FC2ブログ

2010年03月

        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.76 グランドキャニオン国立公園

2010/ 03/ 30
                 
翌朝、日の出頃に合わせた目覚まし時計の音で目覚め、窓の外を見ると……

LAS104朝焼け

おぉーっ!!
部屋から朝焼けが見えます!!!

LAS105朝焼け

ええ、そうですよ。
早朝から着替えたり、お化粧したりして”サンセットツアー”に参加するのは
嫌だったし、何しろ寒そうなので、外に出る気はなかったんですけどね………。
この朝焼けを見ていたら、何だか急に、やはり写真に撮って、
お母様にもっとリアルな風景を見せたくなってきて……。
ホカロン付けたり、ストールを二重に巻いたりして、部屋の外に出ました。
そして、走りました。
決して走るのが好きなワケではありません。寒いからですよっ!

LAS106朝焼け

母が窓から手を振ってます♪
キャニオンサイドの部屋に泊まることができて、本当に良かった!
高血圧の老人を早朝から寒空に連れ出す事もなく、グランドキャニオンの朝焼けを
見せてあげることができて、私は自分の計画に酔いしれてます♪

もう一度寝て、ゆっくり身支度をして、11時にチェックアウト。
2時に迎えのバスが来るまで、グランドキャニオン見物です♪
ブライトエンジェルに荷物を預けて、シャトルバスでホピ・ポイントへ行き、
パウエル・ポイントまで歩いて、2時までに戻ってくるという計画で。
まだまだ見物しますよ!偉大なるグランドキャニオンを!!

                              つづく
                              VOL.77


☆キャニオンサイドの部屋って、何? → ラスベガス親子旅行VOL.22
☆Alan1でグランドキャニオンツアーを探す → Alan1
☆HISでグランドキャニオンツアーを探す → HIS
☆現地発着ツアーを探す → 現地発着ツアー取扱会社一覧





      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村





スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.75 グランドキャニオン国立公園

2010/ 03/ 28
                 
何とか間に合いました。
サンセット・ポイントのひとつ、ヤパパイ・ポイントです♪
海や山に沈む夕日は何度も見ていますが、渓谷に沈む夕日というのは初体験。
錯覚しがちですが、渓谷は山のようにそびえ立っていません。
谷底に向かって窪んでいるのです。
だから仰ぎ見るのではなく、見晴らすか覗き込むカンジ。

LAS100ヤパパイ

そして、大きく分けても11層といわれるグランドキャニオンの地層は、
とても多彩な色調で、どこのポイントでも同じ景色はありません!
時間帯によって、角度によって、そんな多彩な景色を楽しめるのですが……、
サンセット・タイムは特別です。

LAS101ヤパパイ

太陽の最後の力によってそのすべてを、オレンジに照らしていくのです!
いくつもの地層を持ったグランドキャニオンが、オレンジに輝いてますよ~。

LAS102ヤパパイ

お月様も顔を出しているのに、負けてません。

LAS103ヤパパイ

あー、宿泊することにして良かった〜〜!!
日帰り観光では、一部分しか見ることができませんよ(*^▽^*)
グランドキャニオンを理解したいのなら、満喫したいのなら、宿泊するべきです。

さすが世界遺産!!感動的な風景を見ることができて、気分最高♪

                                   つづく
                                   VOL.76





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.74 グランドキャニオン国立公園

2010/ 03/ 27
                 
シャトルバスの発着地点に戻り、もうひとつのルート”ビレッジルート”を
巡るバスに乗り換えました。
ビレッジセンター、ロッジ、キャンプ場などを巡回しています。

1つ目の停留所『マスウィック・ロッジ』でTeaTime♪
ツアーでよく使われるロッジです。
私達が参加したツアーでも宿泊施設をアップグレードしなければ、
グランドキャニオンから離れて建つこのロッジまたは、これから通る
『ヤパパイ・ロッジ』に指定されていたのですから。

再びバスに乗り、ヤパパイ・ポイントを目指します。
ん?
何だか少し日が暮れ始めてますよっ!
こちらのビレッジルートは、最初に乗ったハーミッツレスト行きと違います。
往復ではなく、巡回しているので反対回りのバスはありません!
しかも、グランドキャニオン国立公園内にはタクシーが走ってない~っ!!
あるのかどうかは分かりませんが、タクシーを目撃してません。

「サンセットに間に合うのか?!私たち!!!」
と、焦るものの、のんびーり、のどかな風景。

LAS099リス

どんなに焦っても、為す術もなくバスを待ち、やっと来たバスものんびーりと
停留所を回っていきます。
太陽、まだ沈まないでー!!

                                つづく
                                VOL.75





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.73 グランドキャニオン国立公園

2010/ 03/ 21
                 
サンセットまで時間があるので、ポイント間を無料で廻っている
シャトルバスに乗ってみようと、部屋から飛び出しました。
『ブライトエンジェル・ロッジ』の横に並んでいる可愛らしいコテージは、
『ブライトエンジェル・コテージ』です。

LAS095ブライトエンジェル

シャトルバスのルートは3種類あり、その内2つはブライトエンジェルの
近くから出ています。

LAS096バス

まずは”ハーミッツ・レスト”行きのバスに乗りました。
7つのビューポイントに停車しながらグランドキャニオン園内の
一番西側”ハーミッツ・レスト”へ向かい、戻ってくるというルートです。
明日、迎えのバスが来るのが2時頃なので、チェックアウト後にどこへ行くか
下見をしておきます。ポイント間が短い所を歩いてみようと思って……。

LAS097ハーミッツレスト

ハーミッツレストに到着♪
一般の観光客が行ける西の終点です。

LAS098ハーミッツレスト

ここから西への観光は、ヘリコプターでの遊覧飛行があるそうです。
ギフトショップもありますよ。

往復してるといっても、戻る時は2ヶ所しか停まらないので、早いです。
そして、明日はホピ・ポイントからパウエル・ポイントの間を歩いてみる
ことに決定。たったの500メートルくらいですけど。

                             つづく
                             VOL.74



☆Alan1でグランドキャニオンツアーを探す → Alan1
☆HISでグランドキャニオンツアーを探す → HIS





      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村













                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.72 サンダーバード・ロッジ

2010/ 03/ 16
                 
あまり画にならない室内ですけど、私が調べた時あまりに情報が少なかったので、
ご紹介しておきます。
クィーンサイズのベッド2つ並んで、ぱんっぱん!25平米くらいでしょうか?

LAS090サンダーバード

バスルームも狭いのですが、バスタブがあるのは嬉しいポイント。

LAS093サンダーバード

アメニティは必要最低限のモノしかありませんが、エコな感じで可愛らしいです。

LAS094サンダーバード

あとは………………、冷蔵庫がありました。
お湯を沸かす道具とコーヒー&紅茶セットもあったような……。
何しろパラッツォでの優雅な日々が非常に懐かしく、潜在意識の中で
このロッジを拒否している私の脳は「室内写真を撮ろう!」という指令を
出してないのです。
で、室内写真は5枚だけ!!!

眺めは、もぅ、本当に最高なのですが………。

LAS091眺望


せめてロッジ風の4ッ星ホテルをもう1件、建てれば良いのに……。

                               つづく
                               VOL.73


☆グランドキャニオンのホテルについて → ラスベガス親子旅行VOL.22
☆優雅な3泊を過ごした『パラッツォ』客室 → ラスベガス親子旅行VOL.39
☆Alan1でグランドキャニオンツアーを探す → Alan1
☆HISでグランドキャニオンツアーを探す → HIS
☆$199 世界遺産グランドキャニオンをセスナ遊覧飛行で楽しむ日帰り観光ツアー
                     → グランドキャニオン日帰りツアー!






      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村






                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.71 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン

2010/ 03/ 14
                 
それでは、ご紹介します。
グランドキャニオン国立公園内に建つ
『サンダーバード・ロッジ/キャニオンサイド』の客室です。

LAS090サンダーバード

せっ、せまーーーーーいっ!!
『パラッツォ』で優雅な3泊を過ごしてしまった私達には、過酷な仕打ちです。
もちろん、覚悟してましたよ。
でも、実際にドアを開けた瞬間!!!私の理性は”良いところ探し”を始めています。
「ねぇ、ほら、もぅ、やっぱ……、キャニオンサイドだからねー」
っと、窓辺に寄り、眺望チェック。

LAS091眺望

♪♪♪最高ですっ!!!
グランドキャニオンが!!!窓から見えます。
1階の屋根や木が気になりますが、ズームアップすると……

LAS092眺望

これって、もうこれだけでスゴイ事ですよっ!
目の前に地球20億年の歴史が広がっているのです。
部屋に居ても、グランドキャニオンを眺めることができるなんて~~♪

☆ ☆ ☆ 素晴らしい ☆ ☆ ☆



脱線しますが……。
今まで宿泊してきたホテルで、眺望第1位のホテルといえば、
BUD001王宮

ブダペスト(ハンガリー)の『マリオットホテル』。
ゆったりと流れるドナウ川を隔て、ピカピカに輝いていた王宮の姿が忘れられません。
昼間はその壮麗な姿をドナウ川に映し、夜は煌びやかに輝き…。
もう一度、泊まりたい、おすすめホテルです♪

                             つづく
                             VOL.72

☆優雅な3泊を過ごした『パラッツォ』客室 → ラスベガス親子旅行VOL.39
☆Alan1でグランドキャニオンツアーを探す → Alan1
☆HISでグランドキャニオンツアーを探す → HIS
☆$199 世界遺産グランドキャニオンをセスナ遊覧飛行で楽しむ日帰り観光ツアー
                     → グランドキャニオン日帰りツアー!





      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
          にほんブログ村















                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.70 『サンダーバード・ロッジ』inグランドキャニオン

2010/ 03/ 13
                 
チェックインするために、ブライトエンジェルへ。

LAS085ブライトエンジェルブライトエンジェル・ロッジ

私達が宿泊する『サンダーバード・ロッジ』には受付フロントが無いのです。
まぁ、『ブライトエンジェル』の別棟みたいなものですね。
レストラン、バー、ギフトショップなども一切なし。
宿泊施設のみで、すべてブライトエンジェルを利用します。
ちなみに『カチーナ・ロッジ』は、『エルトバ』でチェックインするそう。

LAS086サンダーバード

チェックインは無事に終わり、サンダーバード・ロッジへ向かうため、
ブライトエンジェルの渓谷側(入ってきた出入り口の反対側)から外へ出ると…

!!!!!いきなりグランドキャニオンですっ!!!!!

LAS087グランドキャニオン

3人とも、無言で近付いてました。

LAS088.jpg到着後、一番最初に撮った写真

そしてグランドキャニオンを眺めながらサンダーバード・ロッジへ向かいます。
ブライトエンジェルのフロントからサンダーバード・ロッジまでは、
とっても近く、ゆっくり歩いても3分くらい。
そして到着!

LAS089サンダーバードサンダーバード・ロッジ

廊下は吹きさらし、エレベーターはもちろんナシ。
”ロッジ”と聞いて、勝手にバンフ(カナダ)のロッジを想像してたけど……、
何だか寂しい雰囲気。

BAN01.jpgターミガン・イン(バンフ)

バンフの『ターミガン・イン』というよりも、パラッツォが建つ前にあった
『バカボンド』の方が近い感じです。
「まぁ、1泊だからねぇ~」とか、
「キャニオンサイドの部屋だからね~」とか、
自分に言い聞かせながら部屋に向かいました。

                              つづく
                              VOL.71


☆『バカボンド』って何? → ラスベガス親子旅行VOL.10
☆”キャニオンサイド”の部屋って何? → ラスベガス親子旅行VOL.22
☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す
☆グランドキャニオンのホテルを探す → ツサヤン付近のホテル(エクスペディア)






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ













                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.69 ラスベガス発♪グランドキャニオンツアー

2010/ 03/ 11
                 
LAS083-.jpg

昼食後再びバスに乗り、あっという間にグランドキャニオン国立公園のゲートに
到着しました。

LAS84Eエルトバ

国立公園内にある唯一のホテル『エルトバ』が見えてきましたよー。
100年以上の歴史を誇るこのホテルは、完成当時、米国で最もお金をかけた
ログハウスとして有名だったとか。

でもこのホテル、歴代大統領やハリウッドスター、さらに昭和天皇まで
宿泊したというのに、4ッ星ホテルなのです。
プールとエレベーターがないという理由で5ッ星にはなれないんですって!
本当はこの『エルトバ』に泊まりたかったのですが……、
”キャニオンサイド”の部屋指定ができない!!!

そうです!
「グランドキャニオンを眺められる部屋に泊まる」という私の野望を叶えることが
できないというのです。
少ない情報の中、調べたところ”キャニオンビュー”の部屋指定ができる部屋は
スイートルームで、少なくとも半年以上前に予約しないと取れない様子。
私がハリウッドスターでもない限り、無理だと断念しました。

そして隣に建っている『カチーナ・ロッジ』、私達が泊まる『サンダーバード・ロッジ』
を過ぎ、『ブライトエンジェル・ロッジ』の前でバスが停車します。

到着!!
私達は宿泊するので、下車しました。
そして、日帰り観光の人達も”ブライトエンジェル・ポイント”を観光するため、
下車します。日帰り観光は、その後”マーサー・ポイント”でもう一度
グランドキャニオンを眺めて、ラスベガスへ戻るというスケジュール。

夕日も朝日も拝めず、片道7時間かけて日帰り観光に参加するなら、
バスより飛行機の方が良い気がしますけど………。

                                つづく
                                VOL.70


☆グランドキャニオン国立公園内の宿泊施設 → ラスベガス親子旅行VOL.22
☆グランドキャニオンのホテルを探す → ツサヤン付近のホテル(エクスペディア)
☆VELTRAでグランドキャニオンツアーを探す → VELTRA
☆HISでグランドキャニオンツアーを探す → HIS





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

















                         
                                  
        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.68 グランドキャニオンツアー

2010/ 03/ 05
                 
LAS079.jpg

さらに、砂漠の中を走り続け、キングマンという町に到着。
”ルート66”とフーバーダムの完成によって発展した町です。
ここでちょっと休憩。マクドナルドがありますよー。ポテトの匂いがたまらない……。

LAS080.jpg

「ルート66」とは、1926年に創設されたアメリカの国道で、シカゴとサンタモニカを
結ぶ大陸横断道路です。 今は一部が廃線になっているということ。
小説や映画、音楽に度々登場しているので、ご存知の方は多いと思いますが……。

そのルート66を横目に、ハイウェイを東へ東へと進みます。

LAS081.jpg

ハイウェイを下りると、ウィリアムズという町。
道路はルート66と合流していて、さらに東へ向かっていきますが、
私たちは、この町から真北のグランドキャニオンを目指します。
ウィリアムズからグランドキャニオンまで、今もSL機関車が走ってるんですって!

グランドキャニオンまでもう一歩という辺りのツサヤンという町で、ランチタイム♪

LAS082-.jpg

『キャニオン・プラザ・クオリティ・イン』というホテルでのビュッフェです。
ラスベガスのバフェとは比べるまでもなく貧弱なものですけど、
ツアーに付いてるものなので、選択の余地ナシ。
「期待しないで下さい」という助言しかできません。

                              つづく
                              VOL.69



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す
☆グランドキャニオンのホテルを探す → ツサヤン付近のホテル(エクスペディア)