FC2ブログ

2011年12月22日

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.65 世界遺産の街『カルタジローネ』

2011/ 12/ 22
                 
スカーラを下りて真っ直ぐ行くとムニチーピオ広場(市庁舎広場)に出ます。

シチリア31カルタジローネ

さらに突き進んでぶつかったのが、この建物。
『ギャラリー・ルイジ・ストゥルツォ』と書いてあり、入ってみると…、

シチリア32カルタジローネ

あらまぁ素敵♪
あの壁画も陶器ですか?陶器のようです。
端にカフェがありますが、真ん中はがら~んとしていて殺風景。
展示会に使われる場所なのでしょうか?
私が持ってるガイドブックには、案内どころか地図にも載ってないし…。
入口の方を振り返るとさらに立派な陶器の壁画があります。

シチリア33カルタジローネ

シチリア34カルタジローネ

そして街を歩けば…、標識や看板が陶器製、陶器が並ぶ土産物屋が沢山あり、
カフェのカウンターも陶器で飾られて、と、陶器だらけ!

シチリア35カルタジローネ・カフェ

なんと、先史時代から陶器が作られていたというカルタジローネ。
9世紀にアラブ人から伝えられたマジョルカ焼によって、
陶器作りはさらに発展し、イタリア本土へ渡ったとか。
しかし、カルタジローネが世界遺産とされているのは
”ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々”の8つの町の1つ
としてなのです。

シチリア36カルタジローネ

カルタジローネがあるシチリア島南東部は、ヴァル・ディ・ノートと呼ばれる
渓谷地帯。この一帯は1693年の大地震によって壊滅的な被害を受けました。
その後、当時イタリアで流行していた建築”後期バロック様式”を
取り入れた復興計画によって、ヴァル・ディ・ノートの8つの町(カターニャ、
ラグーザ、ノート等)は、見事に復興したということ。

シチリア37カルタジローネ

旅行当時は2010年。翌年に東日本大震災が起こることなど夢にも思わないで
この街を訪れましたが、壊滅的な被害を受けた後の復興の街だと思うと、
感慨深いものを感じます。
不思議と温かい雰囲気を感じたのは、愛する街の復活を願い、
美しい街を作ろうとした人々の気持ちが残っているのかも知れませんね。

                               つづく
                               VOL.66







    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









スポンサーサイト