FC2ブログ

2010年09月

        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.48 マカオの世界遺産『聖ポール天主堂跡』

2010/ 09/ 24
                 
『ベネチアン』と同系列のホテル『サンズ』は、人気のカジノホテル。
2006年に拡張工事をして”世界で一番大きなカジノ”になったということで、
中国本土からの日帰り客も多いらしく、とても活気に溢れています。
向かいの施設はガラガラなのに……ヽ(´o`;

『サンズ』といえば、かつてラスベガスにもありました。
それが爆破解体され、1999年に『ベネチアン』に生まれかわったのです♪

Mac53サンズサンズホテル

さ〜て、サンズで飲茶を堪能して、再び世界遺産観光へ♪
次は『聖ポール天主堂跡』です。
タクシー乗り場へ向かう途中、『ベネチアン・マカオ』の無料シャトルバスを発見!
同系列のホテル・ベネチアンとサンズはシャトルバスで繋がってます。

Mac54聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂は1602年にイエズス会によって建てられたキリスト教会。
ファサードの彫刻には、日本から追われた日本人キリシタンも携わっていた
ということです。
過去3回の大火に見舞われ、1835年1月に起きた最後の火災でこのような姿に
なってしまいましたが、当時はアジア最大のカトリック教会だったとか。
しかしこの姿だけで、どう想像すればいいのか………。

Mac55聖ポール

「これが世界遺産っ?」主人の声が少し怒ってます。
「世界がっかり遺産のひとつだよ」
「お前、面白いこと言うなぁ~」と、ウケたけど、巷で言われてるから(・・;)
デンマークの『人魚姫像』とか、シンガポールの『マーライオン』だとか、
”世界がっかり遺産”を色々と観てきたけど、マカオの世界遺産も結構がっかりします。

Mac56聖ポール手前の広場も世界遺産

ここで一番気になるのは、なぜ3回目の火災後は修復しなかったのか?ということ。

当時は”東洋と西洋を結ぶ玄関口”の座を香港に奪われていたのです。
なのに「中国大陸のヨーロッパ諸国の植民地の中ではもっとも古く、
植民地時代の遺構が数多く点在するため、世界遺産に登録された」と…。
マカオの儚い栄華を思うと、お粗末な世界遺産に愛おしささえ感じます。

                               つづく
                               Vol.49


☆マカオのベネチアン   → 香港・マカオ夫婦旅VOL.36
☆ラスベガスのベネチアン → ラスベガス親子旅行VOL.79




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。










スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.47 マカオの『フィッシャーマンズワーフ』

2010/ 09/ 21
                 
『フィッシャーマンズワーフ』に到着♪

Mac48フィッシャマンズワーフ

2006年にオープン。東京ドーム約4倍の敷地!中国や欧米など
様々な国の街並みが再現されている一大レジャースポット!!
ショップ約50軒、レストラン約40軒!!!
ーーーという紹介文を読んだら、行ってみたくなりませんか?

Mac49フィッシャマンズワーフ

私の脳内では~~~
ラスベガスよりは小規模ながら、栃木県の東部ワールドスクエアよりも
大規模で、シーフード料理が楽しめる賑やかなレジャー・スポット♪
が、コレ

Mac50フィッシャマンズワーフ

”フィッシャーマンズワーフ”と聞いて、サンフランシスコの超有名観光地
を連想しない人がどれ位いるのでしょうか?
港町ならではの活気溢れる風景♪とれたての新鮮なエビやカニ♪♪
なのに、コレ

Mac51フィッシャマンズワーフ

何だろ?何を模しているんだろ?何っぽいんだろ??
お粗末なテーマパークです。
そして、観光客の姿が…………!ない!!
ガラーンとしてます。お休みですか?
ガイドブックがインチキなのか、今日だけヒマなのか……。
施設内に入ってみたところ………、やはり観光客が居ない。
昼食を食べに来たのに、レストランにもお客さんが居ない……。

Mac52フィッシャマンズワーフ

幸い、向かいにはピカピカ輝く『サンズホテル』があったので、
救いを求めるように建物へ向かいました。

                              つづく
                              Vol.48




応援してねっ♪
ブログランキングならblogram












                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.46 マカオの世界遺産『ギア要塞』

2010/ 09/ 20
                 
1622~1638年にかけて建造されたというギア要塞は、
マカオで一番高い場所にあるということで、眺望は抜群。

Mac43ギア要塞眺望

あちこちに防空壕があったり、砲台があったりします。

Mac44ギア要塞

………間もなく
「あれが世界いさん~っ?」という主人の声が……!!
あまりの素朴さに驚いています。

Mac45ギア要塞

『ギア要塞』が紹介される時に必ず載っている写真は、
1626年頃に造られたギア教会と1865年に中国初の近代的灯台として
造られたというギア灯台。なので私は『ギア灯台』と『ギア教会』が
世界遺産なのかと思っていたけど、
ギア灯台とギア教会が頂上に建つ『ギア要塞』が世界遺産ということです。
だから「ギア灯台は1つの世界遺産の一部だ」と考えれば、
「少しくらいがっかりするものでも仕方ないか…」と、
何とか自分を納得させましたが、主人は納得しません。

Mac46ギア要塞ギア灯台

ということで、あまりおすすめできません。
かなり歩くワリには大した物はなく、「ヒマなら行ってみたら?」程度の場所。
マカオ全体を見晴らしたいなら、マカオタワーの方が良いのでは?

すれ違った観光客は、カップル2組と団体客1組。
売店が1軒あったけど………。

Mac47ケーブルカー

ケーブルカー(片道2パタカ=約24円)に乗って下へ降り、タクシーに乗りました。
さぁ、次の目的地『フィッシャーマンズ・ワーフ』へ♪

                              つづく
                              Vol.47



☆マカオタワー → マカオ夫婦旅Vol.7


    応援してねっ♪
ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

















                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.45 タイパ島からマカオ半島の世界遺産観光へ♪

2010/ 09/ 16
                 
タイパ島コタイ地区からマカオ半島へ、話題を移しましょう♪
2005年、22の建造物と8ヶ所の広場が「マカオ歴史市街区」として
世界遺産に登録されたということなので、世界遺産観光へ出かけます。

「どこに行こうか?」
ガイドブックを見ながら相談したのですが、香港のガイドブックに
おまけのようについてるマカオの頁では、情報量が足りない!
とりあえず、マカオで一番高い場所に建つという『ギア要塞』に決めました。
でもね~、世界遺産だというのに『ギア要塞』までの行き方も書いてないし、
「セナド広場から徒歩20分」と書いてあるけど、
地図で見る限りセナド広場から2㎞以上ありますよっ?!
特別なワープ方法があるのかしら?
とりあえず、ベネチアンからタクシーに乗って出発しました。

Mac40MGM.jpgMGMグランド

『MGMマカオ』、『ウィン』を眺めながらドライブ気分♪
『ウィン』なんて、ラスベガスのものと区別出来ない程そっくりです!

Mac41MGM.jpgウィン

そしてタクシーが停まったのは山の中腹あたり。
観光客の姿が無いんですけど…。
「ホントにここが世界遺産?」
というような淋し~い場所で降ろされました。
確かに高台だけど、観光客は居ないし、表示も無い!!
手入れしているとは思えない樹木に囲まれながら突き進んで行くと、
ケーブルカーの到着地点に辿り着きました。

Mac42ギア要塞

タクシーなら、ケーブルカー乗り場で下ろすのではないかと思いますが…。
やっと、スタート地点に到着です。

                             つづく
                             Vol.46




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。


                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.44 進んでない!コタイ・ストリップ計画

2010/ 09/ 07
                 
窓の外を眺めると、『ベネチアン・マカオ』とショッピングモールで
つながっている『フォーシーズンズ』が見えます。
フォーシーズンズの裏には『インターコンチネンタル』が建設予定だと
聞いてますが、どうなっているのでしょうか?
眼下には、誰も遊んでいないパターゴルフ場がありました。
滞在中、遊んでいる風景は見てません。カジノは中国人で溢れているというのに…。

Mac37フォーシーズンズフォーシーズンズ・ホテル(右)

そしてベネチアン・マカオから大きな道路を挟んで、『シャングリラ』
『シェラトン』『ヒルトン』と、豪華ホテルが並んでいるはずなのですが…!

MAC38建築中

建築中です!!屋根にクレーンが乗ってますけど…。
ここら辺の開業予定って、2008~2009年じゃなかったの??
もっと、ワクワクした光景が広がっていることを期待していたのですが、
マカオ・コタイ地区をラスベガスのストリップのようにするという
”コタイ・ストリップ計画”は、半分も完成してません。
地下道でもつながるそうですが、どこまで進んでいるのでしょうか?

Mac39建築中

この一帯から左に続くのが”シティ・オブ・ドリームス”。
『グランド・ハイアット』『ハードロック・ホテル』『クラウン・タワー』
が建つ、合計2000室以上という総合エンターティメントリゾートです。
オープンしているらしいですが、行かなかったので詳細は解りません。

Mac40ハードロックホテルハードロック・ホテル

”コタイ・プロジェクト”は、予定通り進めば2014年に完成するそうなので、
完成してから行く方が楽しいと思います。
今回は『ベネチアン・マカオ』に泊まれたのと、シルク・ド・ソレイユ
『ZAIA』を鑑賞できただけで満足ですが、ちょっと早すぎましたね。
旅行会社が騒いでるほど魅力的ではなかった…。
でもね、5年以内にはきっとマカオ旅行をしています。
だって完成した姿を見てみたいんだもの!!

                             つづく
                             Vol.45

☆『ベネチアン・マカオ』 → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36
☆『ハードロック・ホテル』について → ラスベガス親子旅行VOL.94



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ














                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.43 ホテル『ベネチアン』三姉妹対決!?

2010/ 09/ 03
                 
なんとな~く”ベネチアン3姉妹対決”が始まってしまいましたが……。
『ベネチアン・マカオ』は、客室・施設共にラスベガスの『ベネチアン』、
『パラッツォ』に劣るところはありません!
客層が違うだけで、ホテルの完成度から考えれば良い勝負です。

例えば、主人が大好きな”朝食ルームサービス”を注文したところ…。

Mac34ベネチアンルームサービス

最高です♪
普通の朝食セット(1人分)とヨーグルトを注文してHKD237-(約¥2,800-)。

Mac35ベネチアンルームサービス

パンは4種類。フルーツは?
スイカ、パイナップル、イチゴ、メロン、キウイ、マンゴ、
ドラゴンフルーツと、7種類もありました!
もちろん、シリアル、ベーコンエッグ、フレッシュジュースと
ポットに入ったコーヒーも揃ってます。

Mac36ベネチアンルームサービス

こんな風に朝食を取れるダイニングテーブルがあるお部屋なら、
ルームサービスが一番♪
身だしなみを整えることもなく、食後再びベッドへ……という
至福の休日気分が味わえるのですから。
スィートルームじゃなくても充分!
ブラヴォーッ!!”スィートタイプ”の客室!!!

もう、3姉妹対決必要ないですね。
どれも素晴らしい♪あとは好みの問題です。
だって、バスルームにテレビなんか必要ないし、
インテリアの趣味だって人それぞれなのだから……。
写真を見比べてみて下さい。違いは些末なモノです。

                             つづく
                             Vol.44



☆ベネチアン姉妹対決パート1  → ラスベガス親子旅行VOL.82
☆ラスベガス『ベネチアン』客室 → ラスベガス親子旅行VOL.80
☆ラスベガス『パラッツォ』客室 → ラスベガス親子旅行VOL.39
☆『ベネチアン・マカオ』客室  → 香港・マカオ夫婦旅VOL.38
☆ラスベガス『ベネチアン』バスルーム → ラスベガス親子旅行VOL.81
☆ラスベガス『パラッツォ』バスルーム → ラスベガス親子旅行VOL.40
☆『ベネチアン・マカオ』バスルーム  → 香港・マカオ夫婦旅VOL.39




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。
















                         
                                  
        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.42 『ベネチアン・マカオ』の雰囲気って?

2010/ 09/ 01
                 
『ベネチアン・マカオ』の話は、まだまだ続きます♪
私の目的は「マカオへ行きたい!」のではなく、
「ベネチアン・マカオに泊まりたい!」から、マカオへ行ったのです!
ラスベガスの『ベネチアン』との違いを体験してみたかったのですが……。

Mac32ベネチアンマカオ

雰囲気は同じなんですよ。煌びやかな感じとか、優雅な雰囲気は漂っていて、
とてもゴージャスなんだけど……。
カジノでもショッピングモールでも中国人が溢れているのです!!

Mac33ベネチアンマカオ

洗練されたヨーロッパの街並みに、洗練されていない服装のアジア人…。
すべての中国人がセンスがないとは言いませんが、、、、、、、
あ~っ、もうメンドクサイから、はっきり言っちゃいます!
ダサイ、野暮ったい人々が、ベネチアの街並みをウロウロしているのです。
しかも高級ブランドの袋をぶら下げて……。
これは、ミラノ(イタリア)でグッチやプラダの本店を探し、
道に迷ってしまった日本人観光客が地図を見ながらウロチョロしている姿
よりも見苦しい光景なのです。

だからねー、雰囲気はラスベガスにある『ベネチアン』の方がダンゼン良いです。
そしてマカオのカジノには、バニーガールは居ません!
スタッフといえば、人民服に近しい制服を身に纏った清掃員風な女性が
たま~にフラフラしている位。フリードリンクは水のペットボトルだけの様子。
エロエロのコスチュームで、ニコニコ笑って「Something Drink?」なんて、
聞いてくれませんよ!


                              つづく
                              Vol.43



☆ラスベガスの『ベネチアン』って? → ラスベガス親子旅行VOL.79


     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。