2016年03月

        
category - 2016年マレーシア

マレーシアいろいろVol.1 マカオからクアラルンプールへ

2016/ 03/ 31
                 
「マレーシアへ移住するかも!」と大騒ぎしてから、はや5年。
放射能汚染の話題はもみ消され、政府はメルトダウンという言葉を隠し、
むしろ外国人観光客が増えているという日本でまだ暮らしていますヽ(´o`;

福島原発事故以降、マレーシアの長期滞在ビザを取り、身辺整理をして、
イザとなったら日本を脱出しようと目論んでいる主人の様子を伺いながら、
何とか日本に居られるようにと願っている毎日ですが……、
実はマレーシアという国、結構気に入っているのです。

クアラ01屋台

一年中暖かくて物価は安いし、東南アジアの中ではキレイな街並み。
なので何度も通っていたけれど、マレーシア航空の飛行機が落とされたり、
行方不明になっちゃったりで、
「イスラムの国、やっぱり怖いわぁ〜」と尻込みしてしまい、
2年以上ご無沙汰していました。

それでもビザを持っている以上色々とあるので、香港・マカオ旅行をからめ、
エアアジアを利用してマカオから入国することにしたのですが、

クアラ02エアアジアエアアジア

「エアアジアも事故ったんだよな……」という主人のつぶやきが聞こえ、
「飛行機に乗ろうとしている時に言わないで〜」と思ったけど、
それでも無事日本に帰って来れたので、笑い話です…。

クアラ03マカオ空港マカオ空港

初めて使ったマカオ空港は小さいながらも充実していて、
入国審査後も両端に喫煙スペースがあったり、プレミアムラウンジがあったりと、
不満を感じることなく過ごせる空港でした。

マカオから約4時間、マレーシアの首都・クアラルンプールの空港に到着♪
長い間工事中だったLCCの空港ターミナルが生まれ変わっていました。
「お土産は空港で」なんて事は考えられない程ダメダメだったのに、
様々なお店が揃い、コンビニもあります。

クアラ04クアラ空港

初めて泊まるホテルのため周辺事情がわからないので、ビールと水、パン、
カップラーメンを購入しました。

マレーシアのお話し、始めま〜す(*^▽^*)

                              つづく
                              VOL.2





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.48 幸せを呼ぶ鶏『ガロ』

2016/ 03/ 26
                 
エレベーターを下りてカフェで休憩後、リスボンで最も賑やかな広場といわれる
ロシオ広場まで歩きました。

ポルトガル302ロシオ広場

正式名は『ドン・ペドロ4世広場』。
銅像になっているペドロ4世とは、エストレーラ大聖堂を建て、ブラジルに
亡命したマリア1世の孫で、初代ブラジル皇帝(ブラジルではペドロ1世) 。
短い間だけど、ポルトガル国王も兼任してました。
周辺にはおみやげ物屋が沢山あり、ついつい店内を覗いてしまいます。

ポルトガル303ガロ

そしてポルトガル土産といえば『ガロ』。
幸運を呼ぶといわれているニワトリです。マカオにも並んでますね。
これはポルトガルの伝統的な民芸品で、絵付けはハンドメイド。
ガロはポルトガル語で『雄鶏』という意味があるそうです。

ポルトガル304ガロ

昔々……、スペインの巡礼地サンチャゴ・コンポステーラに向かっていた青年が
宿場町バルセロスに泊まっていた時の出来事。
青年は銀貨を盗んだという無実の罪を着せられて、絞首刑に決定してしまいました。
執行日の前日、もう一度無実を証明したいと、判事の家に連れて行ってもらい、
テーブルの上にあるローストチキンを指して
「明日の朝無実の証拠として聖母マリアが奇跡を起こし、この雄鶏が鳴くだろう」
と宣言。翌朝丸焼きになっていた雄鶏が「コケコッコー♪」と鳴いたため、
青年は釈放されました。……、という信じがたい伝説が由来だそう。

「幸せを呼ぶ」と聞けば、買わずにはいられませんね。

ポルトガル305飛行機から

これでリスボン滞在8泊9日の親子旅行は無事終了。
幸せを大量購入して、TAP航空でミュンヘン(ドイツ)に向かいますo(^▽^)o

                              つづく
                              VOL.49



☆マリア1世について → ポルトガル親子旅行Vol.13




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.47 サンタ・ジュスタのエレベーター

2016/ 03/ 19
                 
今日はトランジット先ミュンヘンへの移動日。
飛行機は夜便、しかもとっても良い天気なのでもうひと観光します♪
チェックイン時に16時までお部屋を使わせてもらえる交渉済だから、
荷造りは帰ってきてからにして、タクシーに乗りました。

ポルトガル295サンタジュスタ

ここはバイシャ地区にある『サンタ・ジュスタのエレベーター』。
バイシャ(低いの意)からバイロ・アルト(高い)地区へ瞬間移動できる
エレベーターで、街の中にデ〜ンと立っています。

ポルトガル296サンタジュスタ

エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルの弟子が設計して、
1902年に完成。鉄骨製のネオ・ゴシック様式で高さは45mです。
内装は木製で、完成当時は蒸気で稼働。1907年に電気で稼働するようになり、
2002年に国定記念物に指定されたということです。

ポルトガル297サンタジュスタ

料金は往復5ユーロ。……えっ!?
上に行ったり下に行ったりするだけなのに、この価格設定どうなの?
路面電車やメトロ等乗り放題の1日乗車券Viva Viagemを使えるらしいけれど、
キオスクを探して購入したところで、路面電車に乗る予定ないし…。
4.6ユーロの1日券より高いって、どーゆーこと?
と、モンクを言いながら、それでも乗ります。支払います。ヽ(´o`;

そしてエレベーターは上昇し、クラシカルな扉が開いて表へ出ると……

ポルトガル298サンタジュスタ眺望

リスボンを見渡す素晴らしい眺望♪サン・ジョルジェ城が見えます。

ポルトガル299サンタジュスタ眺望

テージョ川の手前に見えるのは、コルメシオ広場の凱旋門ですね。

ポルトガル300サンタジュスタ眺望

1.5ユーロ払えば、さらに高い展望台に行くこともできます。
バイロ・アルトに続く陸橋を渡るとカフェがあり、その先にカルモ修道院。

ポルトガル301カルモ修道院

1755年の大地震の時に崩壊したまま再建されず、内部は博物館になっている
ということ。博物館に入ってみたいけど、そろそろホテルに戻りましょう。

                              つづく
                              VOL.48


☆1日券Viva Viagemの話 → ポルトガル親子旅行Vol.14
☆コルメシオ広場の凱旋門 → ポルトガル親子旅行Vol.17



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.46 ポルトガルの英雄♪ヴァスコ・ダ・ガマ

2016/ 03/ 15
                 
ポルトガル287水族館

カジノを出て大きな通りを渡り、公園の中をテージョ川に向かって歩いて行くと、
リスボン水族館『Oceanario de Lisboa』があります。

ポルトガル288水族館

水面に浮かぶように立つこの水族館はヨーロッパ最大級で、世界第4位の
巨大水槽があるということ。1998年のリスボン万国博覧会時に建設されました。

ポルトガル289ロープウエイ

さらに川側へ進んで、ようやくロープウエイ乗り場に到着。

ポルトガル290ロープウエイチケット

乗車賃は片道3.95ユーロ、シニア料金は2ユーロです。

ポルトガル291ロープウエイ

ここから目指すのは帆船を思わせる『ヴァスコ・ダ・ガマ・タワー』♪
ロープウエイからは万博会場になった一帯を見渡せます。
そして、スペインまで続くという海のような大河・テージョ川に目を移せば、
青い空とのコントラストが美しい白い橋。

ポルトガル292ヴァスコダガマ橋

『ヴァスコ・ダ・ガマ橋』です。
昨日タクシーで通った4月25日橋の渋滞緩和のためにテージョ川に架けられた
という全長17.2kmの橋で、ヨーロッパで最も長い橋だとか。
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見500周年を記念して、万博直前の
1998年3月29日に開通したということで……、

まぁとにかく” ヴァスコ・ダ・ガマ”のオンパレード(*´∀`*)
さっき行ったのも『ヴァスコ・ダ・ガマ・ショッピングセンター』だったし、
ジェロニモス修道院で、発見のモニュメントで、ベレンの塔で、
色んな場所で称えられていたので、
「インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマは、エンリケ航海王子より、
マゼランより、フランシスコ・ザビエルより、カモンイスより、も、
自慢の人なんだなぁ〜」というのが、リスボン周辺を歩いて思ったこと。

ポルトガル293ヴァスコダガマタワー ヴァスコ・ダ・ガマ・タワー

教科書ではどーでも良い人だったけど、実際にその名前に触れてみると
何となく愛着が湧いてくるものですね。

ポルトガル294シェラトンラウンジ

帰りのタクシーを拾うのに苦労したけど、クラブラウンジのカクテルタイムに
間に合いました。ポルトガル最後の夜に乾杯♪

                              つづく
                              VOL.47


☆ ヴァスコ・ダ・ガマの棺 →  ポルトガル親子旅行Vol.24



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







                         
                                  
        
category - 2012年リスボン・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.45 ショッピングとカジノ・リスボア

2016/ 03/ 10
                 
いよいよリスボン滞在最終日。観光三昧だったので、今日はショッピング〜
ということで『ヴァスコ・ダ・ガマ・ショッピングセンター』へ向かいました。

ポルトガル281ショッピング

地下鉄オリエンテ駅に隣接しているというとても便利な場所にあり、
宿泊しているシェラトンホテルの北東約6km、
電車を1回乗り継ぐだけで辿り着けるのに……、タクシー横付け〜ヽ(´o`;

ポルトガル282万博公園

ここは1998年に開催された『リスボン万博』の跡地を再開発した地区です。
テージョ川を望む『リスボン万博公園』の周りには、商業施設や屋内競技場、
国際見本市会場、水族館などの近代的な建築物が並んでいて、
昨日まで訪ねてきたレトロな雰囲気が漂うポルトガルの街とは思えない景観。

ポルトガル283万博公園

遠くにロープウエイが見えて、お母様はさっそくアレに乗りたがっています。
But、その前にショッピング♪

ポルトガル284ショッピング

店舗数160軒以上(そんなにあったかな…?)というショッピングセンターは
地上3階、地下にスーパーマーケット『Continente』が入る4階建て。

ポルトガル285カジノリスボア

バッグやアクセサリー等を購入し、満足してロープウエイの方に歩いていると
何かの行列が……、

ポルトガル286カジノリスボア

ロカ岬観光の帰り道に通ったエストリルのカジノを調べた時に知った、
ポルトガル最大のカジノ『リスボア』です。
15時のオープンを待って並んで居るということ。
主な出資者は香港・マカオの実業家スタンレー・ホーさん。
マカオでも同名のカジノホテルを経営している大富豪ですよ〜。

そして、せっかくだからと行列に並び、中に入ってみることになりました。
ラスベガスやマカオに比べると小規模で、モナコやオランダなどヨーロッパ
にあるカジノに比べると気軽なカンジ。
入場料無料だけど、パスポートがないと入場できないので、要注意!
ヨーロッパのカジノではIDが必須です。

余談ですが……、
50ユーロ使って50ユーロに戻ったところで終わりにして換金する途中、
母と妹がトイレに行ってる間に3倍にしておきました(*´∀`*)

                              つづく
                              VOL.46



☆エストリルのカジノ  → ポルトガル親子旅行Vol.35





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ