2013年09月

        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.62 サントリーニ島『フィラ』の街

2013/ 09/ 27
                 
クルーズ132サントリーニ島眺望

フィラの街に戻って最初の行動は街を見渡せるカフェ選び。
もうちょっとだけ、美しい景色を眺めてから船に戻りましょ♪

クルーズ133サントリーニ島眺望

急斜面に重なり合うようにして建つ家並みは、アマルフィ(イタリア)を
思い出しますが、同じような崖につくられた建物でも、街や国によって違う風景。
サントリーニ島ならではの景色を堪能しながら、ビールで乾杯しました。
だって……、
真っ白な壁は青空に映え、太陽の位置によって少しずつ色が変わるエーゲ海……、
こんな美しい景色を見てしまったら、ビールを飲みたくなるでしょ?

クルーズ134サントリーニ島眺望

沖には大型客船が浮かび、私達が乗ってきたコスタ・フォーチュナの姿もあります。

クルーズ135サントリーニ島:フィラ

街にはたくさんのサンセット・カフェがあるので、夕暮れ時には大勢の人が
集まるのでしょう。

クルーズ136サントリーニ島:フィラ

そして迷路のような細い路地を歩き、ケーブルカー乗り場へ辿り着きました。

クルーズ137サントリーニ島:ケーブルカー

下りのケーブルカーはガラッガラ。思ったよりも怖くなかったのは、
崖の上の景色ばかり眺めていたからですね。

                               つづく
                               VOL.63


クルーズ138サントリーニ島:フィラ




☆世界遺産『アマルフィ海岸』 → 南イタリア親子旅行Vol.33








     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村







★★★クルーズ旅行扱ってます♪★★★












スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.61 サントリーニ島の絶景ポイント『イア』

2013/ 09/ 21
                 
フィラからバスで25分、イアの街に到着しました。(片道1.6ユーロ。)
そしてバス停がある小さな広場から細い路地に入り、登って行くと……!

クルーズ125サントリーニ島:イア

〜エーゲ海と青い空に囲まれた、青いドームを持つ白壁の教会〜

この美しい景色の中に立ってみたいという思いは20年以上前からのもの。
やっと実現できると喜んでエーゲ海クルーズに参加したものの、
上陸出来ずに海の上から恨めしく眺めていたのは3年前。

クルーズ126サントリーニ島:イア

ようやく私は憧れの場所に立つことができました〜♪
と言っても、サントリーニ島に行けばこの風景が簡単に見られると思っていて、
まさかバスに乗って違う街まで行かなければならないということは、
この島に着いてから知ったことです。

クルーズ127サントリーニ島:イア

半分が崖に突き刺さった横穴式住居は、 伝統的なキクラデス様式。
壁面を真っ白に塗った家々には、広々としたテラスと階段が付いています。

クルーズ128サントリーニ島:イア

海沿いに続く石畳の道がずーっと先まで伸びていて、
進み続ければもっと感動的な風景に出会えるかも知れないけれど、
私たちは引き返しました。

クルーズ129サントリーニ島:イア

路地にはたくさんのお土産屋さんがあり、絵皿や飾り物などの陶器製品、
白ワインやピスタチオ、海綿など島の名産品が並ぶ中、一番人気はピスタチオ。

クルーズ130 サントリーニ島:イア

道行く人が皆立ち止まり、試食しています。私たちも、もちろん購入。
母の好物なので…。

                               つづく
                               VOL.62


クルーズ131 サントリーニ島:イア





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






















                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.60 サントリーニ島の中心地『フィラ』

2013/ 09/ 16
                 
クルーズ119サントリーニ島:フィラ

ケーブルカーから降りて出口に立つと、ロバくんと絶景がお出迎え。

クルーズ120サントリーニ島:フィラ

白壁の街並みと路地、居心地の良さそうなカフェやタベルナ、
小さな教会、そして色鮮やかに咲き誇るブーゲンビリア……と、
ギリシャの島ならではの風景がここにあります。

クルーズ121サントリーニ島:フィラ教会

それは3年前に訪ねたミコノス島を思い出す街並み。
漆喰の白壁は太陽に輝いてとても眩しく、ピンクや赤のブーゲンビリアが
みずみずしく弾むように咲き誇っているのです。

クルーズ122-サントリーニ島:フィラ

治安が良さそうで、ゆったりと時間が流れているカンジ、好きだな〜。
そんなのどかな街だけど、フィラは島の中心地。
観光地はもちろん、様々な場所へ行くバスの発着地になっているということ。

クルーズ123-サントリーニ島:フィラ

南へ行けば、ヨーロッパ最古の文明といわれるミノア文明の遺跡が残る
『アクロティリ遺跡』や紀元前9世紀頃の遺跡『古代ティラ』などの
遺跡観光ができるし、東側には火山島ならではの黒砂のビーチがあるので、
海水浴も楽しめます。

私たちは島の北側『イア』の街へ行くことにしました。
遺跡はどこも同じようだし、海で泳ぐという選択肢はないし、
あの白壁と青いドームのギリシャならではの風景がイアにあるらしいので。

                               つづく
                               VOL.61


クルーズ124-サントリーニ島:フィラ






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村








                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.59 ついに上陸!憧れの『サントリーニ島』

2013/ 09/ 12
                 
サントリーニ島は三日月型をした南北に細長い島。
オールドポートと呼ばれるフィロン港は、断崖絶壁が続く西側にあります。

クルーズ112サントリーニ島

ここでの停泊時間は10時間。オプショナルツアーはいろいろあるけど、
10時間あればのんびり動けるので、自由行動をすることにしました。

クルーズ113サントリーニ島カフェ崖を利用して作られた素敵なカフェ

ボートを降りるとカフェや土産物屋、レンタカー屋、旅行代理店などが揃い、
小さな港だけど充実しています。

クルーズ114サントリーニ島島の名物はロバちゃん♪

島の特産品は、白ワインとレンズ豆ということですが、
土産物屋にはロバグッズがいっぱい!
この先様々なロバくんを目にすることになります。

クルーズ115サントリーニ島

さて、上の方に白く見えるのが、島の中心地・フィラの街。
崖の上に行くには徒歩かロバタクシー、ケーブルカーから選べますが……。
母が歩けるワケないし、ロバから転げ落ちて骨折したら大変な事になるので、
私たちはケーブルカーに乗るしかないです。

クルーズ116ケーブルカー一番人気はケーブルカー

そして40分ほど並んでケーブルカーに乗車。
かなり急な傾斜なので、下ることを考えると今から足がすくみます。

クルーズ118ケーブルカー眺望

あっ、ロバタクシーに乗ってる人が見えますよ〜。

クルーズ117ロバタクシーロバタクシー

料金はケーブルカーと同じ3.5ユーロということになってるけど、
ぼったくられることが多いらしいので、乗る前に確認した方が良いと思います。
階段は587段あるそうです。

                               つづく
                               VOL.60








     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村









                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.58 クルーズ4日目〜サントリーニ島入港

2013/ 09/ 08
                 
次に目指すのは、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島(ギリシャ)。

サントリーニ島はキクラデス諸島の南端にある島。
幻のアトランティス大陸の伝説が残る島で、今回一番行きたかった場所です。
理由は…、

クルーズ109サントリーニ島
                       サントリーニ島(2008年)

……、あれは2008年のエーゲ海クルーズ。
アテネからクルーズ船に乗って、ミコノス島(ギリシャ)〜クシャダシ(トルコ)
〜パトモス島(ギリシャ)〜クレタ島(ギリシャ)を巡り、
最後の寄港地がサントリーニ島でした。が、上陸できなかったのです。

サントリーニ島のフィロン港は、クルーズ船のような大型船は接岸できないため、
沖に停泊してボートに乗って移動するのですが、波が荒いのでボートが出せない
ということで上陸中止。目の前まで来てるのに外観だけ眺めるというのは、
悔しい、恨めしいものです。雨が降っているのなら諦めもつくけれど、
空は青く晴れ渡っていたというのに……。

クルーズ110 サントリーニ島夜明けだ〜

というわけで、再挑戦。
「どうか上陸出来ますように」と眠り、目が覚めたら日の出間近で、
島影が見えます。いつもの私なら、二度寝して再び起きた時にはすっかり朝!
というパターンなのに……、
急いで9階のデッキへ行き、さらに上にあがって、サントリーニ島に近付く
様子を眺めていました。海は凪いでいるし、今回は上陸出来そうですよ〜♪

クルーズ111サントリーニ島

さて、アトランティス大陸伝説というのは……、
この辺りに豊かな土地と高度な文明を持った大陸が存在していたといわれ、
紀元前1628年頃にサントリーニ島が大噴火して、突然消えてしまった
という伝説。
それが幻の大陸・アトランティス大陸ではないか?と言われているのです。
大西洋にあったという説もあるので、伝説でしかないけれど……。

                                つづく
                                VOL.59






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





☆アテネ発着ツアー€273(1人) → 美しすぎる夕日に溜息 サントリーニ島3日間<2泊3日/朝食付/アテネ発>












                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.57 クルーズ3日目〜カタコロン出港

2013/ 09/ 05
                 
クルーズ103コスタフォーチュナ

早めに船に帰ってきたので、レストラン『クリストフォロ・コロンボ』で
アフタヌーンティーを楽しみました。ランチとアフタヌーンティーは、
寄港地でクルーズ船に残る人のためにあるようなもので、
港に着いたら観光に出かける人は、なかなか利用できないのです。

クルーズ104アフタヌーンティー

ダージリンはもちろん、アップルティー、マンゴーティー、チェリーティーなど、
何種類もある紅茶の中から好きなものを選んで、ケーキやサンドウィッチと共に
ティータイム♪私はジンジャーティーをいただきました。

クルーズ105アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは、4時から5時15分までと、短めです。
そしてこのレストランでは、焼きたてのピザが食べられるのですが……、

クルーズ106レストランコロンボ

「夕食はミケランジェロよりここの方がいいわぁ〜」と言うお母様。
イタリア料理のフルコースディナーよりピザの方がいいなんて……。
私は毎晩ビールやシャンパンを飲みながらイタリア料理を食べられる事を
激しく喜んでいたけれど、母はちっとも嬉しくなかったという……。

そこで私たちは考えました。レストラン『ミケランジェロ』で特別注文して
みようと。夕食時、給仕に相談したところ、使われている食材で違う調理が
できるということなので、ポテトとチキンをフライにしてもらいました。
結果、母は大満足。ディアボラ風とかバジリコソース添えといった余計な味付けは、
必要ないということ。

クルーズ107コスタフォーチュナ

さて、夕食後は劇場で船長主催の『ガラカクテルパーティ』がありました。
船長が挨拶し、オフィサーの紹介をしてシャンパンで乾杯。だけ。
シャンパンも小さなグラスに一杯だけ。
”パーティ”ってゆーから、もうちょっと何かあるかと思ってたけど…、
まっ、船長さんはステキだったけどね。

                                つづく
                                VOL.58

クルーズ108船長





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
















                         
                                  
        
category - 2011年東地中海クルーズ

地中海クルーズ親子旅Vol.56 『カタコロン』という小さな村

2013/ 09/ 03
                 
ギリシャ神話の世界をたっぷり楽しんだ後は、馬車があったところまで
歩かなければならないという現実の世界へ。
この博物館に来た時みたいに、偶然タクシーが現れないかと期待したけど、
そんなに都合良く来るわけもなく……。

そしてオリンピア遺跡の入口に馬車が見えてきたその時、1台のタクシーが
停まりました。私たちがチャーターしたタクシーが迎えに来てくれたのです♪
「そんな気が利くなら、来た時もここまで送ってくれればよかったのに……」
というイヤミは心の中だけでつぶやいて……、

サンキュー!グラッチェ!あっ、これはイタリア語だ…、
え〜っと、エフハリストー!!ありがとう!!!

クルーズ098カタコロン街並み

さて、ツアーだと4時間かかる行程を2時間半で終わらせて余裕があるので、
クルーズ船まで戻らず、カタコロンの商店街でタクシーを降りました。

クルーズ099カタコロン

ガイドブックの地図には載っていない、1行も紹介されてないカタコロンは、
人口1000人程の小さな村。
クルーズ船の寄港地として繁盛しているらしく、人口のわりには活気があり、
港まで続く商店街にはカフェや土産物屋がずらりと並んでいるので、
観光客がのんび〜り歩いてます。

クルーズ100カタコロン

土産物屋には、オリンピック競技を模したブロンズ製の人形や陶器、
ギリシャのお酒・ウゾ、ギリシャの名産品・オリーブオイルがお洒落に並び、
ショールームを覗くだけでも楽しいし、

クルーズ101カタコロン

近くのビーチで海水浴を楽しむ人も居るみたいで、ビーチサンダルや帽子、
サングラスも並んでいて、どこかリゾート地のような雰囲気。

クルーズ102カタコロン教会

この村に似合った可愛らしい教会が印象的でした。
オプショナルツアーに参加していたら、この村を知ることもなく、
ただの寄港地になるところだったことを考えると、タクシーを使って大正解!
タクシー、チャーターしてよかった〜。

                               つづく
                               VOL.57






     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
         にほんブログ村