FC2ブログ

2018年02月

        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.2 『コスタネオロマンチカ』乗船

2018/ 02/ 28
                 
南国クルーズ03晴海客船ターミナル

乗船場所は晴海客船ターミナル。
お恥ずかしながら、人気デートスポットだという晴海埠頭に来たのは初めてです。
ユーミンの代表曲『埠頭を渡る風』の舞台だと密かに憧れていたけど…。
6階の展望台からは東京港を360度見渡すことが出来て、レインボーブリッジや東京タワーを望む夜景がステキらしいです。ふーん。

南国クルーズ04晴海客船ターミナル

南国クルーズ05晴海客船ターミナル晴海客船ターミナル

隣接地が2020年東京オリンピック・パラリンピック開催時の選手村になるので、この晴海客船ターミナルも解体され、晴海埠頭公園の一部になるということ。公園はすでに閉鎖されていて、周辺は工事中のためクレーンやミキサー車がたくさん並んでいます。
ここは電車の便が悪いので、路面電車(LRT)の敷設又はゆりかもめが延伸されるという話もあるみたいだけど、まだ決まってない様子。ん〜、オリンピックまでに間に合うのでしょうか。

クルーズ07晴海客船ターミナル

南国クルーズ06晴海客船ターミナル

あ、クルーズの話に戻しましょう(^◇^;)
入口でスーツケースを預けている時に気付いたのは、外国人の多さ。日本発のクルーズ船だから日本人だらけなのでは?と思っていたので、びっくりしました。
そうか…、香港着で日本人が集まらなかったから安くなったのか…、と勝手に解釈したけど、事実は知りません。後で船のスタッフに聞いたら乗客1800人の内日本人は200人だということ。ザックリ。

南国クルーズ08コスタネオロマンチカ11階プール

乗船手続きは簡単に終わり、すぐに船内に入れました。
コスタネオロマンチカは、約57,000トンの中型サイズ。ヨーロッパで乗っているクルーズ船より小柄なので、5フロア吹き抜け〜みたいなゴージャスなフロントはありません。プールエリアも小さめで質素。良くいえばこぢんまりとして覚えやすいレイアウトなので、移動がラク。大きな船だと存在を知らない施設があったりするので、この位が迷わなくていいサイズなのかも知れませんね。

いつもはすぐに客室に入れないので食事をしたり船内探検をするのですが、さっそく客室に入れる様子。それならお部屋に行きましょう♪

南国クルーズ09コスタネオロマンチカ客室

バルコニー付き客室はクラシック、プレミアム、デラックスと3種類に分かれていて、真ん中のプレミアムを予約。なのにデラックスキャビンにアップグレードしていただけました。プレミアムキャビンは2部屋隣からなので違いがよくわからないけど、嬉し〜ヽ(´▽`)/

                                     つづく
                                     VOL.3




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.1 ついに体験♪初めての国内クルーズ

2018/ 02/ 22
                 
南国クルーズ01コスタネオロマンチカ

久々に行ってきたばかりの旅行記を書こうとしています。
ブログを始めた頃は計画中からタイムリーな発信をしていたのに、時の流れに身をまかせ…、遠く過ぎ去ったお話しばかりになっていたので、反省。
今年からは新鮮な情報もお知らせしようと心に決めました。

さて、「冬は寒いから働く時じゃない」と言ったのは、3年前の主人。
ガレージを横浜から笹子(山梨県)に移した後、山梨のあまりの寒さにへこたれて、真冬は仕事をしないで旅行へ行くことに決まったのです。

南国クルーズ02コスタネオロマンチカ

ということで今年の冬旅行は、晴海埠頭発『沖縄・台湾あったか島めぐりクルーズ』。
「なんでソレを選んだの?」と聞かれる事が多く、「安かったから」と答えていたけど、
どの位安かったのかというと、 普通の3分の1というお値段!!
1年前から正規料金で予約していた方々には申し訳なく、大きな声では言えないのですが…、
『内側席46,800円〜』などというメールを受けとってしまったので、検討を始めたのが始まりです。喫煙者の私達はバルコニー席じゃないとダメなので料金を見ると…77,800円!?と、港湾税を入れても10万円程度。10泊11日のクルーズだから1泊1万円ほどで、快適な客室と全食事付きって、安すぎでしょ?一番安いお部屋なら夫婦+子供2人=14万円で体験できるのだから、東京から大阪のユニバーサルスタジオへ行って2泊するのと同じ位のお値段です。

ヨーロッパ発着のクルーズ船ならもっと安いこともあるけれど、日本発着でのクルーズ料金は値引額が小さくて、直前でも半額になれば飛びついた方がよい程なのです。
で、日程をよく見ると到着地が香港。
で、で、よくよく調べると香港到着日が中国の春節に近いため、直行便で帰れるANA、JALは満席です。なるほど…、日本人観光客が喜ばないクルーズなのですね。

めげずに帰り便の検索をしたところ、上海経由ならかなり空いている様子。
ならばと、主人と母のデルタマイレージを私の口座に集めたら、二人でビジネスクラスの予約が可能になりましたヽ(´▽`)/ビジネスクラスなら経由便でも我慢できるし…。そして到着地の香港からそのまま帰りたくないので2泊することにして、12泊13日の旅行が決まった次第でございます。

『クルーズ=セレブ』という思い込みは日本人だけ。子供料金が無料になるので、ヨーロッパやアメリカでは普通の家族旅行で使っている旅スタイルのひとつなのです。
さぁ、船に乗りましょうヽ(´▽`)/

                                     つづく
                                     VOL2.


☆もくじはコチラ → 2018年南国クルーズ夫婦旅


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

2015年ハワイ親子旅行 もくじ

2018/ 02/ 15
                 
7泊9日のハワイ旅行記。
ヨーロッパ卒業宣言した87歳の母が選んだ旅先は、懐かしのハワイ。
ホテルをハシゴして、オアフ島をのんび〜り楽しみました。

VOL.01 何度行っても楽しめる楽園・HAWAIIへ
VOL.02 足元広々♪『JAL SKY WIDER』
VOL.03 約束のシェラトン・ワイキキ・ホテル
VOL.04 『シェラトン・ワイキキ・ホテル』客室
VOL.05 『レアヒ・クラブ・ラウンジ』inシェラトン・ワイキキ
VOL.06 ハワイアンジュエリーを探して…
VOL.07 『ブルームーン』というビールに出逢う
VOL.08 『アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル』
VOL.09 『アクア・オアシス・ア・ジョイ・ホテル』スイートルーム
VOL.10 禁断のパンケーキとオプショナルツアー
VOL.11 ノースショア&ハワイB級グルメ満喫ツアー
VOL.12 マハロ〜♪ハワイ


ハワイ094ロイヤルハワイアン



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2015年9月ハワイ

ハワイ親子旅行Vol.12 マハロ〜♪ハワイ

2018/ 02/ 11
                 
ハワイ087ヒルトンヒルトン

小さな出来事は他にも色々ありました。

ハワイ086ヒルトン花火

花火を見るためにヒルトン・ハワイアン・ビレッジへ行ったけど、天気が悪いので中止と聞いて渋々ホテルへ戻ったら、バルコニーの向こうで花火が……とか。

ハワイ088 レストラン

夕食に目指したお店が休みでウロウロしていたら音楽が聞こえてきて、引きずられるように入って行って、

ハワイ089 レストラン

素敵なバンマスに心を奪われたりとか。

ハワイ090シェイブアイス

ハワイ091シェイブアイス

母がガイドブックに載っている小豆のかき氷を食べたいと言うので、わざわざタクシーに乗ってワイオラ・シェイブアイス店まで行ったりとか。

ハワイ092アクアオアシス戦利品

ホテルの部屋のエアコンから水滴が垂れてくるので修理してもらい、お詫びにシャンパンとチョコレートを戴いたりとか。

そして帰国日。
ホテルのフロントでチェックアウトして、空港までのタクシーをお願いしたら……

ハワイ093リムジン

リムジンが来ちゃいました(・・;)え?高いんじゃない??
ビビりながら「料金は???」と聞いたら、小型車が用意できなかったのでリムジンで来ただけなので、タクシーと同料金だということ。

ハワイ094ジムニー1991年の愛車ジムニー

その昔私がジムニーという車に乗っていた時、母がお友達に「ウチの娘、リムジンに乗ってるのよ〜」と電話で話していて慌てたコトを思い出し、
「これがリムジンだからね」と、教えておきました。
ジムニーとリムジン、似ているような、似ていないような……。

これで2015年のハワイ親子旅行記は終わります。この時母は87歳。ハワイアンジュエリーを手に入れ、4回も訪ね、長期滞在も体験しているのでハワイに思い残すことはないみたいです。

いつもそばに居る人が突然居なくなってしまう寂しさは想像に難くないけど、そんなコトを考えるより大切な人と悔いのない日々を過ごすコトの方が大事。

お母さん、今年はどこへ行こうか?

                                  おしまい




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ