FC2ブログ

2016年01月

        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.40 博物館のような街・エヴォラ散策

2016/ 01/ 30
                 
ポルトガル236ディアナ神殿

エヴォラ大聖堂の隣にある美術館を通り過ぎると、古代ローマ時代の遺跡が
見えてきました。右には『ポザーダ・ドス・ロイオス』というホテルと
その奥に『ロイオス教会』があります。
ポザーダというのはお城や修道院を改装した国営ホテルで、このホテルは
ロイオス修道院だったもの。予約を取るのも難しいほど人気らしいです。

ポルトガル237ディアナ神殿

さて、この遺跡は『ディアナ神殿』と呼ばれていますが、
1世紀、古代ローマ帝国の初代皇帝・アウグストゥスを祀るために建造された
神殿で、2世紀に月の女神・ディアナに捧げる神殿に改築されたということ。
え?神殿で祀る人を替えちゃうのって、アリなの?

ポルトガル238ディアナ神殿

疑問は置いといて……。
古代ギリシャ建築の建築様式・コリント様式の神殿です。柱頭と柱基は大理石、
14本残っている柱は花崗岩で造られ、中世には円柱の間をふさいで要塞として
使用していたため、イベリア半島に残るローマ時代の遺跡の中では保存状態が
良いものだということ。
これがだだっ広い場所にポツンと建っていたら、がっかりするんだろうけど、
周りに色々あるので救われてますねヽ(´o`;

ポルトガル239ロイオス教会

そして『ロイオス教会』には素晴らしいアズレージョがあるらしいのですが、
こちらも昼休み。ポルトガル、スペイン、イタリア、ギリシャ、モナコ…、
フランス南部と、南ヨーロッパのお昼休みはとても長いのです。
ということを知っているクセに事前に調べない私…、ダメだな〜。

ポルトガル240ディアナ神殿

ディアナ神殿の先には公園があり、彫像やオブジェが展示されています。

ポルトガル241バラオナ

公園の真ん中にはドクター・バラオナの胸像。どちら様かわからないけれど、
きっとエヴォラのために尽くした人なのでしょう。

ポルトガル242公園

街を見下ろすように立っているオブジェは、日本人彫刻家・北川晶邦の作品で
『波立つ海の中に光る満月』。この方も知らない名前だけど、リトアニア共和国の
ヴィリニュスには杉原千畝を称えた『月の光よ永遠に』という彫刻があるらしいです。

ポルトガル243エヴォラ

公園にお昼休みがなくてよかった……。

                              つづく
                              VOL.41




☆ディアナ神(アルテミス神) → 南イタリア親子旅行Vol.41
ポザーダ・ドス・ロイオス 
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>


世界遺産〈エヴォラ歴史地区〉
エヴォラ大聖堂(カテドラル)
サン・フランシスコ教会
◇マヌエル王宮
◇エヴォラ大学
◇ローマ神殿(ディアナ神殿)
◇カダヴァル公爵邸
◇ロイオス教会
◇ヴァスコ・ダ・ガマ邸宅



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.39 世界遺産『エヴォラ歴史地区』

2016/ 01/ 25
                 
ジラルド広場は世界遺産『エヴォラ歴史地区』の中心地。
城壁に囲まれた旧市街の真ん中で、観光案内所もあり、ホテルやカフェが
集まっています。

ポルトガル228エヴォラジラルド広場

右端に見えるのはリスボン生まれの教会博士・聖アントニオを祀った
『サン・アントニオ教会』。観光したいけど、他にも行きたい所があるので
無理かな?

アウグストゥスと3時間後に戻ってくる約束をして『10月5日通り』を
歩きました。

ポルトガル229エヴォラ

ジラルド広場からエヴォラ大聖堂へ通じる、メインストリートです。

ポルトガル230エヴォラ

白い家並みが続く道の両側には土産物屋が並び、陶器や山羊のチーズなど、
アレンテージョ地方の名産品がズラリ♪

ポルトガル231エヴォラ

中でもコルク製品のお店が多く、バッグや鍋敷き、絵葉書、帽子、傘…、
なんとエプロンまで(゜ロ゜)コルクで作られています。

ポルトガル232エヴォラ

エヴォラの東約30kmに『レドンド』という町があり、陶器とワインの生産地
として知られているということ。
ひまわりが咲く時期は特に美しい場所みたい。行ってみたいな〜。

ポルトガル233エヴォラ

白壁に黄色のアクセントのちょっぴりスペインを思わせる街並みは、
リスボンから東に約130km、スペイン国境まで約50kmという位置が
影響しているのか?スペインの田舎町と言ってもいいくらい。

ポルトガル234エヴォラ

メインストリートと言っても200mほどしかないので、お土産屋さんを
のぞきながら歩いても、あっという間に終点です。

ポルトガル235エヴォラ

エヴォラ大聖堂にぶつかり、観光しようと思っていたのにお昼休み。
後で訪ねることにして、古代ローマ時代の遺跡へ向かいましょ♪

                              つづく
                              VOL.40





☆聖アントニオについて → 地中海クルーズ親子旅行Vol.87
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>


世界遺産〈エヴォラ歴史地区〉
◇エヴォラ大聖堂(カテドラル)
◇サン・フランシスコ教会
◇マヌエル王宮
◇エヴォラ大学
◇ローマ神殿(ディアナ神殿)
◇カダヴァル公爵邸
◇ロイオス教会
◇ヴァスコ・ダ・ガマ邸宅



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.38 タクシーで!?古都エヴォラへ

2016/ 01/ 19
                 
リスボン滞在の終わりが近付いてきた7日目の目的地は『エヴォラ歴史地区』
という世界遺産です。 オリエンテ駅から電車で1時間40分。と、調べていた
ところ「今日もストライキしてないかしらねぇ〜」と、母が言いました。
昨日ポルトガルでのタクシー観光が安いことを知り、
しかもとても楽チンな事を思い出しての発言です。
私も同じこと考えていたんだけどね…。

そんなワケでホテル前でタクシーに乗り、
「エヴォラ往復How much?」と、いきなり聞いてみたら、
「120ユーロ+高速道路料金」だと言われ、とりあえず値切って、
「100ユーロ+高速道路料金」で交渉成立。今日もタクシー観光になりました〜♪

ポルトガル224橋

ドライバーの名前はアウグストゥス。大きな岩みたいなおじさんです(*^▽^*)
昨日テージョ川クルーズでくぐった『4月25日橋』を走ると、ベレンの塔と
発見のモニュメントが右手に小さ〜く見えます。

ポルトガル225クリストレイピンぼけ(o_ _)o

そして左手前方には『クリスト・レイ』。昨日はありんこ位にしか見えなかった
キリストの姿を間近に眺めながら、リスボン南東部にあるアレンテージョ地区へ
向かいました。

スペインから流れるテージョ川は、ポルトガルを横切って大西洋に辿り着くので、
その南側の地域を「テージョ川の彼方」と呼んだ言葉が”アレンテージョ”。

ポルトガル226コルク樫

オリーブやコルク樫、小麦畑が広がるのどかな地域で、目指すエヴォラは
ローマ時代から栄えていた、アレンテージョの中心地です。

ポルトガルはコルク生産量が世界一だということで、コルク樫を栽培している
土地が多くて緑がいっぱい。で、この樹から採れるどんぐりが大好物なのが……
トトロ♪ではなく、イベリコ豚なのです。
豚でも人間でも天然植物だけ食べていれば、美味しくなるのかしらね〜。

ポルトガル227エヴォラ

流れる景色を眺めながらそんな話をしていたら、『ジラルド広場』に到着。
ホテルから50分位でした。

                              つづく
                              VOL.39


☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.37 テージョ川クルーズ

2016/ 01/ 16
                 
ポルトガル214ルジタニア

クルーズの乗船時間まで30分位あるので、さっき見えた飛行機を見学♪

ポルトガル215ルジタニア

これは『F400ルジタニア』という水上飛行機のレプリカで、
1922年にリスボン〜リオ・デ・ジャネイロ間の飛行を成功させた飛行士の
功績を称えているらしいです。飛行距離8383km、飛行時間62時間26分。
史上初南大西洋飛行路だということ。

さて、テージョ川クルーズは片道12ユーロ、往復16ユーロ。
ベレンの塔と発見のモニュメントの間からテージョ川を東に向かうクルーズです。

ポルトガル216クルーズ

船はすぐに東へ進まず、ベレンの塔を海側から見られるよう少し西へ行ってから
東へ向かいました。

ポルトガル217クルーズ

川側から眺める発見のモニュメントは躍動感があり、エンリケ航海王子が先頭に
立っていて、今にも出航しそうです。

ポルトガル218-クルーズ

すぐにレンガ造りの立派な建物が見えてきましたよ〜。
こちらは電気博物館。かつての発電所を利用した博物館です。

ポルトガル219-クルーズ

そして『4月25日橋』の下をくぐり、左側に見えるのが『クリスト・レイ』。
110mの巨大なキリスト像で、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにある
キリスト像を模して造られたということです。

ポルトガル220-クルーズ

リスボンはケーブルカーが活躍する「七つの丘の街」。
建物が段々に立体的にとても美しく見えるのは、小高い丘が多いからですね。

ポルトガル221-クルーズ

そして、そして、2日目に行った『コルメシオ広場』が見えてきました。
そういえば川沿いにクルーズ船乗り場があったっけ…。 
「あそこで降りるんだね〜」と話している間に通り過ぎ、

ポルトガル222-コスタ

さらに東へ進んでいくと、「あれ?コスタだよ〜」
昨年乗船したコスタフォーチュナーとまさかの再会!?

ポルトガル223-クルーズ

船はここら辺で折り返し、コルメシオ広場で下船しました。

                              つづく
                              VOL.38



☆コルメシオ広場 → ポルトガル親子旅行Vol.17







    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.36 世界遺産『ベレンの塔』

2016/ 01/ 11
                 
今日は電車とバスに乗って、ゆるゆるとロカ岬へ行き、乗り継ぎ駅の
カスカイス散策で終わってしまうだろうと思っていたけれど…、
思いがけずタクシー観光になったため、日暮れまでまだ時間があります♪

ポルトガル205ベレンの塔

だったら!と、ホテルへ戻らず『ベレンの塔』にタクシーを横付け〜。
一昨日、すぐ目の前まで来てたのに、辿り着けなかった場所です。

ポルトガル206ベレンの塔

ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見という偉業を称え、1515年に着工された、
マヌエル様式の美しい塔。 司馬遼太郎が「テージョ川の貴婦人」と呼んだ
優美なその姿は、『リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔』として、
世界遺産に登録されています。

ポルトガル207ベレンの塔

ジェロニモス修道院と同じくマヌエル1世の命により、テージョ川を
行き交う船を監視する要塞として建てられ、後に船の通関手続きを行う
税関としても使われたということ。
今は岸辺に立っているけど、建築当時は川の中にあったので、地下は政治犯の
ための水牢になっていました。

ポルトガル208ベレンの塔

石灰岩でできた殺風景な階段を上ると広いテラスがあり、テージョ川を一望♪

ポルトガル209ベレンの塔

船乗りたちが航海の無事を祈ったという聖母マリア像は、今も旅出す人々を
見守っているみたいです。

ポルトガル210ベレンの塔

さらに上階には、謁見の間や礼拝堂があるらいのですが、私達はここまで。

ポルトガル211ベレン

ここから『発見のモニュメント』まで約500mあります。
途中に水面に突き出てるカフェのような場所があるので近寄ってみると、
リバークルーズのチケット売り場だったので……、

ポルトガル212リバークルーズ

『テージョ川クルーズ』に行って来ま〜す。

ポルトガル213ベレン

あれ?対面に飛行機が見えるけど、何だろ??

                              つづく
                              VOL.37




☆ジェロニモス修道院 → ポルトガル親子旅行Vol.24
☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆ジュロニモス修道院も入場!リスボン半日市内観光ツアー<英語混載ツアー/午前・午後/リスボン発> by Cityrama
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.35 太陽海岸ドライブ♪

2016/ 01/ 08
                 
ポルトガル197ロカ岬

ロカ岬は有名な観光地なのに、レストラン兼お土産屋さんが1件あるだけ。
ベンチもないので、老人が長居できる場所ではありません。
バスの本数も少ないし、タクシー観光にしてよかった、よかった!
あ、そうそう、11ユーロで『最西端到達証明書』を発行しているそうです。

ポルトガル198カスカイス

ということで、コスタ・ド・ソル(太陽海岸)沿いにリスボンへ帰りました♪

ポルトガル199リスボン地図

スペインからリスボンに流れるテージョ川がさらに西へ流れ、
大西洋に流れ込むあたりの右岸一帯は『コスタ・ド・ソル』と呼ばれています。
スペイン南部にも『コスタ・デル・ソル』という海岸があって混乱しそうだけど、
どちらも温暖な気候で、ヨーロッパの有数なリゾート地。

ポルトガル200カスカイス

最初に通ったのは『カスカイス』という町で、もともとは漁村だったところが
19世紀に王室の夏の離宮が置かれてリゾート地にもなったということで、
海にはヨットと漁船とクルーザーがごちゃ混ぜに浮かんでいます。

ポルトガル201カスカイス

リスボンまで30kmなので通勤している人も居るし、別荘を持っている人も多く、
2ベッドルームのアパートを600ユーロ程度で借りられるという話を聞いて、
こっそり2〜3ヶ月暮らす夢をみてしまいました♪

ポルトガル202カスカイス

さらに東へ5分程走ると少し高級感が漂う『エストリル』という町へ。
ポルトガルを旅するまで名前すら知らなかったけど、
サーキットがあり、かつて『F1ポルトガルGP』が行われていて、
今は『ロードレース世界選手権』が開催されているとか、
ゴルフやテニスの『エストリル・オープン』で有名なのだとか…。

ポルトガル203エストリル

そして「大きなカジノがあるんだ♪」と、マヌエルは美しいヤシ並木を通り、
カジノの周りをグルッと回ってくれました。

ポルトガル204エストリル

ガイドブックに「ポルトガル最大のカジノ」と書いてあったけど、ホントかな?
と調べてみたら、リスボンにある『カジノ・リスボア』の方が大きいらしい…。
という事実よりも、世界の大型カジノTOP20の内、9件も行ってる自分に驚いて、
第1位はお気に入りの『ベネチアン・マカオ』だと!?
これじゃあ私、かなりのカジノ好きみたいじゃないヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.36





☆ベネチアン・マカオ → 香港・マカオ夫婦旅Vol.36
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー シントラ、ロカ岬、ペーナ宮殿
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.34 ユーラシア大陸最西端到達ヽ(^0^)ノ

2016/ 01/ 05
                 
ポルトガル191ロカ岬ロカ岬

ユーラシア大陸最西端に到達しました〜♪
大陸の西の果てに辿り着き、目の前に広がる大海原を眺めた時、
どんなに感動するかと思っていたけど………、
ホテルからタクシーに乗っちゃうと、あまりにも簡単すぎてダメねヽ(´o`;

ポルトガル192ロカ岬

もっと荒涼とした、うら寂しい場所だと思っていたけれど、
この日はうららかなお天気で、風は強いけど想像していたよりは弱く、
しかも観光バスから降りてきた団体客がワサワサと賑やかにしている風景は、
「遙か昔に思いを馳せる」という雰囲気ではありません。

ポルトガル193ロカ岬

カモンイスの石碑は撮影スポットになっていて、観光客がひっきりなしに
笑顔でポーズを決めているため、人が居ない写真を撮るのにも一苦労。

ポルトガル194ロカ岬「ここに地果て、海始まる」

昔々、「地球は丸い」という事を知らなかった人々は、ユーラシア大陸
が終わって西の海へ進むと断崖絶壁があり地の底へ落ちてしまうと、
それがとても怖ろしい場所だと言い伝えられていたと、
だからヨーロッパの人々は大西洋を冒険することはなく、
長い間アメリカ大陸が発見されなかった……というお話しを読んで、
一体どんな場所なんだろー?と、ドキドキしていたのは若かりし頃。

知識階級者の間では古代ギリシャ時代から地球は丸いと認識されていた
ということを随分後で知り、がっかりしたっけ……。それでも!
「どこかに海の端っこがある」と信じていた庶民が多かったのではないかと、
私は今でも思っています。

ポルトガル195ロカ岬

そしてその知られざる大西洋に挑んだのがポルトガルとスペイン。
彼らが海の彼方に見たものは、大きな大きな夢でした。

ポルトガルは15世紀初頭にアゾレス諸島やマデイラ諸島を、1500年に
ブラジルを発見。そしてスペインでは、コロンブスが大活躍しました♪
1492年にサン・サルバドル島(バハマ)を発見し、カリブ海に浮かぶ島々を
インド周辺の島と間違えてたというのは、有名な話。
コロンブスは大西洋横断の西廻り航路でインドを目指していたので、1498年に
ベネズエラを発見した時もアジアの一部だと思い込んでいたということです。

                              つづく
                              VOL.35




ポルトガル196ロカ岬ロータリークラブの石碑







☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー シントラ、ロカ岬、ペーナ宮殿
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー






    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.33 憧れの『ロカ岬』へ♪

2016/ 01/ 03
                 
リスボン滞在6日目は、ポルトガルで一番行きたかった『ロカ岬』へ。
3日前、バスで40分程で行ける『シントラ』に居たけど、
母がヘトヘトだったのでリスボンのホテルに戻ったのです。

ポルトガル189ロカ岬ロカ岬

ロカ岬は、北緯38度47分、西経9度30分の位置にあるユーラシア大陸
最西端の地。
ポルトガル史上最大の詩人ルイス・デ・カモンイスが詠んだ叙事詩の一節
「ここに地果て、海始まる」という言葉がとても気になっていて、
さらに宮本輝の『ここに地終わり海始まる』という小説を読んで、
「必ずこの地へ行かねば!!」と心に誓った場所。

ガイドブックで調べたら、ロシオ駅からシントラへ行ってバスに乗るよりも、
カイス・ド・ソレ駅から電車で『カスカイス』という駅へ行き、
バスで行く方が早そうなので、そちらを選びましたが…、

ホテルからカイス・ド・ソレ駅まで行こうとタクシーに乗ったら、
「昨日からストライキで電車は止まってるよ」と、普通に言われてびっくり!
どうしようか、どこへ行こうか?と相談を始めていると、
「45ユーロでロカ岬まで行くよ♪」と運転手が言いました。
え?そんなに安いの??
「お願いしま〜すヽ(^0^)ノ」と即答してしまったけれど…、
帰りの電車も止まってるんじゃない?という不安がよぎり始めた頃、
「往復なら75ユーロにするよ♪カスカイスやエストリルも通りながらの
ドライブは楽しいよ〜」と言われ、タクシーで観光することに決定。
2年前パレルモ(シチリア島/イタリア)でタクシー観光した時は、
4時間で200ユーロだったっけ…。ポルトガルの物価、安いです♪

ポルトガル190ロカ岬

30分程だったかな?
まるで海に続いているような道路を走っている時、
「あれが灯台。もうすぐ着くよ」と運転手・マヌエルは言いました。
タクシーだと簡単に着いちゃうねヽ(´▽`)/

                              つづく
                              VOL.34



☆タクシーでパレルモ郊外観光 → 南イタリア親子旅行Vol.59
☆現地発着ツアー → リスボン発近郊ツアー シントラ、ロカ岬、ペーナ宮殿



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ