FC2ブログ

2017年07月20日

        
category - 2016年8月マカオ

マカオ親子旅行Vol.24 マカオの魅力③世界遺産30ヶ所を1日で制覇できる♪

2017/ 07/ 20
                 
マカオ6176劇場

リラウ広場から500m程の場所へタクシーで2kmかけて移動しました。
セナド広場まで300m足らず。何とか歩いていけるでしょう。
なんと、ここからほんの100mの道なりに5つの世界遺産があるのです。

マカオ6175劇場

『ドン・ペドロ5世劇場』
1860〜1873年にかけて、マカオ在住のポルトガル系住民の共同出資によって
建てられたというアジア初の西洋式の劇場。当時のポルトガル国王ペドロ5世に
敬意を表して名付けられました。上流階級の男性の社交場としてスタートし、
その後劇場になったということで、現在はオーケストラのコンサートや
マカオ芸術祭の会場に利用されています。

マカオ6177聖オーガスティン教会

『聖オーガスティン教会』
1586年、フィリピンから来たスペインの聖オーガスティン修道会によって
木造の修道院が建てられ、その後ポルトガル人イエズス会に継承。
1591年にこの場所に移転し、現在の建物は1874年に再建されたものです。

マカオ6178聖オーガスティン教会

ムムム…、2016年5月に天井一部が崩落する事故が起きたため修復作業中。
教会の横の『聖オーガスティン広場』は石畳とパステル調の建物が調和して、
素敵な雰囲気♪…のはずが、仮囲いされていて素通りしていました(・・;)

マカオ6179聖ヨセフ修道院

『聖ヨゼフ修道院及び聖堂』
イエズス会宣教師を育成するため1728年に修道院が建てられ、1758年に
バロック様式のヨゼフ聖堂が併設されました。聖堂にはフランシスコザビエルの
右上腕部の遺骨が安置されているということ。
修道院は公開されてなく、聖堂の入口はぐるりと回らなければならないので
中に入れなかったのが、残念。

マカオ6180図書館

マカオ6181図書館

『ロバート・ホー・トン図書館』
香港の大富豪であるロバート・ホー・トンの別荘として使われたもので、
遺言により所蔵していた書物とともにマカオ政府に寄贈され、1958年に
公共の図書館として開館しました。

私はウロチョロしながら写真を撮っていたけれど、母と妹は歩きながらチラッと
見ただけでベンチに腰掛けてしまいました。すでに観光モードは終わりですね。
ホテルへ帰りましょう。200mほど下っていくと民政總署の横の道に出ます。
目の前は世界遺産めぐりの中心地・セナド広場。媽閣廟までは2km足らずなので、
普通の人なら余裕で歩けるはず。

マカオ6173世界遺産マップ

頑張れば1日で巡れる30ヶ所の世界遺産。今日は南側をズルして歩きました。
ショボいものが多いけど時々素敵な風景に出会えるので、カジノだけではない
マカオも楽しみましょう♪

                              つづく
                              VOL.25


☆セナド広場 → マカオ親子旅行Vol.12
☆媽 閣 廟 → マカオ親子旅行Vol.22
マカオ世界遺産 30ヶ所完全制覇1日観光プラン(昼食付き)(HIS)
【マカオ発 マカオ観光ツアー】マカオの世界遺産30ヶ所巡り☆マカオタワー360度レストランのランチ付<午前発6時間/昼食付/日本語ガイド>(VELTRA)




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









スポンサーサイト