FC2ブログ

2010年02月

        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.67 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー

2010/ 02/ 27
                 
大きなバスが来ましたよー。
運転手にグランドキャニオン行きを確認して、
「乗ってもいい?」と聞くと、
「いいよー」
さっそく、妹はバスの中へ!
私は母を迎えに待合室へ向かいます。
大成功!!
一番前の席に座ることが出来て、お母様は大満足ですっ♪

!!!わっ、忘れてました!ランチボックスをもらってない!
もう一度待合室へ戻り、いただいてきました。朝が早いので朝食付き。

LAS075.jpg

マフィンとりんごとオレンジジュースが入ってます。
出発しますよー。

M&M'sのチョコレート工場もある、人気の町ヘンダーソンを通り、
ネバダ州で唯一カジノ禁止の町ボールダーシティを過ぎると、

ーーーーーーーーフーバーダムに到着ーーーーーーーーー

LAS076フーバーダム

ネバダ州とアリゾナ州の州境に位置しています。
貯水量は400億トン、日本中のダムを集めてもここの3分の2という、
世界最大級の人工ダムとして有名です。
地上から見ると「そんなにスゴイものなの?」って感じでだけど……。

LAS077フーバーダム

ここはヘリコプターで見た時の方が、ダイナミックでした。
空からの観光をおすすめしま〜す。

LAS078フーバーダム


                           つづく
                           VOL.68


☆M&M'sのチョコレート工場って何? → ラスベガス親子旅行VOL.47
☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.66 グランドキャニオンツアー

2010/ 02/ 25
                 
私と妹が同時に考えたことは………、
「お母様のために、一番前の座席を確保するぞっ!」という事。
そして母の気持ちといえば、口には出しませんが、
「一番前の席を取ってね♪」という指令が、私たちには伝わっているのです。

少し肌寒いけれど、写真を撮るフリ(本当に撮ったけど)をしながら、
バスが来るのを待ち構えました。

母は、地下鉄以外の乗り物が大好きです。
異国の町を歩いている途中で路面電車やバスを発見すると、
「あれに乗りたい!」と言って、近付いていってしまうのです。
切符の買い方や小銭の有無、行き先など、知ったことではありません!
目的地と反対方向へ行ってしまったり、どこだかわからない場所に着いて
しまったりなんてコト、1度や2度ではないのです。
タクシーの方がよっぽど確実でラクなのに……。

なので、このような現地発着ツアーのバスに乗っても、ずーっと景色を眺めています。
私と妹は、乗り物に乗ると眠くなるタイプで…、刺激的なショーでさえも眠くなる
タイプで…、とにかく動いてないと眠くなる体質なのですが、母は絶対に寝ません。

ーーーーあれはイギリス旅行。
ロンドンからバースへの現地発着ツアーに参加した時の失敗談です。
到着間近の説明(英語)が始まった時、爆睡していた私と妹…。
「起こしても、怒った」らしいです。私たち。
そして乗客全員で行ったバース観光後は、フリータイム。

バースバースのローマ浴場跡。世界遺産です!

??その後の予定がわからない!何時までフリータイムだとか、
どこに集合だとか、一緒に乗ってた人達の顔もよく覚えてない………。
結局、街並みを楽しむ時間を削り、出入口付近のオープンカフェで軽食を
取りながら、同じバスに乗ってた人を待ち伏せしてました。

?何が言いたいの?
「ツアーのバスを降りる時は、必ず集合時間を確認しましょうね♪」

                                つづく
                                VOL.67


☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.65 グランドキャニオンツアー

2010/ 02/ 24
                 
”特急バスで行くグランドキャニオンツアー”の集合場所は、
パラッツォの目の前に建つ『TI』のエントランス横にあるバス乗り場。
宿泊するホテルによって、集合場所は違います。
10年前”グランドキャニオン・ヘリコプターツアー”に参加した時も、目の前の
『TI』へ行ったなぁ〜と、思い出してーーーー。
!!ということは!?、懐かしのホテル『バカボンド』は、現在『パラッツォ』が
建っているこの場所にあったのですね?親子旅行史上一番のボロいホテルでした…。

思い出話は、置いておいて………
「荷物があるから」とか「寒いから」とか言い訳をしながら、目の前のホテルへ
タクシーで向かいました。

集合時間は6時15分。小型バスで北ラスベガスのバスターミナルに向かいます。
バスターミナルに他のホテルからのバスが集まり、飛行機ツアー参加者とか
バスツアー参加者に分かれるみたいです。
早速支払いを済ませ、次の行動を待っていると、現地スタッフらしい日本人男性が
寄ってきました。
そして
「Pさんですか?」と……。
やはり、80歳過ぎの老人連れの3人組は目立ちますヽ(´o`;

同じバスの人達は皆日帰りで、宿泊するのは私たちだけということで、
先にツアーの説明をしてくれました。
「どこからバスに乗るんですか?」ヘンな質問をします。
「ドアを出て左あたりですけど、バスが着いたらご案内しますので、
ここ(イスがある待合室みたいなところ)で待っていていただけば、良いんですよ」

確かに、誰も外へ出てません。
しかし私と妹は、空かさず外へ出て”バスを一番につかまえる作戦”を開始!
言葉なんて、不要です。私たちの母に対する気持ちは、いつも同じです。
形は違いますけど…………。

                              つづく
                              VOL.66



☆バカボンド宿泊時のブログを読む → ラスベガス親子旅行VOL.8
☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.64 『パラッツォ』チェックアウト

2010/ 02/ 21
                 
LAS011パラッツォ室内

ポットは有料だったけど、と~っても快適だったホテル・パラッツォ♪
「今夜のロッジは、この部屋の半分以下の広さなんだろーなー」
なんて思いながらチェックアウトしました。
手続きは、チェックイン同様、すごーく早かったです♪

「グランドキャニオンへ行くバスには、トランクを持ち込めない」と言われて
いたので、持ってきたボストンバックに1泊分の荷物を詰めての出発。
米国同時多発テロ以来、セキュリティの理由でハードケースは乗せられません。

そして、ホテルにトランクを預かってもらいます。
「私たちはグランドキャニオンへ行って、明日帰ってきます。
次の宿泊はベネチアンなのですが、届けてもらえますか?」
「もちろん!」との答え。

これです!!!私のもくろみは…。
「ショッピングモールで繋がっているのだから、運んでもらえるはず」
と期待していたのですが、隣のホテルといっても距離があるので、
お返事をいただくまでは安心できませんでした。
次のホテルがベラッジオやウィンだったら無理な話だけど、
姉妹ホテルだからねー。ウフッ。

グランドキャニオンツアーから帰ってくるのが夜の9時位なので、
パラッツォに行ってトランクと共にタクシーで次のホテルに移動する
というのは、疲れそうだし…。
できれば、少しでも早く宿泊するホテルに行きたいからねヽ(´▽`)/

                            つづく
                            VOL.65


☆姉妹ホテルって、何?  → ラスベガス親子旅行VOL.13
☆ポットが有料って、何? → ラスベガス親子旅行VOL.41
☆『パラッツォ』って、どんなホテル? → ラスベガス親子旅行VOL38
☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.63 グランドキャニオンツアーの選び方

2010/ 02/ 19
                 
ものすご~く、早起きをしてーーーーー。
『特急バスで行くグランドキャニオンツアー』へ出発です♪
「この手配が一番苦労したなー」なんて、今は思い出話になってるけど、
本当にタイヘンでした。
けれども、私の理想通り、予定通りにスケージュールを組むことができたのは、
私が選んだ”現地発着ツアー”を手配する会社のスタッフのおかげなのです。

いよいよ発表します。
予約の段階では、聞いたことのない会社なので信用できるかどうか…、
体験してみないことには、皆様に紹介できなかったのです。
しかし、ツアーを体験して大満足!!
まぁ、グランドキャニオンツアーについては、これから追々お話ししますけど、
日本でのメールのやり取りから現地での対応と、すべてオススメできる会社です。
その名は……
”アメリカン・ドリームツアー”
      http://www.american-dream-tours.com/index.html

ラスベガスにある会社だけど、日本語で手配できますよ♪
ラスベガス発着のオプショナルツアーは豊富でも、
「バスでグランドキャニオンへ行って、宿泊する」というツアーを手配している
会社が少ないのです。

私が希望したグランドキャニオンツアーは、
「バスで行きたい」
「サンセット&サンライズは、勝手に行動したい」
「カッチーナロッジかサンダーバードロッジのキャニオンサイドの部屋に泊まりたい」
ということ。
コレ、なかなか希望を満たせる会社が無いんです。

                               つづく
                               VOL.64



☆グランドキャニオンツアーへのこだわり → ラスベガス親子旅行VOL.17
☆手配でアタフタしているブログを読む  → ラスベガス親子旅行VOL.29
☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.62 MGMでシルク・ド・ソレイユ『KA』観賞

2010/ 02/ 12
                 
MGMグランドのフードコートで軽く食事をして、
いよいよシルク・ド・ソレイユのショー『KA』を観賞します!

LAS041KA.jpg

日本で40%OFFで予約して(予約したつもりで)狂喜乱舞し、
ラスベガスに来て、チケットのピックアップをしようとしたら「予約が取れてない!!」
という事態にうろたえ、
粘りに粘って、なんと!50%OFFでチケットを獲得したという、大騒ぎの『KA』。
この事件は、これからの私たちの思い出話として、盛り上がること間違いナシです。

「食事が軽かったから、今回は居眠りしないよね」なんて言いながら、
開演を待ちました。
運命によって引き裂かれた男女の双子が、危険に満ちた冒険の旅へ出かけるという
ストーリーです。どんな様子なのかは、インターネットで観てたけど……。

LAS074KA.jpg

素晴らしいっ!!!
サーカスとしてのパフォーマンスはもちろん、上下したり回転したりする高度な
舞台技術に目を見張りました。
シルク・ド・ソレイユは、かつて日本で公演された『サルティンバンコ』や
ラスベガス初のシルク・ド・ソレイユ『ミスティア』を観賞したことがあったけど、
舞台技術が進化していて、立体的!もの凄い迫力ですっ!!
1公演しか観られないなら、『KA』をオススメします。

とは言うものの……、
「あーんた達、よくこんな所で寝られるわねェ」
あ~っ!またバレちゃいましたヽ(´o`;今回は、ほんの少しなのに……。

さ~て、明日はグランドキャニオンですよー♪

                              つづく
                              VOL.63


☆『KA』を40%OFFで予約した時のハナシ → ラスベガス親子旅行VOL.26
☆『KA』予約が入ってない!事件 → ラスベガス親子旅行VOL.49
☆ブルーマン観賞でうたたね → ラスベガス親子旅行VOL.55
☆『KA』チケットを50%で予約する → ラスベガス親子旅行VOL.50
☆チケット購入 → ラスベガスショー&ミュージカル一覧





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱Alan1.net




                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.61 プラネット・ハリウッドのバフェは1つじゃない

2010/ 02/ 10
                 
パラッツォに戻ってきた私たちは、お部屋でちょこっと休憩して………

LAS017パラッツォ

スィートタイプだから当然ですけど、広々としていて、3人でも息苦しくない!
ソファーは3人でもゆったりと座れるし、ず~っと部屋に居たい程、快適です♪

LAS018ブルックス旅行には必ず持って行きます。

コーヒーを飲んだり、ガイドブックを読んだりして1時間ほど休み、
タクシーでプラネット・ハリウッドへ。
昨日買ったバフェ割引券を使って『TODAI』に行こうと思ったのですが…。

!私は大きな勘違いをしていました!!

ガイドブックに書いてあった人気のバフェは、プラネット・ハリウッド、
ウィン、パリス。この3軒には、絶対行きたいと思っていたので、
格安チケット店のチラシに”プラネット・ハリウッド”と書いてあるのを
見つけたとき、「これだっ!」と、喜んでいたのですが…。

『TODAI』は、プラネット・ハリウッド内に併設されている
『ミラクル・マイル・ショップス』の中にある日本食バフェでした×××
アメリカまで来て日本食、しかも専門店ではなく、バフェを選ぶとは!!!
私が行きたかったのは、2007年にNO.1バフェに選ばれた
プラネット・ハリウッドの『スパイス・マーケット・バフェ』ですよっ!

そんな『TODAI』を探しながら、ミラクル・マイル・ショップの中を
ウロチョロ、ウロチョロ…。
気になるお店を覗いたりもして、やっと見つけました。

LAS073TODAI.jpg

しかしこの店、ディナータイムは5時半からだと!のんびり夕食を楽しむと、
7時からの舞台に間に合わないのでは?という時間になってしまいます。
とりあえず場所確認ということにして、『TODAI』はグランドキャニオン
から帰ってきて、ショーを観ない日に行くことにしました。
タクシーでMGMへ向かいます。

                              つづく
                              VOL.62

☆昨日買ったバフェ割引券って、何? → ラスベガス親子旅行VOL.46
☆ラスベガスのホテルを探す → ラスベガスのホテルを格安予約【ホテルクラブ】

☆ラスベガス行きのツアーを探す → ツアーを探す


      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村














                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.60 私たちのカジノ利用法

2010/ 02/ 05
                 
「カジノはやらないの?」
ここまで書いてきて、カジノの話がほとんど出てこない”ラスベガス旅行記”です。

「ラスベガスへ行く」というと、殆どの人がカジノを連想します。
そして、言い訳のように……、
「ギャンブルだけじゃーないのよー」と言うと、
「じゃ、何さっ?」って話になり、ラスベガスについて熱く語ってしまうのですが…。
でもね、本当に私はギャンブラーではないのです。
”ラスベガスの魅力は、カジノだけじゃない”ので、ねっ!

LAS072PARIS.jpg

私たちが遊ぶのは、主にスロットマシン。
それも、大体3人で1台を囲んで、ワイワイ騒いでクルクル回しているだけ。
こんな事を言ったら、カジノからつまみ出されちゃうかも知れませんが……、
ちょっとのどが渇いた時、カフェの代わりに利用する事が多いです。
ラスベガスのカジノにはバニーガール(オバサンも混じってるけど)が居ます。
ホテルによってコスチュームが違うので面白いですよ。

で、そのバニーちゃんがお盆を持って「何か飲む?」と聞いてまわっているのです。
なんと、ドリンク代は、タダ!!あっ、でもチップは払ってね。
世界中に存在するカジノですが、
カジノ = バニーガール = フリードリンク
と、勘違いしないで下さい。ラスベガスのカジノでは、飲み物が無料ということです。

で、すこーし考えて下さい。
3人でカフェに入った場合、20~30ドル支払いますよね?
だから、その支払い分を”万が一”に賭けてみようかな~と考えているワケです。
ビールや水、ジュースをバニーちゃんに届けてもらう間に、スロットマシンで遊んでる
という感じで、カジノを楽しんでいるのです。

チップを沢山くれるからか、ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームの
お客さんに対するサービスの方が良いみたいです。私達のような1セントから遊べる
安い台の所にはあまり来てくれないので、時々探しに行くこともありますけど…。

                               つづく
                               VOL.61



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ