FC2ブログ

2018年09月

        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.13 厳しいけど平和な国でコーランを知る

2018/ 09/ 20
                 
KLブルネイ127ブルネイ花

ホテルの近くで面白いお花を見つけました。
花と葉がネムノキやモンキーポッドに似ているこの花の名前を知りたいと、1時間以上調べてみたけど何だかわからず、お手上げ。こんなことをしているから写真の整理が進まずブログの更新が遅れてしまうのだけど、私はそれが楽しいのです。

KLブルネイ128ブルネイ街並み

さて、1泊でも充分観光できるブルネイに5泊6日も滞在した後は、クアラルンプール(マレーシア)へ。チェックアウトしてタクシーで空港へ向かおうとしたら、前日に手配しておいたのに予約が入ってないと…。ノートに記したのを見ていたのに、なぜ?ガタガタ言っても仕方ないので、もう一度手配してもらいました。
市内に46台しかないという事前情報だったのですぐに来ないだろうとは思ったけど、ボーターに尋ねたら30台だという返事。30分以上待って出発しました。

KLブルネイ129ブルネイ空港

タクシー料金は30BND(約2,400円)、15分くらいだったかな?近いです。バンダル・スリ・ブガワン空港は、早朝でもないのにガラーンとしていて、本当に飛行機が飛ぶのだろうか?と不安になる程。

KLブルネイ130ブルネイ空港

KLブルネイ131ブルネイ空港

出国審査後の制限区域にも誰も居ません。

KLブルネイ132ブルネイ空港

KLブルネイ133ブルネイ空港

免税店はショボいし、土産物屋は何軒かあるけど、ありきたりのものばかり。ブルネイらしいものといったらテングザルなのか、どこにでもぬいぐるみがあり、ついつい買いそうになりましたが…。

KLブルネイ134空港ラウンジ

KLブルネイ135空港ラウンジ

それでも、こんなに利用者が少ない空港でも、プライオリティカードを使えるラウンジがありますよ〜ヽ(´▽`)/

KLブルネイ136空港ラウンジ

KLブルネイ137空港ラウンジ

ここも貸切状態で、いったい人々はどこに居るのか不思議。まさか乗客は私たちだけなんて事はないと思うけど。そしてムスリム達は搭乗時間になったら姿を現しました。どこに潜んでいたのか……もしかしてお祈り??

KLブルネイ138マレーシア航空機内食

2時間20分のフライトなのに食事が出ます。マレーシア航空の機内食、見た目は悪いけどなかなか美味しかった。

KLブルネイ139オブジェ

イスラム教国というと「なんだか怖い」と思う人が多いみたいだけど、それは誤解です。治安が良くて平和だし、緑が溢れていて気持ち良いし、国民は優しくて、暮らしやすそう。コーランによると、天国には人を酔わせて狂わせることがない特別なお酒が流れる川があるということなので、天国に行くことさえできれば毎日飲み放題♪だからこの世に生きている間は、天国へ行けるように教えを守り、お酒を飲まないで1日5回お祈りをしているのです。そんな敬虔なムスリムが暮らすブルネイ・ダルサラームは、異文化体験をできる貴重な国。是非一度訪ねてみて下さい。

                                     つづく
                                     VOL.14



☆プレミアムラウンジとは? → マレーシアいろいろVol.19
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.12 ブルネイのランドマーク『オールドモスク』

2018/ 09/ 08
                 
KLブルネイ115オールドモスク

ブルネイのランドマークといえば『オールドモスク』。

KLブルネイ116オールドモスク

ロイヤル・レガリア博物館から歩いて10分ちょっと、宿泊先のラディソンホテルから徒歩15分程の場所に堂々と立っています。ホテルからもその丸い頭が見えていたので歩いて行けそうだと思っていたけど、こんな近くにあるとは…。

KLブルネイ117オールドモスク

正式名称は『スルタン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク』。前国王(ハッサナル・ボルキア国王のお父様)の名前を冠したモスクで、イタリア人の建築家によって1958年に完成しました。ニューモスクを観光した時、ラマダン中のモスクはイスラム教徒以外立ち入り禁止だと知ったので、ここでは最初からあきらめモード。イタリアの大理石、ベルギーのカーペット、イギリスのステンドグラスとシャンデリア等々、世界中の一流品で揃えたという内装を見ることが出来なくて残念です。

KLブルネイ118オールドモスク

KLブルネイ119オールドモスク

モスクを囲むように造られたラグーンは優雅さを演出。16世紀の王家御座船のレプリカが浮かんでいます。

KLブルネイ120オールドモスク

ニューモスクの壁はアラビア模様が装飾されていたけど、こちらは真っ白。ライトアップされた姿はとても幻想的らしいです。(夜は出歩かなかったので写真なし)

KLブルネイ121オールドモスク

KLブルネイ122オールドモスク

そして、東隣の広大な敷地は式典などが行われるセレモニー広場。手入れの行き届いた芝生とオブジェが飾られただけの贅沢な空間になっています。

KLブルネイ123ブルネイ市場

バンダルスリブガワンは首都といっても小さな街。ダウンタウン観光は半日もあれば充分です。オールドモスクから500m南には水上集落行きのボート乗り場、その間にショッピングセンター『ヤヤサンSHHBコンプレックス』があり、東側の川沿いの道を北に行けばオープンマーケット(青空市場)。

KLブルネイ124ブルネイ市場猿

市場の裏は森になっていて、屋根の上にはお猿さん♪

KLブルネイ125ブルネイ中国寺院

KLブルネイ126ブルネイ中国寺院

斜向かいには派手な色合いの中国寺院がありました。真っ白なモスクとは対照的な祈りの場で、宗教が変わるとこんなに違う建物になるのだと実感できて面白いです。

以上でブルネイの首都・バンダルスリブガワンの主要な観光地をほぼ制覇。モスクの中に入れなかったし、水上集落は遠くから眺めただけだけど、ニューモスクとエンパイアホテルの見学を含めても1〜2泊で充分でしょう。なのに5泊してのんびーり過ごしていましたが(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.13


☆ニューモスク  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.6
☆水上集落、他  → マレーシア+ブルネイ旅Vol.7
☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.11 ブルネイ王室の博物館『ロイヤル・レガリア』

2018/ 09/ 02
                 
KLブルネイ106ロイヤルレガリア

ラディソンホテルから見えるドーム型の白い屋根は『ロイヤル・レガリア』です。

KLブルネイ107ロイヤルレガリア

道路と大きな広場を隔てた所なので少し歩くけど、目の前と言えなくもない場所。

KLブルネイ108ロイヤルレガリア

KLブルネイ109ロイヤルレガリア

広場にはローカルフードの屋台が並んでいます。ラマダン中の時間割なのか?昼過ぎから支度を始めて、日没頃に終わってしまったのでナイトマーケットではないみたい。そこで食べてる人は居なくて(食べたら罰せられる時間)、夕食を買って帰るという様子でした。

KLブルネイ110ロイヤルレガリア

さて、ロイヤル・レガリアはブルネイ王室所蔵の宝物が展示されている博物館。
現国王(ハッサナル・ボルキア王)の即位25周年を記念して1992年に建てられました。

KLブルネイ111ロイヤルレガリア

年中無休で入場料無料。金曜日以外は9時から16時半まで開館しています。
ん?どーして金曜日??
ブルネイ国民の休日は金曜日と日曜日。そして金曜日の12時から14時は集団礼拝があるため、すべての営業を禁止されているそうです。銀行やショッピングセンターが閉まり、バスも止まって、お祈りをすることが法律で定められているということ。当然この博物館も11時半から14時半まで休み時間になるので、金曜日の観光には注意が必要です。(ラマダン時期は14時まで、金曜日は11時半まで。)

入口には下駄箱があって靴を脱いで裸足で館内を歩くことになります。が、ホテルで使用済みのようなスリッパが…。裸足で歩くか誰かが使ったスリッパを履くか、悩んだけどスリッパを使用しました。

写真や展示物でブルネイ王室の歴史を知ることができ、よくわかった事は王族はスポーツが好きだということ。宝物だけでなく世界各国からの貢ぎ物も展示されています。撮影禁止のため記憶に頼るしかないのだけど、国王即位時の行列を再現した部屋がちょっと面白かったということくらいしか覚えていません。あと冷房が寒かった…。

KLブルネイ112ロイヤルレガリア

KLブルネイ113ロイヤルレガリア

撮影可能な1階ホールには、国王即位の式典に使用された金ピカの御所車が飾られています。

KLブルネイ114ロイヤルレガリア盾もピカピカ☆

口コミ評価は高いけど、ヨーロッパの宮殿や博物館と比べると大したことないかな…。それでもブルネイは観光名所が少ないので、入場料無料で目の前の広場に大型バスが停められるため市内観光ツアーに組み込まれていて、ツアー客は必ず訪ねる場所みたいです。街中であまり見かけないお土産物屋さんもあり、ちょっと気の利いた品も並んでいるので時間があれば是非。必見とは言えないけど(・・;)

                                     つづく
                                     VOL.12


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ