さい)
私は、舞い上がりました。これでフルフラットシートを体験できるっ!と考えると、
もう明日にでも飛行機に乗りたい気分だったのです。

                                  つづく
                                  VOL.2




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ














                         
                                  
        
category - 本棚

終末のフール/伊坂幸太郎

2009/ 07/ 19
                 
地球滅亡まであと3年。あなたは何をしますか?という話。
ありがちな題材で…コレ、作家が伊坂幸太郎じゃなかったら買わなかったと思います。
しかし、さすがです!おもしろい。
決められた死期を前にして、それでも生きていく人々の心の動きが伝わってきます。
「あなたの今の生き方は、どれ位生きるつもりの生き方なんですか?」
というボクサーの言葉に、ドキッとしました。
終末を迎えるその時…私なら?笑っていたいナ。家族でドリフでも見ながら。



終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る





                         
                                  
        
category - 日記

はじめまして

2009/ 07/ 18
                 
今日からブログを始めます。
わからないことが多くて、すでに面倒臭くなっていますが
「せめて1年は続けたいなぁ~」と、思っています。