FC2ブログ

2018年03月

        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.8 メインレストラン『ボッティチェッリ』

2018/ 03/ 28
                 
南国クルーズ057コスタレストラン

最初の夕食は8階船尾にあるメインレストラン『ボッティチェッリ』で。
内装はイタリアの画家・ボッティチェッリの名画『プリマヴェーラ(春)』からインスピレーションを受けてデザインされたということです。

南国クルーズ067ボッティチェッリ『プリマヴェーラ』のフローラ

壁にボッティチェッリの絵画(もちろん複製)が飾られていて優雅な雰囲気。
有名絵画の一部分が描かれているので元の絵が何なのかわかりにくいけど、クイズみたいで面白いとも言えるかな。

コスタクルーズ ボッティチェッリ絵画『聖母子と洗礼者ヨハネ』の聖母子

ビュッフェレストラン『ジャルディーノ』は自由席なので開店時間中に行けば、いつでも食事ができますが、『ボッティチェッリ』はフルコース料理なので時間制です。
18時からと20時半からの二部制になっていて、30分過ぎると入れてもらえずビュッフェへ行くことになるので、気をつけましょう。朝食はビュッフェ形式で卵料理やパンケーキ、日本食もオーダーでき、昼食はコース料理を楽しめます。

南国クルーズ058コスタレストラン

私達が予約したお部屋は、このメインレストランの時間指定ができるものだったので、後半を指定しておいたのだけど前半になっていました。「6時に夕飯なんて早すぎるよねー」とモンクを言いながらレストランへ。入口のスタッフにお願いすれば、時間帯の変更をしてもらえるので安心して下さい。

南国クルーズ059コスタレストラン

おや?
入口にメニューのサンプルが置かれ、メモ用紙と鉛筆が用意されています。今まで乗ってきたクルーズ船で見たことのないアイデア。言葉の壁を乗り越えるための工夫ですね。これがあればスタッフもラクでしょう。

南国クルーズ060コスタレストランメニュー

今夜のメニュー(一部)はこちら。この中から食べたいお料理を好きなだけ選んでオーダーします。普通のコース料理とは違って、前菜(Antipasti)2つとか、デザート(Dolce)2つなどの選択もOK♪ケーキ、アイスクリーム、フルーツと、デザートを全部注文する派手な人もいます(^◇^;)私達の夕食は地味ですが…

南国クルーズ061コスタレストラン
ズッキーニとクリームチーズ

南国クルーズ062コスタレストラン
鱈のフリッターアイオリソース

南国クルーズ063コスタレストラン
グリルドチキンレッグ ポテトと野菜のバターソテー添え

南国クルーズ064コスタレストラン
豚カツ ポテトサラダ添え + 卵と野菜のチャーハン

南国クルーズ065コスタレストラン
セミフローズンオレオクリームムース

南国クルーズ066コスタレストラン
サクリパンティーナケーキ バニラとチョコのソース

コース料理なのでこれだけ食べ終わるのに1時間以上かかり、ビール一杯では足りません(^◇^;)クルーズ船初体験の頃は、毎日コース料理が食べられるだけで嬉しかったけど、慣れてくるとビュッフェの方が自由で手軽なので、ボッティチェッリレストランでの夕食は3回だけになりました。お味は?時々美味しいモノに当たります。不味くはないけど、あまり期待しない方がいいです。

                                     つづく
                                     VOL.9




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.7 『コスタネオロマンチカ』施設2

2018/ 03/ 24
                 
南国クルーズ047コスタチョコレートバー

施設の中で一番利用したのが、9階の『コーヒー&チョコレートバー』。
ヨーロッパの街角にあるカフェのようで、時々生演奏を聴くことができます。

南国クルーズ048コスタチョコレートバー

チョコレートはもちろんケーキやアイスクリームも販売されていて休憩するのにちょうど良いし、向かいに『シガーラウンジ』があって便利。

南国クルーズ049コスタシガーラウンジ立派な喫煙室

重厚感あふれるラウンジにはゆったりとした椅子が備えられ、古い書籍が並んでいます。
バルコニーでタバコは吸えるけれど、やはり冬は寒い。屋内でビールやコーヒーを飲みながら一服できる場所は、とてもありがたい施設なのです。

南国クルーズ050コスタステーキハウス

南国クルーズ051コスタステーキハウス

コーヒー&チョコレートバーの船尾側お隣は、ステーキハウス『ラ・フィオレンティーナ』。ステーキやシーフード料理をメインにしたコース料理が、なんと33.5ドル(ワンドリンク、サービスチャージ込)という安さで味わえます。

南国クルーズ052コスタ免税店

南国クルーズ053コスタ免税店

その向かいはショッピングエリア。バックや腕時計、化粧品、アクセサリー、衣類などの免税店で、日ごとにセール品が出ています。

さらにその先には『キャバレービエンナ』、『タンゴディスコラウンジ』、イタリア料理レストラン『マンマトラットリア』がありますが、未踏地のため写真がありません(^◇^;)

南国クルーズ054コスタサムサラスパ

そして9階船首側は有料の『サムサラスパ』と『ビーナスビューティ』というネイルサロン&美容室。ここはプール、サウナ、エステと何度も利用したので、改めてご紹介しますね。

南国クルーズ055コスタインターネット

他の施設としては、11階の『インターネットルーム』という名のインターネットスペースと、

南国クルーズ056コスタ図書室

廊下にある『図書室』という名の小さな貸本陳列所。エレベーターホールからプールへ行く廊下に置かれたキャビネットに若干の本が並んでいます。これを図書室と呼ぶには無理があるのでは?シガーバーには立派な蔵書があったのにね。

                                     つづく
                                     VOL.8


☆サムサラスパ → 南国クルーズ夫婦旅Vol.13
☆もくじはコチラ → 南国クルーズ夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.6 『コスタネオロマンチカ』施設1

2018/ 03/ 21
                 
南国クルーズ038コスタプール

コスタネオロマンチカの客室数は789室。スタッフ数は622人で、最大1800人までの乗客を収容可能ということです。施設といえば、6件のレストラン(有料3件)、6件のバー&ラウンジ、屋外プール、ジム、免税店、カジノ、スパ、教会、ジョギングトラック、キッズルームなどが揃い、大型ホテル並みに充実。10泊したというのに行ってない施設もあるほどで、幾日か洋上で過ごしても不便がないのです。

南国クルーズ039コスタプール

屋外プールは2ヶ所にあり、こちらは11階前方にある『サントロペプール』。寒いので誰も泳いでいません。デッキチェアで日なたぼっこしている人が数人居るだけで、ソファーコーナーもあってのんびり寛げそうなのに、誰も居ないし…。

南国クルーズ040コスタプールバー

もちろん、プールサイドにはバー『リドバーサントロペ』もありますが、ガラーンとしています。地中海クルーズなら船に乗ったらすぐにデッキへ行ってビールで乾杯♪してるところだけど、出港時は1月終わりの日本で一番寒い時期。ビール好きの私でもここでビールを飲む気にはなりません。
もうひとつのプールは11階船尾側にある『モンテカルロプール』という18歳以上の大人専用のもの。屋外ジャグジー付きのラウンジ(1日15ドル)と『リドバーモンテカルロ』があり、季候が良ければとても寛げる場所になるのでしょう。

南国クルーズ041喫煙エリア

プールは屋外にあるため真冬は閑散としていて、人の姿を見かけるのは端にある喫煙エリアだけ。暖かい時期にはプールサイドでのイベントが多くて賑わうけれど…、クルーズ船での陽気な雰囲気を期待している方には冬の乗船はおすすめできません。

南国クルーズ042コスタバー

ということで、屋内のバーは人々で溢れています。
8階のグランドバー『ピアッツァイタリア』は、ショーやイベントの会場になる中心的なバーで、船尾にあるメインレストラン『ボッティチェッリ』に隣接しているため、食後に立ち寄る人も多いです。

南国クルーズ043コスタカジノ

さらに船の前方へ行くと、テーブルゲーム4台とスロットマシン47台という小規模なカジノ。

南国クルーズ044ワインバー

南国クルーズ045コスタワインバー

隣にはワインバー『エノテカ・ヴェローナ』があります。静かな室内の壁面にずらーっとワインが並び、日本酒や焼酎も用意されていて、ゆっくりとお酒を楽しめます。数種類のワインとチーズを味わうワインテイスティングのイベントもあり、おもしろそう。

南国クルーズ046コスタ教会

その先にはチャペルがあるので「食べて、飲んで、遊んで、最後はお祈りして寝ましょう」ということでしょうか(^◇^;)
                                     つづく
                                     VOL.7



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.5 クルーズ1日目〜晴海埠頭出港

2018/ 03/ 16
                 
南国クルーズ028コスタ見送り晴海埠頭

15時、華やかなブラスバンドに見送られながらコスタネオロマンチカは晴海埠頭を離れました。

南国クルーズ029コスタ見送り晴海埠頭

2年後には東京オリンピックの選手村になるので、多分最初で最後の晴海客船ターミナル。
かなり盛大な見送りで、写真や動画を撮っている人が多かったのが印象的でした。

南国クルーズ030小笠原見送り1989年の小笠原

見送りといえば、何といってもおがさわら丸。
父島出港時には、島で暮らす人々が続々と港に集まってきます。そしておが丸が二見港から離れていくとダイビングショップのクルーザーや観光船、漁船が並走。笑顔で手を振り、最後には海に飛び込むという、熱烈な見送りをしてくれるのです。気さくで心温かい人達との楽しかった時間を思い出したり、すぐにでも船に乗りたいけど簡単に行けない場所だけに二度と訪ねることはないかも…と切ない気持ちになったり、と、その光景を眺めていると胸が一杯になり、涙が流れてしまうという…。
18歳の時に初めて経験したこの出港シーン、とても感動的でした。

南国クルーズ031コスタネオロマンチカ模型

話がズレてしまいましたね〜(^◇^;)
今回の航路は、東京→大阪→高知→鹿児島→→沖縄→石垣島→花蓮(台湾)→基隆(台湾)→→香港という10泊11日のクルーズになります。大坂と沖縄以外は初めての訪問地で、3年連続で乗っている西地中海クルーズの寄港地よりも初上陸が多くてワクワク♪
日本発のクルーズは初めてだし、大阪と香港では中学校の同級生と会う約束もしているので、お楽しみが多い旅なのです。
最初の寄港地・大阪入港予定が16時。丸一日船の中なので、船内をご紹介しましょう。

南国クルーズ032コスタネオロマンチカビュッフェ

南国クルーズ033コスタネオロマンチカビュッフェ

まずはビュッフェレストラン『ジャルディーノ』。
温野菜とサラダ、肉料理、魚料理、パスタ、チーズ、フルーツ、デザートなどなど、多彩な品揃えで、好きな物を好きなだけ食べられます。

南国クルーズ034コスタネオロマンチカビュッフェ

南国クルーズ035コスタネオロマンチカビュッフェ

イタリア船籍なのでイタリアンが多めだけど、洋食や中華もあり、お味噌汁までラインナップ。味は普通で、絶賛するような物はないけれど、不味い物もありません。

南国クルーズ036コスタネオロマンチカキッズクラブ

隣には『スクウォッククラブ』という託児施設があり、子供を預かってもらえます。夫婦でゆっくり過ごす時間ができて、子供は異国の子供達とふれあう貴重な体験ができる上、なんと無料!13歳以下の子供はクルーズ料金も無料なので、子連れ旅行に最高の環境です。

南国クルーズ037コスタネオロマンチカ夕景

食後にお昼寝をしていたら、すっかり夕暮れ。富士山が見えました。

                                     つづく
                                     VOL.6



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.4 コスタクルーズの秘密

2018/ 03/ 10
                 
南国クルーズ018コスタネオロマンチカバルコニー

左舷のバルコニーからはお台場を望み、フジテレビの社屋が見えます。
まぁ、フジテレビしかわからないのだけど(・・;)

南国クルーズ019コスタネオロマンチカ客室

ベッドの上にはスパや寄港地でのオプショナルツアー案内、船内新聞TODAY、コスタカードが並んでいます。

南国クルーズ020コスタカード

コスタクラブ会員だと、このようにコスタカードにランクが表示されます。コスタカードというのは、乗船手続きの時に撮られた写真が記録されていて、一人一人がいつも持ち歩くもの。客室の鍵であり、クルーズ中の精算用カードであり、身分証明書。飲み物を注文したり、カジノで遊んだり、スパを利用したり、免税店でお買い物をしたりと、船内でお財布代わりになり、寄港地での下船時と再乗船時には本人確認をするのです。

南国クルーズ021コスタカード

南国クルーズ022コスタカード

このクラブは年会費・入会金など一切不要なのに有効期限ナシの一生モノ。*訂正あり
コスタクルーズを利用する度にポイントがたまってランクがあがり、様々なサービスが受けられるので、コスタに乗ったら会員登録をしておきましょうね。

南国クルーズ023コスタクラブ特典

私は4回目でパールメンバーなので、フルーツ盛り合わせとスパークリングワインとお水1本をいただきました〜。

南国クルーズ024コスタ灰皿灰皿

そしてコスタの良いところは、バルコニーでタバコが吸えること。
クルーズ船での喫煙可能な場所は、デッキの一部(隅の方)と一ヶ所のシガーラウンジ(屋内喫煙所)というのが殆どで、バルコニーキャビンでも喫煙禁止のクルーズ船が多いのです。一昔前はこんなに厳しくなかったのだけど…。ホテル同様どんどん肩身が狭くなってきている喫煙者に対して優しいコスタクルーズ♥コレ、おすすめポイントです♪

南国クルーズ025コスタ避難訓練

お部屋で寛いでいると、スピーカーから警告音!避難訓練が始まりました。クローゼットに備えられたライフジャケットを着て、集合場所へ。ライフジャケットとコスタカードに記されているので、私は『C』に向かいます。

南国クルーズ026コスタ避難訓練

持つのはコスタカードのみ。もちろんカメラやバックを持ったらダメです。持ってるし…(・・;)

南国クルーズ027コスタ避難訓練

エレベーターを使えないので、階段で9階へ。皆さんのんびり集まってきています。

                                     つづく
                                     VOL.5


*訂正追記 2018.07.22(次回予約で発覚しました)
私の経験上の情報が古く、2016年7月からコスタクラブの規約が変更されていました。乗船後3年でポイントが失効するということで、生涯ポイントは廃止されてしまったようです。間違った情報を流してしまってゴメンなさい(o_ _)oだったら何故今回パールだったのか?という疑問は残りますが…。次回はコーラルに格下げされるらしいです(`⌒´)
*次回のコスタネオロマンチカ予約 → 太平洋周遊クルーズに決定♪



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










                         
                                  
        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.3 『コスタネオロマンチカ』バルコニーデラックス

2018/ 03/ 04
                 
南国クルーズ010コスタネオロマンチカ客室バルコニーからの客室

それでは『コスタネオロマンチカ』バルコニーデラックスキャビンをご紹介しま〜す。

南国クルーズ011コスタネオロマンチカ客室

ドアを開けると右手にバスルームがあり、洗面台とトイレとシャワールームが小さくまとまっています。

南国クルーズ012コスタネオロマンチカ客室

アメニティは小さな石鹸とシャワールームに固定されたリンスインシャンプー兼ボディソープの液体洗剤のみなので、シャンプー類や歯ブラシ、ひげそりなど、日常で必要な物は持参しましょう。まぁ忘れても寄港地で購入できるので困ることはないけどね〜。というのは今回、お化粧道具という女性として最重要アイテムを忘れてしまったのです。最初の寄港地・大坂で揃えたのだけど、スーツケースを開けたときのショックは忘れられません。開き直って高級ブランド品で揃えてしまおうかと船内の免税店へ行ったものの、香水や化粧水しか置いてなくて退散しました。

南国クルーズ013コスタネオロマンチカ客室

さて、客室に入って最初の行動は、スーツケースの荷物をタンスに収納すること。
あまり必要のないモノをスーツケースに残し、クローゼットにしまいます。

南国クルーズ014コスタネオロマンチカ客室

クルーズ船の客室は収納スペースが多く機能的に作られていて荷物がキッチリ収まるので、ホテルのようにスーツケースを広げっぱなしにしておくのは邪道。片付けてしまえばお部屋を広々と使えるので、タンスに収納しましょう。
バルコニーキャビンは22.1㎡(16.6㎡-バルコニー5,5㎡)ということで、数字だけ聞くと狭そうだけど結構広く感じます。

南国クルーズ015コスタネオロマンチカ客室

そしてこの船の素晴らしい所はお部屋にポットがあるということ。クルーズ船で湯沸かしポットが設備されているのは初めてじゃない?昨年10月にマラガ(スペイン)から乗ったコスタメディタラニアにも、当たり前のように置いてなくて「ホットウォーターぷりーず」と、一日に何度もルームサービスに電話してはぬるいお湯を届けてもらっていたので、自由にお湯が沸かせるのはとても嬉しいことです。



洗面所のお水は飲料水として使えないので、船内で販売されている1本3ドルのミネラルウォーターを使うことになりますが、生きるために必要なので惜しまず支払いましょう。最初はその高額さに抵抗があるけれど、しばらくすると慣れます。また、客室には紅茶、カモミールティーなど弱冠のティーバッグも用意されていますが、自由にお湯が沸かせるので好みのお茶を持ち込みましょう。私はいつもブルックスコーヒーを持参しています。

南国クルーズ016コスタネオロマンチカバスローブくしゃくしゃだけど…バスローブ

あと、一番驚いたのはバスローブとスリッパが用意されていること。すべての客室にあるのかは不明だけど、バスローブはスイートルーム以外に置いてないと思ってたし、

南国クルーズ017コスタネオロマンチカ客室

何度かクルーズ船に乗っているけど、スリッパが用意されているのは初めてです。

その他、ドライヤー、金庫、ミニバーは標準設備のよう。備品は客室によって違うだろうし変更される事もあると思うので、あくまでも今回の設備だと思って下さいね。

                                     つづく
                                     VOL.4



☆もくじはコチラ → 2018年南国クルーズ夫婦旅
☆スイートルーム → 太平洋周遊クルーズ親子旅行


   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ