FC2ブログ

2015年03月

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.87 パドヴァ『聖アントニオ聖堂』

2015/ 03/ 23
                 
まっ、まぁそんなワケで…、ホテルと飛行機の予約にムキになるクセに、
予備知識を持とうとしない私にとって、トラブルとは言えないけど…、
次に訪ねる予定だった『聖アントニオ聖堂』に到着しました♪
通称『サンタントニオ聖堂』です。

パドヴァ008聖アントニオ聖堂

パドヴァの守護聖人・聖アントニオが亡くなった翌年1232年に着工し、
16世紀に完成。

パドヴァ009聖アントニオ聖堂

ファサード(ロマネスク様式)のアーチはゴシック様式、
屋根にはビザンチン様式のクーポラ(円蓋)と、ミナレットのような鐘塔
(イスラム建築)が聳えるという、様々な建築様式を融合させた、
壮大な教会です。

そこで気になるのが”聖アントニオ”って誰なの?ってことですが、
彼はリスボン(ポルトガル)生まれの教会博士。
多くの奇跡を起こしたと言われています。

教会博士というのは、グレゴリウス1世、ヒエロニムス他、
カトリック教会の聖人の中で特に学識に優れ、偉大な業績を残した人に
送られる称号だということで、かなりの有名人♪

そういえば私、聖アントニオを祀っている教会に結構行ってるな〜。
アルベロベッロの教会もサンタントニオ教会だったし、
リスボンにはもちろんあったし、マカオにもありますね。

パドヴァ010露店

パドヴァ011ロウソク


聖堂前の広場には露店が出ていて、ロウソクやロザリオなど教会内で使う物や
お土産が売られています。

パドヴァ012聖アントニオ聖堂

そしてこちらは『ガッタメラータ将軍騎馬像』。
ベネチア共和国の傭兵隊長として活躍していた人ということです。
ルネッサンス初期のイタリア人彫刻家・ドナテッロの作品で、
主にフィレンツェに残る名作と比べても、傑作なのだとか。

                               つづく
                               VOL.88



☆アルベロベッロのサンタントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8
☆グレゴリウス1世の話 → 南イタリア親子旅行Vol.87
☆ヒエロニムスの話   → 南イタリア親子旅行Vol.73


リスボン:サントアントニオ教会
                    リスボンのサントアントニオ教会





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.86 パドヴァ到着ヽ(^0^)ノ

2015/ 03/ 03
                 
パドヴァ01駅前

パドヴァ駅に到着!
想像していたより近代的な駅前の風景に驚きながらも、
タクシー乗り場があったので、すかさず乗っちゃいます。

パドヴァ02駅前

「Orto Botanico Per favore♪」(植物園に行ってね♪)
イタリア語のペルファボーレは、”Please”と同じような意味らしく、
英語と同じように使えて便利です。

パドヴァ03植物園

最初の目的地にした世界遺産『パドヴァの植物園』まで約2.5㎞。
10分弱で到着しました。
が……、休憩時間みたいです。休園じゃなくて良かった〜。

パドヴァ04植物園

で、ん?何だか改装予定みたい。
2015年に開催が決まった『ミラノ万博』に向けて、より素晴らしい
観光地にしようとしてるのかな?

パドヴァ05街並

ということで、タクシーで通った何にもなくてつまらない道を歩いて戻り、
近くの教会へ向かうことにしました。
「世界遺産のクセに四分の一頁しか紹介してないガイドブックにも
書いてあるのに、どーして開園時間をチェックしなかったんだろう…」と、
後悔しながら。

パドヴァ06風景

だけどねっ!途中で素敵な風景に出逢ってしまいましたよ〜。
やっぱり歩かないとダメね。タクシーじゃ見えないモノがいっぱいある。
目的地に着くだけが旅じゃないということを理解するために、
この道を歩く運命だったんだと思うことにしておきましょう。
このあと同じ道を往復しないとならないのだけど…。

パドヴァ07聖アントニオ教会

そして歩くこと約300m、『聖アントニオ聖堂』が見えてきました。
立派です。
                               つづく
                               VOL.87





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ