FC2ブログ

2018年12月

        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.21 『ウェスティン・クアラルンプール』スイートルーム

2018/ 12/ 31
                 
KLブルネイ220ウェスティン客室

『ウェスティン・クアラルンプール』ウェスティンスイート75㎡です。

KLブルネイ221ウェスティン客室

KLブルネイ222ウェスティン客室

扉を開けるとちょっとした廊下があり、右手に鏡、左にはトイレ。

KLブルネイ223ウェスティン客室

広々としたリビングルームは窓が多くて明るいです。立派なライティングデスクとソファー、ダイニングテーブルと…、イスが沢山あって座る場所に迷うほど。

KLブルネイ224ウェスティン客室

大きなダイニングテーブルは大理石製。テーブルの上に飾られている胡蝶蘭は本物です。

KLブルネイ225ウェスティン客室

ミニバーは収納式になっていて、スッキリ。扉を開くと、マグカップ、ワイングラスなどがキッチリ並び、湯沸かしケトルとエスプレッソマシーンがあります。

KLブルネイ226ウェスティン客室

コーヒーはLAVAZZA(ラヴァッツァ)というイタリアの老舗ブランドのもの。そして紅茶は、最高級の茶葉のみを使用しているという英国ブランドJINGと、所詮ミニバーの無料飲物なのに、味へのこだわりを感じます。

KLブルネイ227ウェスティン客室

ベッドルームはミニバーの裏側、ちょっとした廊下を出た左側。

KLブルネイ228ウェスティン客室

リビングが広すぎるせいで狭く感じてしまったけど、なかなか落ち着けるサイズで、枕元にはリラックス効果があるラベンダーバームのアロマオイルが用意されています。

KLブルネイ229ウェスティン客室

収納力抜群のクローゼットにセーフティボックス、アイロン、アイロン台、体重計。

KLブルネイ230ウェスティン客室

KLブルネイ231ウェスティン客室

そしてベッドルームの奥には、クアラルンプールの街並みを眺めながら入浴できる贅沢なバスタブ付きのバスルームがあります。

KLブルネイ232ウェスティン客室

シャワールームも別にあり、トイレはドア付き。

KLブルネイ233ウェスティン客室

バスローブとタオル類は上質でフワフワ。シャンプー類はもちろん、歯ブラシ、カミソリ、綿棒等々、アメニティも充実しています。

このホテルは楕円形になっていて、端に位置するのがスイートルーム。細長いレイアウトで窓際が丸くなっているため120度の眺望を楽しめる、贅沢なお部屋です。

『シェラトン・インペリアル』を気に入っていたけど、こっちの方が良いかな〜。立地は良いし、親切な日本人スタッフが居るだけで安心感が違いますね。
     ☆『シェラトン・インペリアル』 → マレーシアいろいろVol.7

                                     つづく
                                     VOL.22


☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ウェスティン・クアラルンプール





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.20 初めてのKL滞在にオススメ♪『ウェスティン・クアラルンプール』

2018/ 12/ 18
                 
KLブルネイ210ウェスティンクアラルンプール

クアラルンプール滞在2軒目のホテルは『ウェスティン・クアラルンプール』。ヒルトン・ダブルツリーからのタクシー代は15RM(約400円)、10分程で到着しました。

KLブルネイ211ウェスティンクアラルンプールパビリオン入口

ここはクアラルンプール一番の繁華街・ブキッビンタンに建ち、モノレール駅から徒歩5分、目の前に巨大ショッピングセンター『パビリオン』がある、ロケーション抜群のホテル。

     ☆パビリオン → マレーシアいろいろVol.6

KLブルネイ212ウェスティンクアラルンプール

とは言え、ロビーはとてもシンプルで、5つ星ホテルにありがちな豪華なシャンデリアも見当たりません。フロントもこぢんまりとしていたような…。写真がなくて思い出せませんが(^◇^;)派手さはないけれど、温かみを感じるホテルです。

KLブルネイ213ウェスティンクアラルンプール

飲食店は多彩で、イタリア料理『PREGO』、広東料理『FiveSen5es』、多国籍料理『TheLivingRoom』と、レストランは3軒。他にプールサイドにあるカジュアル料理&バー『SPLASH』とラウンジバーがあります。

     ☆『PREGO』 → マレーシア+ブルネイ旅Vol.23
     ☆『TheLivingRoom』 → マレーシア+ブルネイ旅Vol.22

KLブルネイ214ウェスティンクアラルンプール

ルームサービスも充実していて、24時間対応。

KLブルネイ215ウェスティンクアラルンプール

4階のフィットネスエリアには、ジムやサウナ、プール、レストラン&バー、卓球台、喫煙所があります。

KLブルネイ216ウェスティンクアラルンプール

24時間利用できるフィットネスセンターは、小さいけどサウナ(8:00-20:00)付。

KLブルネイ217ウェスティンクアラルンプール

KLブルネイ218ウェスティンクアラルンプール

プールサイドにはデッキチェアやイスが置かれ、広々としていて開放的。緑も多いので心地良く過ごせます。プールの一部が浅くなっているので子供たちも楽しめるし、屋内プレイグラウンドを備えたキッズクラブやベビーシッターサービスもあるので、子連れ旅行に便利です。

KLブルネイ219ウェスティンクアラルンプール

そしてチェックインの手続きをしていたら、日本人スタッフN氏登場♪この方がとても親切で、 海外ホテルで出会った数少ない日本人スタッフの中でダントツでした。
施設充実でショッピングにも観光にも夜遊びにも便利なこのホテル、一番安いお部屋でもバスタブ付きの42㎡!なのに1泊1万円程で宿泊できるんですよ〜。
格安で高級ホテル体験できるのがマレーシアの良いところ。初めてのクアラルンプール滞在にオススメします。

                                     つづく
                                     VOL.21





☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
ウェスティン・クアラルンプール



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.19 独立の象徴『国立モスク』と詐欺師!?

2018/ 12/ 11
                 
KLブルネイ193国立モスク

そしてオーキッドガーデンから国立モスク(Masjid Negara)へ。

KLブルネイ194バードパーク

オーキッドガーデンの向かいにあるのが、ボタニカルガーデン中一番の人気スポット『バードパーク』です。入場料は63RM(約1,700円)。マレーシア国民は25RM(約700円)と割安で、MM2Hビザを持っていれば国民価格で入場できます。

KLブルネイ195バードパーク

ここは3,000羽以上の鳥と触れ合える素晴らしい公園で、歩いたり飛んだりと自由に動き回っている鳥たちをじっくり観察できるのです。

KLブルネイ196プラネタリウム

そして、そして緑に囲まれた舗装道路を10分ちょっと歩くとプラネタリウムの入口。

KLブルネイ197ストーンヘンジ

KLブルネイ198ストーンヘンジ

その敷地内になぜかストーンヘンジのようなものがあります。レイクガーデンはイギリス統治時代の19世紀に造園されたということなので、イギリス人が造ったのでしょう。

KLブルネイ199イスラム博物館


KLブルネイ200イスラム博物館

さらに5分程歩くと『イスラム美術博物館』。

KLブルネイ201国立モスク

もう少し歩くと国立モスクが見えてきます。1957年にイギリスからの独立の象徴として建設が始まり、1965年に完成。

KLブルネイ202国立モスク

ターコイズブルーのドームが玉ねぎ型ではなく傘のような、珍しいモスクです。マレーシア13州とイスラム教の5行を足して18角形の屋根ということ。凜々しく聳える白亜のミナレットは72m。

KLブルネイ203国立モスク

KLブルネイ204国立モスク

世界には沢山のモスクがあるけれど、イスラム教徒以外は見学できない所が多く、ましてや今はラマダン中。無理かな〜?と入口に近付いてみたら、お祈りの場所以外は入場可能だということ。用意されているローブを着れば女性も入れます。観光客用の時間割があるのでチェックして行きましょう。

KLブルネイ205国立モスク

KLブルネイ206国立モスク

8,000人収容できるという礼拝堂は約2,000㎡もの広さ。入口から覗いてみると、柱や壁、天井に彫られたイスラム装飾が美しく、ステンドグラスの青が目に焼き付きます。

KLブルネイ207国立モスク

建物内にマレーシアの歴代指導者の霊廟もあったので、ついでに見学。歴代といってもマレーシア建国が1963年のため、まだ4人しか眠ってませんが…。

KLブルネイ208クアラルンプール駅

さて、大きな道路を隔てた向かい側に見えるのはKTM(マレー鉄道)クアラルンプール駅(開業1886年)。1910年に英国風建築にムガール様式を取り入れた現駅舎が完成しました。2001年にKLセントラル駅が開業するまでクアラルンプールの中心駅として活躍していたということです。

KLブルネイ209クアラルンプール駅

そして、そして、そして!この先で詐欺師に遭遇(;゚ロ゚)
駅の入口がわからず探していたところに、大汗をかいた好青年が近付いてきました。
「シンガポールから観光に来ているのだけど、帰りのバスチケットとクレジットカードをなくしてしまったからバス代を貸して下さい」と、後で返すからと言われて、まんまと引っかかる私たち。伝えたメールアドレスには何の音沙汰もありません。だって可哀相だったんだものー。本当に一人旅でお金がないのなら、どんなに心細いことか…。まぁ後で調べてみたら、クアラルンプール駅周辺で同じような手口で騙された人がいるので、詐欺だったのでしょう。良い子っぽかったのに、残念。皆様、気をつけて下さいね。

                                     つづく
                                     VOL.20




☆もくじはコチラ → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅






   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ