FC2ブログ

2019年02月

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.5 神戸上陸〜北野異人館にパワースポット!?

2019/ 02/ 26
                 
コスタクルーズ033神戸異人館

神戸の寄港地は移動に便利な場所にあり、外に出るとすぐにポートターミナル駅。ポートライナーという自動運転の新交通システムが走っています。ゆりかもめと同じで、モノレールじゃないヤツね。そのポートライナーは空港〜三宮を繫いでいて、中間にポートターミナル駅があるため、三宮駅からも空港からもアクセスしやすいのです。

コスタクルーズ034神戸ポートライナー

さて、目指すのは『北野異人館』。三宮駅から徒歩15分位だというので、お若い方はポートライナーに乗るのでしょうが、私達はタクシーで行っちゃいます。15分位だったかな?2,000円位だったかな?今回何もメモしなかったので、あやふやです。
運転手さんに異人館へ行きたいと伝えたら、チケット売り場へ連れて行ってくれました。

公開されている洋館は全部で16館。ほとんど入場料がかかるため、2館、3館、4館、7館用と、割引きになってセット販売されています。そこでどーんと7館用(3,000円)を購入しようとしたら「17時までだからそんなに廻れませんよ」「うろこの家に行くなら山の手4館パスがいいですね」と言われ、2,100円のチケットを購入。シニア料金はないけど、障害者割引き200円(介助者1人も)。パワースポットが3ヶ所にあるらしいです。

コスタクルーズ035神戸異人館

ということで『うろこの家』へLet’s Go♪タクシーも走れない狭い道(オランダ坂)を上っていくのですが…、歩いて8分と聞きましたが…、老人にはタイヘンな道のりです。終いには母の両腕を持ち上げて歩くという必殺技を使って、何とかゴール(^◇^;)

コスタクルーズ036神戸異人館

『うろこの家&展望ギャラリー』です。天然スレートで覆われた外壁が魚のうろこのようなので、うろこの家。神戸で最初に公開された異人館です。

コスタクルーズ037神戸異人館

向かって左側が展望ギャラリーで、右側がうろこの家。お城みたいですね。
前庭には鼻を触ると幸せになれるというポルチェリーノ像。パワースポットです。

コスタクルーズ038神戸異人館ポルチェリーノ

本物のポルチェリーノ像はフィレンツェ(イタリア)にあります。元々はギリシャで出土された古代ローマ時代の大理石像で、モデルはギリシャ神話に登場するカリドンの猪だとされています。それを16世紀にイタリア産大理石でレプリカしたものが現在ウフィツィ美術館で展示されているもの。その大理石像を元に17世紀に彫刻家ピエトロタッカが造ったブロンズ像がフィレンツェの新市場に置れているのです。あー、ややこしい。
また20世紀には5体のレプリカを作りパリ、マドリッド、シドニー等5都市に贈呈したということ。その後様々な国でレプリカのレプリカを作り続けているみたいで、大阪や東京、京都等々、日本でも多くのポルチェリーノが幸せを振りまいているということです。

コスタクルーズ039フィレンツェポルチェリーノ

写真は20年程前のものでピエトロタッカが制作した本物(レプリカのレプリカ)。現在はレプリカ(レプリカのレプリカのレプリカ)が置かれていて、本物はバルディーニ美術館に展示されているという所まで突き止めました(^◇^;)

なんで猪ごときにこんなにムキになっているのかというと…、
本当は「ポルチェリーノ像はパワースポットです」という一行で片付けるつもりだったのです。が、確かフィレンツェに同じようなのが居たなと、調べてみたら書かれていることがメチャクチャで、ウフィツィ美術館の大理石像(レプリカ)とピエトロタッカのブロンズ像(レプリカ×2)がゴチャゴチャになっていて気持ちが悪い。同じ作品のように解釈されていたり、ピエトロタッカの大理石像と表記されていたり、さらにはガイドブックに堂々と「ピエトロタッカが制作した猪銅像」と書かれていて…、これは誤解するでしょ?まして高級な調度品が並んでいる館の庭に置かれている銅像を見たらルネッサンス後期の本物かと勘違いしちゃうかも知れないでしょ?と、心配になってしまったので、キッチリ調べてまとめてみました。あーすっきり。

横道に逸れすぎてしまいまいましたね。邸内をご紹介しましょう。

コスタクルーズ040神戸異人館

うろこの家は異人館の中で最も高台に建っているので、眺望抜群。晴れた日には淡路島や和歌山まで見渡せるそうですが、曇っていて残念です。

コスタクルーズ041神戸異人館

プリザーブドフラワーコンテスト中だったため、可愛らしいリースからゴージャスな大作まで壁に並んで華やか。

コスタクルーズ042神戸異人館

重厚なアンティーク家具と調度品、ステンドグラス、暖炉と、庶民の家にはないものばかりです。

コスタクルーズ043神戸異人館

食器棚にはマイセンやロイヤルコペンハーゲン、ロイヤルウースターといった西洋の陶磁器がずらり。華麗なる陶磁器にしばらく見とれていました。

コスタクルーズ044神戸異人館

そして最後にもう一度お鼻スリスリ。敷地内にカフェもあるので休憩したいけど、時間がないので先を急ぐことに。1時間で4館廻らないとならないのです。
入館料1,050円は高いけど、しあわせになれますよ(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.6



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.4 『ラ・フィオレンティーナ』で優雅なランチ

2019/ 02/ 23
                 
コスタクルーズ024フィオレンティーナ

一夜明け、コスタネオロマンチカは神戸に向かっています。
到着予定は15時。時間がたっぷりある中、ステーキハウス『ラ・フィオレンティーナ』から昼食に招待されたので、イソイソと出かけていきました。

コスタクルーズ025フィオレンティーナ

こちらはステーキやシーフードのコース料理を33.5ドルで提供しているレストラン。
スイートルーム特典で有料レストラン1回無料ということで、夕食に招待されるのかと思ってたら昼食でした。どっちでもいいけど…。

コスタクルーズ026フィオレンティーナ_edited-1

メニューは前菜、サラダ、サイドメニュー、メイン、デザート、と分かれているけど、好きな物を好きなだけ注文できます。デザート全部とかもOK♪
参考までにお料理の一部をご紹介しましょう。

コスタクルーズ027フィオレンティーナ

海老のグリル レモンバタークリームソース

コスタクルーズ028フィオレンティーナ

マッシュルーム入りペコリーノアランチーニ(イタリア風ライスコロッケ)、
ミックスキノコのソテー

コスタクルーズ029フィオレンティーナ

サーモングリル ケイパーとアンチョビーバター炒め

コスタクルーズ030フィオレンティーナ

アンガス牛のテンダーロインステーキ150g

コスタクルーズ031フィオレンティーナ

フレッシュフルーツとベリーのピュレ、ココナッツクリームブリュレ

メインレストラン『ボッティチェッリ』よりは美味しく、手が込んでいますが、絶賛するような品はなかったです。メニューにはアンガス牛のTボーンステーキ400gという一品もあり、他のレストランでは食べられないステーキが一番の魅力なのかと思います。

白を基調としたインテリアで揃えられた室内は格調高い雰囲気で、優雅な時間を過ごせる事間違いなし。夜はもっとムーディになりそうですね。

コスタクルーズ032神戸港

部屋に戻り、寛いでいたら「ボーッ!」と汽笛が鳴ったのでバルコニーへ。
神戸港、もうすぐ到着です。

                                     つづく
                                     VOL.5



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.3 快適♪3人利用ならスイートルームがオススメ

2019/ 02/ 19
                 
コスタクルーズ012スイートルーム

それでは、コスタネオロマンチカのスイートルームをご紹介しましょう。

コスタクルーズ013スイートルーム

扉を開けると右手にクローゼット、左手はバスルーム。

コスタクルーズ014スイートルーム

スイートルームといってもリビングエリアとの扉がないのでジュニアスイートと呼んだ方が良さそうな間取りです。

コスタクルーズ015スイートルーム

リビングエリアにはソファーが置かれているはずなのに、3人目のベッドになっていて優雅な雰囲気が台無し(^◇^;)気分的にも写真的にも最初だけはソファーにしておいて欲しいと願っているけど、叶ったことはありません。

コスタクルーズ016スイートルーム

広さは37.1㎡(31.1㎡+バルコニー6㎡)で、室内はバルコニールーム(16.6㎡+5.5㎡)の倍近くあるので、大人3人でもゆったりと過ごせます。また、イス付きのドレッサーは母がとても喜んだ設備。老人は洗面所で立ってお化粧できません。

   ☆バルコニールーム → 南国クルーズ夫婦旅Vol.3

コスタクルーズ017スイートルーム

ミニバーにillyのエスプレッソマシンがあるのもスイートルームならでは。カプセルは1.89ドルと書かれているけど、マリーに確認したら無料だということ。というのも、スイートルームには12ドル以下の飲物が無料になるドリンクパッケージが付いているので、もしかしたらコレもタダではないかと思ったのです。しかも冷蔵庫の飲物も無料だと…。「聞かれる前に説明しなさいよ〜」と言いたかったけど、我慢しました。もちろん湯沸かしポットもあるので、持ち込んだコーヒーや紅茶、昆布茶など自由に飲むことができます 。

コスタクルーズ018スイートルーム

テーブルの上にはシャンパンとカナッペ、フルーツが置かれ、これもスイートルーム特典のひとつ。フルーツは毎日補充してくれます。
「乗船記念にシャンパンで乾杯しちゃう?」という気持ちになるけど、まずは荷物の整理をしましょ。あれ?タンスがないぞ。

コスタクルーズ019スイートルーム

コスタクルーズ020スイートルーム

クローゼットは大きめで収納棚と小さなタンスっぽい箱はあるけれど、室内にタンスがありません。バルコニールームには使い易い場所にあったのに…と不満を感じつつ、持ってきたトートバックや紙袋に入れたり、スーツケースを開いたままベッドの下に入れたりと、工夫して収納完了。コンパクトになるトートバッグや横広の紙袋を持参した方が良いですよ。

コスタクルーズ021スイートルーム

そしてバスルームです。バスタブはコスタクルーズお決まりのジェットバス。えっ!?シャワールームも付いてますよ〜。もぅ船の中とは思えないほど広々としていて、快適です。

コスタクルーズ022スイートルーム

アメニティはシャンプー、リンス、バスジェル、ボディローション、石鹸、シャワーキャップのみ。バルコニールームの時は「全身コレで洗いましょう」みたいな洗剤が固定されていたので、これだけでも特別なのでしょう。

コスタクルーズ023スイートルーム

洗面台も広くて使い易いです。クルーズ船のスイートルームでこんなに広いバスルームは初めてのような気がするな〜と、過去の写真で確認したところ、バスタブとシャワールームが別にあるクルーズ船は初めてでした。今までの経験を活かしてバスジェルを大量にもらい、毎日2回バスタブに浸かってブクブク♥さらに妹の提案により寄港地でバスソルトを購入してデトックス♪前回入り浸りになった『サムサラスパ』は1回しか利用しなかったという結果になりました。
バスタブ付きは老人に必須のようなことを語ってたけど、一番喜んでいたのは私だったというオチで(^◇^;)

                                     つづく
                                     VOL.4


☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.2 2度目のコスタネオロマンチカ

2019/ 02/ 14
                 
コスタクルーズ003晴海客船ターミナル

まずはタクシーで晴海客船ターミナルへ。母との旅行では、いつも車を運転して空港へ行っていたので、これはとっても楽チン。空港バスにも成田エクスプレスにも乗ったことがない母は、幸福者です。私が出発前日にお酒を控えめにしたり、帰りのフライトでビールを我慢している事など知る由もなし。元来お姫様体質で、私と妹は子供の頃から丁稚のように遣えてきたので慣れてますが(^◇^;)そんな90歳のお姫様と晴海埠頭に到着しました。

コスタクルーズ004晴海客船ターミナル

コスタクルーズ005晴海客船ターミナル

隣接地が東京オリンピックの選手村になるため解体予定と知って「多分最初で最後の晴海客船ターミナル」と言っていたのに一年も経たず同じ船に乗ることが決まり、また来てしまったけど、今回は本当に最後になるでしょう。

コスタクルーズ006晴海客船ターミナル

ということで、コスタネオロマンチカ2回目のコースは『太平洋周遊1Weekクルーズ』。
東京→神戸→→釜山(韓国)→佐世保(長崎県)→→新宮(和歌山県)→東京という7泊8日のクルーズです。

施設や船の基本的な情報は前に書いているので、端折ります(*゚∀゚*)前回のブログを読んでくださいね。

   ☆コスタネオロマンチカのハナシ → 南国クルーズ夫婦旅

今回は老人連れのクルーズとはどんなものかということを中心にお話しします。

コスタクルーズ007スイートルームバルコニー

乗船するとすぐにお部屋に入ることができたのでバルコニーから外を眺めていたら、バトラー(執事)が挨拶に来ました。名前はマリー。スイートルームには専属バトラーが付いて、色々とお世話をしてくれるのです。

コスタクルーズ008避難訓練

少し休んだら避難訓練。エレベーターは使えないので、11階から9階までゆっくりゆっくり降りました。集合場所で足が悪いと伝えたら、体の不自由な人達だけが座れる場所があり、案内されて一安心。訓練中ずっと立っているのは老人にはツラいでしょう。

コスタクルーズ009ブラスバンド

そして避難訓練後、ブランスバンドに見送られて晴海埠頭を出港。私たちのお部屋は左舷なので、バルコニーから眺めることができました。

コスタクルーズ010晴海1月1月

コスタクルーズ011晴海11月11月

晴海埠頭は東京オリンピックの選手村に変身中。1月にはクレーンやミキサー車が並んでるだけだったのに…、勝どき辺りの高層マンションが隠れてきましたよ。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.1 日本発着クルーズなら超高齢者も楽々♪

2019/ 02/ 03
                 
コスタクルーズ001コスタネオロマンチカ

2018年親子旅行は『コスタネオロマンチカ号で行く太平洋周遊1Weekクルーズ』。
前年の旅行で散々な目に遭った母が「もう飛行機には乗らない」と宣言したため、晴海埠頭発着のクルーズ旅行を選びました。

   ☆散々な目に遭ったハナシ → 2018年親子旅行決定♪

コスタネオロマンチカは約57,000トンの中型サイズ。初めて乗船した時の印象は、ヨーロッパで乗っている船より小さくて、吹き抜けのゴージャスなロビーや劇場がなく、カジノも小さくてちょっと物足りない感じだったので、10万トン以上の大型客船・ダイヤモンドプリンセスの空室状況を問い合わせたところジュニアスイート以上はほぼ満室。ペントハウススイートなら空いてますと言われてあきらめました。

そして「今年は近場の温泉で湯治でもしようか…」と考えていた7月、コスタネオロマンチカの値下げコースが発表されてスイートルームに空室があったので、すかさず予約。
346,800円のスイートルームが199,000円に値下げされたのですヽ(´▽`)/ちなみに内側客室は2名1室1人55,800円!?(諸税込78,600円)と、安さ爆発♪1月に乗ったときほどの割引きはないけど…。

   ☆コスタネオロマンチカのハナシ → 南国クルーズ夫婦旅

母と妹と私3人の親子旅行でクルーズ船に乗る時はいつもスイートルームです。3人利用なら(4人だとキツそう)バルコニールームでもスペース的には問題ないけれど、スイートルームはバスタブ付き。大きな船でも少しは揺れるため高齢者が立ったままシャワーを浴びるのはとっても危険なので、バスタブがあると安心です。その上クルーズ船では3〜4人目の料金が安く、どのクラスを予約しても同一料金。

簡単に言うと一番安い部屋でも一番高い部屋でも3人目は同料金なので、高い部屋になる程お得率が高いということです。今回は3人目も大幅値下げされて33,000円+諸税だったので、足して割ったら1人あたり166,500円(諸税込)、2人で宿泊するバルコニールームと同じくらいの料金になりました。

コスタクルーズ002コスタネオロマンチカ夕景

さて、今回から母が元気な限り毎年続ける予定になった関東発着クルーズ旅行。
人気クルーズはスイートルームから埋まるという事を知ったので、次回からは早めに予約しようと心に誓いました。

それでは…、90歳の超高齢者連れ太平洋1Weekクルーズの旅行記を始めま〜す。

                                     つづく
                                     VOL.2



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ